4/13阪神戦☆3-2 ブキャナン熱投! 雄平が延長で勝ち越し打、山田2号ソロ&2塁打も途中交代(続報)

今日は13日の金曜日、何だか不吉な予感が試合前からしていました。
これで仏滅なら、トリプルスリーの最悪デーですが、
今日は大安なので、そこに救いが見つかりそうです。

中日に3連敗を喫し貯金がなくなった東京ヤクルトスワローズは、
今日から甲子園で阪神タイガースとの3連戦
初っ端に藤浪晋太郎投手と当たるというのが、何とも不気味です。
試合前には、勝敗以前に、誰もぶつけられないことを祈るのみでした。

しかし金本監督も畜生ですね。
よりによって、また藤浪投手をヤクルト戦にぶつけてくるとは。

ヤクルトの先発は開幕から2連勝のブキャナン投手。
ブキャナン投手で負けるとお先真っ暗なので、絶対に落とせません!

本日付で、雄平選手が上がってきて、館山投手が抹消されました。

スタメンは、2番山崎(レフト)、3番に雄平選手が入り、
バレンティン選手はベンチスタート
6番ショート西浦、7番ファースト坂口選手となり、廣岡選手が外れました。
出来ることなら山田選手もベンチスタートでお願いしたかったですね。

試合経過は ニッカンスコア

初回1死後、山崎選手がレフトへのヒットで出塁も、雄平、青木選手が倒れます。

1回裏、ブキャナン投手は2死後、糸井選手に死球をぶつけますが、後続を打ち取ります。

2回、先頭の川端選手がセンター前ヒット
西浦選手はバントの構えから初球を打ってレフト前ヒットで無死1、2塁
つづく坂口選手がライトへタイムリーヒットを放ち、ヤクルトが3連打で先制!1-0
中村捕手は四球で歩き無死満塁
ブキャナン投手はピッチャーゴロで1-2-3のダブルプレーとなり2死2、3塁
山田選手は外スラに空振り三振で3アウト。
外の球に踏み込めないので、まあこうなります。
結局、この回3安打も1点どまりに終わりました。流れとしてはよくありません。

2回裏、ブキャナン投手は1死後、大山選手に四球を与えますが、後続を打ち取ります。

3回、先頭の山崎選手が四球で出塁も2盗失敗
雄平、青木選手は空振り三振に倒れ3アウト。

3回裏2死後、鳥谷選手のショートゴロを、西浦選手が1塁へ悪送球するエラーで出しますが、
糸井選手をファーストゴロに打ち取り3アウト

4回、ヤクルトは川端、西浦、坂口選手が、あっさり三者凡退
藤浪投手がすっかり立ち直ってしまいました。これはマズい。

4回裏、ブキャナン投手は三者凡退に抑えます。
ここまで阪神打線をノーヒットに抑えています。

5回、ヤクルトは三者凡退。山田選手は外スラにまたも空振り三振
かすりもしません。
こうなることは、ある程度予想できたことなので、
こんな事ならベンチスタートの方がよかったでしょうに…。
ただでさえ死球のトラウマがあるのに、
藤浪投手と対戦して、わざわざ悪化させてどうするの!?

5回裏、ブキャナン投手は先頭の糸原選手に初ヒットを許し、
けん制悪送球で2塁へ進まれます。
梅野捕手は送りバントを決め1死3塁のピンチも、
藤浪、髙山選手を連続三振に斬って取り無失点で切りぬけます。
髙山選手には、151㌔高めのストレートで空振りに仕留めました。ナイスピッチング!

6回1死後、雄平選手がセンター前ヒット、青木選手もレフトへのヒットで、
雄平選手が好走塁で3塁まで進み1死1、3塁のチャンス
しかし、川端選手がショートゴロ併殺打に倒れ追加点ならず。
ここで一気に藤浪投手を崩したかったですが、逆に乗らせてしまいました。

好機をつぶした6回裏、ブキャナン投手は先頭の鳥谷選手を四球で出し、
糸井選手はセンター前ポテンヒットで無死1、2塁のピンチを招きます。
ロサリオ選手は空振り三振で1死となり、
続く福留選手をセカンドゴロ併殺打に仕留め、この回も無失点に抑えます。
山田くんが素早く2塁へ投げ、好守でピンチを救いました。これはビッグプレー!
打てない分を守備で取り返しました。西浦選手の送球もよかったです。

7回、糸原選手の好守もあって、ヤクルトは三者凡退。
今日は藤浪投手が崩れませんね・・・。球数も藤浪投手らしくなく少な目です。

7回裏、ブキャナン投手は2死後、梅野捕手にレフトへヒットを打たれます。
つづく藤浪投手の代打・伊藤隼太選手を空振り三振に斬って取り、依然無失点ピッチング!
素晴らしい!

