3/5侍ジャパン強化試合 ☆5-3 鈴木誠也3ラン、秋山翔吾勝ち越し3塁打

7日からの第4回WBC本大会を前に、侍ジャパンの強化試合は今日が最後となりました。

今日は京セラドーム大阪で、オリックス・バファローズとの一戦

先発はオリックスが金子千尋投手 侍ジャパンは藤浪晋太郎投手

スタメンは1番DHに山田哲人選手が入り、青木宣親選手は3番センター
坂本勇人選手が6番に下がり、8番にはサード田中広輔選手が入りました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、山田選手がセンター前ヒットで出塁。
しかし、2番の菊池選手が送りバントを打ち上げランナー進めず。
3番の青木選手は空振り三振に倒れ、筒香選手はファーストゴロで3アウトチェンジ。
山田くん、前回は失敗しましたが、盗塁できなかったかなあ・・・。
ヤクルトと違って、侍ではサインが出ないと走れないのかな?

その裏、藤浪投手が、早速先頭の西野選手に四球を与え、2盗を許します。
安達選手の送りバントを、藤浪投手が1塁へ悪送球する間に、2塁ランナーが生還して、
オリックスが1点先制。
藤浪投手、いつもは送球に自信がないので、下から1塁へトスしますが、
今日は距離があったので、上からまともに投げて悪送球。
送球イップスの傾向がありますからね。

さらに、安達選手が2盗後、吉田正尚選手がレフト前にタイムリーヒットを運び0-2
つづくロメロ選手もレフト前ヒットで無死1、2塁。アウトがとれません。
T-岡田選手はサードフライでようやく1アウト。
小谷野選手は四球で1死満塁。
伊藤捕手はセカンドゴロ併殺打で3アウト。2点で済みました。

いくらいい球を持っていても、ノーコンピッチャーは国際大会には不向きだと私は思いますけどね…。
ぶつけてケガさせる心配もありますし。
選んだ側は、藤浪投手に対して過大評価しすぎでしょ。
ある意味、四球からの失点は予想通りの展開となりました。

2点を追いかける侍は、先頭の中田翔選手がライトへのヒット、
坂本選手も左中間への2塁打で、無死2、3塁のチャンス!
オリックスは、2回から近藤大亮投手に早くも交代していました。
ここで、鈴木誠也選手がレフトスタンドへ3ランホームランを叩き込み3-2と逆転!
合宿でも、大きな当たりを打っていました。
ただ、これ、オリックス投手が投げているのはNPBのボールなんですよね。

写真は強化合宿初日23日 鈴木誠也選手
e0222575_2051996.jpg


しかし、近藤投手とは、オリックスは侍に自信をつけさせるため、早くも接待野球に切り替えましたか!??
2死後、山田選手はキャッチャーファールフライに倒れ3アウト。あらら・・・。

2回裏、藤浪投手は三者凡退に抑えます。
3回、侍は2番からの打順も三者凡退。

その裏、侍は平野佳寿投手が登板。きっちり三者凡退に抑えます。

4回、侍ジャパンは三者凡退

その裏、侍は岡田俊哉投手に交代
1死後、小谷野選手に2塁打を打たれ(代走は小島選手)、
若月捕手にセンター前タイムリーヒットを打たれ、3-3の同点に。

5回2死後、山田選手はまたまたキャッチャーファールフライに倒れ、侍はこの回も三者凡退。
う~~~ん。山田くんは、近藤投手のほうがタイミングが合わないようです。

その裏、続投の岡田投手は先頭を打ちとり、
ここで増井浩俊投手に継投も、安達選手にライト前ヒットを打たれます。
吉田正尚選手は空振り三振の間に、安達選手は2塁へ進みますが、
ロメロ選手をセカンドゴロに打ち取り3アウト。

6回、オリックスはルーキーの澤田圭佑投手が登板
2番からの打順も、三者凡退。
青木選手、決して良くありませんね。
メジャーリーガーだからと言って、センター固定はどうなんでしょう??
前の記事で書きましたが、DHは筒香選手で、センターは守備がいい秋山選手、
青木、鈴木、平田選手で他の外野を調子がいい者から使った方が攻守ともいいと思うんですが。
そういう発想は、小久保監督にはないんでしょうか?

