日本シリーズ5戦目、二度目の延長戦は柳田悠岐選手のサヨナラ弾でソフトバンクが王手

日本シリーズは4戦終わり、ソフトバンクホークスが昨夜の4戦目に快勝し、
2勝1敗1分けと一歩リードしました。

5戦目の先発は、両チームとも中4日で初戦と同じ投げ合いとなり、
ソフトバンクは千賀滉大投手、広島は大瀬良大地投手

今日はソフトバンクのデスパイネ選手が左ひざを痛め、ベンチから外れました。

試合経過は ニッカンスコア

先制したのは広島
2回1死後、松山選手がライトフェンス直撃の2塁打
西川選手は四球を選び、安部選手のファーストゴロで2死1、3塁
ここで、曾澤捕手がセンター前にタイムリーヒットを放ち
広島が1点先制!
続く野間選手がライトへのヒットを放ち、
2塁から安部選手がホームに走りますが、ライト上林選手の好返球でホームタッチアウト!
レーザービーム発動で2点目を阻みました。
それにしても、ソフトバンクは強肩ぞろいで守備もいいですね。

追いかけるソフトバンクは4回裏、先頭の明石選手が四球、
グラシアル選手がヒット、柳田選手が四球を選び無死満塁
つづく5番・中村晃選手がセンター前にタイムリーヒットを運び、
二者生還して2-1と逆転します。


5回表、先頭の田中広輔選手がフェンス直撃の2塁打で出塁
1死後、ソフトバンクは千賀投手からモイネロ投手に交代
ここで、丸佳浩選手がシリーズ1号となる2ランホームランをライトスタンドに放り込み
広島が2-3と逆転!

継投が裏目となりました。

5回裏、甲斐、上林選手が連続内野安打で出塁
明石選手が送りバントを決め1死2、3塁
広島は、ここで大瀬良投手からヘルウェグ投手に交代
グラシアル選手は死球で1死満塁
柳田選手はピッチャーゴロで、その間に3塁ランナーが生還して3-3の同点に!

6回表、ソフトバンクは武田翔太投手が登板
2死後、曾澤捕手がレフトスタンドに1号ソロホームランを運び3-4と再び勝ち越します。

6回裏、7回表は両チームともランナーを出しますが得点ならず。

7回裏、前の回から続投のフランスア投手から、
明石健志選手がライトテラス席に1号ソロ弾を放り込み4-4の同点に!
いやいや、フランスア投手から伏兵の一発とは驚きました。
これで、またまた試合はわからなくなりました。

8回表、2死ランナーなしで曾澤捕手を迎えたところで、
ソフトバンクは高橋礼投手から森唯斗投手に継投
見逃し三振に斬って取り3アウト

8回裏、フランスワ投手が続投で三者凡退に抑えます。

9回、森唯斗投手が続投
1死後、田中広輔選手がライト前ポテンヒットで出塁
菊池選手は送りバントで2死2塁
続く今日、ホームランとヒットで2安打の丸選手は、
捉えた打球ながらライト上林選手が追いつき好捕して3アウト
しかし、丸選手が復調してきましたね。

9回裏、フランスワ投手が、この回も続投
先頭の高田選手(今宮選手に代走で途中出場)がファースト内野安打で出塁
途中からマスクを被った髙谷捕手が送りバントを決め1死2塁
ここで、広島は中崎投手に交代
上林選手は申告敬遠で1死1、2塁
明石選手はレフトファールフライで2死となり、
グラシアル選手はサードフライでサヨナラならず。

4-4のまま、今シリーズ2度目の延長戦となります。

10回、ソフトバンクは加治屋選手が登板
先頭の鈴木誠也選手が四球で歩き、曽根選手が送りバントを決め1死2塁
バティスタ選手は空振り三振で2死となり、
安部選手はセカンドゴロで3アウト

10回裏、中崎投手続投
先頭の柳田選手がテラス席に、日本シリーズ自身初となるホームランを放り込み、
ソフトバンクが5×―4でサヨナラ勝ちとなりました。


今日、ヒットがなかったギータが最後に一振りで決めましたね。
さすが4番、千両役者の一発でした。

しかし、ヤフオクドームはホームランがポンポン飛び出し、随分狭く感じますね。
テラス席が出来てからは、神宮より狭いかと思うほどです。

写真は2015年神宮での日本シリーズより柳田悠岐選手と山田哲人選手
e0222575_2362189.jpg


これでソフトバンクは3勝1敗1分けとなり、日本一に王手をかけました。
強いですね。
日本シリーズ・ヤフオクドームでの連勝をさらに伸ばし12連勝となりました。
かたや、広島カープは敵地で3連敗となり、あとがなくなりました。

両チーム、点を取られては取り返す見ごたえのある試合で、
守備も締まったナイスゲームでしたね。
どちらも勝ちへの執念を感じました。

土曜日からはマツダスタジアムに戻ります。
最後まで、いい試合を期待しています。

by misty2011 | 2018-11-01 23:28 | パ・リーグ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011