9回西浦同点打!そして、きたぁぁぁ~山田哲人プロ初のサヨナラ打16号3ラン 9×―6 ヤクルト4連勝

試合の前に、昨夜、先制の2ランなど4打点を挙げチームを勝利に導いた青木宣親選手に関して。
6回の守備から早めの交代で、その後、試合終了時にもベンチに姿がなく心配されていましたが、
連戦が続く中での体調を考慮され、5回終了時にクラブハウスに戻ったとのこと。
ケガなどではなかったので一安心ですが、
連日の大活躍に、さすがに疲れが溜まっていたんでしょうね。

選手公示では、宮本丈選手が下がり、今日、先発の石川雅規投手が上がってきました。
中日ドラゴンズの先発は笠原祥太郎投手

スタメンは、左腕用オーダーで、畠山選手が6番に入り、坂口選手が7番
雄平選手が外れました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、石川投手はきっちり三者凡退に打ち取ります。

1回裏、ヤクルトも、7球であっさり三者凡退。

2回、石川投手は先頭のビシエド選手に四球を与え、
平田選手にレフト前ヒットを打たれ無死1、2塁
福田選手はセカンドゴロで1死2、3塁
堂上選手にライトへ犠牲フライを運ばれ1点先制されます。0-1
(※当ブログのスコア表記はヤクルト側から)
木下捕手は四球で2死1、3塁となり、笠原投手はピッチャーゴロで3アウト

2回裏2死後、畠山選手が四球で歩きます。
坂口選手は粘りますがショートフライで3アウト

3回、石川投手は先頭の大島選手にセンター前ヒットを打たれ、
荒木選手にライトへのヒットを打たれ無死1、3塁とピンチが広がります。
アルモンテ選手は浅いライトフライで1死となり、
ビシエド選手にライトへ犠牲フライを運ばれ0-2

3回裏2死後、西浦選手が左中間への2塁打で出塁。チーム初ヒット
続く青木選手が左中間へのタイムリー2塁打を放ち1-2
今日も1、2番コンビで得点しました!
2死2塁で、山田選手は3塁線を破るタイムリー2塁打を放ち2-2の同点に!
西青山トリオの3連続2塁打とは、カッコ良すぎですね。
山田くんが絶好調の二人に続いて打って、
しかも、久しぶりにタイムリーが出ました。よかった~!

バレンティン選手は四球で歩き2死1、2塁も、
川端選手はファーストゴロで3アウト、勝ち越しならず。

4回1死後、石川投手は堂上選手にセンター前ヒットを打たれますが、後続を抑えます。

4回裏、ヤクルトは三者凡退

5回1死後、石川投手は荒木、アルモンテ選手に連打され1死1、2塁のピンチ
しかし、ビシエド選手をサードゴロ併殺打に仕留め3アウト

5回裏、石川投手の代打で荒木選手を送りますが、空振り三振
2死後、青木選手が12個目の死球で出ます。
山田選手は四球で歩き2死1、2塁
つづくバレンティン選手は空振り三振に倒れ3アウト

6回、ヤクルトは2番手で山中浩史投手が登板
1死後、福田選手にレフトへの2塁打を打たれます。
堂上選手のショートゴロで2死3塁
木下捕手を空振り三振に斬って取り3アウト

6回裏、中日は鈴木博志投手が登板
ヤクルトは川端、畠山、坂口選手が三者凡退

7回、ヤクルトは中尾輝投手が登板
大島、荒木選手を連続三振に斬って取るなど3人で片付けます。
今日はストレートが走っていました。

7回裏、中日は又吉投手が登板
ヤクルトは三者凡退

8回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
アルモンテ選手にヒット、ビシエド選手に2塁打を打たれ無死2、3塁のピンチ
平田選手にサード頭上を越えるレフトへのタイムリー2塁打を打たれ
2-4と勝ち越されます。

