日米野球最終戦☆4-1、侍ジャパン5勝1敗でMLBに圧勝

2018日米野球は今日が6戦目となり、ナゴヤドームで最終戦が行われました。
昨夜は侍ジャパンが逆転勝利して、対戦成績を4勝1敗とし、既に勝ち越しを決めています。

6戦目の先発は、MLBがレッドソックスのブライアン・ジョンソン投手
侍ジャパンは、ホーム中日ドラゴンズの笠原祥太郎投手

スタメン4番には岡本和真選手が入り、山田哲人選手はベンチスタート
これ以上、山田選手が凡打を繰り返す姿を私は見たくないので、
スタメンから外れ、正直ほっとしました。
今日は、心穏やかにテレビ中継が見られそうです。
と、思っていたら、最後に代打で出てきて・・・あ~ぁぁという結果でした。

試合経過は ニッカンスコア

今日は得点シーンが両チームとも1イニングのみ。
ちょっと盛り上がりに欠ける試合となりました。

侍ジャパンは2回、先頭の山川選手が四球で歩くと、
森友哉捕手がセンターへのヒット、
外崎選手はライトへのヒットで無死満塁のチャンス
ここで、源田壮亮選手がライト線への走者一掃のタイムリー3塁打を放ち、
西武勢の3連打で日本が3点先制!
ナイスバッティング!
塁上がすべて西武の選手で、打ったのも西武の源田選手

さらに1死後、菊池選手がセンターへ犠牲フライを運び4-0

MLBは、2回まで先発の笠原投手の好投でノーヒット
3回以降はランナーを出しますが、
笠原投手、2番手の岩貞投手が0点に抑えます。

8回、佐藤優投手から、先頭のアクーニャJr選手が
バックスクリーンにソロホームランを放り込み4-1

ナ・リーグ新人王に待望の一発が出ました。
このあと、佐藤投手は満塁のピンチを招きますが追加点を許しません。

9回表1死後、日本は甲斐、外崎選手が連続四球で歩きます。
ここで、源田選手の代打で山田選手が打席に立ちますが、
最悪のサードゴロ併殺打に倒れ3アウト
最後まで、山田選手は会心のヒットがないまま日米野球を終えました。
山田哲人選手は6試合戦い、19打数3安打2打点、
打率は.158と散々な結果で、言葉がありません。本人は悔しいでしょうね。
今日は代打でも出さないでほしいと私は思いましたが、
最後に、何とか1本打ってほしいというベンチの願いだったのかもしれません??

9回裏は山崎康晃投手が三者凡退に抑えゲームセット

最終戦は、侍ジャパンが4-1でMLBを下し、
2018日米野球は、通算で日本が5勝1敗でMLBに圧勝しました。
おめでとうございます。

最終戦は、モリーナ捕手が一足早く帰国し不在、また主砲のソト選手も出場せず、
メジャー軍団はやや迫力に欠けました。

写真は11月11日東京ドーム
MLBのドン・マッティングリー監督と侍ジャパンの稲葉篤紀監督
e0222575_1112026.jpg


今回来日のメジャー軍団は、スター選手がモリーナ捕手と、
若手の成長株、これからのスター選手候補のソト選手と新人王のアクーニャJr選手が
目玉となったくらいで、全体的には小粒な感じを受けました。
日本側もそうですが、MLB側も出場辞退者が続出だったようですね。

開催の時期的な問題、また、本気度の問題、いろいろあったでしょうね。
イマイチ、盛り上がらなかったような気がします。
まあ、これは山田くんが活躍しなかったので、私の個人的な感想ではありますが。

2018日米野球では、5勝1敗でMLBに圧勝して嬉しいことですが、
ヤクルトからただ一人出場した山田くんが打てず、
活躍できないまま終わってしまったので、
山田くんファンの私としては、
日本の勝利にもろ手をあげて喜べる気持ちにはなれませんでした。

侍ジャパンは、投手陣は使用球が2020年東京オリンピックの公認球と同じ
SSK社製のWBSC 公認球(MLB オールスターチームは MLB 公認球)だったのもあって、
それほど違和感なく投げられていて、好投しました。

打つ方は、ソフトバンク勢と西武ライオンズ勢が、やはりよく打ちましたね。
セ・リーグは広島勢が活躍
いっそのこと、打者は、この3チームの混合チームにしたほうが強いんじゃないかと思いました。

また、国際試合に、すぐ対応できた選手、
山田選手のように最後まで本来の力が出せなかった選手、さまざまでしたね。
来年はプレミア12の大会がありますが、
今回の結果で、山田くんは代表から外れるかもしれませんね。
本人は悔しいかもしれませんが、私はその方がいいと思います。
どうも活躍できるイメージが浮かばないんですよ。
打てなくて叩かれるよりは、選ばれないほうがマシという相変わらずネガティブな私です。
引っ張るだけの打撃では限界があるので、
やはり国際大会では、逆方向へも打てるバッティング技術がないと
厳しいように思います。


3度目のトリプルスリーの偉業を達成した山田選手にとっては、
最後がいい形で終われませんでしたが、これを決して引きずることなく、
来季はまた新たな目標に向かって突き進んでほしいと願います。
ファンにとっては、レギュラーシーズンで活躍してくれることが何より嬉しいことです。

選手の皆様、お疲れさまでした。

by misty2011 | 2018-11-15 22:55 | WBC・侍ジャパン

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011