日本シリーズ4戦目、ソフトバンクが快勝!先に2勝目

福岡ソフトバンクホークスと広島東洋カープとの日本シリーズ2018は
1勝1敗1分けのタイで4戦目を迎えました。

先発はソフトバンクが東浜巨投手、広島は野村祐輔投手

試合経過は ニッカンスコア 

初回、広島は1死後、菊池選手がレフト前ヒットで出ると、
大不振の丸選手が右中間への2塁打を放ち、菊池選手が1塁から一気にホームを狙いますが、
柳田選手から中継に入った2塁の明石選手の好返球でホームタッチアウトとなります。
柳田→明石選手→バックホームの見事な中継プレーでした。
続く鈴木選手は見逃し三振で、先制の好機を潰します。
終わってみれば、今日の試合の流れを決めることになった1回の本塁憤死でした。 
3塁ストップで、4番・鈴木選手に回した方がよかったかもしれませんね。

先制したのは今日もソフトバンク
3回裏2死後、甲斐捕手がヒットで出ると、
上林誠知選手がライトスタンドへシリーズ1号となる2ランホームランを放り込み2点先制!

4回表には鈴木誠也選手が3号ソロホームランを放2-1

その裏、今度はデスパイネ選手が2号ソロ弾を放ち3-1

5回には、甲斐捕手が安部選手の2盗を刺します。
ここまで、広島の足を完璧に封じています。

6回裏、ソフトバンクは広島3番手の今村投手を攻め、
柳田、中村晃選手のヒットで1死1、3塁となり、
代打の長谷川選手がセンター前に抜けるタイムリーヒットを放ち4-1
ショートゴロ併殺コースでしたが、田中選手と菊池選手がお見合いする形となり
打球がセンターに抜けていきました。
カープに痛い守備でのミスが出ました。

ソフトバンクは東浜投手が5回1失点と好投後、
モイネロー武田ー嘉弥真ー森投手が無失点リレーで広島打線を抑えゲームセット

ソフトバンクが4-1で広島に勝ち、対戦成績を2勝1敗1分けとし
ひとつリードしました。

広島はわずか4安打で鈴木誠也選手のソロ弾の1得点のみ
初回の走塁死、5回にはまたも盗塁失敗など、
セ・リーグでは足でかき回して得点するいつものカープ野球が出来ませんでした。
また、守備でも、毎試合のように細かいミスが出て、失点につながっています。

一方、ソフトバンクは初回の外野から内野を中継しての完璧なバックホームで
広島に流れを渡さず、
攻撃では、2本のホームランなどで得点を重ねました。
また、石川投手が離脱で苦しい投手事情の中、
6回からはリリーフ陣が無失点リレーで得点を許しませんでした。
得点は4点ですが、ソフトバンクの強い戦いぶりだったと思います。

広島は初回に丸選手に2塁打が出ましたが、これが得点に結びつかず、
この後、丸選手は3打席凡退しました。まだ、復調とは言えないでしょうね。

ソフトバンクが先に2勝目を挙げた今日の勝利は、
シリーズを戦う上でも大きな1勝でしょうね。

明日は、初戦と同じ先発で千賀投手と大瀬良投手に投げ合いとなります。
広島にとっては、負けると王手をかけられるので、
プレッシャーとしては大瀬良投手の方が大きいでしょうね。
どちらも好投して、いい試合を期待しています。

しかし、甲斐キャノンは素晴らしいですね。
盗塁阻止を見るだけでもワクワクします。
今のところ、甲斐捕手は4-4で、しかも、すべて余裕でアウトにしています。
強肩に加え、投げるまでがとにかく素早くて、送球のコントロールが抜群!
このまま、最後まで盗塁を許すことなくシリーズを終えてほしいです。
これ以外に、髙谷捕手も刺すなどカープの6盗塁すべてをアウトにしています。
日本シリーズでの盗塁阻止の何か記録ってあるんですかね?
交流戦で、その甲斐捕手から盗塁を決めた山田哲人選手は、やっぱり凄い!

                   
by misty2011 | 2018-10-31 23:20 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011