山中好投で2勝目☆6-4、7回失策から追いあげられるも逃げ切る!山田くんは一度休ませて

甲子園での阪神との初戦は、原樹理投手の投打にわたる活躍で快勝し、
貯金が2となった東京ヤクルトスワロ―ズ

2戦目の先発は、阪神が青柳晃洋投手、ヤクルトは山中浩史投手
今日はバレンティン選手がスタメンから外れ、4番は雄平選手
5番にファースト川端選手が入り、6番サード宮本選手、先発マスクは中村捕手と
大幅にいじってきました。
バレンティン選手は、青柳投手が右のサイドスローなので休養日にしたんでしょう。
出来れば、山田哲人選手もどこかで休養日を取ってほしいですけどね。
ここまでは試合前に書きましたが、
手痛い失策をやらかした試合後は、もっとその思いが強くなりました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、ヤクルトは三者凡退
山田選手は、際どいコースでしたが外スラを見逃し三振。
今日は初球のインスラから腰が引けています。

1回裏、先頭の糸原選手に左中間への2塁打を打たれます。
植田選手は送りバントで1死3塁
大山選手のショートゴロで、3塁ランナーが生還して0-1と先制を許します。
糸井選手もライト前ヒットで2盗を決め2死2塁
陽川選手は空振り三振で3アウト。1点で済みました。

2回、先頭の雄平選手がライト前ヒット
川端選手は見逃し三振
宮本選手はレフトへのヒットで1死1、2塁。ナイスバッティング!
西浦選手は空振り三振で2死
ここで、中村捕手がレフト前にタイムリーヒットを放ち1-1の同点に
真ん中付近に浮いたスライダーの失投を捉えました。ナイスバッティング!
2死1、3塁となり、山中投手は粘りますが見逃し三振

2回裏、山中投手は三者凡退に抑えます。

3回、先頭の坂口選手は1塁ナバーロ選手の好守に阻まれ1死
青木選手は右中間への2塁打で出ます。
山田選手はレフトオーバーのタイムリー2塁打を放ち2-1と勝ち越します。
スライダーが真ん中に入ってきました。
あと、レフトの拙守にも助けられました。
2死後、川端選手がライト前にタイムリーヒットを放ち3-1

3回裏、山中投手は先頭の青柳投手にヒットを打たれますが、
糸原選手はピッチャーライナーでダブルプレー
後続も打ち取り3アウト

4回1死後、中村捕手が四球で歩き、山中投手が送って2死2塁
坂口選手は四球で歩き2死1、2塁
青木選手はセカンドゴロで追加点ならず。

4回裏2死後、山中投手は陽川選手に四球を与えますが、
ナバーロ選手をセカンドゴロに打ち取ります。

5回、先頭の山田選手がセンター前ヒットで出ます。今日マルチ
しかし、盗塁する気配はなし
雄平、川端、宮本選手が倒れ3アウト

5回裏、山中投手は先頭の伊藤隼太選手にセンター前ヒットを打たれ、
送りバントで1死2塁
青柳投手はショートゴロで2死2塁
糸原選手もショートゴロに打ち取り3アウト

6回1死後、中村捕手がセンター前ヒット。今日マルチ
山中投手は送りバントを決め2死2塁
阪神はここで岩崎投手に交代
坂口選手は見逃し三振で追加点ならず。

6回裏、山中投手は三者凡退に抑えます。

7回、岩崎投手続投
青木選手はセカンドゴロ
山田選手は四球で歩きます。
雄平選手はセンター前ヒットで無死1、2塁
川端選手はレフト前ヒットで1死満塁
ここで、ヤクルトは代打バレンティン選手登場
バレンティン選手は初球を打ってセンター前タイムリーヒット
4-1とリードを広げます。
 代走は大引選手
バレンティン選手118打点、山田選手は今日2得点で118得点(訂正)
なおも1死満塁で、西浦選手もサードグラブを弾くタイムリー内野安打で、
二者生還して6-1


7回裏、山中投手続投 サードに大引選手
先頭の陽川選手にレフトへのヒットを打たれ、
1死後、伊藤隼太選手の何でもないセカンドゴロを
山田選手が後逸するエラーで1死1、3塁のピンチを招きます。
併殺になるところで、痛すぎるエラーをやらかしました。これで12失策
山田くん、疲れがあるにしても、言い訳できない不注意ミスでした。
梅野捕手はサードゴロで、その間に3塁ランナーが生還して6-2
代打の鳥谷選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ6-3

