球団最年少150号本塁打達成の山田哲人選手、1号~150号全本塁打一覧

2018年6月30日神宮球場で行われた阪神タイガースとの試合で、
山田哲人選手が今季17号2ラン、
プロ野球168人目となる通算150号本塁打を放ちました。

山田哲人選手の25歳11カ月での150本塁打到達は、
池山隆寛選手の26歳4カ月を抜き、球団史上最年少。
また、25歳11カ月での到達は、
西鉄・豊田泰光、近鉄・土井正博、東映・大杉勝男選手の25歳7カ月に次いで
歴代10位の若さです。
おめでとうございます。

メモリアルアーチ150本塁打到達をお祝いして、
プロ初ホームラン(巨人の内海投手・東京ドーム)から、
通算150号本塁打までの足跡を、以下にまとめました。

記録は球団公式サイトの試合結果や日刊スポーツ試合結果などで調べました。
細かい作業なので、誤記があれば、ご指摘ください。後日、訂正します。


プロ1号から150号本塁打までの一覧
タテに長くなったので、見づらいかもしれませんが、ご了承ください。
  数字は通算 (相手投手の敬称略)

なお、1号~100号本塁打までは、2年前に書いた当ブログの下記の記事をこちらに転記しました。
球団最年少100号本塁打達成の山田哲人選手、1号~100号全本塁打一覧

今回は、これに101号~150号本塁打を書き足しました。
(スマホで見る場合は、レイアウトの関係で、横長でご覧下さい。)

◆2012年 プロ2年目 1本
   1号ソロ  08月10日 内海(巨人) 東京ドーム

◆2013年 プロ3年目 3本
    2号ソロ  09月24日 内海(巨人) 神宮
    3号ソロ  10月02日 今村(巨人) 東京ドーム
    4号満塁  10月06日 前田健太(広島) マツダ 

◆2014年 プロ4年目 29本
    5号2ラン  04月13日 モスコーソ(横浜)ハマスタ
    6号ソロ  04月16日 菅野(巨人) 神宮
    7号ソロ  04月24日 大瀬良(広島)神宮
    8号ソロ  04月30日 高木京(巨人) 東京ドーム
    9号ソロ  05月06日 九里(広島) 神宮
   10号2ラン  05月18日 祖父江(中日) ナゴヤドーム
   11号ソロ  05月24日 岸(西武) 西武ドーム
   12号ソロ  06月11日 川井(楽天) コボスタ
   13号ソロ  06月19日 攝津(ソフトバンク)神宮
   14号ソロ  06月23日 木村(ロッテ) 神宮
   15号ソロ  07月08日 吉見(中日) 神宮
   16号ソロ  07月08日 吉見(中日) 神宮
   17号ソロ  07月14日 内海(巨人) 東京ドーム
   18号ソロ  07月15日 小山(巨人) 東京ドーム
   19号ソロ  07月16日 菅野(巨人) 東京ドーム
   20号ソロ  07月27日 三浦(横浜) 神宮
   21号ソロ  08月02日 山井(中日) 神宮
   22号2ラン  08月05日 メッセンジャー(阪神)神宮
   23号ソロ  08月05日 二神(阪神) 神宮 
   24号ソロ  08月07日 高宮(阪神) 神宮
   25号3ラン  08月08日 井納(横浜) ハマスタ
   26号ソロ  08月13日 バリントン(広島) マツダ
   27号ソロ  09月07日 笠原(巨人) 神宮
   28号ソロ  09月16日 岩田(阪神) 神宮
   29号ソロ  09月21日 江柄子(巨人) 東京ドーム
   30号3ラン  09月24日 野村(広島) 神宮
   31号ソロ  09月21日 小野(広島) 神宮
   32号2ラン  09月29日 中田(広島) マツダ
   33号満塁  10月06日 山口(横浜) 神宮