8回、阪神は岩崎優投手が登板
ブキャナン投手はそのまま打席に入ります。
1死後、山田選手がレフトスタンドへ2号ソロホームランを放り込み2-0
貴重な追加点が入ります。
よくぞ藤浪投手を代えてくれました。金本監督にありがとうです!

右のノーコン速球派のスライダーは打てなくても、左投手のスライダーは打てるんです!
外に逃げる球は届かなくても、左の入ってくるスライダーは苦にしません。
今日はわかりやすい山田くんの打席が続きました。

2死後、雄平選手はレフトへのヒット、青木選手はショートへの内野安打で2死1、2塁
川端選手はライト前ヒットも、雄平選手がホームタッチアウトで追加点ならず。

8回裏、阪神はマテオ投手が登板
1死後、坂口選手がライトへのヒット、代走は上田選手
中村捕手はライトフライ、ブキャナン投手は打席に立ちセカンドゴロで3アウト

9回裏、ブキャナン投手が完投・完封を目指して続投
上田選手がセンター、荒木選手が1塁へ入ります。
先頭のロサリオ選手の打球が、ブキャナン投手の臀部に当たる内野安打となります。
続く福留選手に右中間スタンドに2ランホームランを運ばれ2-2の同点に。
3球続けたストレートをドンピシャで捉えられました。
“Oh my God” なんてことが起きるの!? 
ここまで好投してきたブキャナン投手にとって、あまりに残酷です。
打った福留選手が凄いんですが、私は体が固まりました。

ここで、ヤクルトはカラシティー投手を投入
後続を打ち取り延長戦に入ります。

10回、阪神はドリス投手が登板
先頭の山田選手は自打球が左足に当たり、直後に顔付近に2球ボールが通過。ヤバい!
ホームラン後にこのボールとは、これ、また金本監督指令ですかね???
山田選手は、これにめげずインハイ打ちでレフト線(訂正)へ2塁打を放ちます。
でも足は痛そう。
しかし、あの危ない2球のあと、怖がらずにインハイが打てたのは収穫ですね!

山崎選手は送りバントで1死3塁から、今日3番の雄平選手がレフトへタイムリーヒットを放ち、
ヤクルトが3-2と勝ち越します。
いいね~雄平選手、復帰即3安打猛打賞の勝ち越し打!
ヤクルトの中では、数少ないチャンスに強い雄平選手。よく打ちました、ありがとう!

荒木選手は四球を選び1死1、2塁となりますが、川端、西浦選手が空振り三振で3アウト
う~ん、1点リードでは心配

10回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
この回、なんと山田選手に代わってセカンドには奥村選手が入ります。
自打球が心配ですね。
早めにフルイニングが途切れたことはよかったかもしれませんが、
ケガの状態が気になります。

石山投手は3人締めでゲームセット 
ヤクルトが延長戦を制し3-2で競り勝ちました。

勝ち投手はカラシティー投手で、今季初勝利。おめでとうございます。
カラシティー投手が、今日くらいきっちり投げてくれたら、
ブキャナン投手続投もなかったでしょうね。
ブキャナン投手に勝ちを付けてあげたかったですが、それだけが残念です。
点が入らないじりじりする中、本当に耐えてよく投げてくれました。

打線は13安打放ちながら3得点
チャンスで今日は二つの併殺打があるなど、あと1本がなかなか出ませんでした。

山田哲人選手が、藤浪投手が降板後にソロ弾と2塁打の2安打1打点
川端選手と坂口選手がマルチヒット。坂口選手は先制の1打点!

そして、復帰初の試合で雄平選手がやってくれました。
3安打猛打賞で延長10回に勝ち越し打!
待ち遠しかったですね、雄平選手の復帰が。
守備はもちろん、打つ方でもチャンスに強い所を見せてくれました。

写真は浦添キャンプより いつも楽しそうに練習していました。
e0222575_1074125.jpg



しかし、途中交代の山田くんが心配ですね。
途中交代は、我慢して出続けていた1昨年の骨挫傷以来のことですから、
相当痛かったんでしょうね。大事に至ってないことを祈ります。
ゲームセットの時に、姿がなかったような気がして、ますます心配です。
病院へ行ってほしいですね。どうか軽症でありますように!

【山田哲人選手の続報】
10回、自打球が左すね付近に直撃も、プレーを続行し、その裏の守備から奥村選手と交代。
小川監督は「大丈夫だと思うけど。(交代は)大事を取って」と説明。
山田哲は試合後、患部をアイシングしながら自力歩行でチームバスへ移動
「ひたすら(患部を)冷やします」と気丈に話したそうです。
念のため病院へ行ってほしいですね。お願いします。

日刊スポーツ ヤクルト山田哲人2日連続マルチも連続出場ストップ
           


by misty2011 | 2018-04-13 21:55 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011