4/17 勝ちを自ら手放す原樹理3敗目★4-7、山田哲人3号2ランも空砲

東京ヤクルトスワロ―ズは、今日から広島東洋カープとの3連戦
初戦は、呉市二河野球場で行われました。

先発は広島が九里亜蓮投手、ヤクルトは原樹理投手
今日は、15日阪神戦での変則スタメンからほぼ通常のスタメンに戻りました。
2番ショート西浦、4番に青木選手が戻り、5番雄平、6番サード川端、7番1塁坂口選手

試合経過は ニッカンスコア

初回、先頭の山田選手が、初球を打って右中間への2塁打で出塁
西浦選手の送りバントで1死3塁
バレンティン選手は四球で歩き1死1、3塁となり、
青木選手はレフトへ犠牲フライを運びヤクルトが先制 1-0
川端選手も四球で2死満塁となり、坂口選手は押し出しの四球を選び2-0
なおも2死満塁に、中村捕手は2ボールから打って出てショートゴロに倒れ2点どまり
もう少しボールを見て行ってもよかったように思います。

1回裏、2点の援護をもらった原樹理投手でしたが、
1死後、菊池選手に1塁線を破る2塁打を打たれ、
2死後、松山選手にレフトスタンドへ2ランホームランを放り込まれ、
たちまち2-2の同点に

2回、ヤクルトは2死後、西浦選手がレフトへの2塁打で出ますが、
バレンティン選手がライトフライで得点ならず。
当たっている西浦選手が2番なので、
初回は送りバントより打たせた方がよかったかもしれませんね。

2回裏、原樹理投手は先頭のバティスタ選手にレフトへ2塁打を打たれ、
野間選手は四球で無死1、2塁から、曾澤捕手にレフトへヒットを打たれ無死満塁のピンチ
1死後、田中広輔選手にライトへタイムリーヒットを打たれ、2者生還して2-4
原樹理投手、球が高くて打ちごろになっていました。

3回、青木、雄平選手が倒れ2死後、川端選手がセンター前ヒット
坂口選手は四球で2死1、2塁も、中村捕手が三振に倒れ3アウト

3回裏、原樹理投手は2死後、バティスタ選手を四球で出しますが、後続を打ち取ります。

4回、先頭の原樹理投手がレフト前ヒットで出塁すると、
山田哲人選手がレフトスタンドへ3号2ランホームランを放り込み4-4の同点に!
1死後、バレンティン選手は四球で歩くと、
広島は九里投手から早くも薮田投手に継投

青木選手はセンター前ヒットで1死1、2塁
雄平選手もライト前ヒットで続き1死満塁
しかし、川端選手が最悪、ピッチャーゴロ1-2-3の併殺打で3アウト、得点ならず。
ホームゲッツーとは、先日の青木選手のデジャブのよう。
満塁のチャンスで、左の好打者がこれはないわ!

4回裏、原樹理投手は先頭の曾澤捕手にレフトへ2塁打を打たれ、
薮田投手は送りバントで1死3塁
トップに戻り、田中広輔選手にライト前にタイムリーヒットを打たれ4-5
せっかく追いついても、すぐ失点するようでは、樹理くん勝てませんね。

5回、先頭の坂口選手がレフト前ヒットで出ます。
中村捕手はショートへの内野安打で無死1、2塁から、
代打・山崎選手は送りバントを打ち上げ1死1、2塁となります。
山崎選手、送りバントくらい決めてほしい。ほとんど失敗しているイメージです!
バントなら、廣岡選手が失敗なしですべて決めているので、いっそ廣岡くんがよかったかも。

続く山田選手はセカンドフライで2死となり、
西浦選手はショートゴロで得点なりません。
送れなかった時点で、こうなりますよ・・・。

5回裏、ヤクルトは2番手で中尾輝投手が登板
先頭の松山選手にセンター前ヒットを打たれ、1死後、バティスタ選手は四球で1死1、2塁
野間選手は打ち取り2死となりますが、
曾澤捕手にレフトへタイムリーヒットを打たれ4-6と2点差に

6回、広島は一岡投手が登板
バレンティン選手からの打順も三者凡退

6回裏、中尾投手は続投で、先頭の田中選手の右手に死球をぶつけます。
ひやっとしましたが、手当てを受け1塁へ出ます。
菊池選手はラン&ヒットを決めレフト前へ抜けるヒットとなり無死1、3塁のピンチ
川端選手の守備範囲では捕れないんですかね・・・。

ここで、丸選手はセカンドゴロで、山田選手がバックホーム
しかし、田中選手を三本間で挟殺するのにもたもたして、1死2、3塁となり、
松山選手は四球で1死満塁
安部選手はピッチャーゴロに打ち取りますが、
中尾投手がホームにふんわり投げ、菊池選手がセーフとなって4-7
(記録は中尾投手のフィルダースチョイス)

ヤクルトは、ここで風張投手に継投し、後続二人を打ち取りようやく3アウト
この回、ヤクルト内野に草野球並みの守備が続きました。

7回、広島は今村猛投手が登板
1死後、坂口、中村選手が四球で歩きますが、
代打・鵜久森選手はショートゴロ併殺打で3アウト
去年のような野球に戻りました。

7回裏、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
3人で片付けます。ナイスピッチング!

