侍ジャパンvs台湾戦★5-6、9回山田哲人選手の適時打から追いあげるも1点届かず

今日は、侍ジャパン2018日米野球に先立って、福岡ヤフオクドームで
「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」侍ジャパン vs チャイニーズ・タイペイ戦が行われました。

東京ヤクルトスワロ―ズからは、石山泰稚投手が辞退したため、
山田哲人選手ひとりが侍ジャパンに出場となりました。
背番号は代表初の#1をつけることになりました。

侍ジャパンの先発は中日ドラゴンズの笠原祥太郎投手
チャイニーズ・タイペイは江辰晏投手

試合経過は ニッカンスコア

侍ジャパンは先発した笠原投手、
2番手のDeNAの濱口投手とも2イニングを投げ無失点と好投
しかし、5回に3番手で投げた阪神の岩貞投手が3ラン被弾など5安打浴び5失点

侍ジャパンの打線は5回までノーヒットに抑えられます。
出塁したのは初回に四球を選んだ山田哲人選手のみというお寒い打線でした。
6回、ようやく楽天の田中和基選手がチーム初ヒットとなる右中間への2塁打で出塁
田中和選手はレフトの守備でもファインプレーがあって、
初代表で攻守に光るものがありました。
しかし、この回も得点ならず。

8回には楽天の高梨投手がソロホームランを浴び0-6
一方的な展開となりました。

0-6のまま9回まで進みます。
9回裏、先頭の途中出場の田中広輔選手がチーム2本目となるレフトへの2塁打で出ます。
ここで、3番の山田哲人選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち、
侍ジャパンがようやく1点かえします。
山田くん、チーム初適時打で初打点!

このあと、山川選手が三振後、柳田選手がレフトへのヒット、岡本選手は四球で1死満塁
途中出場の甲斐拓也捕手は三振に倒れ2死満塁となりますが、
続く上林選手のピッチャーゴロを相手投手がファンブルするエラーで2点目が入ります。
さらに、田中和基選手が押し出しの四球を選び3-6
なおも2死満塁で、途中出場の西武・外崎選手がセンター前にタイムリーヒットを運び
二者生還して5-6と1点差に迫ります。
しかし、最後は田中広輔選手が空振り三振に倒れゲームセット

侍ジャパンは5-6でチャイニーズ・タイペイに敗れました。

岩貞投手の5失点が大誤算でしたね。
日本は9回こそ反撃しましたが、8回までわずか1安打
さっぱり打てませんでした。
台湾の打者の方が振りが鋭くて、ストレートには強い感じを受けました。
日本は、山田くんを始め試合から遠ざかっている選手も多く、試合勘がイマイチでしたね。

それでも、9回、山田哲人選手が日本の初得点をたたき出し、
そこから打線がつながり一挙5得点
1点差まで追い上げましたが届きませんでした。

侍ジャパンは結局5安打で5得点
それも9回に4安打と、ようやく集中打が出ましたが、如何せん、反撃が遅すぎました。
国際試合は、やはり初見の投手が相手なので、なかなか打てませんね。

また、甲斐捕手が9回には台湾の盗塁王の2盗を刺し、スタンドは大盛り上がりでした。
さすが、甲斐キャノン!見事ですね。

まあ~負けましたが、山田くんが、決して調子が良さそうには見えない中、
タイムリーヒットを打ってくれたので、嬉しかったです。
今日は3打数1安打1打点1得点1四球でまずまずでした。

写真は2017年2月、侍ジャパン宮崎合宿より 当時の背番号は23
e0222575_199927.jpg


山田くんは、シーズン中よりも、フォームがさらに前かがみになっていて、
2015年~2016年前半のような、
背中がまっすぐ伸びた綺麗な立ち姿のフォームでないのは残念ですが、
いろいろ苦しんだ結果、今のようなフォームになったんでしょうね。
バットでタイミングをとって、最後にピタッと決まる感じもなくなっていますね。
これ以降、来シーズンはどんなバッティングフォームになっていくのか注目したいと思います。

山田くんは今日の壮行試合はフル出場でしたが、
日米野球では、菊池選手との併用がどのくらいになるんでしょう?

by misty2011 | 2018-11-07 22:29 | WBC・侍ジャパン

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011