ヤクルト開幕2連勝☆5-3、石川今季初勝利!青木・廣岡が2打点

2018東京ヤクルトスワロ―ズは開幕戦を勝利で飾り、
小川監督率いる新体制のスワローズは「再起」に向け幸先いい船出となりました。

2戦目の先発は横浜DeNAベイスターズがバリオス投手、ヤクルトは石川雅規投手
ヤクルトのスタメンは初戦と同じ。

私は、オープン戦では機能したとは言えなかった打順に関して懐疑的でしたが、
いざ開幕すると、見事に結果を出しました。やはり素人の浅はかさだったようです。
畠山選手のスタメン復帰、雄平選手が1軍に戻って来るまでは、
しばらく、基本このオーダーで行きそうですね。

試合経過は ニッカンスコア  

初回、先頭の山田選手は外高目を見逃し三振。またかと最初から私のテンションだだ下がり。
昨日からこれで見逃し三振が3個め
もうちょっと積極的にバットを振らないと!
オープン戦でホームランやヒットを打った時は、ファーストストライクを捉えていたんですよね。
昨夜、プロ野球ニュースの高木豊さんが、かかとに体重が乗っているので、
外が遠く見えると話していましたが、そういうことなんですかね?
このあと、山崎、バレンティン選手も倒れ三者凡退

1回裏、石川投手は2死後、筒香選手を四球で出しますが、ロペス選手を打ち取ります。

2回1死後、川端選手がレフト前ヒット、坂口選手はセンターフライ
廣岡選手は右打ちのライト前ヒットで2死1、2塁
廣岡くんは、追い込まれてもこれができるようになったのは成長ですね。
山田くんに教えてあげてほしいくらい(苦笑)
中村捕手は四球を選び2死満塁
しかし、石川投手はショートゴロで先制ならず。

2回裏1死後、
石川投手は今日先発マスクの嶺井捕手にライトへソロ弾を運ばれ先制されます。0-1
続く、神里選手にライトへ2塁打を打たれますが、後続を打ち取り1点どまり。

3回、先頭の山田選手はフルカウントから四球で出塁。三振じゃないだけでもホッとします。
すかさず初球に2盗を決めます!足は健在、バットと違って思いっきりがいいですね。
山崎選手は3塁線へのバントヒットで無死1、3塁とチャンス拡大!
山崎選手も2盗を決め無死2、3塁
ここで、バレンティン選手はぼてぼてのショートゴロで、
3塁から山田選手がホームインして1-1の同点に

青木選手はお尻にデッドボールをぶつけられ1死1、3塁
川端選手はファーストゴロで、山崎選手が三本間で挟殺され2死1、2塁
坂口選手はセンター前ヒットで2死満塁。(青木選手は河田コーチが制止して3塁ストップ)
続く廣岡選手はフルカウントから押し出しの四球をもぎ取り2-1と勝ちこします。
よくボールを見極めました。

3回裏、石川投手は1番からの打順を三人で片付けます。

4回1死後、山田くんはまたまた外の球(カーブ)に反応できず見逃し三振。
振れよ!と思いますが、振っても当たらず空振りするんですよね。
山崎選手は四球を選び、バレンティン選手はライト前ヒットで2死1、2塁
実質、山崎選手がトップバッターの役割をしていますね・・・。

ここで、青木選手は右中間フェンス直撃のタイムリー2塁打を放ち、
二者生還して4-1。きっちり4番の仕事をしました。
山田くんがこんな状態なので、何とかしてくれる4番青木選手は大正解ですね。
川端選手はセカンドゴロで3アウト

その裏、石川投手は三者凡退にきっちり抑えます。

5回、DeNAはエスコバー投手に交代
先頭の坂口選手は右手の指に当たる死球で倒れますが、そのまま1塁に出ます。
ひどいですね、2試合でヤクルトはもう3個めの死球、何回ぶつけられるんでしょう。
坂口選手は2盗失敗で2死となり、石川投手は三振で3アウト
坂口選手、気丈にしていますが、大丈夫でしょうか?
念のため試合後は病院に行ってほしいですね。

5回裏、石川投手はこの回も三者凡退に抑えます。

6回、先頭の山田選手は四球で出塁。ラッキー!もうこれしかなさそう。
山崎選手は送りバントで1死2塁も、
バレンティン、青木選手が倒れ3アウト

7回、DeNAは三上投手が登板
先頭の川端選手がセンターへの2塁打で出塁 代走は藤井選手
坂口選手はセカンドゴロ進塁打で1死3塁
廣岡選手はセンターオーバーのタイムリー2塁打を放ち5-1
今日2打点!
この打順だと廣岡選手にチャンスが回ることが多く、
そこできっちり結果を出すのが頼もしいですね。感心します。

