石川、鯉打線に瞬殺され3回途中7失点★3-7、大下好投も序盤の失点が響き燕3連敗

広島カープに連敗し、再び勝率5割に戻った東京ヤクルトスワロ―ズ
広島とは力の差は歴然ですが、せめてホーム神宮で一つは勝ちたいものです。
それにしても、昨夜は雨で3度も中断しながら、
よく最後まで試合を強行したものだと思います。
スタンドで応援したファンの皆さん、お疲れさまでした。

3戦目の先発は、ヤクルトが石川雅規投手、広島は戸田隆矢投手
今日の先発マスクは井野卓捕手

試合経過は ニッカンスコア

先発の石川投手は、初回にバティスタ選手に3ラン、
2回には菊池選手に2ランホームランを浴び、
その後も打たれ、3回持たず、7安打2被弾7失点(青木選手の悪送球があり自責は5)
1死満塁のピンチを残し大下佑馬投手に継投。後続を抑えます。

3回裏、ヤクルトは1死後、戸田投手の乱調から3四球で無死満塁のチャンス
ここで、山田選手は浅いセンターフライでタッチアップできず2死満塁
この流れでも、山田くん、チャンスで一打が出ません。う~~~ん

このあと、バレンティン選手がライトフェンス直撃のタイムリー2塁打を放ち
二者生還して2-7

しかし、バレンティン選手は1塁ストップ。
続く雄平選手はセンター前タイムリーヒットを放ち3-7
なおも、2死1、2塁でとなり、
ここで、広島はアドゥワ誠投手に交代
西浦選手はセンターフライで3アウト

4回、大下投手は菊・丸・鈴木選手を三者凡退に抑えます。
ナイスピッチング!

4回裏1死後、井野捕手が四球で歩き、大下投手が送りバントで2死2塁
坂口選手は菊池選手の好守に阻まれセカンドゴロで3アウト

5回2死後、大下投手は死球、暴投、四球で2死1、2塁のピンチも、
アドゥワ誠投手を三振に仕留め3アウト

5回裏、先頭の青木選手がレフト線へのヒットで出ます。
山田選手はセカンドゴロ併殺打 最近、併殺打が増えてきました。
疲れですかね・・・。
スイングが鈍いので、フライにしてもゴロにしても打球に勢いがありません。
あと、いつもそうですが、ファーストストライクを見逃しすぎ。
打席では、おびえたような表情が目につきます。
こういう時こそ、積極的にならないと。
バレンティン選手はセンターフライで3アウト

6回、大下投手続投 連投の上、ロングリリーフで好投しています。
先頭の野間選手の打球を西浦選手がファンブルするエラーで出します。
菊池選手が送って1死2塁
丸選手はレフトフライで2死となり、
鈴木選手は四球で歩き2死1、2塁
バティスタ選手をサードゴロに打ち取り無失点で切り抜けます。

6回裏、ヤクルトは三者凡退

7回、秋吉亮投手が登板 サードに宮本選手
先頭の田中選手にライトにヒットを打たれ、1死後、2盗を許し、
曾澤捕手のセカンドゴロで2死3塁
代打の松山選手をセカンドゴロに打ち取り無失点に抑えます。

7回裏、広島は一岡投手が登板
代打の上田選手、途中出場の宮本選手が倒れ2死後、
坂口選手がショート内野安打で出ます。
青木選手は空振り三振で3アウト

8回、秋吉投手続投 マスクは中村悠平捕手
三者凡退に抑えます。

8回裏、広島はフランスワ投手が登板
山田、バレンティン、雄平選手が三者連続三振
山田選手は今日4タコ2三振。打率は.311まで下がりました。

9回、秋吉投手続投
鈴木、バティスタ選手に連打され無死1、2塁

ここで、ヤクルトは中澤投手に交代
田中選手の送りバントを、中澤投手は好フィールディングで3塁へ送球して1死1、2塁
小窪選手は空振り三振、曾澤捕手は四球で2死満塁となりますが、
代打の新井選手をライトフライに打ち取り無失点に抑えます。

9回裏、広島は中崎投手が登板
西浦、大引選手が倒れ、
最後は中村捕手がショートゴロに倒れゲームセット

ヤクルトは広島に3-7で敗れ、神宮で、このカード3連敗を喫し、
借金1となりました。


まあ、今日は先発の石川投手の不出来がすべてでしょう。
スピードがない上に、真ん中付近に甘い球ばかりを投げ、
カープ強力打線に打たれるべくして打たれました。
結果的には、もっと早く交代でよかったでしょうね。

あとを継いだ大下佑馬投手が、連投の上にロングリリーフで好投しました。
3回途中から6回まで投げ、カープ打線をノーヒット0点に抑えました。
ナイスリリーフ、先発でもよかったくらいですね。
e0222575_10245680.jpg


秋吉、中澤投手もピンチはありましたが無失点。

打線は、7点援護をもらった戸田投手の突如の乱調から、
3回裏に3点取るのがやっと。

戸田投手降板後、3回途中から投げたアドゥワー一岡ーフランスワー中崎投手に
無失点リレーに抑えられました。

打線は5安打で3得点
バレンティン選手が2点タイムリーヒット
雄平選手がタイムリーヒットの計3点でした。

カープ打線は、この3連戦で、
クリーンナップの丸、鈴木、バティスタ選手がすべてホームランを打っています。
ヤクルトは主軸に一発なし。2番の青木選手に3ランが出た1本のみでした。
一発の力に大きな差を感じた3連戦でしたね。

特に、山田哲人選手の冷え方が心配ですね。
広島3連戦は得意の神宮でホームランなし、
ヒットも3試合でシングルヒット2本のみ。
チャンスに打てず、12打数2安打打点0の惨状
打率は.311まで下がりました。

マジな話し、山田くんが3割を切りそうになったら、ベンチはどうするんでしょう?
今の状態じゃ、4打数1安打もきつそう。

ただ、CS争いの中、トリプルスリーのために、
今後、休ませるっていうのは、不本意なことですし、
本人は、意地でも出るって言うでしょう。

山田くんを見に来るお客さんがいるから、試合に出るという気持ちは尊重したいですが、
三振や凡退ばかりする山田くんなら、正直、私は見たくありませんけどね。
去年1年が、そういう1年間だったので、私は神宮から足が遠のきました。
そいいう時こそ、神宮で応援するのが本当のファンかもしれませんが、
私は、苦しんでいる山田くんを見るのがつらすぎたんです。

もし、3割が危なくなった場合、
少し休養日を設けるか、試合途中で下げるとかあってもよさそうですけどね。
今日なんかは、そういう試合だったかもしれません。

2016年も死球後、9月の打率は市外局番と超低打率となり、
2度目のトリプルスリーに向け、3割キープが出来るかどか随分心配しましたが、
今シーズンも再び同じ心配をしなきゃいけなくなりそうです。
火曜日には、とりあえず1本でも打って、少し安心させてほしいですね。

ヤクルトは甲子園で阪神に3連勝したかと思ったら、神宮で広島に3連敗
やはり、広島の強さは抜きんでていますね。
強さを改めて思い知らされた3連戦でした。

by misty2011 | 2018-09-02 21:17 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011