オールスター第2戦もパ・リーグ勝利!MVPは源田選手

マイナビオールスターゲーム2018第2戦は、
熊本のリブワーク藤崎台球場で開催されました。

試合前のホームランダービーにはヤクルトのバレンティン選手が出場
初戦で柳田悠岐選手に勝ち、準決勝では鈴木誠也選手に勝って決勝に進みましたが、
決勝では筒香嘉智選手に惜しくも敗れました。
バレンティン選手は、3分×3回で、最後はお疲れでしたが、よく頑張りました。

この結果、ホームランダービーは筒香選手が優勝し、
また、打球スピードでは柳田選手が1位となりました。

第2戦の先発は、セ・リーグが菅野智之投手、パ・リーグは岸孝之投手
全セのスタメンには、ヤクルトの青木宣親選手が2番、
バレンティン選手が6番に入りましたが、山田哲人選手はベンチスタートとなりました。

ここで、山田哲人選手のグラブ情報を
スポニチの【球宴隠しマイク】によると、
契約メーカーのドナイヤに茶色と黄色に金色が入った球宴用グラブを作ってもらった
山田哲人選手は、テーマを聞かれて「チョコバナナ!」
甘党らしく甘い笑顔で答えたそうです。

試合経過は ニッカンスコア

初回、2死後、菅野投手はデスパイネ、山川選手に連続2四球を与えますが、後続を抑えます。

1回裏、岸投手から1死後、青木選手がセンターへの2塁打を打ちますが、
ロペス、筒香選手が連続三振に倒れます。
岸くんファンの私としては、DeNA勢を抑えてくれてヨシヨシと大満足!
岸投手の糸を引くようなストレートはやっぱりいいですね。

2回、ロペス選手に代わって、ファーストに坂口選手が入ります。
菅野投手は三者凡退に抑えます。

2回裏、鈴木選手は三振、バレンティン選手はセンターフライ
宮崎選手はセンター前ヒットも、菊池選手はショートゴロ

3回、大瀬良投手が登板し、三者凡退に抑えます。
パは3回までノーヒット

3回裏、オリックスのアルバース投手が登板
2死後、青木選手はピッチャーゴロで3アウト

4回、熊本出身の岩貞投手が登板 1塁に岡本選手、坂口選手はセンターへ
オールスターでもグッチは守備位置をたらいまわしにされて気の毒でした。
1死後、山川、中村奨吾選手が連打で1死1、2塁も、
中村晃選手がピッチャーゴロ併殺打で3アウト

4回裏、アルバース投手続投
坂口選手はセンターフライ
筒香選手は四球で歩き、鈴木選手はレフト前ヒットで1死1、2塁
しかし、バレンティン選手はショートゴロ併殺打で3アウト

5回、岩貞投手続投
先頭の松田選手がレフトオーバーの2塁打(+バレンティン選手のエラー)で
3塁まで進みます。
ヤクルト戦でもよく見るバレンティン選手の怠慢プレーが、球宴でも出ました。
岩貞投手が投げているので、守備で足を引っ張っても、まあ許せます。
つづく源田選手が前進守備の菊池選手の横を抜けるセンターへのタイムリー2塁打を放ち、
全パが先制 パ1-0セ

センター前ヒットでも2塁へ進む走塁は見事でした。
甲斐捕手もレフトへのタイムリー2塁打でパ2-0セ

5回裏、ロッテの石川歩投手が登板
先頭の宮崎選手がヒットも、菊池選手がショートゴロ併殺打、後続も倒れます。

6回、球宴最年長登板記録を更新となる43歳3か月の上原浩治投手が登板
1死後、中村奨吾に四球を与え、
近藤選手はセカンド内野安打(菊池選手が捕れず)で1死1、2塁のピンチを招きますが、
後続を打ち取ります。

