3/18対ソフトバンクOP戦☆7-6逆転勝ち 山田・バレアベック弾、ルーキー村上2安打

今日は午前中からエキサイトブログの不具合で、ブログが表示されませんでした。
ご迷惑をかけ申し訳ありません。
最近、エキサイトブログのトラブルが多いんですよね。困ります。

今日の神宮は、試合前には新入団選手、コーチ陣の紹介、
試合後は2018年度 東京ヤクルトスワローズ出陣式があって、
スタンドは満員のファンで埋まっていました。

例年なら出かけるところですが、最近の神宮は、オープン戦からでも人が多くて、
いい席の確保など年寄りにはキツくて出かけるのをためらいます。

このブログを始めた頃は、こんなことはなくて、
公式戦でも、いつ出かけても席は余裕で取れて、
ゆったりまったり観戦できる神宮ならではの良さがありましたが、
時代が変わったというかファン層ががらりと変わってきたんでしょうね。
球団にとってはいいことなんですが、
私にとってはそうでもなくなって、現地観戦意欲が薄れてきました。


今日は、昨年日本一の福岡ソフトバンクホークスとのオープン戦です。

ヤクルトは古巣相手に山中浩史投手が先発、ソフトバンクは武田翔太投手
スタメンには、ドラ1の村上宗隆選手(18歳)が、9番DHでスタメン出場となりました。
1番坂口(センター)2番山崎(ライト)、3番山田、4番バレンティン 5番川端(1塁)
以下、藤井、廣岡、井野、DH村上選手のオーダー

試合経過は ニッカンスコア

初回、山中投手は大きな飛球を打たれましたが、三者凡退の上々の立ち上がり

1回裏、坂口選手が早速センター前ヒット。やっぱりグッチは1番が似合っています。
山崎は送りバントで1死2塁
ここで、山田哲人選手はセンターバックスクリーンへ3号2ランホームランを叩き込み
ヤクルトが2点先制!2-0 ナイスバッティング~♪
今日もファーストストライクを捉えました。

つづくバレンティン選手も、ライトへ4号ソロ弾を運び3-0
昨年までだと、山田くんが打つと、バレンティン選手は力んで大振りが目立ちましたが、
コンパクトに振ってスタンドイン!今年は違っていますね?

2死後、藤井選手は四球で出ますが2盗失敗で3アウト

ヤクルトは初回から山田ーバレンティン選手のアベック弾で盛り上がります。

2回1死後、山中投手はデスパイネ選手にレフトへソロホームランを運ばれ3-1
中村選手はショートのグラブを弾く内野安打
松田選手はセンター前ヒットで1死1、3塁のピンチ
しかし、上林選手をセカンドゴロ併殺打に仕留め無失点で切り抜けます。

2回裏、廣岡、井野選手が倒れ2死後、
注目のルーキー村上宗隆選手はショート内野安打で出塁
1軍初打席でヒットとは何か持ってますね~!
トップに戻り、坂口選手はセカンド内野安打で2死1、2塁
山崎選手はサードゴロで3アウト

3回、山中投手は3人で打ち取ります。

その裏、先頭の山田選手は外のスライダーを見逃し三振
バレンティン選手はピッチャーライナー
川端選手は空振り三振で3アウト

4回、山中投手は先頭の柳田選手にライトへ2塁打を打たれ、
内川選手はファーストゴロ進塁打で1死3塁
つづくデスパイネ選手に、
レフトスタンドへ2打席連続となる2ランホームランを運ばれ3-3の同点に

4回裏1死後、廣岡選手がストレートの四球で出塁
井野捕手はショートゴロで2死2塁
村上選手は空振り三振で3アウト

5回、ヤクルトは中尾輝投手が登板、1塁は鵜久森選手に交代
三者凡退に抑えます。

5回裏、2死後、山田選手は見逃し三振で3アウト
外のスライダーには、やはりまだ対応できていません。
本番ではあそこを攻められるのはわかリきっているので、
カットするなり右に打つなりの対応をしないと、
三振が増えるだけで打率は上がらないでしょうね。
それから、山崎ー山田選手の並びは三振が多すぎます。


6回、ヤクルトは秋吉亮投手が登板
サードに宮本丈選手が入り、藤井選手がセンターへ
2死後、デスパイネ選手になんと3打席連続のホームランを浴び3-4

6回裏、武田投手続投
バレンティン選手が四球で出塁。代走は荒木貴裕選手
2日前に頭部死球を受けた荒木選手は、
左顔面と左目がまだ腫れていて痛々しい姿でしたが、
とにかく大事に至らずよかったです。
1死後、藤井選手はショート内野安打で無死1、2塁
続く廣岡選手の打席で、暴投で荒木選手が3塁へ走り1死1、3塁
廣岡選手はストレートに空振り三振で2死となり、
中村捕手はセカンドゴロで得点ならず。

