初登板今井にプロ初勝利を献上、ブキャナン2被弾・押し出しなど6失点

最初に、中村悠平捕手について、
昨日、頭部死球を受けたヤクルト中村悠平捕手は、埼玉県内の病院でCT検査を受け、
異常なしと診断されました。
大事に至らずよかったですが、頭だけに、しばらく無理は出来ませんね。

今日の公示では、強肩の松本直樹捕手が上がってきて、
昨日好投した石川雅規投手が抹消されました。
ということは、来週19日(火)のソフトバンクとの振り替え試合の先発は、
ブキャナン投手で決まりでしょうね。

埼玉西武ラインズとの2戦目は、所沢のメットライフドームに移動して行われました。
先発は、西武が、2年目プロ初登板となる20歳の今井達也投手、
ヤクルトは中5日でブキャナン投手

スタメンを見てびっくり!?
あれれ、山田くんがいない!どうしたの???
昨日、源田選手と2塁上で交錯して倒れ、そのまま最後までプレーしていましたが、
痛かったんでしょうね。
左腕の負傷(左ひじ)ということで、今日はスタメンを外れました。
スポニチによると、この日は病院で検査を受け、練習にも参加せず。
小川監督は「もう少ししてから判断する」と話したとのこと。心配ですね。

いつものスタメンから山田、中村選手が外れ、
1番にはセカンド荒木選手が入り、8番は井野捕手、それ以外は前日と同じです。

試合経過は ニッカンスコア

初回、2回と今井投手の前にヤクルトは三者凡退。
150㌔超のスピードが出ています。

ブキャナン投手は初回、2回ともランナーを出しますが、無失点に抑えます。
初回の浅村選手から2回の栗山選手まで三者連続三振に斬って取りました。

3回、先頭の西浦選手がセンターへの2塁打で出塁
井野捕手はバント失敗後、セカンドゴロが内野安打となり、
浅村選手の悪送球の間に(訂正)、
西浦選手が2塁から一気にホームイン!ヤクルトが1点先制 1-0
リクエスト検証となりますが、判定通りセーフとなりました。
キャンプで練習した回り込んで手からのスライディングがしっかりできていました。
ただ、ノーアウトだったので暴走気味ではありましたね。
結果オーライの積極走塁ってことで。

2死後、青木選手がセンタ前ヒットで2死1、2塁となりますが、
川端選手は空振り三振で1点どまり

3回裏1死後、ブキャナン投手は秋山選手にセンター前ヒットを打たれます。
2死後、浅村選手には四球を与え、山川選手はショート内野安打で2死満塁
西浦選手が横っ飛びでよく止めました。
栗山選手はショートフライに打ち取り、無失点で切り抜けます。

4回1死後、雄平選手が四球、坂口選手はセンター前ヒットで1死1、2塁
西浦選手はサードゴロ、井野捕手は三振に倒れ追加点ならず。

4回裏、先頭の外崎選手にレフトスタンドへソロ弾を運ばれ1-1の同点に
ここで、アップルパンチが出ましたね・・・。
つづくメヒア選手にもバックスクリーン右横に放り込まれ1-2と逆転されます。

5回、先頭の藤井選手はレフトフェンス際への大飛球も栗山選手に好捕されます。
1死後、荒木選手が四球で出塁
青木選手は三振、荒木選手は2盗成功で2死2塁
川端選手はショートゴロで3アウト

5回裏、先頭の源田選手のショートゴロアウトがリクエスト検証となり、
判定通りアウトとなり1死。西浦選手、深い所からナイス送球
浅村、山川選手も打ち取り3アウト

6回2死後、坂口選手がセカンド内野安打で出塁も2盗失敗で3アウト

6回裏、ブキャナン投手は先頭の栗山選手に右中間への2塁打を打たれます。
代走は斉藤彰選手
外崎選手はセンターフライで1死となり、メヒア選手は四球で1死1、2塁
岡田捕手にレフト前ヒットを打たれ1死満塁のピンチを招き、
金子選手はレフトライナーで2死満塁
秋山選手はフルカウントから押し出しの四球を献上して1-3となります。
なおも2死満塁で、源田選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ1-4

ここで、ブキャナン投手は降板となり、松岡健一投手に交代
しかし、代わりっぱな二者連続押し出しを献上して1-6と5点差に
継投が遅れた上に、松岡投手も不調でした。
リードされていたので、勝ちパターンの投手を出すわけにもいかず、まあ仕方ありません。

7回、西武はヒース投手に交代
1死後、古巣相手に代打で田代選手が登場すると、西武ファンからも拍手が送られます。
空振り三振で2死となり、藤井選手も倒れ3アウト

7回裏、ヤクルトは風張投手ー松本捕手のバッテリーに交代
風張投手は三者連続三振に斬って取るナイスピッチング!

