3/7宮崎アイビー対中日OP戦☆8-3 ハフ3回0封、塩見1号ソロ&廣岡1号2ラン

東京ヤクルトスワロ―ズは昨日に続き、
今日も宮崎アイビースタジアムで中日ドラゴンズとのオープン戦が行われました。

先発は、ヤクルトがハフ投手、中日は大野雄大投手
スタメンは1番青木、2番藤井、3番山田、4番畠山選手で
5番に塩見(ライト)6番荒木(レフト)以下、DH鵜久森、中村、廣岡選手の打順

今日も中継がないので、スポナビの一球速報で見ました。

試合経過は ニッカンスコア  

立ち上がり、ハフ投手はテンポよく2死となりますが、
アルモンテ選手のショートゴロを廣岡選手が悪送球するエラーでランナーを出します。
しかし、4番ビシエド選手をショートゴロに打ち取り3アウト
初回はすべて内野ゴロで、うち3つがショートゴロでした。

1回裏、先頭の青木選手が四球で出塁し、大野投手の暴投で無死2塁
藤井選手は送りバントが決まり、
さらに、中日セカンドに捕球ミスがあったようでヤクルトが労せず1点先制1-0
(このあたり1球速報が止まったままでよくわかりませんでした)

藤井選手は、このあと大野投手の暴投で3塁まで進みます。
ここで、山田選手はセンターへ犠牲フライを運び2-0
とりあえず最低限は出来ました。ほっ
畠山選手が倒れ2死となりますが、
好調の塩見泰隆選手が左中間スタンドに1号2ランホームランを放り込み3-0 
荒木選手もヒットで出ますが、鵜久森選手が倒れ3アウト。

ヤクルトは相手ミスから、初回に幸先よく3点奪いました。
それにしても、ルーキーの塩見選手が打ちまくっています。
本人は、このまま開幕してほしいくらいでしょうね。

2回、ハフ投手は先頭の福田選手にピッチャー強襲ヒットを打たれ、
1死後、松井佑介捕手にもヒットを打たれて1死1、2塁のピンチでしたが、
後続を抑え無失点で切り抜けます。

その裏、ヤクルトは先頭の中村捕手が四球で出塁すると、
廣岡選手がバックスクリーン左に飛び込むOP戦1号2ランホームランを叩き込み
ヤクルトが5-0と突き放します。よかったね、廣岡くん!
これで気分的に少しラクになったことでしょう。

写真はキャンプ2月2日
e0222575_1418248.jpg


この後、青木、藤井、山田選手は凡退。
山田くんは、ここまでの打球はすべてフライ(HR、犠飛含め)または三振でゴロなし

3回、ハフ投手はきっちり三人で片付けます。

3回裏1死後、塩見選手がまたまたレフト前ヒットで出塁し2盗成功!
俊足で足も魅力です。
つづく荒木貴裕選手がライトへタイムリーヒットを放ち6-0
荒木選手も負けていられません、2打席連続ヒットです。
今日は面白いように点が入ります。

4回、ヤクルトは山中浩史投手が登板
ビシエド、福田、モヤ選手に3連打され、いきなり失点。6-1
なおもピンチでしたが、後続を打ち取り1点どまり

4回裏、中日は三ツ間投手に交代
1死後、青木選手が今日2個目の四球で出塁
代走の山崎晃大朗選手が2盗成功
藤井選手は1塁ビシエド選手のトンネルエラーで、山崎選手が生還して7-1
1死2塁となり、山田選手はフルカウントから四球を選んで1死1、2塁
今日は追い込まれても三振がなかっただけでもヨシとします。

つづく畠山選手はレフトへのタイムリーヒットを放ち8-1
代走は坂口選手
このあと、塩見、荒木選手が倒れます。

5回、ヤクルトは守備交代で2塁奥村、センター山崎、荒木選手はレフトから1塁へ
続投の山中投手は2死後、京田選手に2塁打を打たれますが、
アルモンテ選手を空振り三振に仕留め3アウト

