青木離脱からヤクルト5連敗!ナゴヤドームで4点取っても勝てず★4-5

4連敗して借金が4でもリーグ3位タイの東京ヤクルトスワロ―ズ
広島カープだけが貯金生活で、1強5弱となり、広島の独走状態となってきました。
あとの5球団はすべて勝率5割以下で、毎日のように順位が入れ替わる混戦模様!?
ヤクルトのとりあえずの目標は、オールスター前までに5割に戻したいですが、
それも厳しい状況となってきました。

ナゴヤドーム2戦目の先発は、中日が吉見一起投手、ヤクルトは石川雅規投手
本来なら、この先発で中止となった初戦を戦う予定でした。

スタメンは、日替わり2番にサード川端選手が入り、雄平選手は5番で、
以下、畠山、坂口選手と続きます。

今日は牛島さんが解説なのはいいんですが、球審が白井審判ですね。
あのかん高いストライクコールは聞きたくないので、音声をミュートにしたい気分。
眠気覚ましにはいいかもしれませんが・・・。

試合経過は ニッカンスコア

初回1死後、川端選手がレフト前ヒット、山田選手は肘に死球を受け無死1、2塁
山田くんん、今季初死球ですが、ひじ当てをしているので大丈夫でした。
しかし、バレンティン選手が初球を打ってショートゴロ併殺打、あっという間に3アウト。

1回裏、石川投手は、すべて内野ゴロに打ち取り、危なげなく三者凡退に抑えます。

2回、先頭の雄平選手がセンター前ヒットで出塁
畠山選手はセカンドライナーで、飛び出した雄平選手が1塁へ戻るもタッチアウト
一瞬にしてダブルプレー、2死ランナーなし。
坂口選手はショートライナーで3アウト

2回裏、石川投手は、先頭のビシエド選手に11号特大ソロ弾を浴び
先制されます。0-1
(※当ブログのスコア表記はヤクルト側から)

3回、ヤクルトは三者凡退

3回裏2死後、大島選手がセンターへのヒットで2塁まで陥れます。
あの打球で2塁まで進まれてはいけません。
京田選手はセカンドゴロで3アウト

4回1死後、山田選手が3塁線を破る2塁打で出ます。
ここで、バレンティン選手が詰まりながらもセンター前にタイムリーヒットを運び、
山田選手がホームインして1-1の同点に!

ようやく3、4番が仕事をしました。

バレンティン選手は2塁へ走りますがアウトとなり、
2死後、雄平選手がレフトへの2塁打で出ますが、
畠山選手は一邪飛に倒れ1点どまり。

4回裏、ビシエド選手の3塁への打球がフェアーからファールに訂正されるなどあり、
三者凡退に抑えます。

5回、ヤクルトは三者凡退
5回裏、中日も三者凡退

6回1死後、川端選手がライト前ヒット
山田選手はライトフライで2死
続くバレンティン選手がライトスタンドへ19号2ランホームランを放り込み
3-1と勝ち越します。
ナイスホームラン!
ここまで、一人で全打点を叩き出しています。

6回裏1死後、石川投手は大島、京田選手に連打され1死1、3塁のピンチ
続く平田選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ3-2と1点差に

ここで、ヤクルトは原樹理投手に継投
1死1、2塁で、ビシエド選手をショートゴロに打ち取り2死2、3塁
続くアルモンテ選手に左中間へのタイムリー2塁打を打たれ、
二者生還して3-4と逆転されます。
 
あ~ぁ、カツオくんの勝ち星が消えるどころか、このままなら黒星がつきます。
これでは、原樹理投手はリードした展開で使う信頼は得られませんね。

7回、ヤクルトは三者凡退

7回裏、ヤクルトは星知弥投手が登板
福田選手を四球で出しますが、
大野捕手の送りバントを星投手が2塁へ送球してフォースアウト
1死1塁となり、代打・藤井選手はセンターフライで2死となりますが。
大島選手にショート後方、センター前に落ちるタイムリー2塁打を打たれ
3-5と2点差に。

ショート、センターどちらも捕れませんでした。
う~ん、坂口選手は大島選手に対しては深すぎる守備位置だったので、
西浦選手の打球だったかな?