8回、広島はジャクソン投手が登板
先頭の山田選手は、ちょっと怖がって、打席の後ろの方に立っていました。
そして、オールスライダーに3球三振。
やる気がないのではなく、全くタイミングが合わないってこと。
スライダー攻めで徹底されると、また打てなくなりそう・・・。
これだけやられているのに、何とか対策ができないものでしょうか!?
この2年くらいずっとだもの。コーチ何とかしてよ!

2死後、バレンティン選手は四球で歩き、青木選手はライト前ヒットとエラーで2死2、3塁
雄平選手は空振り三振で得点ならず。

8回裏、ヤクルトは秋吉亮投手が登板
先頭の菊池選手がセンター前ヒット。
同じ外スライダーでも踏み込んで打つのでヒットになります。これなんでしょうね。
丸選手はショートゴロ併殺打で2死ランナーなし。今日は癒しの丸ちゃんです。
堂林選手も打ち取り3アウト

9回、広島は中崎投手が登板
川端、坂口、大村選手が倒れゲームセット
ヤクルトは4-7で広島に敗れました。

先発した原樹理投手はまたも勝てず3敗目となりました。
4回を投げ7安打で5失点。効率よく失点しました。

初回に2点先制も、その裏、2ラン被弾してすぐ追いつかれ、
2回には3安打1死球で2点失います。
4回には山田選手の2ランで一時は4-4の同点に追いつきますが、
その裏、再び失点して勝ち越しを許します。
こういうピッチングをしていたら、勝ち星からは見放されますね。
野手の信頼も得られません。

2番手の中尾投手は、常に先頭を出す苦しいピッチングで2失点
最後のピッチャーゴロでホームでアウトにできなかったフィルダースチョイスは、
大きな反省点です。

風張、近藤、秋吉投手は無失点に抑えました。

打線は、初回に2点取って、なおも満塁の場面で、ストライクが入らない九里投手に対し、
中村捕手がカウント2-0から打って出てアウトになったのが悔やまれます。
もう少し、じっくり攻めれば大量点につながった可能性がありました。

4回には山田くんの2ランで追いつきますが、
その後はチャンスは作れども得点できずの繰り返し。
ヒット数は11安打も、残塁13の残塁まつり
昨年の野球に戻ってしまいました。

山田、バレンティン選手以外がほとんど単打マンなので、塁上は賑わしても、
なかなか得点に至りませんでした。
特に、1死満塁での川端選手のホームゲッツーが痛すぎましたね。
頭部死球以降、守備を含めて、まだ本調子には程多い感じがします。

打順は、まだこのまま4番青木選手で行くんでしょうかね・・・。
ヒットメーカーの坂口選手が7番というのが疑問なのと、
2番に西浦選手を置くのなら、初回から送りバントは勿体ないような気がしました。
西浦選手は守備でもはつらつとしていました。攻守ともこれがつづくことを願います。

山田哲人選手は2塁打と2ランで2打点なんですが、やっぱり外スラを何とか克服しないと…。

e0222575_15382751.jpg



それから、辛辣なことを書きますが、
山崎晃大朗選手は、バントが上達するまで2軍でみっちり鍛えてほしいです。
外野手としては肩が致命的、打つ方ではバントが出来ず、
足は速いですが、盗塁はそれほど上手くありません。使い勝手が悪すぎます。

ベンチからは、期待されているようで、
オープン戦から、控えの中では最も多く出番はもらえていますが、
私は、むしろそれが不思議なくらいです。
何か光るものがあるのかもしれませんが、素人の私にはよくわかりません。
練習を一生懸命やっているのはもちろんわかっていますが。
バントをこうも失敗するのなら、
肩のいい田代選手に、もっとチャンスをあげていいように思いました。

最後に、両チームとも打線は好調とされていますが、
勝負どころではやはり広島が一枚も二枚も上でした。
今日は丸ちゃんは抑えましたが、明日以降、菊池選手を何とか止めてほしいです。
私からすると、打たれると最も腹が立つ相手です。

by misty2011 | 2018-04-17 22:15 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011