7回、ヤクルトは田川投手が登板
先頭の松田宣浩選手にバックスクリーン左に放り込まれ3-5
福田秀平選手にもソロ弾を浴び3-6
ここまでソフトバンクに5発被弾とは・・・。

7回裏、ソフトバンクは飯田投手に交代
先頭のルーキー村上選手がレフト前ヒットで出塁。今日マルチ!
ルーキー宮本丈選手もセカンド内野安打で無死1、2塁とチャンス拡大。
山崎選手はセーフティバントが内野安打となり無死満塁
さあ、ここで山田くんと思ったら、
ソフトバンクは右の加治屋投手に交代

山田選手は三遊間を抜けるタイムリーヒットを放ち、二者生還して5-6
当たりはよくなかったですが、積極的に打ったのが功を奏しました。
続く荒木選手は送りバントで1死2、3塁
ここで、鵜久森選手がレフトへ2点タイムリーヒットを放ち7-6と逆転!
鵜久森選手、ナイスバッティング!
藤井選手は3-6-3の併殺打で3アウト

8回、ヤクルトは石山泰稚投手が登板 三人で片付けます。

その裏、ソフトバンクはモイネロ投手
廣岡選手は外まっすぐを見逃し三振。
中村捕手も三振で2死
村上宗隆選手はいい当たりのショートゴロで3アウト

1点リードで9回はカラシティー投手が登板
相手主力は下がっていますが、
抑えで使えるかどうかの参考にはなるでしょう。
カラシティー投手は、本田、西田選手を連続三振
上林選手はセカンドゴロに打ち取りゲームセット

ヤクルトが7-6で逆転勝利を飾りました。

今日はヤクルト山田―バレンティン選手のアベック弾
ソフトバンクはディスパイネ選手が3発、
松田、福田選手も一発が出て、
両チーム合わせて7本塁打の季節外れの花火大会

先発の山中投手は、ボールが遅い上に、甘い所に投げていては打たれます。
特に、セ・リーグ相手には、慣れられたのもあって厳しそうですね。
前回、リリーフで投げた時の方が、現状では使えるように思います。
下手投げで遅球なので、中継ぎで目先を変える起用の方が適しているんじゃないでしょうか?
先発ローテ6枠目はなかなか難航しそうです。

リリーフ陣は、秋吉投手と田川投手が被弾しました。

中尾、石山投手は良かったですね。
そして、カラシティー投手が3人できっちり抑えたのは明るい材料です。

写真は浦添キャンプ2月4日ブルペン カラシティー投手
e0222575_1774718.jpg


打つ方は、初回に山田くんとバレンティン選手のアベックホームランが飛び出し3得点
すぐ同点、さらに逆転されますが、その後も粘り強く反撃しました。
山田哲人選手は、今日は2ランと2点タイムリーで4打点!

若い力も躍動
特にドラ1高卒ルーキーの村上宗隆選手が2安打と、その打撃才能の片りんを見せました。
簡単にはアウトにならないバッティングで、高卒1年目とは思えませんでした。
アウトになった打席も、きちんとミートしていて鋭い打球でした。
打席ではどっしり構えて貫禄すら感じましたね。
捕手からサード転向で、守備はまだ時間がかかりそうですが、
廣岡選手同様、大きく育ててほしいと願います。
清宮選手を外してよかったと思わせる選手になってほしいです。
将来性を感じる若い選手が育ってくるのを見るのは楽しみです。
(私は戸田に行くことはないし、2軍キャンプも見てないので村上くんのフォトはありません)

大卒ルーキーの宮本丈選手も内野安打のヒットが出て、こちらも良かったです。

これまでのオープン戦での戦いを見て、昨年までとは明らかに違う戦いぶりだと感じますが、
今日の試合もそうでした。
簡単には終わらない、最後まで試合をあきらめない姿は、
ベンチと選手、チーム全体から感じ取れます。一体感がありますね。
たかがオープン戦、されどオープン戦で、いい流れで開幕に向かってください。


エキサイトブログの障害は続いていて、
夕方5時前にブログ閲覧はできるようになりましたが、
管理画面に入れなくて困っています。
とりあえず、記事をメモ帳に下書きしましたが、
いったい何時になったら復旧するのやら・・・。
やっと復旧したようです。

by misty2011 | 2018-03-18 17:20 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011