◆2015年 プロ5年目 38本
   34号2ラン  04月02日 岩崎(阪神) 神宮
   35号満塁  04月02日 榎田(阪神) 神宮
   36号ソロ  05月04日 久保(横浜) ハマスタ
   37号ソロ  05月10日 大野(中日) あきたこまち
   38号ソロ  05月13日 呉 (阪神) 神宮
   39号ソロ  05月19日 久保(横浜) 神宮
   40号ソロ  05月31日 寺原(ソフトバンク)ヤフオク
   41号ソロ  06月07日 大嶺(ロッテ) 神宮
   42号ソロ  06月07日 ロサ(ロッテ) 神宮
   43号ソロ  06月09日 松葉(オリックス) 京セラ
   44号2ラン  06月12日 宮田(西武) 西武ドーム
   45号ソロ  06月24日 又吉(中日) ナゴヤドーム
   46号ソロ  06月25日 大野(中日) ナゴヤドーム
   47号2ラン  06月28日 菅野(巨人) 神宮
   48号2ラン  07月01日 高宮(阪神) 神宮
   49号ソロ  07月02日 能見(阪神) 神宮
   50号ソロ  07月02日 島本(阪神) 神宮
   51号ソロ  07月05日 野村(広島) マツダ
   52号ソロ  07月10日 井納(横浜) 神宮
   53号3ラン  07月21日 林(横浜) ハマスタ
   54号2ラン  07月24日 大野(中日) 神宮
   55号ソロ  07月25日 八木(中日) 神宮
   56号3ラン  07月26日 若松(中日) 神宮
   57号ソロ  07月29日 戸田(広島) 神宮
   58号3ラン  08月11日 黒田(広島) マツダ
   59号ソロ  08月12日 九里(広島) マツダ
   60号ソロ  08月20日 石田(横浜) ハマスタ
   61号ソロ  08月21日 ネイラー(中日) 神宮
   62号ソロ  08月22日 浜田達(中日) 神宮
   63号2ラン  08月22日 朝倉(中日) 神宮
   64号3ラン  08月22日 山本雅(中日) 神宮
   65号2ラン  08月25日 田原(巨人) 神宮
   66号2ラン  08月29日 二神(阪神) 甲子園
   67号ソロ  09月10日 石田(横浜) 神宮
   68号2ソロ  09月24日 石田(横浜) 神宮
   69号ソロ  09月24日 石田(横浜) 神宮
   70号3ラン  09月26日 高木勇(巨人) 東京ドーム
   71号2ラン  10月06日 宮國(巨人) 東京ドーム

◆2016年 プロ6年目 38本
   72号ソロ  03月27日 田口(巨人) 東京ドーム
   73号ソロ  04月01日 大野(中日) 神宮
   74号ソロ  04月05日 オスカル(広島) マツダ
   75号ソロ  04月06日 ジョンソン(広島) マツダ
   76号ソロ  04月20日 守屋(阪神) 甲子園
   77号ソロ  04月23日 吉見(中日) ナゴヤドーム
   78号2ラン  04月24日 ネイラー(中日)ナゴヤドーム
   79号2ラン  04月26日 ジョンソン(広島) 神宮
   80号ソロ  05月01日 高木(巨人) 神宮
   81号2ラン  05月01日 高木(巨人) 神宮
   82号2ラン  05月03日 モスコーソ(横浜) ハマスタ
   83号2ラン  05月08日 能見(阪神) 甲子園
   84号ソロ  05月20日 井納(横浜) 神宮
   85号ソロ  05月20日 井納(横浜) 神宮
   86号ソロ  05月22日 サガスキー(横浜) 神宮
   87号2ラン  05月31日 有原(日本ハム) 札幌ドーム
   88号3ラン  06月02日 井口(日本ハム) 札幌ドーム
   89号3ラン  06月05日 コーディエ(オリックス) 神宮
   90号3ラン  06月08日 安楽(楽天) コボスタ宮城
   91号ソロ  06月11日 スタンリッジ(ロッテ) QVCマリン
   92号ソロ  06月15日 和田(ソフトバンク) 神宮
   93号2ラン  06月17日 佐野(西武) 神宮
   94号2ラン  06月19日 多和田(西武) 神宮
   95号2ラン  06月24日 若松(中日) 神宮
   96号3ラン  06月25日 ジョーダン(中日) 神宮
   97号ソロ  06月29日 黒田(広島) マツダ
   98号ソロ  07月02日 宮國(巨人) あきたこまち
   99号2ラン  07月03日 マシソン(巨人) あきたこまち
   100号2ラン  07月10日 岡田(中日) 神宮
   101号2ラン  07月26日 岩貞(阪神) 甲子園
  (※7月30日 巨人戦で田原から背中へ死球)
   102号2ラン  08月03日 へーゲンズ(広島) 神宮
   103号3ラン  08月04日 薮田(広島) 神宮
   104号2ラン  08月07日 岩崎(阪神) 神宮  
  (※8月10日 7月30日の死球による骨挫傷で登録抹消)
   105号ソロ  09月06日 井納(横浜) ハマスタ
   106号2ラン  09月07日 三嶋(横浜) ハマスタ
   107号3ラン  09月10日 能見(阪神) 神宮
   108号ソロ  09月10日 能見(阪神) 神宮
   109号ソロ  09月10日 岩田(阪神) 神宮   
(※1試合3発の翌日9月11日第1打席 岩貞ー原口バッテリーによる故意死球) 
  以降、2016年最終戦まで10試合、本塁打なし 38打数3安打 打率.0789

