広島3連覇!優勝決定戦で、2位ヤクルトがこんな無抵抗大敗とは情けない★0-10

ナゴヤドームで中日に3連勝した東京ヤクルトスワローズは、
今日からマツダスタジアムで広島カープとの3連戦
順調なら、既に優勝が決まっていたはずですが、連日、お預け状態が続く広島カープ
この3連戦で、果たしてヤクルトナインの目の前で胴上げとなるでしょうか?

初戦の先発は、広島が九里亜蓮投手、ヤクルトはブキャナン投手
スタメンは6番サードに大引選手が入りました。

選手公示では、石川投手が抹消され、西田明央捕手が上がってきました。

初回、ヤクルトは三者凡退
青木選手はファールで粘って15球目を打ってファーストゴロでした。

1回裏、ブキャナン投手は先頭の田中広輔選手にヒットを打たれ、送りバントで1死2塁
丸選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ先制されます。0-1
鈴木選手は四球で1死1、2塁から、
松山選手の打球はショート手前でイレギュラーして高く跳ね、
センターへ抜けるタイムリーヒットとなって0-2

1死2、3塁から野間選手にピッチャーへのタイムリー内野安打を打たれ0-3
さらに、曾澤捕手にもレフト前タイムリーヒットを打たれ0-4
安部選手にはセンター犠牲フライを運ばれ0-5
九里投手は三振でようやく3アウト
しかし、初回に打者一巡、5安打され一挙5失点とは・・・。

2回、ヤクルトは三者凡退

2回裏、ブキャナン投手は、丸、鈴木選手にヒットを打たれますが、
無失点に抑えます。

3回、ヤクルトは三者凡退。
九里投手に、3回までパーフェクトに抑えられています。

3回裏2死後、ブキャナン投手は安部選手にヒットを打たれますが、
九里投手は三振で3アウト

4回、マツダスタジアムは雨が降ってきました。
二巡目に入り、先頭の坂口選手がセンター前ヒット
青木選手はライト前ヒットで無死1、3塁
山田選手は四球で歩き無死満塁
バレンティン選手は1塁フライで1死満塁
雄平選手はショートゴロ併殺打で3アウト
無死満塁から1点も奪えません。

4回裏、ブキャナン投手は1番からの打順を三者凡退に抑えます。

5回1死後、西浦選手が死球で出ます。
中村捕手はセカンドゴロ併殺崩れで2死1塁
ここで代打・村上選手を送りますが、ピッチャーゴロで3アウト

5回裏、ヤクルトはハフ投手が登板
先頭の鈴木選手がショート内野安打
5点差で4番バッターがヘッドスライディングで内野安打となりましたが、
ケガのリスクを考えると、やることではないでしょうね。
松山選手はセンターフライ
1死後、野間選手にライトへのタイムリー3塁打を浴び0-6
2死後、安部選手は申告敬遠で、2盗して2死2、3塁
九里投手投手は見逃し三振で3アウト

6回、ヤクルトは1番からも三者凡退
山田選手は、今日もまた低めボール球を振って空振り三振、116個め
選球眼もおかしいし、バットに当たらなさすぎ。

6回裏、ヤクルトは中尾投手が登板
先頭の田中選手にヒットを打たれ、
菊池選手の送りバントを中尾投手が1塁へ悪送球して無死1、3塁
丸選手のファーストゴロで、3塁ランナーが生還して0-7
1死2塁で、鈴木選手に四球を与え、
つづく松山選手にライトへタイムリー2塁打を打たれ0-8
中尾投手、一時は勝ちパターンの投手でしたが、
今や、敗戦処理もままならないとは悲しくなります。

7回、ヤクルトは三者凡退

7回裏、ヤクルトは中澤投手が登板
レフトに比屋根、サードに川端選手
先頭の安部選手にレフトへのヒットを打たれ、
比屋根選手が捕れず3塁打になります。
早速、比屋根選手がやらかしてくれました。

1死後、田中広輔選手にタイムリーヒットを打たれ0-9
今度は、青木選手と雄平選手が譲り合う形で追いきれずヒットとなりました。
この二人の右中間の連係は、依然ぎくしゃくしたまま改善されません。
菊池選手はライト前ヒットで1死1、2塁
丸選手にライト前にタイムリーヒットを打たれ0-10

8回、ヤクルトは三者凡退

8回裏、ヤクルトは風張投手が登板
センターに上田選手、マスクは西田捕手
先頭の野間選手にライト前ヒットを打たれ、
2死後、代打のバティスタ選手にセンターへ大飛球を打たれますが、
上田選手がフェンス際で捕球して3アウト

9回、広島は10点リードで中崎投手が登板
坂口選手からの攻撃も2死となり、
最後は山田選手が空振り三振でゲームセット
このシーンはスポーツニュースなどで何度も流されるので、
山田くんには何とか打ってほしかったですが、悔しい終わり方となりました。

広島東洋カープが10-0でヤクルトに圧勝し、
セ・リーグ3連覇、そして27年ぶりとなる本拠地での優勝を決めました。
いやいや強かったですね。おめでとうございます。

広島は胴上げに手間取り、今日はそのうっぷんを晴らすかのように打ちまくりましたね。

ヤクルトは、これだけ大敗すると、
たとえCSでカープと対戦しても、歯が立たないのではないでしょうか?
大瀬良投手は打てず、九里投手も苦手で、一方、ヤクルト投手陣は打たれまくり。

今日だって、負けるにしても、もう少し抵抗できなかったものでしょうか?
ヒットは坂口、青木選手のわずか2安打。
打たれたヒットは17安打で10得点・・・、ひどい試合でした。

ことカープ戦に限っては、負け犬根性が染みついているようで、
淡々とアウトを重ねるだけ。情けない限りです。
CSを見据えて、少しでもヤクルトは簡単な相手ではないぞという試合を
見せてほしかったと思います。

e0222575_21334617.jpg


あと広島戦は2試合残して、対戦成績は5勝18敗
ヤクルトは2位とは言え、広島に最も負け越しているチームです。
どう広島と戦うか、来季への大きな課題となりましたね。
目の前で緒方監督の胴上げを見て、
ベンチも選手たちも、改めて悔しい思いがあったと思います。
その悔しさを来季にぶつけてほしいですね。

さてと、明日は二日酔いのカープナインに負けるわけには行きません。
ヤクルトの意地を見せてください。

by misty2011 | 2018-09-26 21:35 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31