その裏、松井裕樹投手が登板
侍は守備位置変更で、サードに菊池選手、セカンドは田中広輔選手が入りました。
何なんだ、この守備位置交換は。
試すのなら、最初からサード菊池選手、セカンド山田くんでいいじゃないの(怒)!
どうしても、山田くんにはセカンドを守らせたくないってか!?

松井裕樹投手は珍しく四球がなく、三者連続三振に斬ってとります。

7回1死後、坂本選手がレフト前ヒットで出塁。
鈴木誠也選手はフルカウントから四球で歩き1死1、2塁。
つづく田中広輔選手は空振り三振で2アウト。
ここで、代打・内川選手が登場し、初球を打ちますがライトフライの倒れ得点ならず。

その裏、侍は千賀滉大投手が登板 
キャッチャーは嶋捕手と入れ替わって代表に緊急招集された炭谷銀仁朗捕手
2死後、西野選手にレフト前ヒットを打たれますが、安達選手を打ちとり3アウト。

8回、オリックスはウエスト投手
先頭の山田選手は、ファールフライが天井に吸い込まれ、打ち直してセンターフライ。
いい当たりも、先っぽだったのでもう一伸び足りません。
菊池、青木選手は内野ゴロに倒れ三者凡退。
あんなに当たっていた菊池選手が冷えてきました。

その裏、続投の千賀投手は2死をとり、T-岡田選手の打席で宮西尚生投手に交代
岡田選手に四球を与えますが、後続を抑え3アウト。

9回、侍は途中出場の4番・平田選手からの打順
平田選手はセンター前ヒットで出塁
中田翔選手は右中間の大飛球でしたが、ライト小島選手に好捕されます。
坂本選手はセンターフライで2アウト。
鈴木誠也選手の打席で、ウェスト投手のボークで2死2塁。
外野は前進守備をとります。むしろこれは幸いかも。
鈴木選手は四球を選び2死1、2塁。
ここで、侍は代打・秋山翔吾選手を送ります。
秋山選手は期待に応えるライト線へのタイムリー3塁打を放ち、2者生還して5-3と勝ち越します!
やったね~!!
やっぱ、秋山選手をベンチに置くのは勿体ないと思います。

写真は宮崎強化合宿初日 秋山翔吾選手
e0222575_22504437.jpg


2点リードで、9回裏は秋吉亮投手
ということは侍ジャパンの抑えは秋吉投手ってことですね?これは責任重大。
秋吉投手は、きっちり三人で片付け、侍ジャパンが5-3でオリックスを下しました。

WBC本大会前に、とにかく勝って終われて良かったです。
ヒヤヒヤもんの勝利でしたが、勝ったことで少しはチームに弾みがつくことを祈りましょう。
今回の侍ジャパンは、どう見ても強くはありませんが、まあ、試合はやってみないとわかりません。
そこに期待するしかありません。

くどいようですが、やはり外野枠が勿体ないので、守備に難がある筒香選手がDHで、
秋山選手はセンター、それ以外を鈴木、平田、青木選手の中から、調子がいい選手を選んだ方が、
絶対に今日のオーダーよりは強いと思います。
セカンドは山田選手、サードに菊池選手か田中広輔選手、これで行ってほしいです!

山田選手は、結局、私の案でない限り、セカンドは守れないし、DHで出るしかないんでしょうね?
小久保監督、もっと頭を柔軟にして、勝てるオーダーを考えてくださいよ!

by misty2011 | 2017-03-05 22:17 | WBC・侍ジャパン

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31