ヤクルト逆転勝ち☆6-4、西武とはリリーフ陣の差!終盤4得点、雄平V打!

昨夜は、西武ライオンズの今井達也投手にプロ初勝利を献上した東京ヤクルトスワロ―ズ
やはり、山田哲人選手、中村悠平捕手がスタメン落ちとなったオーダーは
寂しいものがありました。

3戦目の先発は、西武ライオンズが十亀剣投手、ヤクルトは中5日でハフ投手
山田哲人選手は左ひじを痛め、今日もスタメンから外れました。
抹消はされていませんが、練習にも姿がなかったそうで、結構長引くケガかもしれませんね。
心配です。

スタメンは、1番に青木選手、2番にセカンド三輪正義選手が入り、
坂口選手が3番、中村悠平選手が先発マスクに戻りました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、青木選手はセンターフライを打ち上げ1死と思いきや、
名手センター秋山選手が打球を見失い捕れず、青木選手は一気にホームまで駆け抜け、
ランニングホームランとなり1点先制!1-0
これは超ラッキーでした。
青木選手は、外野フライでも走塁をゆるめず全力疾走していたのもよかったですね。

1回裏、2死後、ハフ投手は源田選手に粘られ左中間への2塁打を打たれ、
浅村選手にレフト前にタイムリーヒットを浴び、
たちまち1-1の同点に追いつかれます。

2回、ヤクルトは三者凡退

2回裏、ハフ投手はセカンド内野安打でランナーを出しますが、後続を抑えます。

3回、先頭の中村捕手が四球を選び、藤井選手はレフト線へのヒットで無死1、2塁
青木選手はサードゴロで1死1、3塁
続く今日スタメンの三輪ちゃんが、ライト前タイムリーヒットを放ち
2-1と勝ち越します。
なおも1死1、2塁でしたが、坂口、バレンティン選手が倒れ3アウト

3回裏1死後、ハフ投手は源田選手のセンター前ヒットを打たれ、
浅村選手に右中間へのタイムリー2塁打を打たれ、
源田選手が1塁から一気にホームインして、再び2-2の同点に
山川選手は倒れ、外崎選手に1塁への内野安打を打たれ2死1、3塁
外崎選手は2盗して2死2、3塁のピンチとなりますが、
メヒア選手をセカンドゴロに打ち取り3アウト

4回、ヤクルトはあっさり三者凡退

4回裏2死後、金子侑司選手にレフト前ヒットを打たれ2盗を許します。
ここで、秋山選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ2-3と勝ち越されます。

5回1死後、藤井選手が四球で歩き、青木選手は倒れますが、
三輪ちゃんがライト前ヒットで2死1、2塁。三輪ちゃん、既にマルチヒット!
しかし、坂口選手はショートゴロに倒れ3アウト

5回裏、ハフ投手は2番からの打順を初めて三者凡退に抑えます。

6回、先頭のバレンティン選手が四球で歩きます。
雄平選手はセカンドゴロで2塁フォースアウトとなり1死1塁
小川監督よりリクエストでリプレー検証となりますが、判定通りアウト

雄平選手が2盗を決め1死2塁となり、
続く川端選手のライト前ヒットで雄平選手がホームを狙いますが、
ライト外崎選手の好返球でホームタッチアウトとなり2死1塁
西浦選手はレフトフライで得点ならず。
う~ん、外崎選手の肩と岡田捕手の好守に阻まれましたが、
3塁ストップなら、西浦選手の打球は犠牲フライになっていました。

6回裏、ハフ投手は、その外崎選手にライトスタンドへ8号ソロホームランを運ばれ
2-4となります。2試合連続となるアップルパンチ
ここで、ヤクルトは原樹理投手に交代
原樹理投手は後続3人をきっちりを抑えます。

7回1死後、藤井選手がレフトへのヒットで出塁
青木選手はライトフライ、三輪ちゃんは金子侑司選手に好捕され左邪飛で3アウト

7回裏、原樹理投手が続投
1死後、秋山選手はショート内野安打、源田選手もショートゴロで併殺崩れで2死1塁
浅村選手をサードゴロの打ち取り3アウト
ビハインドで投げる原樹理投手はほぼ完ぺきです。

8回、先頭の坂口選手が四球で歩きます。代走は山田哲人選手
ここで、バレンティン選手が左中間へのタイムリー2塁打を放ち、
山田くんが1塁からホームインして3-4と1点差

ここで、西武はワグナー投手に交代。
西武のリリーフ陣を引っぱり出したということは、チャンス到来か!?
バレンティン選手の代走は上田選手。
主力の坂口、バレンティン選手二人を下げて勝負に出ました。
雄平選手はセンター前ヒットを放ち無死1、3塁
川端選手はレフトへのタイムリーヒットで4-4の同点に追いつきます!

同点となり、西武は大石投手に交代
西浦選手は送りバントは3塁がアウトとなり1死1、2塁
中村捕手は捕邪飛で2死となり、藤井選手も一邪飛に倒れ勝ち越しならず。

8回裏、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
谷内選手がセカンド、三輪選手がレフトへ回ります。
4番からを三人で片づけます。

9回、西武は増田投手。これは点が入りそう。
先頭の青木選手がライト前ヒットで出ます。
三輪ちゃんは送りバントを決め1死2塁
代打の荒木選手は浅いライトフライで2死となり、
代打・畠山選手はレフト前ヒットでつなぎ2死1、3塁
ここで、雄平選手がライト前にタイムリーヒットを運び5-4と勝ち越します。
こういう所で打つのが雄平選手!
2死1、2塁となり、2塁代走は松本選手
川端選手もセンター前タイムリーヒットで6-4と2点差に。

殊勲の勝ち越し打を打った雄平選手 写真は浦添キャンプより
チャンスにポジティブなバッティングが頼もしいですね。
e0222575_941339.jpg


2点リードで9回裏は石山泰稚投手
レフトに田代選手が入り、1塁に荒木選手
栗山、森選手を二者連続三振、最後は金子選手をピッチャーゴロに打ち取りゲームセット

ヤクルトが6-4で西武ライオンズを下し、このカードも勝ち越しました。
8回に投げた近藤一樹投手が勝ち投手で、今季初白星をゲットしました。
おめでとうございます。

中5日で先発したハフ投手は、今日は味方が点を取ってもすぐ吐き出す悪いパターンでした。
5回 0/3を投げ、9安打4失点と西武打線につかまりました。

2番手で投げた原樹理投手がよかったですね。
ビハインドでこの投球ができて、なぜ先発ではすぐ崩れるのか不思議です。
メンタルの問題なんでしょうか!?
今日のような中継ぎで、ピッチングに何が大事かを学んでくれたらと思います。

近藤投手、最後の石山投手はともに2奪三振三者凡退で完璧でした。
登板過多気味ですが、頼もしい限りです。
今日の逆転勝利は、ヤクルト盤石のリリーフ陣と、不安定な西武リリーフ陣との差が
くっきり出ましたね。

打線は13安打で6得点
川端選手が3安打猛打賞1打点
雄平選手が2安打1打点
青木選手がランニングホームランなどマルチヒット
三輪ちゃんがマルチヒットで1打点
藤井選手もマルチと伏兵も頑張りました。

ヤクルトはこれで交流戦11勝3敗となり、
今日の勝利は、交流戦優勝へ一歩近づく大きな勝利でした。
これで交流戦5カードはすべて勝ち越しとなり、
明日からの最後の日本ハムにも勝ち越しと行きたたいですね。
ビジターで西武に勝ったんだから、札幌ドームでも可能です。

by misty2011 | 2018-06-14 21:53 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011