ヤクルト6連勝!9回雄平同点打、延長11回山田哲人決勝打☆2-1

読売ジャイアンツに連勝して、5連勝でリーグ2位に浮上した東京ヤクルトスワロ―ズ

3戦目の先発は、巨人がメルセデス投手、ヤクルトは原樹理投手
スタメン1番には、坂口選手が外れ、サード谷内選手。
ということで、川端選手もベンチスタート
坂口、川端選手は、おそらく休養日だと思いますが、
二人同時のベンチとは、ちょっとびっくりしました。
5番はライト雄平選手で、6番にファースト畠山選手

試合経過は ニッカンスコア

初回1死後、青木選手がショート内野安打で出ます。
山田選手のショートゴロで2死2塁。バレンティン選手は四球
雄平選手はサード内野安打で2死満塁も、畠山選手が見逃し三振で先制ならず。

1回裏、原樹理投手は先頭の長野選手に四球を与えます。
吉川尚選手のサードへの強い打球は谷内選手が好捕して1死となりますが、
マギー選手にセンター前ヒットを打たれ1死1、2塁
岡本選手は打ち取りますが、
亀井選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ1点先制されます。0-1
陽選手は空振り三振で3アウト

原樹理投手は、課題の立ちあがりに先頭に四球を出したところから、簡単に失点しました。
初回は球が高目に浮き、コースも甘めでした。

2回、ヤクルトは三者凡退

2回裏、原樹理投手は三者連続三振に仕留めます。
前の回から四者連続三振
毎度ながらビハインドになると好投します。

3回、ヤクルトは1番からの攻撃も三者凡退

3回裏1死後、原樹理投手は吉川尚選手にライトへのヒットを打たれますが、
後続を抑えます。

4回、ヤクルトはあっさり三者凡退

4回裏、巨人も三者凡退

5回、ヤクルトはこの回も三者凡退。打てそうにありません。

5回裏、原樹理投手は先頭の宇佐美捕手にセンター前ヒットを打たれます。
メルセデス投手は送りバントを決め1死2塁
長野選手は三振で2死2塁となり、吉川尚選手は痛烈なセカンドライナーで3アウト
危ない打球でしたが、山田選手がナイスキャッチ

6回、ヤクルトは3巡目に入り1番からの打順
谷内選手はサードのグラブを弾く打球でしたが、足が遅くて1塁アウト
青木選手は初球を打ち上げライトフライ
山田選手もライトフライで3アウト。打てませんね。

6回裏、巨人3番からの攻撃
原樹理投手は2死後、亀井選手に四球を与え2盗を許しますが、
陽選手をライトフライに打ち取ります。

7回、ヤクルトはこの回も三者凡退

7回裏、巨人も三者凡退 試合が動きません。

8回、前の打席で左手がしびれたようですが、メルセデス投手続投
先頭の西浦選手が三遊間を破るヒットで出ます。
初回の内野安打以来のヒットです。
中村捕手は送りバントで1死2塁
ここで、原樹理投手の代打の川端選手は初球を打ってセンターフライに倒れ2死となり、
谷内選手はセカンドゴロで3アウト
メルセデス投手は、ここまで20イニング無失点

8回裏、ヤクルトは昨夜のヒーロー風張蓮投手が登板
サードに川端選手が入ります。
昨夜のピンチと同じ打順で、長野選手は空振り三振に仕留めますが、
吉川尚輝選手にライト前ヒットを打たれます。
マギー選手はライトフライで2死となり、
岡本選手もライトフライで3アウト。今日もナイスリリーフ!

9回、巨人はマシソン投手が登板
まだマシソン投手の方が何とかなりそう??
先頭の青木選手はセカンドゴロ
山田選手はライト前ヒットで出ます。ナイスバッティング!
さあ、走れ~!
初球から走って2盗成功!22個め
バレンティン選手はショートゴロで、山田選手は3塁へ走り2死3塁
ここで得点圏打率4割の雄平選手
雄平選手は、センター前に落ちるタイムリーヒットを放ち、
土壇場でついに1-1の同点に

詰まった当たりがいい所に落ちました。
ナイス雄平!!!やっぱり頼りになります。
代走に比屋根選手を送り、2盗成功
2死2塁で畠山選手に期待もファーストゴロに倒れ同点どまり

