青木2試合連続先制2ラン3安打4打点、西浦攻守に躍動!カラシティー投打の活躍で5勝目

昨夜はブキャナン投手の投打にわたる活躍と、1番・2番・3番のサンスポ命名?の“西青山トリオ”
の3発で圧勝した東京ヤクルトスワロ―ズ
神宮でのヤクルトは、改めて強いなあと思った試合でした。

試合の前に、気になるニュースから、
昨日、抹消された小川泰弘投手は、登板間隔を空けるのが目的で、
1軍に帯同しながら調整するとのことです。
故障ではなさそうなので一安心ですが、
単に登板を飛ばすのなら一昨日に抹消されて良さそうなものですが、
一日ズレたのは、はやり何か原因はあるんでしょうね。

中日ドラゴンズとの2戦目の先発は
ヤクルトがカラシティー投手、中日はプロ2年目の藤嶋健人投手
スタメンは、坂口選手が6番、雄平選手が7番に入り、その他は前日と同じ

試合経過は ニッカンスコア

初回、カラシティー投手は、2番の亀澤選手にヒットを打たれ2盗を許しますが、
無失点に抑えます。

1回裏、先頭の西浦選手がレフトフェンス直撃の2塁打を打つと、
青木選手がライトスタンドへ6号2ランホームランを叩き込み、
今日もヤクルトが2点先制 2-0

昨夜のリプレーを見るようなホームランでした。
後続3人は倒れます。山田選手は打ち上げて毎度のポップフライ。

1、2番で得点できているのでいいようなものの、
3、4番が相手にとって安全パイとなっています。

2回、カラシティー投手は四球でランナーを出しますが、後続を打ち取ります。

2回裏、ヤクルトは三者凡退

3回2死後、亀澤、アルモンテ選手に連打され2死1、3塁のピンチを招きますが、
ビシエド選手をセカンドゴロに打ち取ります。

3回裏、先頭のカラシティー投手がセンター前ヒットで出塁。
昨日のブキャナン投手に続き、バットでも魅せます。
西浦選手は3塁線を破る2塁打を放ち無死1、3塁。もう手が付けられません。
青木選手が今度は左中間へのタイムリー2塁打を放ち4-0と突き放します。
ここまで全得点4点をたたき出しました。こちらも絶好調!

ここから問題の3、4番
山田選手は、ショートゴロでランナー進めず1死2塁
悪いなりにケースバッティングが出来ればいいんですが、それも出来ません。
バレンティン選手は見逃し三振。今日早くも2三振
川端選手はセンターフライで3アウト
3、4番がこの状態だと、これからは、青木選手が敬遠されるかもしれませんね。

4回1死後、カラシティー投手は高橋選手にライトへヒットを打たれますが、後続を抑えます。

4回裏、ヤクルトは三者凡退

5回、中日も三者凡退

5回裏、先頭のカラシティー投手がまたもレフト前ヒットで出塁。
西浦選手はセンターフライで1死となり、
青木選手はライトへの2塁打で1死2、3塁。青木選手既に3安打
さて、今度はどうでしょう?山田選手は四球で歩き1死満塁。ほっ…
ここで、今日2三振のバレンティン選手がレフトへのタイムリーヒットを放ち
二者生還して6-0
 
久しぶりのヒット、いい所で出ましたね、ココちゃん!
1死1、2塁で、川端選手は四球で歩き1死満塁

中日はここで佐藤優投手に交代
代わりっぱな、坂口選手がライト前タイムリーヒットを放ち、
山田選手がホームインして7-0

なおも1死満塁で、雄平選手は三振、中村捕手はレフトフライで3アウト

6回、センターの青木選手に代わり上田選手が入ります。
カラシティー選手はビシエド、平田選手に連打され無死1、2塁
高橋周平選手には四球を与え無死満塁のピンチを招きます。
続く京田選手の抜けようかという打球を西浦選手が好捕して2塁フォースアウト
その間に3塁ランナーが生還して7-1

