1番起用がズバリ!西浦、走者一掃2塁打で連敗止める☆3-2、小川好投4勝目

東京ヤクルトスワロ―ズは、読売ジャイアンツに連敗し、交流戦最終戦から3連敗
借金は5となり、リーグ戦再開後、あっという間に最下位タイに転落しました。

東京ドームでのTOKYOシリーズ最終戦、3戦目の先発は
巨人が今村信貴投手、ヤクルトは小川泰弘投手
負けられない試合です。

スタメンは、1番に西浦、3番に山田哲人選手が入り、
5番サード川端、6番ファースト畠山選手となり、雄平選手がベンチの左腕用オーダー
西浦選手の1番はいいと思いますが、ただでさえ調子が悪い山田選手が3番で大丈夫??
巨人は坂本選手が欠場なのは、ハンディをもらったようなものでラッキーです。

試合経過は ニッカンスコア

初回、西浦選手が初球を打ち上げショートフライ
青木選手はセンター前ヒット
山田選手はストライクを見逃し、追い込まれて、毎度の外のボール球に空振り三振。
甘い球を振らず、ボール球を振ってバットにも当たらないのでは話になりません。
左腕でも打てそうにないですね。こんな状態で、なぜ3番にしたの!?
バレンティン選手はショートゴロで3アウト

1回裏2死後、マギー選手にレフト前ヒットを打たれますが、
岡本選手をショートゴロに打ち取ります。

2回、川端、畠山、坂口選手がすべて内野ゴロに倒れ3アウト

2回裏1死後、小川投手は長野選手を四球で出しますが、後続を抑えます。

3回、ヤクルトはあっさり三者凡退

3回裏2死後、小川投手は田中選手をファースト内野安打で出します。
畠山選手から、ベースカバーに入った小川投手の連係が悪く、ボールを捕球できませんでした。
つづく好調マギー選手にレフト前ヒットを打たれ1死1、2塁のピンチ
4番・岡本選手をピッチャーゴロに打ち取り得点を許しません。

4回1死後、山田選手が四球で歩きます。打てないので助かりました。
山田くん、3戦目で初の出塁
バレンティン選手は空振り三振で、パスボールの間に山田選手は2塁へ進みます。
つづく川端選手がレフトへのヒットで、山田選手が本塁を目指しますがタッチアウト
レフト前ヒットと言っても、亀井選手が突っ込んできて3塁のすぐ後ろから送球したので、
いくら何でもあれで3塁コーチが回すのは無謀です。
次は、畠山選手でしたしね・・・。
ただ、今回も山田くんは足からのスライディングで、
キャンプで練習した、回り込んで手からタッチするスライディングは出来ていませんでした。

4回裏1死後、坂口選手がセカンド内野安打で出塁も、後続が倒れます。

4回裏、巨人は、西浦選手の好守備もあって三者凡退
強肩だし、ショートの守備は安心して見ていられます。

5回、先頭の西浦選手は強いサードライナーも、マギー選手に好捕されました。
青木選手はレフト前ヒット
山田選手は手打ちで力ないライトフライを打ち上げ2死となり、
バレンティン選手はサードゴロで3アウト
青木選手の出塁が無駄になっています。

5回裏、小川投手は先頭の田中選手にライト前ヒットを打たれ、
マギー選手は空振り三振で、その間に田中選手が2盗して1死2塁
岡本選手はサードゴロで2死3塁となり、
亀井選手を三邪飛に打ち取り無失点で切り抜けます。

6回1死後、畠山選手がレフト前ヒットで出塁。代走は藤井選手
坂口選手はショートゴロも、吉川尚選手の体に当たり転倒して内野安打となってチャンス拡大。
1死1、2塁から中村捕手が初球打ちでライト前にヒットを放ち1死満塁
小川投手の代打・荒木選手を送ると、
巨人は澤村投手に継投
荒木選手はフルカウントから見逃し三振に倒れ2死満塁

ここで、西浦選手が左中間へ走者一掃のタイムリー2塁打を放ち3-0となります。
ナイスバッティング、西浦選手!
やっと小川投手を援護できました。これで勝ち投手の権利がつきました。
ベンチで小川投手が嬉しそうでしたね。
今日は西浦選手が1番でよかった~♪♪ 打線組み替えがズバリ当たりました。

2死1塁で青木選手は四球で歩き、1死1、2塁
山田選手は、またまた力なく打ち上げ三邪飛で3アウト。
スイングに全く腰が入っていません。
これ、重症でしょう、よくなる気配が全くありません。
キツイことを言うようですが、球をこすって打ちあげるんじゃなく、
バットの芯でボールを捉えることから根本的にやり直してほしいくらいです。
打線の流れを切るので、私は下位に置くかスタメンから外してほしいですね。
もしも、左ひじケガの後遺症があるのなら、なおさら無理して出ることはありません。

7回裏、ヤクルトは中尾投手が登板
藤井選手がサード、川端選手がファースト
中尾投手は三者凡退に抑えます。ナイスリリーフ!

