3/17対日本ハムOP戦☆7-6、山田2号ソロ、廣岡タイムリー・スクイズ他で3打点!

昨日とはうって変わり快晴となった神宮球場
東京ヤクルトスワロ―ズは北海道日本ハムファイターズとのオープン戦を行いました。

先発はヤクルトが石川雅規投手、日本ハムファイターズはマルティネス投手
スタメンは1番坂口(1塁)、2番山崎(ライト)、3番山田、4番青木、5番バレンティン選手
以下、川端、廣岡、中村選手と続き、石川投手が9番に入ります。

試合経過は ニッカンスコア

初回、日ハムは先頭の西川選手がサードへのセーフティバントで出塁
送りバントで2塁へ進み、近藤選手のセカンドゴロで2死3塁
つづく中田翔選手に左中間スタンドに先制の2号2ランホームランを運ばれます。0-2

1回裏、ヤクルトは2死後、
山田哲人選手がレフトポール直撃のオープン戦2号ソロホームランを放ちで1-2
2ボールからのファーストストライクを鋭く振りぬきました。ナイスホームラン
あれが切れずに入ったってことは、調子は上向きと見ていいでしょうね。

写真は浦添キャンプより 山田哲人選手
e0222575_019201.jpg



2回、石川投手は3人で片付けます。
その裏、ヤクルトも三者凡退

3回、石川投手は、この回も三者凡退に抑えます。
3回裏、ヤクルトもすべて内野ゴロで三者凡退

4回、石川投手は先頭の近藤健介選手にレフト前ヒットを打たれます。
初回に2ランを打たれた中田翔選手はショートゴロで2塁はセーフ、1塁アウトで1死2塁
2死後、レアード選手に四球を与えますが、横尾選手をセンターフライに打ち取り3アウト

4回裏、1死後、山崎選手がサード内野安打で出塁
山田選手はフルカウントから四球で歩き無死1、2塁
ここはダブルスチールでも仕掛けてほしいですね。
青木選手はライトへの大飛球も捕られ1死1、2塁
しかし、山崎選手はタッチアップできず進塁していません。
打球判断が悪すぎました。足がウリの選手で、この走塁はいけません。

このあと、バレンティン選手はライト前タイムリーヒットで2-2の同点に。
3塁へ走った山田選手は、ライト近藤選手の好返球でタッチアウトとなり2死1塁
川端選手はショート内野安打で2死1、2塁

廣岡選手はフルカウントからセンター前タイムリーヒットを放ち3-2と勝ち越します。
上手いバッティングでした。追い込まれたのでミートを心掛けたコンパクトな打撃。
目に見えて成長していますね。
2死1、3塁から、続く中村捕手もセンターオーバーの2点タイムリー3塁打を放ち
5-2と3点リード
4回裏、ヤクルトは、内野安打、四球で始まり、
このあと2死から4連打で4得点、一気に勝ち越しました。畳みかける攻撃は見事でしたね。

5回、石川投手は危なげなく三者凡退に抑えます。

5回裏、先頭の坂口選手がセンター前ヒット
山崎選手は送りバントで1死2塁
山田選手は強い打球のショートゴロで2死3塁(中島選手の好守に阻まれました)
青木選手はセカンドゴロで3アウト。

6回、ヤクルトは開幕投手が決定しているブキャナン投手が登板
守備はセンター上田、セカンド奥村選手に交代
ブキャナン投手は先頭の松本選手にライト前ヒットを打たれ、
1死後、中田翔選手は四球で1死1、2塁
アルシア選手にはヒットを打たれ1死満塁から、
レアード選手に左中間スタンドに満塁ホームランを放り込まれ5-6と逆転されます。
ちょっとちょっと、開幕投手がこれはまずいでしょ!

このあと、清水選手にもフェンス直撃の2塁打を打たれますが、中島選手を三振に仕留め3アウト

4回に逆転して盛り上がったのに、6回、一気に盛り下がりました。

6回裏、日本ハムはロドリゲス投手が登板
先頭のバレンティン選手がヒットで出塁、
代走の田代選手は2盗も、リクエストでリプレー検証となり、判定通りセーフで無死2塁
川端選手のファーストゴロが進塁打となり1死3塁
続く廣岡選手のショートゴロで3塁から俊足田代選手が生還して6-6の同点に
川端、廣岡選手ともアウトでも意味のある打撃でした。
こういう形での得点が今年は増えましたね。
廣岡選手、今日も勝ち越し打とショートゴロ同点打で2打点!
OP戦セ・リーグ(訂正)打点王に躍り出ました。

7回、ブキャナン投手が続投し、三者凡退に抑えます。

7回裏、ロドリゲス投手が続投
坂口、山崎、奥村選手が倒れます。

8回、ヤクルトはブキャナン投手が続投 3人で片付けます。

その裏、ロドリゲス投手も続投
途中出場の上田選手が四球、田代将太郎選手は足に死球を当てられ2死1、2塁
田代選手は大村選手と交代、心配ですね。もう死球だけはやめてください。
藤井選手は空振り三振の間に、上田選手が3塁へ走り1死1、3塁
廣岡選手はスクイズを決め7-6と勝ち越しに成功!
今日3打点で、さらに打点を伸ばしました。
意表をついたスクイズ敢行でしたが、きっちり決めました。
意外と器用に何でもできますね、廣岡くん。
得点圏で、すべて打点をたたき出すあたり、とても3年目とは思えない勝負強さです!

1点リードの9回、ブキャナン投手が4イニング目も続投
3人できっちり締めゲームセット
ヤクルトが7-6の接戦を制しファイターズを下しました。

ヤクルトは8安打で7得点と効率の良い攻めでした。
山田哲人選手が2号ソロ
バレンティン選手が久しぶりにマルチヒットで1打点
廣岡選手がタイムリーヒット、ランナーを還すショートゴロ、そしてスクイズで3打点となり、
オープン戦12試合で11打点、打点はセ・リーグ(訂正)トップです。
中村捕手が2点タイムリー3塁打

中でも、チャンスの場面が廣岡選手を追いかけるように打席が回ってきて、
そこできっちりランナーを還すバッティングが出来ています。
素晴らしいですね。
山田くんがそうであったように、才能ある若い選手は伸びるときには一気に伸びてきます。
まさに、今の廣岡選手の姿にダブります。
ケガだけには気を付けて、このまま順調に開幕へ向かってほしいと願います。

写真は浦添キャンプより、廣岡大志選手を指導する石井琢朗コーチ
e0222575_11182620.jpg



山田くんは、軸がブレずにくるっと回って、本来の引っ張ったいい打球のホームランでした。
当たりが出だすと、こちらは死球攻めが来ますが、どうかぶつけられませんように!

先発した石川投手は、中田翔選手に一発を浴びましたが、5回3安打2失点とまずまずでした。
ブキャナン投手は、代わりっぱなに打ち込まれて心配しましたが、
その後は立ち直りを見せました。
今シーズンは、打たれるシーンが多いので、
開幕後は、打線の援護で何とか持ちこたえて、試合を作ってほしいと思います。

シーソーゲームとなりましたが、大技小技で接戦を制したナイスゲームでした。

なお、昨日の試合で途中交代した畠山選手は下半身のコンディション不良、
死球の荒木選手は頭部打撲の診断で、今日は欠場してベンチに姿はありませんでした。
その後の情報が出ませんね。
今シーズンは、すべてコンディション不良と発表されるので、ケガの状態がわかりません。

by misty2011 | 2018-03-17 16:27 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011