3/7オープン戦★0-5、オリックス8安打5得点、ヤクルト7安打0点の拙攻で完封負け

東京ヤクルトスワロ―ズは、京セラドーム大阪での
オリックスバファローズとのオープン戦3連戦の最終戦を迎えました。

先発はオリックスが東明大貴投手、ヤクルトは開幕投手が内定している小川泰弘投手
スタメン1番はレフト塩見泰隆選手、7番ショートは廣岡大志選手、
そして、9番ファーストに宮本丈選手が入りました。
坂口、西浦選手はベンチスタートとなりました。

試合経過は ニッカンスコア

初回2死後、山田哲人選手がライトへのヒットで出塁
このところ右方向へのヒットが目立ちます。
私が見たキャンプでのフリー打撃よりは、
逆方向へも随分スイングがシャープになっています。
バレンティン選手はサードゴロで3アウト

1回裏、小川投手は危なげなく三人で片付けます。

2回2死後、廣岡選手がセンターへの2塁打で出ますが、
中村捕手はセカンドゴロで3アウト

2回裏、小川投手は、
先頭の吉田正尚選手を、セカンド山田選手がファンブルするエラーで出します。
今日も早速、内野にミスが出ました。

2死後、2盗を許します。
中村捕手の送球がワンバウンドとなり、
2塁ベースに入った山田くんがボールを弾きます。
山田選手、どうもボールが手につきません。
しかし、小川投手は落ち着いて後続を打ち取り3アウト

3回1死後、塩見選手がレフトフェンス直撃の2塁打で出ます。
廣岡選手と同様、塩見選手も打球が伸びますね。
青木選手はライトフライでタッチアップできず、
山田選手は際どい外スラを見逃し三振。
ここまで、実戦で三振のなかった山田くんでしたが、チャンスで初三振。
今季、右投手の外のスライダーにどう対処できるでしょう。

このあと、ヤクルトは大幅な守備位置変更
セカンドは大田賢吾選手に交代
山田くん、守備ミスもあって、宮本ヘッドからお説教されそう?
3塁廣岡、ショート西浦、1塁村上、レフト宮本、センター塩見選手

小川投手は先頭の伏見選手にライトへ2塁打を打たれ、
佐野選手のサードゴロで、2塁ランナーが3塁へ進み、
続く西野選手にスクイズを決められ1点先制されます。0-1
西村監督は、昨日のリクエストといい、今日のスクイズ敢行といい、
既に本番モードですね。

4回1死後、雄平選手がライト前ヒット
気が早すぎますが、雄平選手、オープン戦の首位打者を狙える!?
村上選手はセンターへのヒットで続き1死1、2塁
上手いバッティングでした。
廣岡選手は空振り三振で2死となり、
中村悠平捕手はライトフライで得点ならず。

4回裏、小川投手は先頭の吉田正尚選手にセンター前ヒットを打たれ、
安達選手のサードゴロでランナーが入れ替わり、
このあと、安達選手が2盗
1死2塁となりますが、後続を抑えます。

5回、先頭の宮本選手がセンターへのヒット、
塩見選手はレフトへの2塁打で無死2、3塁のチャンス
塩見選手のバッティングは、もう本物でしょうね。素晴らしい!
太田選手は浅いレフトフライでタッチアップできず1死となり、
西浦選手は空振り三振、
バレンティン選手はレフトフライで得点ならず。

東明投手を打てそうで打てず、
チャンスは作れど攻めきれず、
拙攻続きでストレスのたまる試合展開となりました。

5回裏、ヤクルトはマクガフ投手が登板
2死後、四球でランナーを出し2盗されますが、後続を抑えます。
しかし、中村悠平捕手、走られ放題ですね。
もうちょっと松本捕手を試してほしいのですが。

6回、オリックスは荒西裕大投手が登板
私は知らない投手です。
雄平、村上選手が連続三振
廣岡選手はショートフライで3アウト

6回裏、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
先頭メネセス選手にセンターへの2塁打を打たれ、
T-岡田選手に四球を与えますが、後続を打ち取ります。

7回、荒西投手続投
ヤクルトはあっさり三者凡退。
打てません、いい投手ですね。

7回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
先頭の伏見選手にライトへ2塁打を打たれ、
1死後、四球で1死1、2塁とピンチを広げます。
白崎選手にセンターへタイムリーヒットを打たれ0-2
頓宮選手にセンターオーバーのタイムリー2塁打を浴び
二者生還して0-4

さらに2死後、山足選手にライト前タイムリーヒットを打たれ0-5

ここで石山投手は降板となり、大下佑馬投手が後続を打ち取ります。
それにしても、石山投手が、オープン戦とは言え、
これだけ打たれたのは心配ですね。

8回、オリックスは吉田一将投手が登板
ヤクルトは三者凡退

8回裏、大下投手が続投 マスクは松本直樹捕手に交代
三者凡退に抑えます。

9回、オリックスは岩本輝投手が登板
村上選手が四球で歩きますが、後続が倒れゲームセット

ヤクルトは0-5でオリックスに完封負けを喫しました。

先発の小川泰弘投手は順調です。
4回を投げ3安打1失点。スクイズを決められました。

マクガフ、近藤投手は1イニングを投げ無失点
ただ、近藤投手は、いつものテンポの良さがなく、やや不安定でした。

石山投手は、4安打を浴び4失点で、1回を投げきれず降板
今日だけだと思いたいですが、これからの登板で修正出来ればと願います。
近藤、石山投手ともに、昨年の疲れが残っていなければと・・・。

大下投手は、小川監督の先発構想からは外れましたが、
今日は好投して意地を見せました。

打線は、オリックスが8安打5得点に対し、
ヤクルトは7安打ながら拙攻続きで0点に封じられました。
中でも5回、無死2、3塁から1点も取れなかったのは大きな反省点です。
しかも6回以降はノーヒットに抑えられました。

塩見泰隆選手が2塁打2本のマルチヒット
コンスタントにヒットを打って、しかも長打が多いのは楽しみです。
足も使えます。
これだけ打っても、今の外野の布陣ではスタメンは厳しい状況で、
開幕後は、途中からの代走や代打、守備などで出番は大いにあると思います。
塩見選手を使わない手はありませんね!

e0222575_16424334.jpg



廣岡選手は2塁打の1安打でしたが、最後の打席もライトへの大きな飛球でした。
村上選手は技ありのセンター前ヒット。
ただ、ストレートには遅れ気味で、これからの課題でしょうね。

村上、廣岡選手は、途中から1塁と3塁の守備を交換する形で守りました。
廣岡選手は内野ならサードが最も適していると私は思いますが、
若い村上選手が最初から1塁では、将来的なことを考えるとマイナスなので、
もし、二人を同時に起用する場合、どこを守るのか注目したいです。

村上、廣岡、塩見選手と若手で、しかも長打力がある選手が育ってきたのは
大きな希望と楽しみです。
いい競争をして、近い将来、定位置獲得へと成長してくれるよう望みます。

by misty2011 | 2019-03-07 17:48 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31