8回、中日は又吉投手が登板
代打の山崎選手がセンターへのヒットで出塁
つづく西浦選手が、レフトフェンス直撃のタイムリー2塁打を放ち、
山崎選手が1塁からホームを駆け抜け、4-5と1点差に迫ります。

西浦選手はこれで13試合連続ヒット

無死2塁で、川端選手は粘るもショートゴロでランナー進めず1死2塁
山田選手もショートゴロでランナー進めず2死2塁
二人とも最低限の進塁打さえ打てません。
特に、山田くんは外スラが来るのがわかっているんだから、
引っかけないで右に打つ意識を持ってほしいです。
シーズン半分が終わっても、いつも同じやられ方で全く対応できていません。
コーチからキツく言ってほしいですね。
バレンティン選手は二邪飛に倒れ追加点ならず。情けない攻撃でした。

8回裏、ヤクルトは風張投手が登板。三者凡退に抑えます。

9回、中日は鈴木博志投手が登板
先頭の雄平選手はショートゴロ
畠山選手はセカンド内野安打で出塁。代走は田代選手
2盗失敗で、リクエスト検証となりますが、判定通りアウトで2死ランナーなし
今日も田代選手が代走でしたが、2試合続けて盗塁失敗では、ちょっと使いづらいですね。
他に代走なら上田、三輪選手くらいですが、盗塁が出来るかどうかはわかりません。
結局、代走の切り札もいないんですよね。
山田選手がスタメンを外れて代走だった時が、一番役に立ちました。

そして、最後は坂口選手がセカンドゴロに倒れゲームセット

ヤクルトは4-5で1点届かず、
ナゴヤドームでこのカード、2戦2敗となり

今回もまた鬼門ナゴヤドームで勝てませんでした。

ナゴヤドームで4点取ること自体が珍しいくらいですが、それでも勝てませんでした。
昨日の完封負けより、今日の逆転負けの方が重苦しい敗戦となりましたね…。
これで、ヤクルトは5連敗となり、借金は5に増えました。

吉見投手と投げ合った石川投手は、6回途中まで投げ、5安打4失点で3敗目を喫しました。
降板するまでは勝ち投手の権利を持っていましたが、
ランナーを残し逆転されたので、一転、負け投手となりました。

2番手で原樹理投手の投入が裏目でしたね。
どういうわけか負のオーラを感じます。

打線は中日の7安打を上回る10安打を打ちましたが、逆転負け
バレンティン選手の19号2ランが、またも空砲となりました。

写真は5月6日神宮
e0222575_17534111.jpg


特に8回の攻撃では、無死2塁から2、3、4番が何もできませんでした。
昨日は初回のチャンスに3、4、5番が何もできず、今日も同じことが繰り返されました。
中日は、チャンスで主軸が打って勝っているのとは大違いです。

連敗中の雑な攻撃は、まるで、昨年に戻ったかのようですね・・・。

バレンティン選手が2ランを含む2安打3打点
雄平選手がマルチ
西浦選手がタイムリー2塁打で1打点でした。

青木選手が頭部死球で離脱してから、ヤクルトはこれで5連敗
青木選手がいない穴は、改めて大きいと痛感しました。
2番に日替わりで誰を入れても、青木選手の代わりは出来ません。

山田哲人選手は、前回神宮での中日戦で、自身初のサヨナラ打となる3ランを打ちましたが、
勝負どころでのもろさは、いまだに克服出来ていません。

明日からの巨人戦では、必ず勝って連敗を止めましょう。
このままズルズル負け続けてはいけません!

by misty2011 | 2018-07-08 17:59 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011