延長11回死闘を制して横浜DeNAがCSファイナルステージ初進出!

パ・リーグは2戦2勝したソフトバンクホークスが、昨日CSファイナルステージ進出を決めました。
一方、セ・リーグは3戦目までもつれ、今日は延長11回の死闘の末、
クライマックスシリーズ初出場の横浜DeNAベイスターズが、4-3で読売ジャイアンツを倒し、
CSファイナルステージ初進出を決めました。
おめでとうございます。

それにしても、、両チームとも負けられない戦い!がっぷり四つに組んだ凄い試合でした。
部外者ながら、見ごたえがありましたね。いい試合を見せてくれて、ありがとうございました。

試合経過は ニッカンスコア

先発は巨人が内海哲也投手、横浜DeNAは石田健大投手

初回から試合は波乱含みで始まりました。
1死後、梶谷選手が左手(訂正)に死球を受け、そのまま負傷交代。代走は関根選手
直後に、3番ロペス選手が怒りの2ランホームランをレフトスタンドに叩き込み、DeNAが2点先制!
ヤクルトも、山田くんがぶつけられたら、このくらいのことをやってほしいものです・・・。

その裏、先頭の坂本選手の初球は頭付近への報復か?とも思えるようなボールでした。
坂本選手は、この打席、インコースのストレートに見逃し三振に倒れます。
2死後、村田選手がヒットで出ると、
阿部慎之助選手がライトスタンドへ2ランホームランを放り込み2-2の同点に!
あれが入るの?って感じのドームランでした。

2回表1死後、横浜は内海投手から石田投手がヒット、桑原選手は2塁打で1死2、3塁
ここで、関根選手(訂正)がセンターへ犠牲フライを運び2-1と勝ち越します。
巨人は内海投手を早々とあきらめ、大竹寛投手に交代。

その大竹投手がロングリリーフで好投し、得点を許しません。

巨人は6回、村田修一選手が石田投手からレフトスタンドへソロホームランを放ち3-3の同点に。
前の4回裏の打席で、左ひざにデッドボールを受け、
その場に倒れ込み、担架で運ばれベンチに下がった村田選手。
これはもう無理かと思いましたが、手当てを受け出てきました。
そして、次の打席で、死球のお返しとばかりの石田投手撃ちの一発。
「男・村田」の意地を感じるホームランでした。

このあと、DeNAは砂田毅樹投手に継投し、8回途中まで巨人打線を0点に抑えるナイスピッチング!
8回1死後、三上朋也投手に交代し、こちらも無失点。

一方、巨人は大竹投手のあと、8回から山口鉄也投手に交代し、
ピンチはありながらも無失点に抑えます。

9回表、巨人は前日2イニング投げ、初戦から3連投のマシソン投手を投入。
きっちり三者凡退に抑えます。

その裏、DeNAは田中健二朗投手に交代。
先頭の村田選手が内野安打で出ると、代走は鈴木尚広選手。
しかし、鈴木選手がけん制タッチアウトとなり、
後続の阿部、長野選手も倒れ、サヨナラのチャンスを潰します。

3-3のまま試合は延長戦へ!
10回、巨人は澤村拓一投手が登板。Gファンは心臓に悪かったことでしょうね。
しかし、ロペス選手からのクリーンナップをきっちり3人で片付けます。

その裏、横浜は田中投手が続投で、こちらも三者凡退に抑えます。

そして11回表、先頭の倉本選手が澤村投手の右足を強襲するヒットで出塁。
澤村投手は、負傷降板となり、田原誠次投手に継投。
途中出場のエリアン選手が送りバントを決め1死2塁
つづいて、途中からマスクを被り、前の打席ではチャンスに凡退した嶺井博希捕手が、
田原投手の初球を振り抜き、これがレフトへのタイムリーヒットとなり、
ついにDeNAが4-3と勝ち越します。

1点リードで、その裏、DeNAは山崎康晃投手が登板
1死後、坂本選手がレフト前ヒット、堂上選手が四球で出塁も、
最後は阿部選手が大きなライトフライに倒れゲームセット。
横浜DeNAベイスターズが、延長戦で、巨人を4-3で下し、
CSファイナルステージ初進出を勝ち取りました。おめでとうございます。
最後までどちらに転ぶかわからない試合でした。
ヤクルトファンの部外者が見ていても、ドキドキする展開でしたね。

巨人としては、菅野投手が体調不良で投げられなくなり、今日先発した内海投手が誤算でした。
2番手の大竹寛投手が好投しただけに、最初から大竹投手が投げていればという試合でした。

マシソン投手は、連投の疲れも見せず今日も好投。
澤村投手は、今日は10回はナイスピッチングも、続投の11回に打球を受け負傷交代。
つくづく持っていませんね。

攻撃では、9回、足のスペシャリスト鈴木尚広選手のけん制タッチアウトが何とも痛すぎました。
あれで巨人への流れが完全に止まったでしょうね。

DeNAは、梶谷選手が初回に負傷交代にも、すぐにロペス選手の2ランで先制し、
その後は、同点、勝ち越し、再び同点とされますが、
延長戦で、伏兵の嶺井捕手の殊勲打で決着をつけました。
横浜ナイン全員の勝ちへの執念が乗り移ったような嶺井選手の決勝打でした。

ファイナルステージ進出を決めたラミレス監督 写真は9月28日神宮
e0222575_20221974.jpg



東京ドームは、いままで見たこともないほど、連日、青のユニでぎっしり3塁側が埋まって壮観でした。
声援のボルテージもDeNAの方が圧倒していました。
応援のパワーって凄いですね。それに後押しされたかのような横浜ブルーの勝利でした。

個人的には、どちらが勝ってもよかったですが、広島カープに勝つ可能性があるとすれば、
横浜DeNAかなあと思っていたので、ファイナルステージが楽しみになりました。

もしも、もしもこのままファイナルでもDeNAがカープに勝てば、それこそ下剋上の極みでしょうね。
私は、広島に一泡吹かせてやれば面白いなあと、高みの見物なので気楽なものです。
3位とは言え、勝率5割に届かないチームが、万がいつ日本シリーズに進出となれば、
それこそ一大事!
今後のCSシステムの見直しが検討されることになるかもしれません?
面白いファイナルステージとなりそうです。
どちらも頑張って下さい。
今日のような見ごたえのある試合を期待しています。

しかし、今日は2個ありましたが、デッドボールはいけません。
山田くんがぶつけられたシーンをまた思いだしてゾッとしました。
梶谷選手は、最後はベンチにいましたが、大丈夫だったんでしょうか??
どうかお大事に。

by misty2011 | 2016-10-10 20:27 | セ・リーグ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31