CSファーストステージ初戦、小川で落とす★1-4、打線が冷え冷え、わずか4安打

いよいよ今日から神宮でクライマックスファーストステージが始まりました。
セ・リーグ2位の東京ヤクルトスワロ―ズと3位の読売ジャイアンツが、
優勝した広島カープへの挑戦権を勝ち取るべく戦います。

初戦の先発は、ヤクルトが巨人キラーの小川泰弘投手
巨人は、エース菅野投手が初戦を回避し、左腕の今村信貴投手の先発

スタメンは、4番までシーズン終盤と同じで、
1番センター坂口、2番山田、3番バレンティン、4番雄平選手
以下、5番サード大引、6番ファーストに荒木、7番ショート西浦選手と続きます。
スタメンマスクは中村悠平捕手

左太ももを痛めている青木宣親選手は、本日付で上がってきましたがベンチスタート
無理はさせられません。
しかし、寒いですね。
寒がりの山田くんがバットまで冷えないかと心配です。

試合経過は ニッカンスコア

初回、小川投手は1死後、田中俊太選手に四球を与え、2盗を許します。
マギー選手にライトオーバーの2塁打を打たれ、1死2、3塁
田中選手の走塁ミスに助けられました。
しかし、このあと岡本選手にライトへ犠牲フライを運ばれ
1点先制されます。0-1

打たれたことより、田中選手への四球が悔やまれますね。

1回裏2死後、バレンティン選手が粘って四球で歩きますが、
雄平選手が初球を打ってファーストゴロに倒れ3アウト

2回、小川投手は三者凡退に抑えます。

2回裏、先頭の大引選手が四球で出塁
荒木選手はサードゴロ進塁打で1死2塁
西浦選手はショートゴロで2死2塁
ここで、中村捕手がセンターオーバーのタイムリー2塁打を放ち
1-1の同点に!
 ナイスバッティング、ムチョー!
前進守備の頭を越えて行きました。

3回1死後、小川投手は坂本勇人選手にソロ弾を浴び1-2と勝ち越されます。
外の低めを泳ぎながらもレフトスタンドまで運ばれました。
失投というよりは、打った方が上手かったですね。

田中俊太選手にもレフト前ヒットを打たれますが、
後続を打ち取ります。

3回裏、先頭の坂口選手がショート内野安打で出塁
山田選手はセカンドゴロ併殺打で2死ランナーなし
バレンティン選手はセンターへの大飛球でしたが、あとひと伸び足りず3アウト

4回、小川投手は三者凡退に抑えます。

4回裏1死後、大引選手が四球で歩きます。
荒木選手はショートゴロ進塁打で2死2塁
西浦選手は空振り三振で3アウト

5回、小川投手はこの回も三者凡退に抑えます。

5回裏2死後、坂口選手がレフト線への2塁打で出ます。
ここで、巨人は何と上原浩治投手に継投
山田哲人選手は甘いストライクを2球見逃して、最後はボール球を空振り三振。
こういう所なんですよね、積極性のなさがCSでも。
今日はブレーキの山田くん
負けたら叩かれるでしょうね。憂鬱だわ・・・。

6回、小川投手はファースト荒木選手の好守もあって2死となり、
岡本選手に四球を与えますが、阿部慎之助選手をセンターフライに打ち取ります。

6回裏、上原投手続投
バレンティン選手は捕邪飛、雄平、大引選手は空振り三振
上原選手の球はどうってことないですが、気合負けしている感じです。

7回、小川投手は先頭の長野選手に三週間を抜けるヒットを打たれます。
陽岱鋼選手にセンターへのタイムリー2塁打を打たれ、
エンドランで1塁から長野選手が一気にホームインして1-3

痛い追加点を奪われました。

小林捕手は送りバントを決め1死3塁
ここで、ヤクルトはハフ投手に交代
代打の亀井選手はセカンド後方へのフライで、
山田選手が背走も捕れず、タイムリーヒットとなり1-4

前進守備だったので難しい打球でしたが、山田くん、ことごとく上手く行きません。

1死1塁で、ヤクルトは梅野投手に交代
坂本選手を空振り三振に仕留め2死1塁
田中俊太選手はショートゴロで3アウト。ナイスリリーフ!

7回裏、巨人は畠投手が登板
先頭の荒木選手がセンター前ヒットで出ます。
西浦選手はセンターフライ、
中村捕手はショートゴロで2死2塁となり、
代打の西田選手は空振り三振で3アウト

8回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
マギー、岡本選手を連続三振に斬って取るなど三者凡退に抑えます。

8回裏、巨人は山口俊投手が登板
坂口選手はセカンドゴロ
山田選手は空振り三振、今日4タコ2三振、あ~ぁぁぁ
バレンティン選手はセカンドゴロで3アウト

9回、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
きっち3人で片付けます。

9回裏、巨人は山口俊投手が続投
雄平選手はサードゴロ、大引選手は三振、
最後は西浦選手がライトフライに倒れゲームセット

CS1stステージ初戦、ヤクルトは1-4で巨人に敗れました。

先発の小川投手は7回途中まで投げ、5安打6奪三振で4失点
レギュラーシーズンでは対巨人戦は8連勝でしたが、
クライマックスでは痛い黒星となりました。
今日はストレートがあまり走ってなく、変化球の切れもイマイチでした。

打線はわずか4安打1得点
坂口選手がマルチ
荒木選手が1安打
中村捕手がタイムリー2塁打の1打点
e0222575_0241259.jpg


4安打では勝てません。

解説の谷繁さんが、今日のポイントは
5回、今村投手から上原投手に継投して、
山田哲人選手を空振り三振に仕留めた場面だと話していました。
あれで巨人に完全に流れが行きましたね。
上原投手の気迫に圧倒されました。

初戦を小川投手で落としたヤクルトはあとがなくなりました。
明日は菅野投手の先発なので、非常に苦しくなりましたね。

ただ、勝ちを計算していた巨人キラーの小川投手で負けたので、
絶対エースの菅野投手にも何が起きるかわかりません。
打線が今日のように冷えていては、どうしようもありませんが、
何とか食らいついて球数を放らせて、そこからチャンスを作りたいですね。

今さら打順は変えないでしょうね?
1番坂口選手は問題ありません。
2番から4番がどう打てるかですね。
特に、今日打てなかった山田、雄平選手に奮起をお願いしたいです。
坂口選手が出塁した場合、
2番の山田選手はケースバッティングがあまり出来ないので、つながりませんね。
そこを何とかしないと!
青木選手のアナがやはり響いています。

明日は負けたら終わりです。それこそ執念を見せて下さい!
原樹理投手の好投を祈っています。

それにしても、気温同様、ヤクルト的にはさむい試合でしたね。

by misty2011 | 2018-10-13 21:48 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011