福田選手はサードゴロで1死3塁となり、
代打・藤井選手はセカンドゴロで2死3塁となり、
代打・高橋周平選手にフェンス直撃のタイムリー2塁打を浴び2-5と3点差に

ここで、ヤクルトは中澤投手に交代し、京田選手を打ち取り3アウト

8回裏、中日は祖父江投手が登板
先頭の青木選手がサード内野安打で出塁
山田選手は外スラを空振りして3球三振。見え見えの配球に同じことの繰り返し。
左投手は何とか打てても、
右投手の外角対策をしない限り、安定した打撃は望めそうにありません。
あれを引っ張りにかからないで、右に打つとかできればいいんですが…。

続くバレンティン選手が、バックスクリーン左に18号2ランホームランを叩き込み
4-5と1点差に!

さすが、バレンティン、ここぞで反撃ののろし、大きな一発が出ました。

川端選手はショートゴロ
畠山選手は捕邪飛のリクエスト検証の結果、判定通り捕球とみなされ3アウト

9回は中澤投手が続投
先頭の大島選手に2塁打を打たれ、送りバントで1死3塁
工藤選手に前進守備のセカンドを越えるタイムリーヒットを打たれ4-6と2点差に

ここで、ヤクルトは原樹理投手に継投
ビシエド選手をピッチャーゴロ併殺打に仕留め3アウト

9回裏、中日は田島投手が登板
先頭の坂口選手が四球で出塁
代打の雄平選手はライト前ヒットを放ち無死1、2塁
代打の上田選手は送りバントの構えから死球で歩き無死満塁
トップに戻り、西浦選手がレフトへタイムリーヒットを放ち、
土壇場で6-6の同点に追いつきます!

何て頼もしい男、西浦選手!

なおも無死1、2塁で青木選手はセンターフライで1死となり、
ここで、山田くん、決めてくれ~と、目を閉じ手を合わせてひたすら祈ります。
こういう場面でいまだ打ったことがありません。今日こそお願い!
そしてそして、祈りが通じたか、
山田選手レフトスタンドへ16号サヨナラ3ランホームランを放り込み
ヤクルトが9×―6で中日に逆転勝利し、連勝を4に伸ばしました。


山田くん、初のサヨナラ、しかも16号3ランで決めれくれました。
おめでとう!!最高に嬉しいです。
この日をどんなに待ち望んでいたことか・・・。
初のサヨナラ打をホームランで決めたあたりは山田くんらしいですね。

これまで、ここぞで打たないと散々叩かれてきましたが、
これでようやく胸のつかえがおりました。ありがとう哲人~~~!!!
私まで気持ちが晴れましたね。
もう肘の痛みも飛んで行ったことでしょう。最高の山田デーとなりました。

e0222575_958287.jpg


これで、山田くんは通算149号本塁打となり、150本まであと1本となりました。

勝ち投手は、9回途中からリリーフした原樹理投手が今季初勝利を飾りました。
よかったですね、おめでとうございます。

先発した石川雅規投手は5回を投げ2失点
少し慎重になりすぎた感がありましたが、試合は作りました。

疲れが見える近藤投手が打たれた時には、今日はダメかと思いましたが、
バレンティン選手の2ランで1点差に追いつき、
この後、また突き放されますが、
9回土壇場で西浦選手が同点となる2点タイムリーヒット(訂正)
そして、最後はミスタースワローズ、山田哲人選手がサヨナラ3ランで決めてくれました。

神宮で山田くん初のサヨナラ弾を見とどけたファンの皆さん、おめでとうございます。
最高に盛り上がったことでしょう。
この勢いでさらに連勝を続けましょう!
ああ、今夜は何て嬉しいんでしょう。
サヨナラのシーン後は、興奮してキーボードを打つ指が震えて、
なかなかまともに打てませんでした。
そのくらい、私にとって嬉しい試合となりました。

興奮して書いたので、あとで誤字脱字などあれば訂正しておきます。

さあ、これからはサッカーを見なきゃ。

by misty2011 | 2018-06-28 22:12 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011