3/3ヤクルトvs巨人OP戦★5-6×サヨナラ負け、寺島3回0封5者連続三振、塩見適時打

3月3日のひな祭り、東京ヤクルトスワロ―ズと売ジャイアンツとのオープン戦が
東京ドームで行われました。

先発は巨人が菅野智之投手、ヤクルトはブキャナン投手
どちらも開幕投手が有力です。

スタメンは1番山田、2番にサード川端選手が入り、3番バレンティン、4番青木選手で、
以下、畠山、坂口、雄平、中村、廣岡選手と続きます。

試合経過は ニッカンスコア


初回、ヤクルトは山田哲人選手が初球から打って出てセンターフライ。
川端選手は2球目を打ってショートゴロ
バレンティン選手も初球打ちでレフトフライ。
わずか4球で3アウトチェンジ
苦手の菅野投手に対して早いカウントから仕掛けました。

その裏1死後、ブキャナン投手は吉川選手にヒットを打たれますが、
けん制で挟みタッチアウト
坂本選手には四球を与えますが、
新4番ゲレーロ選手を大きなライトフライに打ち取り無失点

2回、先頭の青木宣親選手も初球打ちでライトフライ
畠山選手はセンター前ヒットで出塁も、坂口、雄平選手が倒れます。

その裏、ブキャナン投手は阿部慎之助選手に
ライトスタンドへソロホームランを放り込まれ0-1

3回、ヤクルトは三者凡退
山田哲人選手はフルカウントから外のスライダーに空振り三振でした。
外スラ対策をしないと、今年も苦手のままになりそうですね。

その裏、2死後、坂本選手がレフトへの2塁打で出塁
ゲレーロ選手はいい当たりでしたが、
レフト青木選手が突っ込んできてスライディングキャッチ、3アウト。

4回、先頭の川端選手が三遊間へのヒットで出塁(代走は1軍昇格の谷内選手)
バレンティン選手が空振り三振後、
青木選手はライト前にヒットを放ち、1死1、3塁とチャンスを広げます。
菅野投手に対しては、やはり左バッターが打って攻略することでしょうね。
畠山選手は四球を選んで1死満塁
ここで、坂口選手は浅いレフトフライで、タッチアップできず2死満塁
雄平選手は深いショートゴロも、坂本選手の好守備で2塁フォースアウトとなり得点ならず。

その裏、ヤクルトは寺島成輝投手が登板
マギー選手をショートゴロ、
阿部、岡本選手を二者連続三振に斬って取るナイスピッチング!

5回、巨人は中川皓太投手が登板
2死後、山田哲人選手はボール球に手を出し空振り三振。
う~~ん、アレを振るようでは、まだまだです。
昨年はリーグワースト2位だった三振数を、今年は減らしてほしいですけどね…。

その裏、寺島投手は前の回から5者連続三振の圧巻のピッチング!
どうしちゃったの!?と驚くばかりの投球でした。
ここまではコントロールが良かったですね。

19歳とは思えないほど立派な体の寺島成輝投手 風格さえ感じます。
写真は浦添キャンプ2月7日
e0222575_16522964.jpg



6回2死後、青木選手がピッチャー強襲ヒット&悪送球で2塁まで進みます。
代走は山崎晃大朗選手
畠山選手はショートゴロでこの回も得点ならず。

その裏、3イニング目の寺島投手が続投
先頭をストレートの四球で出しますが、続く打者をショートゴロ併殺打に仕留め2死
ゲレーロ選手にはセンター前ヒットを打たれ、代走に2盗を許し2死2塁
続くマギー選手はショートライナーに打ち取り3アウト(廣岡選手が好捕)

7回、3イニング目の中川投手から先頭の坂口選手が四球を選び出塁
雄平選手はライト前ヒットで無死1、2塁
中村悠平捕手は送りバントを決め1死2、3塁(3塁代走は藤井選手)
ここで、廣岡大志選手は叩きつけたサード内野安打で1-1の同点に!

1死1、3塁でトップに戻り、
途中出場の奥村選手は三遊間を抜けるタイムリーヒットを放ち2-1と逆転
なおも1死1、2塁でしたが、谷内選手はセンターフライ、
このあと、廣岡選手が2塁けん制タッチアウトで2点どまり。

7回裏はカラシティー投手が登板
先頭から大城、岡本、辻選手に3連打浴び、たちまち2-3と逆転されます。
さらに1死1塁から立岡選手にもヒットを打たれ1死1、2塁
しかし、後続を抑えます。
守護神候補が簡単にはじき返されました。球が高いですね。

8回、巨人は宮國投手が登板
先頭の荒木選手が死球で出塁
山崎選手は送りバントで1死2塁
ここで、ルーキーの塩見泰隆選手がレフトオーバーのタイムリー2塁打を放ち
3-3の同点に。ナイスバッティング!
つづく藤井選手はセカンド内野安打で1死1、3塁
代打の大松尚逸選手は空振り三振で、藤井選手が2盗して2死2、3塁
中村捕手は絶妙のセーフティバントがファール後、
ショートゴロ悪送球エラーで二者生還して5-3
2死2塁で、廣岡選手はライトへの大ファール後、空振り三振

8回裏、ヤクルトは近藤一樹投手
1死後、四球、2塁打で1死2、3塁のピンチを招き、
岡本選手のショートゴロの間に4-5
古賀捕手のパスボールで2死3塁となり、
辻選手にタイムリーヒットを打たれ5-5の同点に追いつかれます。

9回、ヤクルトは先頭の奥村選手がレフト前ヒット(途中出場でマルチ)
谷内選手は送って1死2塁から、荒木選手ショートゴロ後、山崎選手は四球で2死1、2塁
塩見選手はショートゴロで勝ち越しならず。

5-5の同点で9回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
先頭に四球を与え、1死2塁から、
途中出場の河野元貴捕手にセンターオーバーのサヨナラ2塁打を浴び、
ヤクルトは5-6×で巨人に敗れました。(スコアはヤクルト側から表記)

いやいや、点の取り合いでもつれた試合でしたね。
どちらも粘り強い戦いぶりで、最後まで目が離せませんでした。

サヨナラ負けを喫しましたが、
今日の収穫は、投手陣では2番手で投げた寺島成輝投手の好投が光りました。
3回1安打1四球、5者連続三振で無失点と快投。
抜いたようなピッチングをする時がありますが、今日は気合が入っていました。
今日のような投球をいつも心がけてほしいです。

ブキャナン投手はソロ被弾の1失点で、まずまずでしたが、ブルペン陣がちょっと心配。
カラシティー投手が、巨人の若手に簡単に打たれ、近藤投手も失点しました。
最後は石山投手がサヨナラ打を浴びるなど、まだ調整不足のようで、
ブルペン陣に不安要素が見えた試合でした。
まだたっぷり時間があるので、開幕までにしっかり間に合わせてほしいです。

打つ方では、ルーキーの塩見選手がタイムリー
廣岡選手もオープン戦初ヒットがタイムリー内野安打
雄平選手もヒットが出ました。
青木選手はさすがで今日もマルチ
奥村選手も途中出場で2安打1打点とアピールしました。
坂口選手が満塁で最低限が出来ず、まだノーヒットなのがちょっと心配

巨人サイドも、私はまだ顔と名前がよくわからない若手の選手が、
よく打って必死でアピールしていました。ヤクルトも負けていられませんね。

明日も粘り強い試合を見たいと思います。

by misty2011 | 2018-03-03 17:53 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011