3/6対オリックスオープン戦☆5-4、村上宗隆選手勝ち越し適時2塁打

東京ヤクルトスワロ―ズは、昨日に続き、
京セラドーム大阪で、オリックスバファローズとのオープン戦2戦目を行いました。

先発は、オリックスが松葉貴大投手、ヤクルトは高橋奎二投手
スタメンには6番ショートで廣岡大志選手が入り、
西浦選手はベンチスタート

試合経過は ニッカンスコア

(スコア表記はヤクルト側から)

初回、坂口選手が粘って四球で出塁すると、
青木宣親選手はセンター前ヒットで無死1、2塁
山田哲人選手はセカンドポップフライでランナー進めず1死
バレンティン選手の打席で、松葉投手の暴投と、若月捕手の3塁悪送球の間に、
坂口選手がホームインして、ヤクルトが相手ミスで1点先制 1-0
バレンティン、雄平選手は三振で1点どまり

坂口選手は若月捕手の送球が左わき腹付近に当たり、
大事をとってベンチに下がり、1塁には荒木選手が入りました。
坂口選手は、その後、ベンチに姿があったので、大丈夫そうです。

ヤクルトは3回には、先頭の塩見選手がサードエラーで出て2盗!
荒木選手はファーストゴロ進塁打で1死3塁となり、
青木選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち2-0
山田哲人選手はショートゴロ併殺打で3アウト

3回裏、高橋投手は大城選手に2塁打を打たれ、
中村捕手のパスボールで3塁へ進まれると、
福田選手にライトへタイムリーヒットを打たれ2-1
このあと、西浦颯大選手のショートゴロがリクエストによるリプレー検証でセーフとなり、
(記録は廣岡選手のフィルダースチョイス)
メネセス選手は四球で無死満塁
吉田正尚選手の犠牲フライで2-2の同点に追いつかれます。

4回1死後、雄平選手がレフト前ポテンヒットで出塁も、
廣岡、村上選手が倒れ3アウト

4回裏、高橋投手は先頭に四球を与えますが、
2塁けん制アウトなど無失点で切り抜けます。
けん制アウトでもリクエストとなり、これは判定通りアウトでした。
オープン戦なのに、西村監督、しつこいですね。

5回表1死後、塩見選手が再び四球で出塁も、
けん制に引っかかって1、2塁間でタッチアウト
荒木選手も倒れ3アウト

5回裏、ヤクルトは寺原隼人投手-西田明央捕手のバッテリーに交代
寺原投手は三者凡退に抑えます。

6回、オリックスは澤田圭佑投手が登板
1死後、山田哲人選手が右中間への2塁打で出塁し、
ボークで3塁へ進みます。
バレンティン選手は四球で1死1、3塁となり、ココ代走は渡邉選手
雄平選手は空振り三振で2死となり、
廣岡選手は四球で歩き2死満塁
ここで、村上宗隆選手はストレートに空振り三振で3アウト

6回裏、寺原投手は先頭の吉田選手にヒットを打たれると、
西田捕手のパスボールで2塁へ進まれ、
マレーロ選手にレフトへタイムリー2塁打を浴び2-3
勝ち越されます。

7回、オリックスは比嘉投手が登板
1死後、塩見選手がセンターへのヒットで出塁
続く荒木貴裕選手がレフトへタイムリ―3塁打を放ち3-3の同点に!
(レフトが突っ込んできて捕れず後逸)
途中からサードに入った大引選手はピッチャーゴロで、
荒木選手が三本間に挟まれタッチアウト
途中からセカンドに入った太田賢吾選手はセンターフライで3アウト

7回裏、寺原投手は先頭の大城選手に四球を与え、2盗を許しますが、
後続を打ち取ります。

8回、オリックスは左の山田修義投手が登板
先頭の渡邉選手が四球で出塁
上田選手は送りバントを決め1死2塁
廣岡選手三振後、
村上宗隆選手がセンターオーバーのタイムリー2塁打を放ち
4-3と勝ち越します。
ナイスバッティング!
ここまでは2三振など3打数ノーヒットでしたが、勝負強さを見せました。

e0222575_12155648.jpg


西田捕手もレフト線へのタイムリー2塁打を放ち5-3とします。

8回裏、寺原投手続投
2死からT-岡田選手にヒットを打たれますが、0点に抑えます。

9回、オリックスは岩本輝投手が登板
ヤクルトは三者凡退

9回裏、ヤクルトは田川賢吾投手が登板
1死後、ショートへの打球を廣岡選手がよく追いついて送球しましたが、
1塁に回った村上選手の捕球ミスでランナーを出します。
安達選手にヒットを打たれ1死1、2塁
後藤駿太選手にレフトにタイムリーヒットを打たれ5-4
なおも1死1、2塁のピンチでしたが、後続を打ち取りゲームセット

ヤクルトが5-4の接戦でオリックスを下し
対戦成績を1勝1敗としました。


先発した高橋奎二投手は4回を投げ4安打1奪三振2四球で2失点(自責は1)
伸びのあるいいストレートもありましたが、
スタミナ面と、ランナーを背負うと、やや不安定になり課題が残りました。

2番手の寺原隼人投手は5回から4イニングを投げ、3安打3奪三振1四球で
1失点(自責は0)
ベテランらしい落ち着いたピッチングで好投し、
本人も手ごたえを感じたようです。

打線は8安打で5得点
初回の1点は相手ミスでもらった得点
2点目は青木宣親選手のタイムリーヒット
3点目は荒木貴裕選手のタイムリー3塁打
勝ち越しとなる4点目は村上宗隆選手のセンターオーバーのタイムリー2塁打
5点目は西田明央捕手のタイムリー2塁打でした。

オープン戦でも公式戦並みに試合時間が長く、
リクエストが2度もあるなど、テンポの悪い試合でした。

ヤクルトは接戦を制したのはよかったですが、
今日も内野に細かいミスが出ました。
ショートゴロでセカンドでアウトが取れなかったり、
1塁で村上くんが捕球ミスをするなど、
守備が課題の廣岡、村上選手に反省点がありました。
二人が同時に守備につくと、ちょっと投手陣はキツイかもしれません。

また、中村、西田捕手とも捕逸のミスがあり、この点も反省材料ですね。
失点は4点ですが、投手陣の自責は高橋投手の1点のみで、
ことごとくミスが失点に絡んだということです。

キャンプの疲れが出るころですが、
明日はしっかり守って、ミスのない野球をしてくれたらと思います。
平日のナイターでしたが、それにしても京セラはお客さんが入りませんね。
明日は平日のデーゲーム、どのくらい席が埋まるでしょう?

by misty2011 | 2019-03-06 22:15 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30