◆2017年 プロ7年目 24本
   110号2ラン  04日02日 濱口(横浜) 神宮
   111号ソロ  04月15日 石田(横浜) ハマスタ
   112号ソロ  05月05日 井納(横浜) ハマスタ
   113号2ラン  05月06日 今永(横浜) ハマスタ
   114号3ラン  05月20日 松田(阪神) 神宮
   115号2ラン  06月03日 佐野(西武) 神宮
   116号2ラン  06月03日 増田(西武) 神宮
   117号3ラン  06月17日 メンドーサ(日本ハム) 神宮
   118号2ラン  06月27日 田口(巨人) 荘銀・日新スタ
   119号ソロ  06月28日 大竹(巨人) 福島あづま
   120号ソロ  07月01日 能見(阪神) 甲子園
   121号2ラン  07月07日 戸田(広島) 神宮
   122号2ラン  07月10日 田口(巨人) 東京ドーム
   123号ソロ  07月19日 石田(横浜) ハマスタ
   124号2ラン  07月22日 能見(阪神) 神宮
   125号3ラン  07月29日 薮田(広島) マツダ
   126号2ラン  08月08日 久保(横浜) 神宮
   127号2ラン  08月11日 バルデス(中日) ナゴヤドーム
   128号満塁  08月19日 中田(広島) マツダ
   129号ソロ  08月30日 マテオ(阪神) 甲子園
   130号ソロ  09月03日 岡田(広島) 神宮
   131号2ラン  09月09日 畠(巨人) 東京ドーム
   132号ソロ  09月09日 西村(巨人) 東京ドーム
   133号ソロ  09月20日 大野(中日) 神宮

◆2018年 プロ8年目 7月1日終了時点 17本
   134号ソロ  04月06日 菅野(巨人) 神宮
   135号ソロ  04月13日 岩崎(阪神) 甲子園
   136号3ラン  04月17日 久里(広島) 呉
   137号ソロ  04月18日 ジャクソン(広島) マツダ
   138号ソロ  04月22日 須田(横浜) 神宮
   139号3ラン  04月29日 宮國(巨人) 東京ドーム
   140号ソロ  05月02日 笠原(中日) 神宮
   141号ソロ  05月03日 岩瀬(中日) 神宮
   142号ソロ  05月05日 大瀬良(広島) 神宮
   143号ソロ  05月11日 石田(横浜) ハマスタ
   144号ソロ  05月16日 吉川(巨人) 鹿児島鴨池
   145号ソロ  05月26日 濱口(横浜) 神宮
   146号ソロ  05月27日 武藤(横浜) 神宮
   147号3ラン  06月05日 攝津(ソフトバンク) 神宮
   148号2ラン  06月26日 木下(中日) 神宮
   149号3ラン  06月28日 田島(中日) 神宮 初のサヨナラ打となる3ラン
   150号2ラン  06月30日 マテオ(阪神) 神宮
   

約2年前、100本塁打を打った際に、山田哲人選手が最も印象に残る1本は、
2014年年10月6日横浜DeNA戦(神宮)の満塁ホームランだと話していました。
「ドラマのような感じで、自分でも“持っているな”と思って…。あれが一番ですかね」

当日、3安打目で日本人右打者のシーズン最多安打並び、
4安打目は山口俊投手から逆転グランドスラムを放ち、192安打の新記録を樹立しました。
(翌日1安打放ち日本人右打者193安打の最多安打記録更新)

今シーズンは150号の一つ前、6月28日神宮での自身初となるサヨナラ打、
しかも17号3ランホームラン(通算149号)で決め、
これが、今までで最も嬉しいホームランになったのではないでしょうか。
お立ち台では、「人生の中で一番気持ちよかった。野球をやっててよかった」と
その歓びを口にしました。

球団史上最年少、プロ野球でも歴代10位の若さでの記録到達は、
本当に素晴らしいことです。
ただ、あの死球がなければ、もっともっと早く達成できていたのは間違いないでしょう。
返す返すも、余計なことをしてくれたと、
阪神バッテリーには今でも恨みがましく思っています。
(もしかして、「やらなきゃ意味ないよ」の内田方式だったのかもしれませんが…?)

上の一覧を見ても、あの死球以降、本塁打ペースがガクンと落ちています。
ホームランだけではなく、打率など成績も大幅にダウンし、
2017年も不調のまま終えました。
その結果、年俸もがっつり下げられ、全くのぶつけら損となりました。

しつこいようですが、山田哲人選手のプロ野球人生を語る上で、
あの死球は決して忘れ去ることのできない打席でした。
本塁打の記録を書き記しておくと同時に、そのことも同時に書き留めておきます。

e0222575_8575169.jpg


今シーズンは、ようやく復活の兆しは見えるものの、
まだ2016年前半までの状態に戻るには時間がかかりそうです。
もしかして、あれだけ打ちまくっていた頃の状態には戻れないかもしれませんが、
プロ8年目で自身初のサヨナラ打を決め、大きな壁をひとつ乗り越えたので、
これからは、記録だけではない、また違った意味での進化を見せてくれるように思います。
そうなった時、スーパースターへの夢へと続く大きな一歩が拓けてくるのではないでしょうか。
そう願ってやみません。

私は山田哲人選手の大ファンですが、長く野球を見ているせいか、
非常に現実的でシビアな捉え方をする人間なので、
期待値や希望的観測だけで、むやみにポジティブにはなることはできません。
当ブログでは、ファン故に、あえて山田くんには厳しいことも書いていますが、
その点は、どうかご理解ください。

by misty2011 | 2018-07-02 16:16 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011