ヤクルトわずか3安打、9回宮本の犠飛で同点に追いつくも、延長12回1-1の引き分け

敵地・東京ドームで3位の読売ジャイアンツに先勝した東京ヤクルトスワロ―ズ
これでゲーム差は2.0となりました。
今日も勝って、さらに2位固めと行きたいものです。

2戦目の先発は、巨人が吉川光夫投手、ヤクルトはブキャナン投手
スタメン5番ファーストは今日も畠山選手
雄平選手は下半身のコンディション不良で、昨日からスタメンを外れています。
どんな状態か心配ですね。

選手公示では、川端慎吾選手が上がってきて、三輪正義選手が抹消されました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、ヤクルトは青木、山田選手が連続三振に倒れるなど三者凡退

1回裏、ブキャナン投手は先頭のゲレーロ選手にセンターへの大飛球を打たれますが、
青木選手がフェンス際でジャンプいちばんナイスキャッチ
後続も抑え三者凡退に抑えます。

2回表裏、両チームとも三者凡退

3回表裏も両チーム三者凡退
両投手、テンポよく投げ込みノーヒットピッチングが続いています。

4回、ヤクルトは1番からの打順もすべて内野ゴロで三者凡退
吉川投手はストレートがキレキレ、変化球との緩急もあって、打てそうにありません。

4回裏、ブキャナン投手は先頭のゲレーロ選手を死球で出します。
重信選手は送りバント失敗で1死1塁
このあと、中村捕手が重信選手の2盗を刺し2死となりますが、
坂本選手に四球を与え2死1塁
岡本選手をショートゴロに打ち取り3アウト

5回1死後、畠山選手が四球で歩きます。ヤクルトは初めてのランナー
大引選手はサードゴロで2塁フォースアウトとなり2死1塁
1塁セーフがリクエストとなり、検証の結果も判定通りで2死1塁
西浦選手はショートゴロで3アウト

5回裏、ブキャナン投手は、先頭のマギー選手に、レフトスタンドに
20号ソロ弾を放り込まれ先制されます。0-1

両チーム初ヒットがホームランとなり均衡が破れました。
亀井選手に四球を与えますが、1死後、小林捕手をセカンドゴロ併殺打の打ち取ります。

6回表裏、両チームとも三者凡退

サクサク試合が進み、午後7時半前に7回表を迎えます。
先頭の青木選手がチーム初ヒットのレフト前ヒットで出ます。ノーノー阻止!
山田選手はピッチャーライナーで青木選手は1塁へ戻れず
ダブルプレーで2死ランナーなし
捉えた打球でしたが、吉川投手のグラブに収まりました。アンラッキー
バレンティン選手は四球で歩きますが、畠山選手はセカンドフライで3アウト

7回裏2死後、ブキャナン投手はマギー、亀井選手に連打され、2死1、2塁
2塁代走は吉川大樹選手
田中俊太選手はセカンドゴロで3アウト

8回、巨人は今季初登板の畠世周投手に交代 こちらの方がまだ打てそう?
先頭の大引選手がレフト前ヒット 代走に廣岡選手
西浦選手は送りバント失敗でランナー進めず1死1塁
代打の雄平選手はセンター前ヒットで1死1、3塁
今日1軍に上がってきた代打の川端選手は空振り三振で2死となり、
坂口選手も空振り三振で得点ならず。

8回裏、ヤクルトはハフ投手が登板
2死後、ゲレーロ選手に四球を与え、重信選手にセンター前ヒットを打たれ2死1、2塁
ここで、ヤクルトは梅野雄吾投手に交代
坂本選手を空振り三振に仕留め得点を許しません。ナイスリリーフ!