9回裏、ヤクルトは昨日1日だけ休養をとった近藤一樹投手が登板
ライトに比屋根選手(ちょっと怖い)
近藤投手は、きっちり3人で片付けます。

1-1の同点で延長戦に入ります。

10回、巨人は澤村投手が登板
先頭の西浦選手が粘ってライトフェンス直撃の2塁打で出ます。
ナイスバッティング!
中村捕手は送りバントを打ちあげますが、澤村捕手が落とし1死3塁
川端選手はショートゴロで3塁ランナー生還できず2死3塁
代打の坂口選手はセカンドゴロに倒れ勝ち越しならず。

10回裏、ヤクルトは大下佑馬投手が登板
先頭の重信選手に四球を与えます。これはマズい。
吉川大幾選手は送りバントで1死2塁
長野選手は四球で1死1、2塁

ここで、ヤクルトは中澤投手に交代
巨人は当たっている吉川尚選手に代打の阿部慎之助選手を送ります。
吉川選手の方がイヤでしたけどね。
阿部選手はレフトフライで2死となり、
代打・石川慎吾選手のところでヤクルトは星知弥投手に継投
石川選手をショートゴロに打ち取り3アウト

11回、巨人はトリプル100達成の上原浩治投手が登板
先頭の青木選手がライト線への2塁打で出塁
山田選手はセンターへのタイムリーヒットを放ち2-1と勝ち越します。
これで6試合連続打点!最近はチャンスでタイムリーが出ています。
バレンティン選手はライトフライ、比屋根選手はバント失敗で2死1塁となり、
畠山選手の打席で、山田選手の2盗を小林捕手に刺され3アウト
2個目の盗塁失敗となりました。
しかし、この回、山田くんのタイムリーで貴重な勝ち越し点が入りました。

e0222575_956171.jpg


11回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
比屋根選手がレフト、上田選手がライトに入ります。
先頭の岡本選手に四球を与え、亀井選手はレフトフライで1死1塁
陽選手はあわやサヨナラ弾かという大飛球も
レフトフェンス際で比屋根選手が捕って2死。神宮なら・・・
最後は田中俊太選手をレフトフライに打ち取りゲームセット

ヤクルトが2-1のロースコアで延長戦を制し、連勝を6に伸ばしました。

10回裏に投げた星知弥投手が今季初勝利をあげました。おめでとうございます。

先発の原樹理投手は初回の1失点のみで、その後は好投しました。
9回に同点に追いつき、黒星が消えたのはよかったです。
次は、どうか勝ち星がつきますように!

8回からは細かい投手継投で、サヨナラのピンチはありましたが、何とかしのぎました。
最後は石山投手が締め、これでヤクルトは怒涛の6連勝!
特に、終盤に強く、粘り強い見事な戦いぶりですね。

まあ、いろいろラッキーな面はありました。
メルセデス投手が続投なら得点できたでしょうか?
吉川尚選手に阿部選手の代打は、正直助かったかもしれません?

連勝中のチームと連敗中のチームでは、采配面でも明暗分かれたような気がします。

打つ方は、とにかくメルセデス投手を打てませんでした。
制球がよく、ストレートも変化球も低めに集まり、
ヤクルト打線は攻略の糸口が見つかりませんでした。
次回までには対策をお願いします。

しかし、よく勝てましたね。
1点を追う9回、マシソン投手から山田哲人選手がヒットで出て2盗
これが効きましたね~!
走ってなかったら、バレンティン選手のショートゴロ併殺打でゲームセットでしたからね。
この後、2死3塁から勝負強い雄平選手がセンター前に同点打!

さらに、延長サヨナラを切り抜けると、
11回、青木選手が2塁打後、山田選手がセンター前タイムリーヒットを放ちこれが決勝打!
最近は、チャンスで、しかも試合を決める一打を打ってくれるのが何より嬉しいです。

投手陣は連投や酷使で大変なことになっていますが、
とにかく勝つことで少しでも疲れが取れることを願います。
明日からは神宮に戻って阪神との3連戦。さらに連勝を伸ばしたいですね。
誰もぶつけられませんように!

by misty2011 | 2018-07-26 22:21 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011