ブキャナン6回7失点の乱調★3-9で大敗!さすがに3試合連続逆転はならず

神宮で中日ドラゴンズに2試合続けて逆転勝ちした東京スワローズ
今日も勝って3連勝を決めたいですね。

3戦目の先発は、ヤクルトが中5日のブキャナン投手、中日は吉見一起投手
今日は、大引啓次選手が6番サードに入り、西浦選手は7番に下がりました。


試合経過は ニッカンスコア

初回、ブキャナン投手は平田、大島、ビシエド、アルモンテ選手に4安打浴び、
早々と2失点。0-2
さらに、高橋周平選手のショートゴロ併殺崩れの間に
3塁ランナーが生還して0-3


1回裏、先頭の坂口選手が2塁打
青木選手がライトへタイムリーヒットを放ち1-3
山田選手はショートゴロで1死1塁から、吉見投手の暴投で2塁へ進みます。
2死後、雄平選手がライトへタイムリーヒットを放ち2-3と1点差
今日もまた、見逃せばボールの低めの球をヒットにしました。
ナイスタイムリー!
雄平選手にボール球を振るなは通用しません。
独自のストライクゾーンを持っているんでしょう!?

2回、ブキャナン投手は三者凡退に抑えます。

2回裏、1死後、中村捕手がライトへのヒット
ブキャナン投手が送りバントを決め2死2塁
坂口選手は見逃し三振で追加点ならず。

3回2死後、ブキャナン投手はビシエド選手にライトフェンス直撃の2塁打を打たれ、
続くアルモンテ選手にセンター前タイムリーヒットを浴び2-4
ホームインがリクエスト検証されますが、判定通りセーフ
さらに、高橋周平選手にライトオーバーのタイムリー2塁打を浴び2-5
雄平選手の送球エラーの間に3塁へ進まれますが、後続を打ち取ります。

3回裏、1死後、山田選手がレフト線への2塁打で出塁
久々のクリーンヒット!よかったぁ、早めにヒットが出て。
バレンティン選手は四球で1死1、2塁
雄平選手は三邪飛に倒れ2死となり、
続く大引選手のファーストゴロは、
吉見投手とベース上で交錯する形でセーフとなりますが、
リクエスト検証の結果、アウトとなり3アウト
結果的にはアウトでしたが、吉見投手が転んでいる間に、
山田選手はホームに走っていませんでした。

4回、ブキャナン投手は三者凡退に抑えます。

4回裏、ヤクルトは三者凡退

5回1死後、ブキャナン投手は大島選手に四球を与えますが、
4番、5番を打ち取ります。

5回裏1死後、青木選手がレフトフェンス直撃の2塁打
山田選手は背中への死球で1死1、2塁。
今季3個目の死球ですが、そのうち吉見投手から2個目の死球
バレンティン選手は内野フライで2死となり、
雄平選手はセンターフライで3アウト

6回1死後、ブキャナン投手は福田永将選手にバックスクリーン右にソロ弾を運ばれ
2-6と4点差に

松井雅捕手にも右中間への2塁打を浴び、
2死後、平田選手にライトへタイムリーヒットを打たれ2-7

6回裏、中日は福谷投手が登板
ヤクルトは三者凡退

7回、ヤクルトは中澤雅人投手が登板
1死後、大島選手にレフト前ヒットを打たれると、
ヤクルトは秋吉亮投手に交代
大島選手に2盗され、ビシエド選手はサードゴロで2死2塁
アルモンテ選手は四球で2死1、2塁から、
高橋周平選手に右中間へのタイムリー2塁打を浴び、二者生還して2-9
果たして7点ビハインドから逆転なるでしょうか?ちと厳しい。

7回裏、中日はロドリゲス投手が登板
1死後、坂口選手がセカンド内野安打で出塁
青木選手はファーストゴロ併殺打で3アウト

8回、ヤクルトは中尾輝投手が登板
ファーストに武内、センターに上田選手が入ります。
2死後、平田選手にレフトへヒットを打たれます。3安打
調子がいい選手は初球から迷いなく振ってきますね。
京田選手は三振で3アウト

8回裏、中日は祖父江投手が登板
死球後の山田選手、ここでもう1本ヒットが欲しいですね。
しかし、センターフライ。スイングが別人のように遅いですね。
解説の谷繁さんは、疲れが取れたらと話していますが、
フルに出ていますからね。
平田選手は1日お休みしたら元気いっぱい。鈴木誠也選手もそうでしたね。
山田くんも丸一日くらい休養日にしてほしいですけどね。
バレンティン、雄平選手も倒れ3アウト

9回、ヤクルトは大下佑馬投手が登板
セカンドに宮本選手、レフトに三輪ちゃん
山田くんを、ようやく下げてくれました。
大下投手はクリーンナップをきっちり三者凡退に抑えます。

9回裏、中日は佐藤優投手が登板
先頭の大引選手がセンター前ヒット。代走は廣岡選手
西浦選手もセンター前ヒットで続き無死1、2塁
代打の大村選手はレフトフライで1死
上田選手はサード内野安打で1死満塁
ここで、武内晋一選手がライトフェンス直撃のタイムリーヒットを放ち3-9
あわや満塁弾かと思いました。
しかし、あの打球で一人しかホームインしていません。
なおも1死満塁で、宮本選手は空振り三振で2死となり、
最後は三輪選手がセカンドゴロに倒れゲームセット

ヤクルトは3試合連続の逆転とはならず、3-9で中日に大敗しました。

先発のブキャナン投手は、中5日ということで、私は試合前から不安でした。
初回にいきなり3失点して、3回と6回にも2失点
6回を投げ10安打で7失点と散々な出来でした。これで9勝10敗目

去年もそうですが、夏以降、パフォーマンスガクンと落ちて、
それ以降、上向くことがありません。
もちろん、打線の援護で勝っている試合もありますが、投球内容はよくありません。
日本の夏、とりわけ今年は酷暑だったので、2年目でも対応しきれてないんでしょうね。
今後も、ある程度の失点はあるでしょう。
先発の柱としては不安要素が大きいですね。

e0222575_2124792.jpg


2番手の中澤投手と3番手の秋吉投手もそれぞれ1失点
中尾投手はランナーは出しましたが無失点。ただ、あまりいい状態ではありません。
大下投手はクリーンナップをしっかり抑えました。
今日投げさすのが勿体ないくらい。

打線は、初回に2点取って、それ以降0が並び、最後は9回に粘って1点かえすのがやっと。
11安打放ちながら3得点
何度も対戦している吉見投手を、今日も捉えきれませんでした。

坂口選手がマルチ
青木選手はマルチで1打点
雄平選手がタイムリーの1打点
9回に武内選手がタイムリーヒットの1打点。好調です。

山田選手は2塁打が出て3打数1安打1死球で打率は.311
バレンティン選手はノーヒットで、
今日、丸選手が33号34号を放ち、ついに抜かれました。
ホームラン王のタイトルがヤバいですね。

今日は7点差があって、さすがに最後は主力をほとんどベンチに下げましたが、
まあ、こういう日があってもいいでしょう。
大敗だったので、勝ちパターンの投手陣がお休みできて何よりよかったです。

明日からはハマスタで横浜DeNAとの3連戦
初戦、原樹理投手の好投を期待しています。

by misty2011 | 2018-09-06 21:56 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011