5回裏、三ツ間投手続投
ヤクルトは1死後、中村捕手がサードエラーで出塁
昨日今日と、両チームに失策が多いですね。
慣れない地方球場というのがあるんでしょうね。
廣岡選手はライトへのヒットで1死1、2塁。今日2安打目
ホームランで吹っ切れたようですね。
このあと、山崎選手三振、藤井選手も倒れ得点ならず。

6回、ヤクルトは新人の大下佑馬投手が登板 マスクは大村孟捕手
大下投手はきっちり三者凡退に抑えます。

その裏、中日は祖父江投手
1死後、坂口選手がセンター前ヒットで出塁。
この後、塩見、荒木選手が倒れ3アウト

7回、大下投手、前回は打たれた課題の2イニング目
先頭の松井佑捕手にヒットを打たれ、暴投で2塁へ進まれますが、
この回二者連続三振などで無失点。
抑えましたが、ストレートの球速はもうちょっと欲しいです。

7回裏、中日は谷元投手が登板
1死後、大村孟捕手がライト前ヒットで出ますが、
廣岡、山崎選手が倒れ3アウト

8回、ヤクルトは寺島成輝投手が登板
先頭の京田選手はサード内野安打
つづく堂上選手を空振り三振、京田選手を1塁けん制タッチアウトで2死
このあと、亀澤選手にヒット、福田選手には2塁打を打たれて2死2、3塁のピンチ
ここで、阿部選手にレフトへ2点タイムリー2塁打を打たれ8-3
松井佑捕手は空振り三振で3アウト

寺島投手が今日投げるとは意外でした。どういう調整なのかイマイチわかりません。
打たれましたが、二つの空振り三振がとれているので、その点は良かったです。

8回裏、中日はルーキーの鈴木博志投手が登板
最速151㌔が出るなど、ヤクルトは2死となったあと、
坂口選手がレフトへヒット。今日マルチ
坂口選手に当たりが戻ってきました。
塩見選手はピッチャーゴロで3アウト

9回、ヤクルトはカラシティー投手が登板
先頭の高橋周平選手をフォークで空振り三振
この後もサードゴロ、センターフライに打ち取りゲームセット

ヤクルトが8-3で中日を下しました。
ヒット数はヤクルトが10安打、中日11安打で少なかったですが、
中日は3失策もあり、それに乗じて効率よく得点しました。
昨日の試合と逆のような試合となりましたね。

先発のハフ投手は、ゴロを打たせて取るピッチャーのようで、
3回2安打無四球無失点と好投しました。
ハフ投手まで打たれたら、先発ローテがますます不安になるので結果が出て良かったです。
もう少し投げてほしかったですね。

山中投手は立ち上がりに連打されましたが、その後は何とか抑えました。
ただ、以前に比べると簡単に打たれるようになってきましたね。

前回打たれた大下投手は今日は無失点でまずまずでした。

寺島投手の失点が少し残念ですが、
守護神候補のカラシティー投手が、今日はきっちり3人で締め、ヤクルトの快勝でした。

打線は初回からよく繋がり、また塩見選手の1号ソロホームラン、
そして待望の廣岡大志選手の1号2ランと明るい兆しが見えてきました。
大野投手の状態が悪かったとしても、やはりホームランが出たのは嬉しいことです。

10安打のうちマルチヒットを打った打者が今日は4選手
スタメンでは塩見、荒木、廣岡選手
そして途中出場で坂口選手がマルチと意地を見せました。

また、キャンプで力を入れて練習した走塁でも、
塩見、山崎選手が2盗を決めるなど、キャンプの成果が出ています。

打線が活発になると、楽しさが増します。
今日の試合はテレビ中継で見たかったですね。

ルーキーの塩見選手は、できるだけ好調をキープできるように!
廣岡選手は一発が出て吹っ切れた感じがするので、これから上向きそうです。
エラーは、まだこれからも出るでしょうけど、打つ方でカバーです。
畠山選手も勝負強いところを見せてくれました。

山田哲人選手に関しては、こちらが心配してもどうしようもないので、
本人が何とかするしかありません。

新外国人ピッチャーの先発したハフ投手と、
クローザー候補のカラシティー投手の好投も明るい材料となりました。  

負けが続いていたので、これからは勝ち癖をつけて連勝したいですね。
 
by misty2011 | 2018-03-07 16:48 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011