2018日米野球初戦、柳田サヨナラ2ランで侍ジャパンが劇的勝利☆7×-6

今日から東京ドームで日米野球が開幕しました。
東京ドームで3試合、マツダスタジアムで1試合、ナゴヤドームで2試合と
計6試合行われます。

侍ジャパンの先発は楽天の岸孝之投手
今シーズンはパ・リーグ最優秀防御率のタイトルを獲得し、
昨日発表されたゴールデングラブ賞を初受賞しました。
MLBオールスターチームの先発はブルワーズのゲラ投手

侍ジャパンのスタメンは
山田哲人選手が1番DH、稲葉監督お気に入りの菊池涼介選手が2番セカンド
3番は秋山翔吾選手で、侍ジャパンの4番は西武の山川穂高選手
5番は柳田悠岐選手で、以下、岡本、田中和、甲斐、田中広選手と並びます。

試合経過は ニッカンスコア

先発した岸投手は、2回にロサリオ選手にソロ弾を浴びます。
その裏、日本は甲斐捕手がヒット、田中広輔選手が2塁打で無死2、3塁のチャンス
ここで、山田選手はサードゴロでランナー動けず、
つづく菊池選手のショートゴロの間に3塁ランナーが生還して1-1の同点に。

岸投手は、途中、親指から出血しながらも5回途中まで投げ、
ランナーを二人残して交代
2番手の成田投手が、代わりっぱなにサンタナ選手に3ランを浴び1-4となります。

5回裏、甲斐、山田選手がヒット、菊池選手が四球で歩き1死満塁から、
秋山翔吾選手がレフト線へ走者一掃のタイムリー2塁打を放ち4-4の同点に追いつきます。

6回、日本は3番手の岡田投手がソト選手に2ランホームランを浴び
4-6と勝ち越されます。

2点差のまま9回裏、1死後、代打の上林選手がヒットで出て2盗
2死後、山川選手の代打・曾澤選手がセンター前タイムリーヒットを放ち5-6と1点差に!
続く柳田悠岐選手がセンターバックスクリーンに2ランホームランを放り込み、
侍ジャパンが7×―6でMLBに逆転サヨナラ勝ちを決めました。
さすがギータ、土壇場で一発を打つとは凄すぎる~!
日本シリーズに続いて、日米野球でもサヨナラ弾で勝利に導きました。

2点を追う9回裏、先頭の山田選手は粘りますが空振り三振
2番の菊池選手に代打の上林選手を送るとセンター前ヒットで出塁
そして、4番不振の山川選手の代打で曾澤選手がタイムリーヒット
1塁の代走は源田選手
最後は、千両役者・柳田選手の逆転サヨナラ2ラン!
稲葉監督の代打攻勢がズバリ当たりましたね。

やはり、短期決戦は不調の選手にこだわることなく積極的に動いた方がいいようです。
スタメンの打順や山田選手のDHなど、いろいろ不満はありますが、
最後に、ベンチの采配が功を奏しました。

明日からは、おそらく柳田選手が4番に入るのではないかと思われますが、
どうでしょう?

写真は4年前2014年11月16日 日米野球での柳田悠岐選手
4年前はMVPに選ばれました。
e0222575_10405441.jpg


日本の投手陣は、辞退者が相次いだので、
代表としては物足りないような投手も出ていて、
人選が、もう少し何とかならなかったのかと思います。
まあ、お遊びみたいな試合なので、別にどうでもいいと言えばそれまでですが。
それに、この時期に代表に選ばれる投手は罰ゲームみたいな感じもしますね。

メジャー軍団は、パワーはさすがですが、
守備ではエラーもあって、雑なプレーも目立ちました。

山田哲人選手は4打数1安打1四球1盗塁1得点でした。
打球が上がらないので、調子としてはイマイチですね。

2回のチャンスには打てませんでしたが、
5回にはヒットでつないで、秋山選手のタイムリーでホームに生還
また、6回には四球を選んで2盗に成功
モリーナ捕手から余裕で盗塁を決めました。
山田くん以外にも、柳田、上林選手も2盗を決めています。
相手投手がクイックが上手くないので、
いくらメジャー屈指の捕手と言っても、盗塁はそれほど難しくはなさそうでした。

劣勢の試合でしたが、最後に柳田選手が全部持って行きました。
侍ジャパンの中でも、パワーと確実性、そして勝負強さも飛びぬけた存在ですね。
恐れ入りました。

明日は、どんなオーダーになるでしょう?
出来れば、山田選手にセカンドを守らせてほしいですけどね。
動く球に徐々に対応していって、打球が上がることを期待しています。

by misty2011 | 2018-11-09 23:21 | WBC・侍ジャパン

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011