8回、西武はワグナー投手が登板
荒木、青木選手が連続四球で無死1、2塁。始まりましたか?西武の自爆のリリーフ陣!?
川端選手はショート内野安打となり無死満塁
続くバレンティン選手はショートゴロで2塁アウトも荒木選手がホームインして2-6
1死1、3塁で、雄平選手はライトへの犠牲フライで、
3塁から青木選手がタッチアップして生還。3-6と3点差に
バレンティン選手に代わり、1塁代走に山田哲人選手が送られ、2盗成功!15個め。
リプレーで見るとアウトでした。足もちょっと不調気味?
西武は既にリクエスト2度失敗したので、もう出来ません。ラッキー!
坂口選手は四球も、西浦選手が倒れ3アウト
しかし、西武のリリーフ陣はきっちり失点してくれますね。
3点差ならまだわかりません。

8回裏、ヤクルトは村中恭兵投手が登板
いきなり先頭の金子侑司選手の背中に死球をぶつけます。
申し訳ありません、報復じゃなく単なるノーコンなんです。
金子選手はかなり痛そうでしたが起き上がって1塁へ歩き、2盗を決めます。
大丈夫そうでよかったです。
秋山、源田選手を打ち取り2死3塁
つづく浅村選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ3-7

ここで、ヤクルトは配置転換された原樹理投手が登板
山川選手をセンターフライに打ち取り3アウト

9回、西武は抑えの増田達至投手
代打の三輪ちゃんが粘りますがセカンドライナー
藤井選手はセンター前ヒット、荒木選手はピッチャーゴロで2死2塁
このあと青木選手がセンター前タイムリーヒットを放ち4-7
川端選手はレフトフライでゲームセット

ヤクルトは4-7で西武に敗れ、連勝は3で止まり、勝率5割復帰もなりませんでした。
西武は初登板初先発の今井達也投手がプロ初勝利となりました。
ヤクルトは初物に弱く、その上、プロ初勝利を献上することも多いですが、
今日は残念ながらそういう試合となりました。

先発したブキャナン投手は、昨日の石川投手に比べると、西武打線が捉えやすそうでした。
6回途中まで投げ、9安打6失点で4敗目を喫しました。
1点リードの4回、外崎、メヒア選手に二者連続被弾して逆転され、
6回は満塁から押し出しの四球とタイムリーヒットを浴び1-4
代わった松岡投手も二者連続押し出しで6点目を献上
この回で勝負が決まりました。

中5日の先発が続いているので、少しずつ疲れが溜まっているんでしょうね。
来週の振り替え試合も中5日になりますが、大丈夫でしょうか?

e0222575_21523912.jpg



リリーフ陣では、前回打たれた風張蓮投手が三者連続三振斬りでよかったです。

今日はスタメンから山田くんとムーチョ二人が外れるオーダーだったので、
全体的に打線に元気がありませんでした。
8安打5四球もらって4得点。青木、坂口選手がマルチヒットでした。

今日負けて、念願の5割復帰はなりませんでしたが、
明日は勝って、西武に是非勝ち越してほしいですね。
相手先発が降りた後が、やはりねらい目でしょう。
今日も勝ちパターンのワグナー、増田投手で計3失点しています。
3~4点くらいのビハインドなら、何とかなりそうです。

打線がもっと打ってほしいですね。
西武打線は、一時ほど当たっているようには見えません。
明日のハフ投手に勝ち越しを託します。
山田哲人選手は、無理をしないように!
明日の先発・十亀投手はスライダーがいい投手なので、
今日のような代走でいいと思います。

by misty2011 | 2018-06-13 22:08 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011