西浦選手、ナイスプレー!守備もホントに上手くなりました。
大野捕手はセカンドゴロ併殺打に仕留め3アウト。
この回、よく1点で食い止めました。

6回裏、ヤクルトは三者凡退

7回、ヤクルトは中澤投手が登板
先頭の代打・荒木選手にレフトオーバーの2塁打を打たれます。
大島選手はセカンドゴロで1死3塁

ここで、ヤクルトは原樹理投手に交代
福田選手にライトへ犠牲フライを運ばれ7-2
アルモンテ選手はセカンドゴロで3アウト

7回裏、中日はプロ初登板の清水投手が登板
山田選手は四球で歩き、バレンティン選手は空振り三振、
川端選手は1塁ゴロ併殺打で3アウト

8回、原樹理投手続投、レフトに田代選手
先頭のビシエド選手にライトフェンス直撃の3塁打を打たれます。
平田選手に四球を与え無死1、3塁
高橋周平選手は空振り三振で1死となり、
京田選手をセカンドゴロ併殺打に仕留め3アウト

8回裏、中日は鈴木博志投手が登板。こんな場面で投げるんですか?
先頭の坂口選手は四球で歩きますが、雄平選手はセカンドゴロ併殺打
中村捕手は三振で3アウト

9回、ヤクルトは中尾輝投手が登板。藤井選手が3塁、川端選手が1塁の守備に変更
1安打されますが、後続を抑えゲームセット

ヤクルトが7-2で中日に連勝して、このカードの勝ち越しを決めました。
今日もナイスゲーム、ありがとうございます。

先発したカラシティー投手は、6回を投げ6安打1失点で、
負けなしの5連勝で5勝目をあげました。おめでとうございます。
ストレートのほか、カットボール、フォーク、チェンジアップなど安定していました。
最後はややバテましたが、崩れる心配もなく、点差もあって安心して見ていられました。
また、打つ方でも2安打2得点と、昨日のブキャナン投手に続きバットでも活躍!
9番→1番→2番が、前日に続きヤクルト最大の得点源となっていました。

写真は浦添キャンプより カラシティー投手
e0222575_16211346.jpg


7回からの継投では、中澤、原樹理、中尾投手で1失点で抑え、逃げ切りました。

打つ方は、青木宣親選手が連夜の先制弾!
今日は初回に2塁打の西浦選手を置いて先制の6号2ラン
3回には、カラシティー、西浦選手を置いてタイムリー2塁打を放ち計4打点
6回にも2塁打を打って3安打猛打賞と、怖いくらい打ちまくっています!
3割目前となりましたね。

チームは9安打で7得点と効率よく点を取りました。
西浦選手が2塁打2本のマルチで、青木選手との1、2番は最強コンビとなりつつあります。
守備も随所で好守を見せチームの勝利に貢献。
今やチームになくてはならない存在となりました。素晴らしい活躍ですね。

ヒットがなかったバレンティン選手が、今日は満塁で2点タイムリーヒットを放ち2打点
そして、カラシティー投手が2安打2得点
投げるだけでなく、バッティングでも勝利に導きました。
坂口選手がタイムリーヒットで1打点

山田哲人選手は2打数ノーヒット2四球
昨夜はマルチで一発も出ましたが、まだまだ時間がかかりそうです。
このままのバッティングスタイルで、果たして良くなるんでしょうか?

西浦選手の覚醒の裏には、宮本ヘッドが、
スイングのフォロースルーで左手をバットから離すようアドバイスがあったとのこと。
それから打撃好調ですが、不調の山田選手には何も助言はないんですかね?
肘がまだ完全でないのなら、振りまわすだけじゃなく、
もっとミート中心に心がけるようにとか言えないものでしょうか?

2試合とも、ヤクルトが強いのか中日が弱いのか?
拍子抜けするくらい快勝したので、この勢いでこのカード3連勝と行きたいですね。
明日の石川雅規投手に期待しています。

by misty2011 | 2018-06-27 21:36 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011