2/28侍ジャパン壮行試合・台湾戦、投手陣が打たれ5-8で敗戦

侍ジャパンは、今日明日、福岡ヤフオクドームで2017WBC大会に向け
台湾リーグ選抜チーム(CPBL選抜チャイニーズ・タイペイ)と壮行試合を2試合行います。

その初戦の先発は則本昴大投手
立ち上がり、連打され犠牲フライであっさり先制を許します。
その後も2安打されますが、平田選手のファイプレーもあり1失点で切り抜けます。

試合経過は ニッカンスコア

その裏、1番DHの山田哲人選手は、センターへの惜しい大飛球。
アウトになりましたが、ここまでの侍の打席の中では、いい感じの打球でした。
つづく菊池選手は左中間フェンス直撃の2塁打。
当たってますね~!またまた差をつけられました。

坂本選手は倒れますが、筒香嘉智選手がレフト線へのタイムリー2塁打を放ち、
すぐさま1-1の同点に!

2回、侍ジャパンは松田選手が2塁打、大野捕手が送って1死3塁から、
秋山翔吾選手のセカンドタイムリー内野安打で2-1と勝ち越します。
なおもチャンスに山田選手は1塁へのポップフライに倒れます。
菊池選手は死球で出ますが、坂本選手がセカンドフライで追加点ならず。

2回は三者凡退に抑えた則本投手でしたが、
3回、王柏融選手に2ランホームランを浴び2-3と逆転されます。

e0222575_21305844.jpg


その裏、平田選手が2塁打で出塁も得点なし。

4回、日本は牧田和久投手が登板も、連続2塁打を浴び2-4
その裏、侍は三者凡退。山田選手は空振り三振でした。
第1打席で少し明かりが見えたかと思いましたが、まだどん底から抜け出せません。
1番DHで、最も多く打席が回ってくるのに、
こんな状態の打撃なら、もう引っ込めてほしいとすら思いました。見るのが辛くなるだけ。

5回続投の牧田投手は3点奪われ2-7
それにしても簡単に打たれます。

その裏、日本代表は三者凡退。

6回は増井浩俊投手が登板も、こちらは満塁から押し出しの四球で1点献上して2-8
頼みの侍投手陣がボロボロです。

その裏、先頭の中田翔選手がエラーで出塁も得点なし。

7回は宮西尚生投手が登板し、三者連続三振のナイスピッチング!

その裏、先頭の秋山翔吾選手が四球で歩きます。
山田くん、そろそろ打ってと祈りますが、この打席は四球で歩きます。ほっと一息。
山田くん、初出塁です。
無死1、2塁で好調の菊池選手、暴投でそれぞれランナーが進み無死2、3塁
菊池選手はライトへタイムリー3塁打を放ち、二者生還して4-8
もう振ればヒットですね。恐れ入りました。山田くんに1本分けてほしいくらい。

ここで、まだヒットがない坂本選手はショートゴロで、3塁から菊池選手がホームインして5-8
続く筒香選手は四球で、台湾は投手交代も中田翔選手も四球で1死1、2塁。
平田選手は空振り三振に倒れ、松田選手はサードゴロで、1点どまり。

8回は岡田俊哉投手が登板
1死後、2安打されますが、ライト平田選手のナイス送球で3塁タッチアウトとなり2死1塁
続くバッターにもライト線へ2塁打を打たれ2死2、3塁と再びピンチも、
最後は空振り三振に仕留め無失点。

その裏、内川選手が代打で登場もセカンドフライ
2死後、山田選手はぼてぼてのサード内野安打。とりあえずHのランプがつきました。
走るかなあと思う間もなく、菊池選手が初球を打ってライト線への2塁打で2死2、3塁。
菊池選手、今日も猛打賞!どうしちゃったのってくらい打ちまくって、ひとり神ってる!
どうかシーズンに反動が来ますようにと、意地悪く願いたくなりました。
しかし、坂本選手はサードゴロで3アウト。
坂本くんも当たっていないんですよね・・・。1、3、5番が重症

9回は松井裕樹投手が登板
今日は三者凡退に抑えました。
ただし、投げてみないとわからないタイプなので、私はあまり信用していません。

9回裏は筒香選手からも空振り三振
中田翔選手はセンターオーバーの2塁打。待望のヒットが出ました。
しかし、後続倒れゲームセット。
侍ジャパンは5-8でCPBL選抜チャイニーズ・タイペイに敗れました。

侍ジャパンは、ソフトバンク戦は貧打に泣きましたが、今日は投手陣が打たれました。
先発の則本選手が、まさかの3回6安打3失点。
牧田選手も2回6安打4失点と打ち込まれました。
増井投手は押し出し四球で1失点など、17安打され8失点。
良かったのは宮西投手で、三者連続三振。

打線は菊池選手が3安打猛打賞2打点など9安打で5得点。
中田選手、松田選手、秋山選手、山田選手に初ヒット
坂本選手はソフトバンク戦からまだヒットなしでちょっと心配。

打線では1番、3番、5番がイマイチ当たりが出てないので、苦しい展開ですね。

山田選手は内野安打でヒットは出ましたが、当たり自体は打ち損ないですからね。
まあ、1本ヒットが出たので、これで気がラクになってくれたらと思うしかありません。

ただ、ヤクルトキャンプから侍強化合宿の山田くんをずっと見ていて、
単に調子が悪いだけならいいんですが、バッティングの形自体を崩しているのが気になります。
思えば、昨年、あの阪神バッテリーにぶつけられてから、
山田くんは20打席以上ノーヒットが2回もあり、打率は市外局番なみの1割を切っています。
この間、もちろんホームランも1本もなし。

4日間の強化合宿のフリー打撃も、たぶん柵越えは0だったか、1本入ったのがあったかどうかです。
とにかく打球に勢いがないんです。
右打ちも意図的にやっていましたが、当てに行くバッティングで、
これだと調子は上がらないだろうって思いました。
引っ張ても伸びがなく、流してもいい打球が飛ばなくて、泣きたくなりました。
調子が上がるどころか、ヤクルト浦添キャンプより、むしろ悪くなっているような感じさえしました。
最後だからと合宿4日目もフリー打撃の動画を撮りましたが、全くダメで途中でカメラを止めたくらいです。

軸足へのためがなく、前への突っ込みが早い。
フォームも以前より前のめりになっている感じで、スッとした綺麗なフォームじゃありません。
あと、内野安打になったゴロもそうですが、以前より手首の返しが早くて、引っかけたゴロになります。
山田くんは、バットをこねない良さがあったんですけどね・・・。

本人は、練習中は明るい表情なので、それだけは救われますが、
内心はヤバいと思っているんじゃないでしょうか??
毎度のネガティブですが、このままでは本番までに調子が上がるとは、私は思えません。
中畑さん、何とかして~~とすがりたい気分です。

超ポジティブになって、今日の内野安打で調子が上向くことを祈ります。
って、上向くような打球じゃなかったですが。
それと、菊池選手だけが異次元で、筒香選手はさすがですが、
あとの選手はそれほど当たっているわけではないんですよね。
山田くんだけじゃないと・・・。

それよりも、投手陣が打たれた方が心配ですね。
台湾代表は振りが鋭くて強かったです。
申し訳ないですが、王座奪還なんて、無理じゃないかと改めて思いました。
予選も心配なレベルでしょ。

by misty2011 | 2017-02-28 23:19 | WBC・侍ジャパン

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30