2018年71試合終了、山田哲人選手の打撃成績、盗塁&得点はリーグ1位

東京ヤクルトスワロ―ズは今日から9連戦がスタートします。
マツダスタジアムで広島東洋カープ、ナゴヤドームで中日ドラゴンズ
そして、静岡と神宮で読売ジャイアンツとの3カード9連戦となります。

今日は台風接近により、マツダスタジアムでの広島カープとの初戦は雨天中止となりました。
明日からも、広島地方はしばらく傘マークがついていて開催が微妙となっています。

ヤクルトにとっては、先発不足、また、頭部死球の青木選手のこともあり、
試合が中止になるのは助かる部分もあります。

ということで、今日は試合がないので、7月1日、ヤクルト71試合終了時での
山田哲人選手の打撃成績をアップします。
早いもので、もうシーズン143試合の約半分が終わったことになりますね。

前回の記事、50試合終了時の成績は、こちら でご覧ください。

データは、ニッカンスコア試合結果、Full-Count LIVE Baseball、
「データで楽しむプロ野球」などのサイトを参考にしています。

主な打撃成績は以下のとおりです。(7月1日終了時点)

71試合中69試合出場 
 315打席 192打数 74安打 打率.286 打点37
 本塁打17 3塁打2 2塁打11 単打44 塁打数140
 得点61(リーグ1位) 得点圏打率.255 長打率.541
 四球56 死球0 出塁率.413 三振61 OPS.953
 盗塁17(成功率.944) 犠打・犠飛・併殺打0 失策8

このうち、セ・リーグ1位は得点の61で、両リーグでもトップです。
また、盗塁もリーグトップの17です。
それから、6月は4失策と守備でのミスが目立ち、
開幕からの失策8は、坂本勇人選手と並んでリーグワーストタイ

これ以外だと、本塁打17はリーグ3位
OPSはリーグ4位
出塁率と長打率はリーグ5位 
三振61はリーグワースト3位

参考までに、6月の月間成績は以下のとおりです。
6月1日~30日 21試合出場
 91打席 75打数 19安打 打率.253 打点12
 本塁打4 3塁打0 2塁打4 単打11 塁打数35
 得点17 得点圏打率.286 長打率.467
 四球16 死球0 出塁率.385 三振20 OPS.851
 盗塁3 犠打・犠飛・併殺打0 失策4 

5月は、月間打率が打率.326と好調でしたが、
6月は交流戦での不調が響き、打率.253と大幅に成績を下げました。
また、西武戦では源田選手と接触して左ひじを痛めるケガもあって、
欠場や代走のみの出場となったこともありました。

今シーズン、山田哲人選手がリーグトップの可能性が高い3部門について
開幕以降の一覧表を作っていますが、前回の一覧表に6月分を追加しました。
今後も月ごとにデータを足していく予定です。

2018山田哲人選手の本塁打盗塁 得点の3部門(色わけしています)
 数字は上から、本塁打、盗塁、得点で、数字は各部門、累計で表記

e0222575_14442750.jpg


先月、一覧表をアップした際には、山田哲人選手は打率が安定しないので、
この際、トリプルスリーよりも「40-40」を目指してほしいと書きましたが、
肘の打撲のケガなどもあり、打撃、特にホームランがさっぱり出なくて(6月は4本)、
「40-40」は残念ながら遠のきました。
ただ、これからホームランを量産出来れば、まだ可能な数字ではあります。

今の成績だと、打率さえ上がれば、トリプルスリーは可能ですが、
相変わらず三振が多く、バッティングが安定しません。
山田くんはマルチまでで、3安打以上の固め打ちがほとんどなく、
ノーヒットの試合も多いので、なかなか打率が上昇しませんね。
これから夏場に向かって、打撃の状態がどのくらい上がっていくかにかかっています。

打率を求めるのなら、苦手の外の球は、球に逆らわないで
センターから右に打てば良さそうなものですが、
たま~に、思い出したように右に打つこともありますが続かず、
やはり引っ張りにかかる方が多いですね。

日本人右打者最多安打記録を更新した2014年は、もう少し引きつけて打っていたので、
追い込まれてからでも打率は高く、右にも上手く打てていました。
三振もこんな多くありませんでした。
ホームランが増えるにつれて、三振も増え、右への打球も減りました。
なかなか上手く行かないものですね・・・。

この辺は、打撃コーチから何もアドバイスがないのかなあ?と歯がゆく思います。
そもそも、杉村コーチとのティーは、
引っ張り専門から広角にも打てるように改良することから始まったわけですが、
現状では、むしろ逆のバッティングスタイルに進んでいるようにさえ感じます。

よく、試合の記事にも書いていますが、
打球を上に上げようとし過ぎて、ボールの下をこするような感じになっているのが、
私は気になる点です。
打ち上げてポップフライのミスショットが多いうちは、
打率は安定しないように思います。
素人なので、よくわかりませんが、
感覚的には、バットをブルンとスイングするだけではなく、
もっと、バットでボールを運ぶ感じになればと思います。

by misty2011 | 2018-07-03 17:20 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011