乱打戦を制し、ヤクルト5連勝で勝率5割☆10-9、西浦勝ち越し打、中尾6勝目

昨夜は、夢にまで見た山田哲人選手の劇的サヨナラ弾に酔いしれ、
その後は、サッカーのロシアワールドカップで、日本の決勝トーナメント進出を見届けました。
サッカーの方は、最後はちょっと白けたので、
ヤクルトのサヨナラ勝利が、より一層、感動的なものとなりました。
さぞぐっすり眠れるかと思いましたが、興奮のあまり、なかなか寝付けませんでした。

普段はホームランを打っても、淡々とベースを一周する山田くんが、
昨日は、珍しく右手をあげガッツポーズをしていましたね。
それほど半端ない喜びだったのでしょう。
お立ち台では、「人生の中で一番気持ちよかった。野球をやっててよかった」 と、
嬉しさを隠せませんでした。ジーンとする語り口でしたね。
ここぞで試合を決める一打!
何度も乗り越えられなかった大きな壁を突き破った山田くんが、
これから精神的により逞しくなっていく大きな節目の試合となったような気がします。

昨夜は、感動に浸る間もなく、試合直後にブログを急いで書きあげたので、
一日遅れで、少し書き足しました。

4連勝で、借金が1まで減ったヤクルトは、今日から神宮に阪神タイガースを迎えての3連戦
先発は、ヤクルトが山田大樹投手、阪神は秋山拓巳投手
今日はピッチャーの山田選手に頑張ってもらいたいですね。

スタメンは、雄平選手が5番に上がり、2試合ノーヒットの川端選手が7番に下がりました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、山田大樹投手は1死後、植田選手にピッチャー強襲の内野安打を打たれ、
2盗されますが、後続を抑えます。

1回裏1死後、青木選手がセンターへのヒット、山田哲人選手はサード内野安打で1死1、2塁
山田くんは、打席の途中で自打球を足に当て、ちょっと痛そうでした。
バレンティン選手がレフトへタイムリーヒットを放ちヤクルトが先制 1-0
雄平選手はセカンドゴロ併殺崩れ、坂口選手は四球を選び2死満塁も
川端選手がレフトフライに倒れ1点どまり。

2回、山田大樹投手は先頭の陽川選手に死球をぶつけ、
つづく俊介選手にレフトスタンドへ1号2ランホームランを打たれ1-2と逆転されます。

2回裏、ヤクルトは三者凡退

3回、山田大樹投手は、四球、ヒットでランナーを出し、
陽川選手に3号3ランホームランを浴び1-5となります

3回裏、先頭の青木選手がライトへの3塁打で出塁。糸井選手が打球を見失いました。
山田哲人選手は3球三振に倒れますが、
バレンティン選手のサードゴロの間に3塁から青木選手が生還して2-5

4回、ヤクルトは2番手で大下佑馬投手が登板
1死後、原口捕手に1号ソロ弾を浴び2-6
ここまで既に阪神打線に3発浴びました。

4回裏、先頭の坂口選手がセンターへ2号ソロホームランを放り込み3-6
今日は強い風の中、早くも両チーム計4本のホームラン

5回、続投の大下投手は、3、4番を連続三振に仕留めるなど3人で片付けます。

5回裏1死後、青木選手がライト前ヒットで出ます。早くも3安打
山田選手はレフトへのヒットで1死1、3塁
続くバレンティン選手がレフトへタイムリーヒットを放ち4-6と2点差に

なおも1死1、3塁となり、阪神は2番手の岩崎投手に交代
ここで、雄平選手がレフトへタイムリーヒットを放ち5-6と1点差
1死1、2塁となり、坂口選手はライト前ヒットで1死満塁。
川端選手は左中間へタイムリーヒットを運び二者生還して7-6と一気に逆転!
ここまで、何と6連打!
なおも1死1、2塁で、中村捕手はセカンドゴロで2死1、3塁
代打の畠山選手を送ると、阪神は才木投手に継投
畠山選手はショートライナーで3アウト。
この回、ヤクルトは1死から6連打(すべてシングルヒット)で4点奪い、
逆転に成功しました。