雲行きが怪しくなってきました・・・。

ヤクルトはハフ投手に継投して、糸原選手をセカンドゴロに打ち取り3アウト
しかし、山田くんのエラーから、ブルペン陣に負担をかけることに。
懲罰交代でもいいくらいですが、代わりがいません。
下から奥村選手でも上げて下さい。
疲れているのは確かですが、だからと言って致命的なミスは擁護したくても出来ません。

8回、阪神は桑原投手が登板
先頭の坂口選手が四球で歩きます。
青木選手はセカンドフライ
山田選手は空振り三振で2死
以前なら、ミスのあとはバットで取り返していましたが、その覇気もなし。
雄平選手はセカンドゴロで3アウト

8回裏、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
1死後、大山選手にヒット、糸井選手に2塁打を打たれ1死2、3塁から
陽川選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ6-4
原口選手に死球をぶつけ1死満塁のピンチ
伊藤隼太選手はショートフライに打ち取り2死満塁
梅野捕手はショートゴロで3アウト。
ヒヤヒヤしましたが、何とか1点でしのぎました。
近藤投手は球団最多タイの34ホールド、球団新の40HPをマーク

9回、阪神は藤川投手が登板
1死後、大引選手がセンター前ヒットも、
後続が連続三振に倒れます。

9回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板 1塁に武内選手
1死後、糸原選手にレフト前ヒットを打たれます。
俊介選手はセカンドゴロで2死2塁。2塁に打球が行くとドキッとします。
最後は大山選手を見逃し三振に斬って取りゲームセット

ヤクルトが6-4で阪神に連勝し、
前のカードから引き分けを挟んで4連勝、貯金は3となりました。


一時は6-1と楽勝ペースでしたが、
山田選手のトンネルエラーから追いあげられヒヤヒヤしましたが、
何とか逃げ切れてよかったです。

先発の山中浩史投手は7回途中まで投げ3失点(自責は1)で2勝目をあげました。
おめでとうございます。
山田くんが併殺に仕留めていれば、7回は0点で終わっていました。
その後のブルペン陣の起用の仕方も違っていたと思います。

e0222575_15273117.jpg


8回には、投げる予定ではなかった?近藤投手がピンチを招き、
追いつかれるんじゃないかと、山中投手はベンチでドキドキだったと思います。
心配をかけて申しわけありませんでした。

まあ、とにかく勝ってよかったです。
もし、同点に追いつかれたり、逆転までされたら、
山田くんへのヘイトは凄いことになっていたと思うと、ぞっとします。
本人だけじゃなく、私まで救われた気分です。

打線は13安打で6得点
1点先制されますが、2回に下位打線がつながり中村捕手のタイムリーで同点
3回には、青木、山田、川端選手の3本のヒットで3-1と勝ち越します。
7回にも四球と4本のヒットを集め3点追加して6-1
楽勝ムードでしたが、7回の山田くんのエラーから追いあげられ、
8回には2点差まで詰め寄られます。
最後は石山投手が0点に抑え逃げ切りました。
これで石山投手は29セーブ、ご苦労様です。

山田哲人選手がマルチヒットで1打点
川端選手もマルチヒットで1打点
バレンティン選手が代打で一振りのお仕事で1打点
西浦選手が2打点
中村捕手がマルチヒットで1打点でした。

せっかく山田くんが久々のタイムリーなどマルチヒットでしたが、
大きなエラーをやらかしたので、私は勝っても喜ぶ気分になれませんでした。

試合に出ずっぱりで、セカンドでトリプルスリーをやって、
やはり疲れがピークなんでしょう。
CSに向け、ここらで、一度休養日をとらせてあげても良さそうに思いますね。
ベンチにお願いしたいです。
今日はエラーをやらかし、疲れた体に、さらに気持ちの上でも追い討ちをかけたでしょうね。
山田くんの疲れた表情を見ると、こちらまでどっと疲れが出ます。

明日は神宮に戻って広島カープ戦
高橋奎二投手が、カープ打線にとんなピッチングをするか楽しみにしています。

by misty2011 | 2018-09-15 18:27 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31