初戦は中日に打ち勝つ☆9-4、山田19・20号&川端2号決勝3ラン、大下プロ初勝利

連勝が止まり、再び最下位に転落した東京ヤクルトスワロ―ズは、
今日から神宮で5位中日ドラゴンズとの3連戦

こうも暑いと、試合前の練習も大変でしょうね。
選手の皆さんも熱中症にならないよう、くれぐれも気をつけてほしいです。

先発はヤクルトがカラシティー投手、中日は山井大介投手
いい時の山井投手はなかなか打てませんが、今日はどうでしょう?

スタメンは通常の右投手用のオーダー

試合経過は ニッカンスコア

先制したのはヤクルト
1回裏2死後、山田哲人選手がレフトスタンドに先制の19号ソロ弾を放り込み1-0
クルっと軸回転させてインコースを捌いた山田くんらしいホームラン
久しぶりに一発が出てホッとしました。

3回、カラシティー投手は大島、京田選手に連打され、平田選手は四球で1死満塁のピンチ
続くビシエド選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ、
二者生還して1-2と逆転されます。

なおも1死1、2塁で、アルモンテ選手はセカンドゴロ併殺打に打ち取り3アウト

ヤクルトは3回まで、山田選手ソロ弾の1安打のみ
4回裏1死後、山田哲人選手が今度はバックスクリーン左に飛び込む20号ソロ弾で2-2の同点に
今季初の1試合2発、しかも2打席連続ホームラン!
これで山田哲人選手は2014年から5年連続20本塁打以上となり、球団4人目の偉業です。

バレンティン選手は左中間への2塁打を放ち、
2死後、川端選手がライト線へのタイムリー2塁打を放ち3-2と勝ち越します。
西浦選手はいい当たりながらサードライナーで3アウト

5回、カラシティー投手は先頭の山井投手を2塁山田選手の悪送球で出します。9個目のエラー
大島選手はセカンドゴロでは併殺とれず1死1塁
京田選手は送りバントを決め2死2塁
暴投で2死3塁となり、平田選手にレフトへタイムリー2塁打を打たれ3-3の同点に
さらに、ビシエド選手にもセンターへタイムリーヒットを打たれ3-4
この回、再逆転されます。

5回裏、先頭の中村悠平捕手がレフトフェンス直撃の2塁打で出ます。
代打の三輪ちゃんが送りバントを決め1死3塁
坂口選手は三振に倒れ2死となり、
青木選手の打席で山井投手の暴投により3塁ランナーが生還して4-4の同点に
青木選手はライトフェンス際への大飛球も、あとひと伸び足りず3アウト。

6回、ヤクルトは大下佑馬投手が登板
先頭の亀澤選手はファーストゴロで1塁セーフ
リクエストによるリプレー検証の結果、アウトとなり1死
後続も抑え、きっちり3人で片付けます。

6回裏、先頭の山田選手は四球で歩きます。今日こそ走って~!
初球から走って2盗成功!7月1日以来の盗塁で18個め
バレンティン選手は三振で1死2塁となり、
雄平選手は初球をレフト前に運び1死1、3塁
続く川端慎吾選手が、ライトスタンドへ開幕戦以来となる2号3ランホームランを放り込み
7-4と勝ち越します!

ノーストライク3ボールから打って出ました。ナイスホームラン慎吾くん♪

ここで、中日は佐藤優投手に交代
西浦選手は振り逃げで1塁へ出ます。
中村捕手は送りバントで2死2塁
代打の畠山選手はライトフライで3アウト

7回、ヤクルトは中尾輝投手が登板
1死後、大島、京田選手に連打されたところで、近藤一樹投手に継投
1死1、2塁で、平田選手をセカンドゴロ併殺打に仕留め無失点で切り抜けます。

7回裏、中日は岡田俊哉投手が登板
1死後、青木選手が四球で歩きます。
山田選手は空振り三振
暴投で2死2塁となり、バレンティン選手は四球で2死1、2塁。代走は藤井選手
つづく雄平選手は左中間へのタイムリー2塁打を放ち、
二者生還して9-4とリードを広げます。

さすが、チャンスに強い雄平選手!
川端選手は三振で3アウト

8回、近藤一樹投手が続投
ビシエド、アルモンテ、亀澤選手を三者連続三振に斬って取る圧巻のピッチング!

8回裏、中日は福谷投手が登板
ヤクルトは三者凡退

9回、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
1死後、代打の藤井選手がレフトへのヒットを打ち3塁に走りますが、
レフト上田選手の好返球でタッチアウトとなり2死
最後は、モア選手をファーストゴロに打ち取りゲームセット

ヤクルトが3本の効果的なホームランで9-4で中日を下しました。

先発のカラシティー投手は打たれましたが、
5回に投げたドラ2ルーキーの大下佑馬選手がプロ初勝利をあげました。
良かったですね。おめでとうございます。
意外と早い初勝利でしたね。勝ち運があるかもしれませんね。
これで弾みをつけて、中継ぎとして大きな戦力になってほしいと思います。

打つ方は8安打で9得点と効率よく得点しました。
山田哲人選手が先制と、2打席連続の同点となる2本のホームラン
打球が上がらなくて心配していた矢先の2発に、一安心です。
これで、ホームランペースが上がるといいですね。

5回には一時は逆転されますが、
6回に4-4の同点から、川端選手が2号3ランホームランを放ち勝ち越します。
引っ張った美しい完璧なホームランでしたね。
この決勝弾で、大下投手に初勝利が転がり込みました。
4回のライトへのタイムリー2塁打もそうですが、流し打ちだけじゃなく、
こういう引っ張った打球をもっと見たいですね。
今日の感触を大事にしてほしいです。
川端選手はマルチヒットで4打点と勝負強さが戻ってきました。

e0222575_2147306.jpg



この他、雄平選手が2点タイムリー2塁打を含むマルチヒット
ランナーを置いてのバッティングは見事です。左からも打ちました!

それにしても、谷沢さんの解説の日は、ヤクルトは勝ちますね。
試合が始まる前から、今日は勝てそうって思いましたもの。
今後ともどうかよろしくです!

神宮に戻って、中日との初戦に打ち勝ったのは大きいですね。
明日はカツオくんの先発なので、早めに援護して、
効果的な得点で連勝と行きましょう。

by misty2011 | 2018-07-20 21:54 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011