連夜のヒーロー川端慎吾、2戦目は劇的サヨナラ2ラン☆7×-5、山田21号、畠山2適時打

中日との初戦は、3本の効果的なホームランが飛び出し、
逆転、再逆転でシーソーゲームを制した東京ヤクルトスワロ―ズ

2戦目の先発は、ヤクルトが石川雅規投手、中日は小笠原慎之介投手
スタメンは左投手用で、雄平選手が外れ、畠山選手が5番ファーストに入りました。

試合経過は ニッカンスコア

初回表裏は、それぞれ四死球でランナーが出ますが無得点

先制したのは中日
2回1死後、石川投手は荒木選手にレフトへの2塁打を打たれ、
つづく福田永将選手にバックスクリーン左に飛び込む2ランホームランを浴びます。0-2
大野捕手にもヒットを打たれ、送りバントで2塁へ進まれますが、
大島選手の抜けようかという打球を畠山選手がダイビングキャッチする好守で3アウト

2回裏2死後、西浦選手が三遊間を破るヒットで出ますが、
中村捕手はセンターフライに倒れます。

3回、石川投手は先頭の京田選手にライト前ヒットを打たれますが、
平田選手を空振り三振、2塁へ走った京田選手を中村捕手が刺す
三振ゲッツーで2死ランナーなし。
後続も打ち取り3アウト

3回裏2死後、青木選手が四球で歩きますが、
山田選手はキャッチャーフライに倒れます。

4回1死後、またも荒木選手にセンター前ヒットを打たれます。
相性なんですかね、荒木選手には何を投げても打たれるって感じです。
このあと、福田選手、大野奨太捕手を連続三振に仕留め3アウト

4回裏1死後、畠山選手が四球で歩き、
川端選手がライト前ヒットで1死1、2塁
西浦選手はセンターフライで2死ランナー進めず。
中村捕手もセンターフライで3アウト

5回1死後、石川投手は大島選手にレフトへのヒットを打たれ、
京田選手のファーストゴロで2死2塁
続く平田選手にレフト前にタイムリーヒットを打たれ0-3

5回裏、代打の谷内、坂口、青木選手が三者凡退に倒れます。

6回、ヤクルトは風張蓮投手が登板
きっちり三者凡退に抑えます。ナイスピッチング!

6回裏、先頭の山田哲人選手がバックスクリーン左に、
2夜連続となる21号ソロホームランを放り込み、
ようやく1点かえします。1-3

バレンティン選手はレフト前ヒットも、畠山選手は三邪飛に倒れ1死1塁
川端選手はセンター前ヒットで1死1、3塁
ここで、西浦選手がレフト前にタイムリーヒットを運び2-3と1点差に
今日2安打、ナイスバッティング西浦選手!

中日は、ここで佐藤優投手に交代
1死1、2塁で、代打で6打席連続ヒット中の雄平選手が代打で登場も、
セカンドゴロで2死1、3塁。う~ん、残念、記録が6で止まりました。

中日は岡田俊哉投手に交代し、代打の上田剛史選手はショートゴロに倒れ3アウト
この回2点どまりでした。

7回、ヤクルトは中尾輝投手が登板 マスクは井野捕手
三者凡退に抑えます。

7回裏、中日は祖父江投手が登板
先頭の坂口選手が意表をついたセーフティーバントが内野安打となり出塁
青木選手はライト前ヒットで無死1、2塁
このチャンスに山田くん
私は併殺打だけはやめて~と祈ります!(チャンスに弱いので、えらい後ろ向き)
山田選手はハーフスイングを取られ空振り三振。
1死となり、バレンティン選手は四球で歩き1死満塁

ここで、畠山選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち3-3の同点に!
さすが、何とかしてくれるハタケ~!!
なおも1死満塁で、川端選手の叩きつけたショートゴロで3塁から青木選手が生還して
4-3と勝ち越します。

2死1、3塁となり、西浦選手はセンターフライで3アウト
しかし、この回2点を奪い逆転に成功しました。

8回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板 昨夜は回またぎで、今日も連投となります。
先頭の京田選手に左中間への3塁打を打たれ、いきなりピンチ
平田選手は三邪飛で1死となり、
ビシエド選手はサード内野安打となり1死1、3塁
ここで、代打の藤井選手にセンターへ犠牲フライを運ばれ4-4の同点に

8回裏、中日は又吉投手が登板
1死後、代打の奥村選手がライトオーバーの2塁打で出ます。
坂口選手はセンターフライで、奥村選手がタッチアップして3塁へ進みます。
2死3塁となり、青木選手は空振り三振で勝ち越しならず。

9回、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
先頭の福田選手にレフトスタンドへ勝ち越しとなる8号ソロを放り込まれ4-5となります。
ヤクルトキラーの福田選手に今日2発浴びました。

9回裏、中日は鈴木博志投手が登板
1点を追うヤクルトは山田哲人選手からの攻撃
山田選手はストレートの四球で歩き、2盗に成功して無死2塁
19個めの盗塁。いいね~!
バレンティン選手のショートゴロで、山田選手は3塁へ走り1死3塁
さあ、ここで頼れる畠山選手
叩きつけた打球がライト前に抜けるタイムリーヒットとなり、
土壇場で5-5の同点に追いつきます。


1死1塁で、川端選手が打席に
何と何と、川端選手がライトスタンドに3号サヨナラ2ランホームランを放り込み
ヤクルトが7×―5でサヨナラ勝ちを決めました!


石山投手は、負けから一転、勝ち星が転がり込み3勝目をあげました。
よかったです。

川端選手、2夜連続の決勝弾、それも今日はサヨナラ弾で決めました。
おめでとうございます!!
実況アナが、完全復活と何度も叫んでいましたが、イヤイヤ、マジすごいですね。
今日も完璧なホームランで、震えが来たくらいです。

e0222575_1143244.jpg


9回のサヨナラもそうですが、打順こそ違いますが、
今日は2015年の川端、山田、畠山選手の活躍が蘇ったきたかのようでした。

2点ビハインドから、6回、まず山田哲人選手がホームランを打ち反撃開始
9回には、山田選手が四球で出て2盗してサヨナラのおぜん立てをしました。
山田くんはチャンスでは打てませんでしたが、
試合全体の流れとしては、今日はいい働きだったと思います。

畠山和洋選手は7回と9回に2打席連続のタイムリーヒットで2打点
さすが勝負強いバッティング! 何とかしてくれるハタケは健在です!

そして、川端慎吾選手は3安打猛打賞、サヨナラ2ランで3打点、連夜のお立ち台!

昨年はお休みしたりケガに泣いたり、不振だったV戦士打撃3冠の3選手が、
今日はそろって活躍してサヨナラ勝利をもたらしました。
復活組の活躍は何より嬉しいことです。
本当に感動的で素晴らしい試合をありがとうございました。

9回に福田選手の一発で勝ち越されましたが、最後まであきらめずにしぶとく戦いましたね。
まさに執念の勝利でしょう。
この勢いがあれば、明日も勝てそうですね。同一カード3連勝を期待しています。

by misty2011 | 2018-07-21 22:16 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011