昨日から始まったクライマックスシリーズファーストステージは、
第2戦目が、今日はセ・パともデーゲームで行われました。

セ・リーグは読売ジャイアンツが先勝しましたが、
2戦目は阪神タイガース初回に菅野投手からゴメス選手が2ラン、
マートン選手がソロホームランを放ち3点先制!
リードを守ったまま4-2で巨人を下しました。

試合経過は ニッカンスコア

先発は読売ジャイアンツがが菅野智之投手、阪神はメッセンジャー投手

巨人はエース菅野智之投手で一気にファイナル進出を決めたかったと思いますが、
26歳バースデー登板の菅野投手の調子が良くなかったですね。

初回に先頭の鳥谷選手を四球で出すと、1死2塁からゴメス選手に2ランホームランを打たれ2点先制され、
つづくマートン選手にも一発を浴び、初回に3失点。

阪神は、ゴメス&マートン選手の二者連続アベック弾が飛び出しました。
写真は10月2日神宮
e0222575_19355766.jpg


e0222575_2085594.jpg



その裏、巨人は立岡選手が3塁打を放ち、片岡選手のサードゴロでホームインして3-1

阪神は4回、江越、藤井選手が連打でチャンスメイクすると、メッセンジャー投手の送りバントを
菅野投手が3塁へ悪送球する間に、ランナーが生還して4-1

巨人は7回裏、代打のアンダーソン選手がメッセンジャー投手からソロホームランを放ち4-2

2点を追う9回裏、巨人は代打・高橋由伸選手が福原投手から2塁打を放ちますが(代走・橋本選手)、
2死後、長野選手のセンターへ抜けるかと思った打球にセカンド大和選手が飛びつき、
すぐに起き上がって1塁へ送球して間一髪アウト。
大和選手の超ファインプレーで4-2でゲームセット!

外野を守っても内野を守っても一級品の守備 
守備の名手と呼ばれる選手は数多くいますが、本物の名手は大和選手でしょ!
e0222575_20303177.jpg


阪神が巨人を下し1勝1敗となり、ファイナル選出の決着は第3戦に持ち込されました。

ゴメス、マートン選手に一発が出た阪神。
巨人は菅野投手の不調と、自らのバント失敗や3塁悪送球のエラーが痛かったですね。

最後は、「守備の人」大和選手が、9回裏からセカンドの守備固めに入り、
菊池選手も顔負けの美技でゲームセット!
今日はこの守備がPlay of the dayで決まりでしょ!

昨年の日本シリーズでも、センターで超ファインプレーを連発していた大和選手が、
今日はセカンドでもビッグプレーでチームを救いました。
抜けていればどうなったかわからなかったかもしれません。

一方、パ・リーグは昨夜はロッテが先勝し、今日はチェン投手とメンドーサ投手の先発。

試合経過は ニッカンスコア


ロッテが初回、福浦選手のタイムリーで1点先制しますが、
日本ハムファイターズは5回、中島卓也選手のライト前タイムリーヒットで1-1の同点に。

6回は谷元投手から、福浦、今江選手の連打、さらに四球で1死満塁から、
中村選手のサードゴロの間にロッテが1点奪い1-2

逃げ切りをはかったロッテでしたが8回、大谷智久投手が四球、内野安打後、エラーが絡んで1死1、3塁から、
レアード選手にセンターオーバーのタイムリー2塁打を浴び2-2の同点に。
さらに、代打・矢野選手の2点タイムリーヒットで、ファイターズが4-2と勝ち越します。

そのまま、日本ハムファイターズが4-2で2戦目をとりました。
こちらも1勝1敗のタイとなり、明日の3戦目にファイナル進出が決まることになりました。

セパ同時に試合が始まったので、今日はチャンネルを切り替えながら両方を見ていました。
昨日の感じではどちらもストレート勝ちで今日決まるかと思いましたが、そう簡単には勝たせてくれませんね。


ヤクルトは待ち受ける立場なので、どちらが勝ってもいいですが、
ただ、勢いをつけてファイナルに出てくるのはちょっと嫌ですね。
もつれた試合になって、両チームの投手陣が消耗してくれたら助かります。

今日はフェニックスリーグの試合で、バレンティン選手に一発が出て3安打猛打賞だったとか。
ココちゃんに当たりが出てきたことは朗報ですね。
さらに調子を上げてファイナルでの活躍を見たいものです。
by misty2011 | 2015-10-11 19:59 | セ・リーグ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。