2011年 05月 25日 ( 1 )

東京ヤクルトスワローズは神宮で今日からオリックスバファローズとの2連戦。
先発はヤクルトが山本斉投手、オリックスはフィガロ投手で減灯ナイターで18時プレーボール。

試合経過は ニッカンスコア スワローズ公式スコア

立ち上がり、山本投手は先頭・坂口投手にピッチャー強襲ヒットを打たれ、1死後、川本捕手が盗塁を刺して2死となりますが、そのあと3連続四球で満塁とすると、ワイルドピッチで1点献上。さらに4個目の四球でランナーを出しますが、何とか1点で切り抜けました。
初回だけで球数は41球も費やすグダグダのピッチング。これだけ乱調でよく1点でしのげたものです。ふーっ・・・。

しかし、2回からは見違えるように立ち直り、ストライク先行でテンポよく投げ込み、2回以降6回まで無失点に抑えます。
初回からこのピッチングが出来ていればね・・・。

一方、打線はフィガロ投手を打てません。6回までノーヒットに抑え込まれ、ランナーは4回にガイエル選手がフォアボールで出ただけ。
ノーノーでもされるんじゃないかとヒヤヒヤものでした。

7回、代打ホワイトセル選手がチーム初ヒットとなる4号ソロホームランをレフトスタンドに運び、何とか同点に追いつきます。

7回からは橋本投手につなぎ、三者連続三振に斬ってとるナイスピッチング。

しかし、8回2イニング目に入ると、先頭・坂口選手にヒットを打たれ、犠打で2塁へ進まれると、ベテラン田口選手にライトへタイムリーヒットを打たれ、坂口選手がホームインして2点目。
久古投手に交代し、キャッチャー後逸でランナーが3塁へ進んだあと、李・スンヨプ選手にタイムリーヒットを打たれ1-3となります。

ヤクルトは8回裏、森岡選手が四球、青木選手がヒットでランナー2人を出しますが、田中浩康選手が倒れ得点できません。

9回には、松井投手が伊藤捕手にプロ初アーチを浴び決定的な4点目がオリックスに。

9回裏、ヤクルトはクリーンアップがあえなく三者凡退に倒れ1-4でゲームセット。
今日もわずか3安打、ホームランによる1点のみ。とにかくランナーが出ないので、話になりません。打線はますます重症になりましたね・・・。

これで交流戦に入って7試合で得点はわずか7点。打線は水物と言いますが、あれほど好調だった打線が、下降線の一途で、ついに1点打線となりました。野手のほとんど全員が調子を落としています。

先発の山本投手は2回からは立ち直って好投しただけに、その間に何とか反撃を見せてほしかったですね。今日負けたので、ヤクルトは引き分けを挟んで5連敗。

交流戦で勝ち星がなかった千葉ロッテが今日は阪神に勝ったので、ヤクルトの交流戦の順位は、そのロッテと並んでついに最下位になりました。
セ・リーグの順位は、広島、中日とも今日は敗れたので、0.5と1ゲーム差でかろうじて首位をキープしましたが、首位とは言えない状況で、何といっていいのやら・・・。

交流戦はやはりスワローズにとって鬼門なんでしょうか!?全く調子がでません。特に打線が一向に上向く気配がないのが問題です。

クリーンアップは今日は3番ガイエル、4番畠山、5番バレンティン選手と、畠山選手を4番に戻しましたが、3人ともノーヒット。
畠山選手が2三振、バレンティン選手3三振と精彩を欠きました。主軸が打たないことには、点が取れません。

特にバレンティン選手はどつぼにハマっている感じ。打たなくてはという力みと、打てない焦りとで、バッティングが狂いっぱなし。何とか立ち直ってほしいですね。意外と繊細なのかも?

外れていたホワイトセル選手は意地の一発というところでしょうね。よく打ちました。明日はスタメン復帰するかもしれませんね!?

それにしても、今日のフィガロ投手はスピードがあって、えげつない回転で、燕打線にとっては難関でした。
ここまで対戦したパ・リーグの投手は、ダルビッシュ投手、マー君、塩見投手、今日のフィガロ投手と、揃って球のスピードと力のあるピッチャーばかり。セ・リーグにはなかなかいないタイプで、ヤクルト打線にとっては攻略が難しいんでしょうね。そうは言っても打たないと勝てませんからね。
何とか活路を見つけてほしいものです。

明日は由規投手の先発でしょうか?明日こそ連敗ストップしましょう!
当たっているトップバッターの坂口選手は要注意ですね。

野手の皆さん、明日こそ打ってくださ~い、お願いします。
お天気が下り坂ですね・・・。
by misty2011 | 2011-05-25 22:17 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。