6回、ヤクルトは原樹理投手が登板
先頭の陽川選手をサード川端選手の悪送球で出します。
送りバントで1死2塁となり、北條選手はサード内野安打で1死1、2塁
原口捕手はサードゴロで2死1、3塁(リクエストで1塁セーフに判定覆る)
山田くんが握り替えて併殺が取れませんでした。
このあと暴投で2死2、3塁となり、
代打の伊藤隼太選手にサード後方レフト前にタイムリーヒットを打たれ、
二者生還して7-8と逆転されます。


6回裏、阪神は伊藤和雄投手が登板
1死後、青木、山田選手が連続四球で無死1、2塁
バレンティン選手は三邪飛に倒れ2死1、2塁となり、
雄平選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち8-8の同点に!
雄平選手、2打席連続のタイムリー!
2死1、2塁で、坂口選手はサードライナーで3アウト、同点どまり。

7回、ヤクルトは中尾輝投手が登板
2番からの打順を、きっちり三者凡退に抑えます。

7回裏、伊藤和雄投手続投で、
先頭の川端選手が四球で歩き、代走は藤井選手
中村捕手は送りバントで1死2塁
代打の荒木選手はサードゴロで、3塁に走った藤井選手はノータッチでセーフとなり、
1塁もセーフで1死1、3塁
藤井選手の3塁セーフで阪神から抗議があり、
その後、審判からの説明を聞いても、さっぱりわかりませんでした。

阪神は桑原投手に交代し、サードに鳥谷選手が入ります。
トップに戻り、今日まだヒットがない西浦選手
荒木選手が2盗して1死2、3塁から、
西浦選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち
二者生還してヤクルトが10-8と勝ち越します。
 
西浦選手、低めのボール気味の球でしたが、上手くバットに乗せて運びました。
青木選手はセンターフライで2死1塁となり、
山田選手はライトフライで3アウト

8回、2点リードで近藤一樹投手が登板 センターに上田選手
1安打されますが0点に抑えます。

8回裏、阪神は能見投手が登板
1死後、雄平選手がセンター前ヒットで出ます。3安打猛打賞
坂口選手もレフト前ヒットで1死1、2塁。3安打猛打賞
1死1、2塁から藤井選手はレフトフライで2死となり、暴投で2死2、3塁
中村捕手はライトフライで3アウト

9回、ヤクルトは石山泰稚投手 レフトに田代選手
鳥谷選手に2塁打を打たれ、このあと1死3塁で、
代打ナバーロ選手にライトへタイムリーヒットを浴び10-9と1点差
福留選手はセカンドゴロ、糸井選手は申告敬遠で2死1、2塁となり、
最後は陽川選手をレフトフライに打ち取りゲームセット

ヤクルトが乱打戦を制し、10-9で阪神を下し、5連勝で勝率5割に復帰しました。
最後は冷や冷やしましたが、逃げ切れてよかったです。

阪神は3発を含む10安打で9得点でしたが、ヤクルトが打ち勝ちました。

勝ち投手は7回に投げた中尾輝投手が6勝目をあげました。
ナイスピッチングでした。やはり勝ち運がありますね。

先発した山田大樹投手は、前回といい今日といい、早い回での降板となり
先発としての仕事が出来ませんでした。
おそらく次回はないでしょうね。

2番手の大下投手はソロ弾を浴びましたが、打たれたのはこの1安打のみ。
2回を投げ3三振と好投しました。
貴重な中継ぎとなりそうです。

原樹理投手は、味方のエラーや併殺が取れずで、そこから失点。
勝負所で踏ん張れませんでした。

中尾投手は好リリーフ
近藤投手は1安打されますが、後続を打ち取ります。
石山投手は2安打され1失点しましたが、何とかに持ち堪えました。

打線は15安打で10得点とよく打ちました。
3安打猛打賞が3選手
青木選手
雄平選手が2打席連続適時打など3安打猛打賞で2打点
坂口選手がソロ弾含む3安打猛打賞1打点

マルチヒットは
山田哲人選手
バレンティン選手がマルチで3打点

川端選手は1安打ながら、2点タイムリーヒット
そして、西浦選手も1安打ながら、勝ち越しとなる2点タイムリーヒットを打ち、
お立ち台に上がりました。
昨日も、9回に同点打を打つなど、お立ち台に呼ばれてもいい活躍でしたね。

e0222575_19345756.jpg


相手先発が秋山投手で勝てたのは大きいですね。
さあ、これからは貯金生活に入りましょう!

by misty2011 | 2018-06-29 22:16 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011