2/24ヤクルトvs阪神オープン戦☆4-2、バレンティン2発

キャンプも終盤、今日からオープン戦が始まりました。

東京ヤクルトスワロ―ズは、浦添市民球場に阪神タイガースを迎えての開幕となりました。
先発は東京ヤクルトスワロ―ズがブキャナン投手
阪神タイガースは左腕の岩崎優投手

ヤクルトスタメンは1番が青木、2番はレフトで坂口、3番山田、4番DHはバレンティン
5番に畠山、以下、雄平、廣岡(サード)、中村、西浦(ショート)選手のオーダー

試合経過は ニッカンスコア


立ち上がり、ブキャナン投手は、
サードに入った廣岡大志選手の送球エラーがあってピンチを招きますが、
直後に、廣岡選手の好守もあり、無失点で切り抜けます。

1回裏、ヤクルトの攻撃は、1番青木、2番、坂口、3番山田選手があっさり三者凡退。

2回表、ブキャナン投手はサード内野安打、四球で無死1、2塁のピンチ
初回から、廣岡選手の守備練習かと思うくらい、よくサードに打球が飛びます。
つづく中谷選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ先制されます。0-1
(点数表示は、表裏関係なく、これ以降もヤクルト側からのスコアを表記します)
しかし、その後、俊介選手をショートゴロ併殺打に打ち取るなど1点どまり。

その裏、先頭のバレンティン選手がライトへのヒットで好走塁で2塁まで進みますが。
畠山、雄平選手が三振、廣岡選手はセカンドゴロで得点ならず。

3回、ヤクルトは梅野雄吾選手が登板
四球、ヒットでランナーを出しますが、無失点に抑えます。

その裏1死後、西浦選手が四球で出塁も、青木選手は三振、
西浦選手2盗失敗で3アウトチェンジ

4回、梅野投手は先頭に四球後、2安打され1失点。0-2
今日はスピードが出ていませんでした。
あと、無駄な四球、特に先頭バッターに出さないようにすることが課題でしょうね。

その裏、岩崎投手の前に、坂口、山田選手凡退後、
バレンティン選手がレフトスタンドへオープン戦第1号ソロ弾を放り込み1-2
豪快な一発でした。

写真は2月7日 ランチ特打 背中は青木宣親選手
e0222575_1592672.jpg


5回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板 
危なげなく三者凡退に抑えます。

その裏、阪神の秋山拓巳投手の前にこちらも三者凡退

6回は岩橋慶侍投手が登板
1死後、中谷選手に今日2安打目となるヒットを打たれますが、後続を打ち取ります。
中谷選手は仕上がりが早いですね。
今年は昨年以上に怖い存在となりそうです。

その裏、先頭の西浦選手がショートエラーで出塁
青木選手は秋山投手からセンター前ヒットを放ち無死1、2塁
代走は山﨑晃大朗選手
坂口選手は送りバントを決め1死2、3塁
ここで、山田哲人選手はレフトへ犠牲フライを運び2-2
タイムリーではなかったですが、鋭いライナー性の打球で、
昨年だと犠飛さえ打てなかったので、まずまずのバッティングでした。

続く、バレンティン選手は、
今度は右中間スタンドへ2ランホームランを叩き込み4-2
いやいや公式戦にとっておきたいようは2発でしたね。

7回からは主力がベンチに下がり、
2塁に奥村、レフトは塩見、センターは山﨑選手に交代
岩橋投手はこの回も無失点の好投

その裏、秋山投手の前に三者凡退

8回、ヤクルトは守備交代で、マスクは古賀捕手、
ライトに上田、1塁に荒木選手が入ります。
5番手で登板した中澤雅人投手は先頭にヒットを打たれますが、
1死後、髙山選手をショートライナー併殺打に仕留め無失点。

その裏、島本投手の前に三者凡退
途中出場の山崎、塩見選手は三振に倒れました。
実戦に入って、山崎、塩見選手の三振がちょっと目につきます。

9回、ヤクルトは秋吉亮投手が登板
きっちり3人で片付けゲームセット。
オープン戦初戦、ヤクルトは阪神を4-2で下し、勝利で飾りました。


まあ、今日はバレンティン選手に尽きるでしょう。
2連発含む3安打猛打賞で3打点と、いきなり大暴れ!
走塁も積極的で、少し絞った体がよく動いています。
仕上がりが早すぎて心配なくらい、よくバットが振れていました。

ただ、打線はこれ以外に、
青木選手がオープン戦初ヒットを打っただけで、チームわずか4安打 
山田哲人選手はヒットはなしですが犠牲フライの1打点
アピールしなきゃいけない主力以外が全く音無しでした。

投手陣は、まずまずでしょうか。
2年目の梅野投手は、制球を身につけるところからですね。
明日は、若手の選手がもっと活躍することを期待したいです。

by misty2011 | 2018-02-24 16:08 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011