9回、巨人は山口俊投手が登板
1点を追うヤクルトは、先頭の青木選手がライトフライ
山田選手は死球で歩きます。
左の肘付近ですが、ひじ当てをつけているので大丈夫そう。
バレンティン選手も四球で歩き1死1、2塁
畠山選手も四球で1死満塁
山口選手、ああ見えてビビりですからね、逆転のチャンスです。
ここで、ヤクルトは廣岡選手に代わり宮本丈選手を送ります。
宮本選手はセンターへ犠牲フライを運び、ついに1-1の同点に!
この回、ノーヒットで同点に追いつきました。


e0222575_10564674.jpg


なおも2死1、2塁で、西浦選手はファーストゴロで3アウト、1点どまり。

9回裏、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
三者連続三振に斬って取ります。

10回、巨人は中川皓太投手が登板
雄平、上田、井野選手が三者連続三振

10回裏、ヤクルトは中澤雅人投手が登板
先頭の田中俊太選手は叩きつける打球でセカンド内野安打
小林捕手が送って1死2塁
ヤクルトは、ここで秋吉亮投手に交代
途中出場の陽岱鋼選手はレフト前ヒットで1死1、3塁

ヤクルトは中尾輝投手に継投
阿部慎之助選手をピッチャーゴロに打ち取り2死2、3塁
ダブルプレーが取れましたけどね。1塁へ送球しました。
つづく代打・石川慎吾選手を三振に仕留め無失点で切り抜けます。

11回、巨人は上原浩治投手が登板
先頭の青木選手は空振り三振
山田選手はセンターフライ。今日4タコ1死球で打率は.312
バレンティン選手はセカンドフライで3アウト。
う~ん、上原選手を打てませんかね?

11回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
1死後、岡本選手は四球、
吉川大樹選手の送りバントを石山投手が2塁へ送球して封殺し2死1塁
亀井選手を三振に仕留め3アウト

12回、巨人は池田駿投手が登板
武内、宮本、西浦選手が三者凡退
ヤクルトの勝ちはなくなりました。

12回裏、石山投手が2イニング目も続投
いやいやご苦労様です。
先頭の田中俊太選手のファーストゴロを武内選手が後逸するエラーで出します。
うわ~、またやらかしました。
小林捕手は送りバントを打ち上げ1死1塁
巨人もやらかしてくれました。
陽岱鋼選手は見逃し三振で2死となり、
代打・大城選手にレフト前にヒットを打たれ2死1、3塁
最後は、代打の宇佐美選手はセカンドゴロ
山田選手が弾きますが、1塁アウトで試合終了
ふ~っ、アウトになってよかった。心臓に悪すぎ~!

延長12回、両チーム総力戦の末、1-1の引き分けに終わりました。

引き分けたのは2位のヤクルト的にはよかったのかもしれませんが、
どっちもどっちの譲り合いで、なんとも言いようのない引き分けでした。

先発のブキャナン投手は、吉川光夫投手との息詰まる投手戦を、
よく耐えて投げました。
7回まで投げ3安打1失点で、マギー選手のソロ弾の1失点のみ

9回には山口俊投手を攻め、四死球から宮本選手の犠牲フライで、
ノーヒットで土壇場で1-1に追いつきます。

延長に入ってからは、両チーム決め手に欠け、
勝ちがなくなった12回も石山投手を回またぎで続投させ、
味方エラーからピンチを招きますが、辛くも引き分けに終わりました。

負けなくてよかったものの、石山投手が2イニング36球も投げて勝てなかったのは、
明日使えないことを考えると痛いですね。

打線は12回を戦ってわずか3安打。これでは勝てません。
好投の吉川光夫投手からは青木選手の1安打のみでした。

畠投手から2安打して作った8回のチャンスに、
川端、坂口選手で得点できなかったのが残念です。

投手陣は、ブキャナン投手のあと、ハフー梅野―近藤ー中澤ー秋吉ー中尾ー石山投手と
よく無失点に抑えてくれました。お疲れさまでした。
残るは大下投手のみでした。

あと、毎度ですが、ランナーに代走を出すなどすぐ交代させるので、
回が進むにつれ、期待できる打者がいなくなるのは困ったものですね。
最後は野手は大村選手しか残っていませんでした。

今日は投手陣が総動員で投げたので、明日は打線が仕事をしてください!

by misty2011 | 2018-09-12 22:22 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011