8回、巨人は谷岡投手が登板
2死後、藤井選手が右中間への2塁打で出ます。
坂口選手は申告敬遠で2死1、2塁
中村捕手はショートゴロで3アウト

8回裏、ヤクルトは近藤一樹投手が登板、レフトに田代選手が入ります。
先頭を四球で出し、陽選手のサードゴロを藤井選手が2塁へ悪送球して無死1、2塁のピンチ
田中俊選手をレフトフライに打ち取り1死となり、
マギー、岡本選手を連続三振斬りで無失点に抑えます。
ナイス、コンちゃん、抑えてよかった~!!

9回、巨人はアダメス投手が登板
先頭の代打・三輪ちゃんが四球で歩きます。
西浦選手は送りバントで1死2塁
青木選手は大きなレフトフライで2死
山田選手はピッチャーゴロで3アウト。
2球ストライクを見逃し、最後はボール気味の球を当てにいくだけのバッティングでした。
選球眼にも狂いが生じています。
また、かかと体重に戻っているように見えます。
昨年の悪いころの悪夢がよみがえって悲しくなります。
結局3戦ノーヒット5三振と散々な結果で、打率は.270まで下がりました。

3点リードで9回裏は石山泰稚投手
先頭の亀井選手にライトへヒットを打たれ、長野選手は三振で1死1塁
ここで、代打の阿部慎之助選手に右中間へのタイムリー2塁打を打たれ3-1
1死2塁で、代打・大城選手は空振り三振で2死となり、
途中出場の宇佐美捕手にライトへタイムリーヒットを打たれ3-2と1点差に。
これはヤバい!
2死1塁となり、最後は陽岱鋼選手をサードゴロに打ち取りゲームセット!
ヤクルトが3-2で、東京ドームで巨人に勝ち、交流戦からの連敗を3で止めました。
最後は冷や冷やしましたが、逃げ切れてよかったです。
苦手の東京ドームで3タテを回避出来て、やれやれです。

最後まで、坂本選手が出なかったってことは、コンディションが悪いんでしょうね。
ヤクルトとしては大いに助かりましたが、心配ですね。

先発した小川泰弘投手は、援護点がもらえない中、6回まで投げ4安打無失点と好投
7回に西浦選手の3点タイムリーが出て、4勝目をゲットしました。
おめでとうございます。好投が報われてよかったです。

石山投手が失点しましたが、
ずっと無失点を続けられるわけではないので、3点リードがあった今日でよかったと思います。
ただ、勝ちパターンの3投手に疲れが出始めているので、
4人目の安定したリリーフ投手が必要ですね。
それ以上に、打線がもっと打たなくては!

打つ方は、打線の組み替えで、1番西浦選手の起用がズバリ当たりましたね。
1番が山田くんだったら、あの場面で打てたとは思えなくて、
今日の勝ちはなかったかもしれません。

チームは9安打で3得点
7回に集中攻撃が実を結びました。
ツキもありましたね。
坂口選手のショートゴロで併殺打になるところが、オールセーフの内野安打でしたからね。
勝つ時は、こういう運も味方します。

それにしても2死満塁のチャンスに、
プレッシャーを跳ねのけ西浦選手がよく打ってくれました。
あそこしかチャンスがなかったですからね。
守備での安定感、そしてバットでもチームを勝利に導く活躍!
昨年の不調から、よくぞここまで成長したものです。
文句なしの今日のヒーローですね!おめでとうございます。

e0222575_19373476.jpg


チームは9安打、そのうち7回に4安打が集中しました。
青木、坂口選手がマルチ
西浦選手が走者一掃のタイムリー2塁打で3打点!

チームは連敗が止まり、ようやく東京ドームで勝ったというのに、
山田くんの状態が最悪なので、私の気持ちはモヤモヤしたまま晴れません。
考えてはいけないことかもしれませんが、今年も結局、好調時はごく短く、
こんな感じで、低調なまま過ぎていくのかなあと不安だけがよぎります。

そんなことはないって否定したいんですが、立ち直る光が見えて来ないんですよね。
毎日、考えまいとしていても、心配でどうしようもなく、私の心の中はボロボロです。
野球を見るのが楽しみどころかストレスそのものになってきました。
思い出すのも嫌な昨年と同じ心理状態に陥ってきました。参っています。

本人はもっと苦しいでしょうね・・・。
コーチ陣、何とかしてくださいよ、お願いします。
やはりチームの顔となる山田哲人選手が打たないことには、勢いがつきません。
次のカードは神宮なので、早めに1本でもヒットが出ますように!

by misty2011 | 2018-06-24 18:27 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011