山口投手に3安打完封負け、山田くん走れず、守りでもミス連発、足の状態が心配、休ませて!

試合の前に、本日、由規投手が育成から支配下登録されました。
背番号は元の慣れ親しんだ「11」に戻ります。
9日神宮での中日戦に先発が予定されていますが、楽しみですね。

では試合です。
3連勝の東京ヤクルトスワローズは、今日からハマスタで横浜DeNAベイスターズとの3連戦
先発はDeNAが山口俊投手、ヤクルトは山中浩史投手

ヤクルトは打順をいじってきました。
1番は坂口、2番はショート今浪選手で、7番にファースト西田選手
大引選手がスタメンから外れました。
これが、どう出るでしょう!?
【追記】大引選手は腰痛だそうです。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 先発・山中投手が6回1/3を2失点の粘投も、打線の援護なく連勝ストップ

初回から山中投手がDeNA打線につかまりますが、走塁ミスなどに助けられ無失点で切り抜けます。

2回は先頭の筒香選手にヒットを打たれ、梶谷選手には死球でピンチを招くと、
高城捕手にタイムリーヒットを浴び1点先制されます。

ヤクルトは4回1死後、川端選手がチーム初ヒットとなるライトへの2塁打で出塁。
しかし、後続が倒れます。

5回、山中投手は先頭の倉本選手に今季初ホームランを浴び0-2

追いかけるヤクルトは7回1死後、山田選手がレフトへの2塁打で出塁。
前の打席でもそうでしたが、明らかに足をかばった走塁で、全力疾走ができていません。

つづく雄平選手はセカンドゴロで2死3塁となり、バレンティン、西田選手が連続四球で2死満塁。
しかし、中村捕手が初球を打ちげキャッチャーファールフライで3アウトチェンジ。

7回、山中投手は先頭の筒香選手にヒットを打たれ、ロペス選手をショートゴロに打ち取ったあと、
1死1塁で久古投手に交代。

倉本選手をショートゴロに打ち取りますが、併殺が取れず2死1塁。
その前のロペス選手のショートゴロも山田くんが1塁へ送球できず併殺がとれていませんでした。
つづく梶谷選手にセンターへ2塁打を打たれ2死2、3塁とピンチ拡大。

ヤクルトはここで松岡投手に交代し、1塁は田中浩康選手に交代。
高城捕手は敬遠で2死満塁となり、山口投手との勝負となります。
粘られますが、何とか空振り三振に仕留め、無失点で切り抜けます。

8回裏、松岡投手は先頭の桑原選手に2塁打を打たれ、送りバントで1死3塁。
宮崎選手には四球を与え1死1、3塁。
ここで、ヤクルトはロペス投手に継投し、1塁代走の石川選手が2盗して1死2、3塁。
つづく、関根選手にスクイズを決められ、1塁の処理で浩康選手と山田くんが重なり、
山田くんがアウトに取ったあと、
帽子を拾っていて油断した隙に、2塁ランナ―まで生還を許す2ランスクイズで0-4となります。
山田くん、集中力が欠け大きなミスが出ました。
また、1塁ベースカバーで、浩康選手との意思疎通が上手くできていませんでした。

4点を追う9回、続投の山口投手の前に、2死から雄平選手がヒットで出ますが、
最後はバレンティン選手が空振り三振に倒れゲームセット。

ヤクルトは山口俊投手の前に、わずか3安打9三振、0-4で完封負けを喫しました。

まあ、3安打では勝てません。打てなかったのがすべてです。
山中投手は7回途中まで投げ2失点で試合は作りましたが、打線の援護がありませんでした。

負けたことより、今日は山田選手の足の状態がさらに心配になった試合でした。
凡打でも2塁打を打った時も、ジョギング程度でしか走れず、明らかに脚が痛そうでした。
腰が悪い上、右太ももの裏に張りがで出ていると言われて1ヶ月近く経過しましたが、
よくなるどころか、今日は悪化しているように見受けられましたね・・・。
非常に心配です。

トレーナーさんやベンチは山田くんの状態を把握しているとは思うんですが、
一向に休ませる気配がありません。
本人が出るといっても、強制的にでも休ませる必要がある所まで来ているように感じます。

脚が悪いまま試合に出つづけても治るのが遅くなるだけで、
最悪もっと悪化させたらと思うとぞっとします。シーズンはまだこの先長いですからね。
今は無理するときではありません。
普通の選手なら、抹消か休ませているでしょうね。

浩康選手が出てきた時には、山田くんと交代するのかと思いきやファーストに入りました。
そのあと、二人の連係ミスが出て、2ランスクイズを献上して決定的な2点を奪われました。

また、併殺をとれるところで1塁へ送球できずダブルプレーが取れずピンチを広げたのも、
おそらく、投げる時に足が踏ん張れなかったのではないかと思いました。
本来の山田くんの守備なら、二度とも併殺が完成していたでしょうね。

走るだけじゃなく、脚の影響が守備にも及ぶようになっては、かなり危険信号でしょう。
そんな中でも、2塁打を打ったのはさすがですが、痛いながらも試合に出る責任感よりも、
休む勇気を持ってほしいですね。
このままでは、チームに迷惑をかけることにもなりかねません。
本人が大丈夫と言い張っても、どうかベンチは休ませる決断をしてほしいと思います。
中途半端で長引くことが一番よくありません。
大事な体、フルイニングや全試合出場なんて、こだわる必要はありません。

e0222575_1344407.jpg


ホントならオールスターも休ませてあげたいですが、ファン投票で選出されているので、
そうも行きません。
球宴監督は真中監督なので、山田くんの状態を判断しながら、適当に休ませてあげてください。
本当にお願いしますよ!

by misty2011 | 2016-07-05 21:51 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31