2/28東京ドーム観戦、ヤクルトOP戦4連敗、鵜久森選手のソロHR1点のみ

今日は東京ドームに行ってきました。
ヤクルトは今日も打線が振るわず、9回に鵜久森淳志選手がオープン戦チーム1号のソロホームランを打って、
完封負けを免れるのがやっとでした。

お金と時間をかけて見に行ったのに、楽しむどこかろか、不甲斐ない試合にがっくり。
こんなんじゃ行くんじゃなかったわと思ったほどです。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 鵜久森選手が一矢報いるオープン戦1号ソロも、打線つながらずオープン戦4連敗…


メンバー表交換 新監督の高橋由伸監督と2年目・真中満監督
e0222575_20264088.jpg


先発は読売ジャイアンツが菅野智之投手
e0222575_2027596.jpg


東京ヤクルトスワローズは石川雅規投手
e0222575_2028690.jpg


ヤクルトは初回、坂口選手がショートへの内野安打
e0222575_20301736.jpg


川端慎吾選手がライト前ヒットで無死1、2塁のチャンス
e0222575_2030529.jpg


しかし、山田哲人選手はショートゴロ6-4-3のダブルプレーで2死3塁
e0222575_20313100.jpg


バレンティン選手は空振り三振で先制の好機をつぶします。
e0222575_20353137.jpg


石川雅規投手は、テンポよく2回を投げ2奪三振パーフェクトのナイスピッチング!
順調そのものです。
e0222575_20354831.jpg


3回、ヤクルトは先頭でルーキーの山崎晃大朗選手がレフトへの2塁打で出塁
e0222575_20403051.jpg


e0222575_20403783.jpg

しかし、坂口、川端、山田選手が倒れ3アウトチェンジ。

3回からはデイビース投手が登板
e0222575_20423125.jpg


いきなり長野選手にヒットを打たれますが、けん制で盗塁を刺します。
e0222575_20441597.jpg


4回にはクルーズ選手の華麗なグラブトスがありました。1枚追加
坂本くんもびっくりしていた様子した。
e0222575_22563889.jpg

セ・リーグのセカンドは菊池選手もそうですが、このクルーズ選手も守備が上手いので
山田くんにとっては強敵がまた増えました。


デイビーズ投手は、4回も3つのゴロアウトで三者凡退。サクサク抑えます。
2イニングしか投げませんでしたが、良さそうですね。
e0222575_20425851.jpg


5回はオンドルセク投手が登板
1死後、クルーズ選手にセンター前ヒットを打たれますが、阿部選手をショートゴロ併殺打に仕留め無失点
e0222575_20481795.jpg

新守護神のオンドルセク投手、髪がバーネット投手のように長髪になっていました。

6回、巨人は澤村拓一投手が登板 1枚追加
e0222575_10415992.jpg


ヤクルトは先頭の川端選手がセンター前ヒット 今日もマルチヒットで一人気を吐いています。
e0222575_20512168.jpg


山田くんに今度は打って~と祈りますが、ショートゴロでセカンドフォースアウトとなり
e0222575_20513388.jpg


1塁はセーフ 巨人の1塁を守る新外国人助っ人のギャレット選手は、けっこう打ちそうですね。
e0222575_20514622.jpg

しかし、バレンティン選手がサードゴロ併殺打に倒れ、この回も得点ならず。

6回裏はルーキ投手が登板 投げる前にひじをつき出して、グラブをアゴの下に持っていきます。
e0222575_2056792.jpg


先頭の長野選手にレフトへヒットを打たれます。小林誠司捕手にもヒットを打たれると
e0222575_20573979.jpg


亀井選手にセンターオーバーのタイムリー2塁打を浴び2点先制されます。
e0222575_2105223.jpg


坂本選手には四球を与え、ギャレット選手にタイムリーヒットを打たれ0-3
2塁上で坂本選手と言葉をかわす山田くん
e0222575_212402.jpg


このあと、ルーキ投手はボークをとられ2死2、3塁もクルーズ選手を打ち取り3アウト。
ボーク後、中村悠平捕手がマウンドに行きました。1枚追加
e0222575_1012339.jpg


ラッキー7の応援
e0222575_2141673.jpg


7回、巨人は公文投手が登板
e0222575_2142499.jpg

雄平選手が三振振り逃げで出塁も、後続が倒れます。

その裏、ヤクルトは新外国人トリオの3人目、ペレス投手が登板
e0222575_2144357.jpg

村田選手にヒット、小林誠捕手に四球を与えますが、無失点で切り抜けます。

8回、戸根投手の前に三者凡退
e0222575_21561362.jpg


その裏、久古健太郎投手が登板
e0222575_21112313.jpg


四球、ヒット、サード藤井選手の悪送球があり満塁のピンチを招き、
長野選手にタイムリーヒットを浴び0-5 長野選手は今日3安打猛打賞

巨人は昨年不振だった長野久義選手や村田修一選手がいい仕上がりを見せています。

追いかけるヤクルトは9回1死後、鵜久森淳志選手がオープン戦チーム1号となるソロホームランを放ち1-5
写真はファールを打ったあとの鵜久森選手
e0222575_21154546.jpg


ホームランを打った瞬間
e0222575_2115559.jpg


e0222575_2116527.jpg


しかし、後続が倒れゲームセット 1-5でヤクルトは今日も敗れ、オープン戦いまだ勝ちナシの4連敗
e0222575_21161467.jpg



石川投手は順調そのもの、なんの心配もいりません。

新外国人トリオの中ではデイビーズ投手がまずまずのピッチングで、先発ローテ入りに近づいたでしょうね。
ルーキ投手はストレートを簡単に打たれていたのは不安材料です。
ペレス投手は、良くも悪くもなくまだ何とも言えません。これから次第でしょう。

打線は3、4番がさっぱりでブレーキでした。
山田くんは初回のショートゴロ併殺打をはじめ、今日はショートゴロが3つと力ないライトフライ。
まだ、本来の引っ張った強い打球が出ていません。
しばらく時間がかかるかもしれませんね。開幕までには調子を上げてほしいです。

バレンティン選手はさらに状態がよくないですね。
2三振と併殺打。全く自分のバッティングができていません。
1本出ると気分が乗って打てるようになるかもしれませんが、こちらも時間がかかりそうです。

こうも3番4番が打てないと、畠山選手の離脱が痛いなあと改めて思いました。

控え組では鵜久森選手がホームランを打って長打力をアピールできました。
右の代打として、1軍生き残りに頑張ってほしいです。
荒木選手は4タコで今日は精彩がありませんでした。次回は打ちましょう。
山崎選手は2塁打と守備でもいい動きをしていました。

しかし、いくらオープン戦といっても、4連敗はイケません。点が取れそうな気配がありません。
次の横浜DeNA戦では、そろそろ勝ってくれないと!
負け続けて、こんなものかと負け癖がつきそうで心配です。
打線がいつになったらつながるか、それ次第でしょうね。
こうも打てないと、試合自体が見ていて面白くありません。

以上、負け試合なので愚痴っぽくなった現地観戦レポでした。

わたしの不注意で、下書きを半分以上消してしまって、書き直すのに時間がかかりました。
by misty2011 | 2016-02-28 22:12 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31