4/14阪神に連勝☆6-0完封! 石川→近藤ナイス火消し、バレ3打点&坂口1号ソロ

甲子園での初戦は、ブキャナン投手に白星はつきませんでしたが、
延長戦を制し、東京ヤクルトスワロ―ズは敵地で先勝しました。
9回に同点に追いつかれた時点では、流れは阪神でしたが、
それでも勝てた今年のヤクルトに、チームの成長を感じます。

2戦目の先発は、阪神タイガースが秋山拓巳投手、ヤクルトは石川雅規投手
スタメンは1番に昨夜自打球で途中交代した山田選手が入り、2番はショート西浦選手
3番にバレンティン選手が戻り、雄平選手は6番に下がりました。

Twitter情報によると、
山田哲人選手は昨夜の10回裏、グラブを持って守備につこうとしたそうですが、
コーチ陣が止めたようです。よく止めてくれました。
昨年までなら、本人が大丈夫と言えば、そのまま守備につかせていたでしょうね。
フルイニング出場なんて、今時クソくらえで、自分の体を守る方がずっと大事です。
ベンチの判断に感謝します。
これからも、休ませるべき時には休ませるようお願いします。
そうでないと、出たがり山田くんの選手寿命にも悪影響しそうですから。

試合経過は ニッカンスコア

初回、山田選手は一邪飛、西浦選手は死球で出塁
バレンティン選手は力ないセンターフライで2死となり、
青木選手はショートゴロで3アウト。

1回裏、石川投手は各打者に粘られますが三者凡退に打ち取ります。

2回、ヤクルトは川端、雄平、坂口選手の左が続きますが、
福留選手のファインプレーもあって三者凡退

2回裏、石川投手は先頭ロサリオ選手を四球で出し、
福留、糸原、大山選手を外野フライに打ち取ります。
この回から甲子園は雨が降ってきました。

3回、先頭の中村捕手がレフト前ヒット、石川投手は送りバントを打ち上げ1死1塁
山田選手はセンターフライで2死となり、西浦選手はファーストエラーで2死1、3塁
しかし、バレンティン選手はレフトフライで3アウト

3回裏、石川投手は先頭の梅野捕手に四球、秋山投手は送りバント失敗で1死1塁
俊介選手はファーストフライで2死となり、
山崎選手はサードゴロで3アウト
両チーム、送りバント失敗など同じような拙い攻め。

4回、青木、川端選手がセカンドゴロ
雄平選手はセンターフライで三者凡退

4回裏、石川投手は先頭の糸井選手にライト前ヒットを打たれますが、
ロサリオ選手をピッチャーゴロ併殺打に仕留め2死ランナーなし
福留選手は左中間へのヒットで、
バレンティン選手がボールを前に転がすエラーが絡んで2死2塁のピンチ
糸原選手は石川投手のグラブを弾く内野安打で2死1、3塁
大山選手には四球を与え2死満塁の大ピンチ
しかし、カツオキラーの梅野捕手をライトフライに打ち取り、無失点で切り抜けます。
雄平選手が風を読み違えたか、危なっかしい捕球でしたが、何とか捕球しました。

5回、ヤクルトは7番からの打順で、あっさり三者凡退。う~ん打てません。

5回裏、石川投手は3人で片づけます。

6回、先頭の山田選手が左中間への2塁打で出塁。ようやくチーム2本目のヒット
西浦選手は送りバントを決め1死3塁
ここで、バレンティン選手がレフト線へタイムリー2塁打を放ち、
ヤクルトが1点先制!1-0
1死2塁となり、青木選手はレフトフライで2死2塁
川端選手は空振り三振で3アウト、1点どまり。う~ん、4、5番が機能せず。

6回裏、サードには奥村選手が入ります。
石川投手は先頭の糸井選手を四球で出し、ロサリオ選手三振後、
福留選手にはライト線への2塁打を打たれ1死2、3塁のピンチとなります。
糸原選手はファーストゴロで、3塁ランナーはスタートできず2死2、3塁

ここで、ヤクルトは石川投手から近藤一樹投手に継投
大山選手を空振り三振に斬って取り、無失点で切り抜けます。
投げっぷりのいい近藤投手が戻ってきました。継投成功です!

7回攻撃前、雨が強くなってきて、阪神園芸のお仕事の時間となりました。
秋山投手は続投で、先頭の雄平選手のレフトへの打球は、
またも福留選手の好守に阻まれ1死
福留おじさん、働きすぎ!雨が降っているので、ますます元気ですね!?