6回裏、日本ハムの上沢投手が登板
2死後、坂口選手はセカンドゴロに倒れます。

7回、ヤクルトの石山泰稚投手が登板 マスクは中村悠平捕手
森友哉、柳田選手を抑え2死後、浅村、吉田正尚選手に連打され、
今江選手にライトへタイムリーヒットを打たれ、3連打で1点追加され
パ3-0セ
 あらら、打たれましたね。

7回裏、上沢投手続投
筒香選手の代打で、
ちびっ子たちの「やま~だてつと」の大声援に迎えられ山田哲人選手が登場
初球を打ってライト前ヒット!
鈴木、バレンティン選手はライトフライで2死となり、
(鈴木誠也選手は、打席でどこか痛めた感じです)
宮崎選手はショートゴロで3アウト

8回、山崎康晃投手が登板
近藤健介選手がレフト前ヒット
2死後、森友選手が糸原選手の落球エラーで2死1、3塁となり、
柳田選手のレフトへのタイムリーヒットで パ4-0セ
浅村選手のセンターへのタイムリー2塁打で パ5-0セ

8回裏、日本ハムの加治屋投手が登板
菊池選手がライトへのヒットで出て暴投で2塁へ進みます。
糸原選手がタイムリー2塁打を放ち、セがようやく1点かえして パ5-1セ
1死後、中村捕手はショートゴロ、2死後、坂口選手はセカンドゴロで追加点ならず。

9回、中崎投手が登板
1死後、秋山選手がレフト前ヒット
近藤選手はサードゴロ併殺打で3アウト

9回裏、森唯人投手が登板
先頭の山田選手はセンターフライ
鈴木選手はショートゴロ
平田選手は空振り三振でゲームセット

第2戦もパ・リーグが5-1でセ・リーグ勝ち、昨年からの連勝を4に伸ばしました。

今日は初戦と違ってホームランは出ませんでしたが、
5回から終盤にかけパがタイムリーヒットを連ね得点を重ねました。

第2戦のMVPは、先制のタイムリー2塁打を打った
西武ライオンズの源田壮亮選手が選ばれました。おめでとうございます。
ショートの守備も軽快でよかったですね。

敢闘選手賞には、アルバース投手、浅村栄斗選手 宮崎敏郎選手が選ばれました。
マイナビ賞も宮崎敏郎選手が受賞しました。
アルバース投手を誤記していました。お詫びして訂正します。

今年のオールスターは、メジャー帰りの上原、松坂投手、そして青木選手など、
結果は別としても、ベテラン勢の出場に話題が集中しました。

個人的には、オリックスの吉田正尚選手のホームランダービーでのフルスイング、
特にフォロースルーの大きさが半端ないほど凄いなあと強く印象に残りました。
体が大きくないので、くれぐれもケガの無いことを祈ります。

ヤクルト勢は、今日も目立った活躍はありませんでした。
スタメンの青木選手が2塁打を打って2打数1安打
バレンティン選手は、ホームランダービーで疲れたのか3タコで1失策
途中出場の山田哲人選手は2打数1安打
坂口選手、中村捕手は2試合ノーヒット
石山投手は7回に投げ、3連打で1失点

山田選手は、広角に打つようになってきましたね。
打率は、今までよりは安定するように思います。
石山投手が打たれたのは、後半戦へ少し不安材料です。

昨年の球宴は小川投手のみの出場で、寂しい思いをしましたが、
今年は最下位ながら6選手が参加して、それぞれ楽しそうでした。
特に、青木選手、山田くん、バレンティン選手は、
他球団の選手ともたくさん交流が出来たようで、よかったです。
来年こそ、ヤクルトの選手がMVPや敢闘賞をゲットしてほしいですね。

e0222575_2141118.jpg


パ・リーグは、2試合続けてMVPが西武から選ばれました。
さすがパの首位、山賊打線は勢いが違います。
私はパは西武を応援しているので、このまま首位を死守してほしいと願っています。

一日おいて、月曜日から後半戦がすぐ始まります。
球宴出場組は休む暇がありませんが、
後半戦は、まずは最下位脱出に向け、いいスタートが切れることを期待しています。

by misty2011 | 2018-07-14 22:00 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011