7回裏、石川投手は続投
2死後、嶺井捕手にレフトへ2塁打を打たれ、
つづく神里選手選手にレフト前にタイムリーヒットを打たれ5-2と3点差。
代打・中川選手もセンター前ヒットを打たれ2死1、2塁
この後、石川投手の2塁けん制悪送球で2死1、3塁
倉本選手にはライト前にタイムリーヒットを浴び5-3
この回、2死から4連打を浴び2死1、3塁のピンチとなり、
ここで石川投手は降板で、近藤一樹投手に継投
近藤投手は桑原選手をサードフライに打ち取り3アウト!ナイスリリーフ

8回、DeNAは砂田投手が登板
先頭の山田選手は、簡単に2ストライクと追い込まれ、サードゴロ。
2試合でまだノーヒット
山崎選手は見逃し三振。バレンティン選手も倒れ、簡単に3アウト

8回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
1塁に荒木選手が入り。レフトに坂口選手。バレンティン選手がベンチに
1死後、筒香選手にヒットを打たれますが、ロペス、宮崎選手を抑えます。

9回、砂田投手が続投
先頭から青木、藤井選手が三振に倒れ、坂口選手はセカンドゴロで3アウト
砂田投手の前に2イニングパーフェクトに抑えられました。

2点リードでヤクルトは9回裏、カラシティー投手が登板
先頭から四球、暴投、四球で無死1、2塁ののピンチを招くと、
つづく代打の柴田選手のキャッチャー前の送りバントを、
中村捕手が3塁へ送球してアウトとなり1死1、2塁
倉本選手はレフトへのライナーを坂口選手がナイスキャッチして2死となり、
最後は代打の佐野選手をセカンドゴロに打ち取りゲームセット
ヤクルトが5-3で逃げ切りました。

これでヤクルトは開幕2連勝
先発した石川雅規投手は7回途中まで投げ、
103球6安打(1HR)で3失点で今季初勝利をあげました。昨年5月以来の勝ち星です。
おめでとうございます。
2回にソロ弾を浴びましたが、3回から6回までは一人のランナーも出さないナイスピッチング
7回は連打され降板しましたが、よく投げてくれました。

カツオくんは打線の援護さえあれば、昨年のような事にはならず、ある程度勝てる投手です。
幸先よく今季初勝利、本当に良かったです。

写真は浦添キャンプより石川雅規投手 
今季初勝利で、久しぶりに笑顔のカツオくんが戻ってきました。
e0222575_1951166.jpg



打線は3回に、山田選手が四球、2盗、バントヒットで、バレンティン選手の内野ゴロで1点と、
ここでも1安打で、凡打が得点に結びつき同点に。
今年を象徴する点の取り方ですね。
この後も打線がつながり廣岡選手の押し出し四球で勝ち越し

4回には青木選手の2点タイムリー2塁打で4点目

5回には廣岡選手のタイムリー2塁打で5-1とリードを広げます。

7回には石川投手が4連打され5-3と2点差まで詰め寄られますが、
近藤ー石山投手とつなぎ、
最後はカラシティー劇場でピンチを招きましたが、辛くも逃げ切りました。
カラシティー投手は初戦とは違って不安定でしたね。
まだ、投げてみないとわからず何とも言えませんが、失点しなかったのは良かったです。

ヤクルト打線は8安打で5得点
川端選手と廣岡選手がマルチヒットで、
廣岡選手は押し出し四球とタイムリー2塁打で2打点の活躍!
青木選手の4回の2点タイムリー2塁打も見事でした。

最後に山田哲人選手について
私はオープン戦の最後のほうで、打順に関して不満を書きましたが、
これは琢朗コーチに先見の明があったと脱帽です。
今のところ、山田くんはエラーや四球で出て盗塁から得点していますが、
8、9、1番がノーヒットで、それ以外の2番から7番の打線はヒットが出てつながっています。
山田くんを主軸に置いたら、この2試合、打線が分断されて得点できなかったかもしれません。
それをも見越していたとしたら凄いことです。

山田くんは2試合で8打数ノーヒット4三振 2四球2盗塁 打点なし
つい1週間前は、調子がいいので早く開幕してほしいなんて言っていましたが、
わずかの間に調子をガクンと落としたようですね。困りました。
今の状態はオープン戦が始まったばかりの頃に被りますね。

ストライクを簡単に見逃してすぐ追い込まれ、三振を量産
特に、昨年不振時からのコンタクト率の悪さには目を覆いたくなります。
外の球は振ってもバットに当たらない、振らないと見逃し三振の悪循環
どうしたもんでしょう。
プロ1年目や1軍に定着した頃でも、こんなことはなかったんですけどね。
むしろ良かったくらいなのに・・・。

これから調子が上がるんでしょうか??
昨年のような事にはならないと思いつつ、でも昨年のことがあるので不安にもなります。
まあ、なるようにしかなりません。
そのためにも、1本はやくヒットが出たらと思います。明日こそヒットが出ますように!

チームは好調なのに、山田選手がこんな状態なので複雑な気持ちです。
とてもじゃないですが、心穏やかではいられません。

by misty2011 | 2018-03-31 18:56 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011