このあと、坂口選手が何と逆風をついてライトスタンドへ今季1号ソロ弾を運び2-0
これは大きな追加点となりました。ナイスホームラン、グッチ!
しかし、昨日と同じ点差なのでまだ安心できません。

7回裏、2点リードでヤクルトは秋吉亮投手が登板
三者凡退に抑えます。

8回、阪神は藤川球児投手が登板
先頭の山田選手は久しぶりに四球で出塁。足が痛いので走れないかな?
西浦選手は送りバントを打ち上げますが、
藤川投手がワンバウンド処理後、1塁へ悪送球して無死2、3塁とチャンスが広がります。
続くバレンティン選手が右中間へのタイムリー2塁打を放ち、二者生還して4-0
センター髙山選手ならではの2塁打となりました!?

バレンティン選手は走塁中に足を痛めたようで、
代走は田代選手で、藤川投手の暴投で3塁へ進みます。
無死3塁で、青木選手は空振り三振
奥村選手はセンターへ犠牲フライを運び5-0

5点リードで8回裏は石山泰稚投手が登板
先頭の鳥谷選手に四球、糸井選手にライト前ヒットを打たれ無死1、2塁
ロサリオ選手はサードゴロ併殺打で1死3塁となり、
福留選手は空振り三振で、得点を許しません。

9回、阪神は伊藤和投手が登板
先頭の坂口選手が、センターフェンス直撃の、あわや2打席連続弾未遂の2塁打で出ます。
中村捕手は送りバントを決め1死3塁
代打の荒木選手は三振で2死となり、山田選手は四球で歩き2死1、3塁
この状況では走れませんよね?
西浦選手は技ありのセカンドオーバー、センター前にタイムリーヒットを運び6-0
2死1、3塁となり、田代選手は空振り三振で3アウト

9回裏はカラシティー投手が登板
6点差あれば安心です。きっちり3人締めでゲームセット

ヤクルトが、石川―近藤ー秋吉ー石山ーカラシティー投手の完封リレーで、
6-0で阪神を下し、甲子園で2連勝しました。

石川雅規投手が今季2勝目。おめでとうございます。
カツオくんは球数は増えましたが、粘ってよく投げました。
6回のピンチは近藤一樹投手が本領発揮で、見事な火消し。
今日はこれが大きかったでしょうね。
そのあとは、秋吉ー石山投手とつなぎ、
最後はカラシティー投手がきっちり締める見事な完封リレー
ここへ来て、カラシティー投手が安定してきたのは心強いですね。

打線は7安打で6得点と、非常に効率よく点を取りました。

制球がいい秋山投手を打ちあぐねていましたが、
6回に山田くんが2塁打で口火を切り、バレンティン選手がタイムリー2塁打で先制
バレンティン選手は8回にも欲しかった追加点となる2点タイムリー2塁打で計3打点
坂口選手は今季1号ソロとフェンス直撃の2塁打で、長打2本と打撃好調をキープ
ただ、4、5、6番の左バッターがノーヒットに終わりました。
打順は、このままでいくのかどうか、ボチボチ見直した方がいいかもしれません。

山田選手は2塁打の他、2四球選びましたが、自打球後と雨でぬかるんでいるのもあって、
盗塁はできませんでした。
あと、長打が増えてきて、盗塁が出来ないのは悩ましいところでもあります。

一方、この2試合、阪神打線で怖いのは福留選手くらいで、
特に4番ロサリオ選手には助けられています。
まあ、こちらの4番も似たようなもので、青木選手がすっかり冷えてきましたね。
このまま4番固定を続けるんでしょうか?
かといって、どの打順がいいのかもわかりません。

雄平選手が戻ってきたので、
この際、高齢の外野陣は、ローテで休養日をとっても良さそうに思います。
それに、センターは、どちらかというと坂口選手の方が上手いと私は思っていますけどね。
坂口選手は不慣れな1塁を守りながらも高打率をマークしているのは立派です。

浦添キャンプよりバレンティン選手 
「AOKIサン、ソロソロ4番◆※リネ」とは冗談でも言えませんね!?
e0222575_11201296.jpg


明日も勝って、再び同一カード3連勝と行きたいですね。

by misty2011 | 2018-04-14 18:56 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011