2018年 03月 14日 ( 1 )

甲子園での阪神タイガース戦に、主力の右打者抜きで圧勝した東京ヤクルトスワロ―ズ
今日の阪神の先発は左の能見篤史投手、ヤクルトはハフ投手の先発

ということで、2戦目は、昨日ベンチだった3選手がスタメンに戻りました。
1番山田、2番山崎、3番バレンティン、4番青木、5番畠山選手で
以下、DH鵜久森、藤井、中村、廣岡選手と続きます。

試合経過は ニッカンスコア 

初回、先頭の山田選手はフルカウントから空振り三振。
あらら…今日も早速ですか。
山崎選手は初球をレフトフライ、バレンティン選手は空振り三振で3アウト

1回裏、ハフ投手も三者凡退に抑える上々の立ち上がり。

2回、ヤクルトは青木、畠山、鵜久森選手がすべて内野ゴロで3アウト

その裏、ハフ投手は簡単に3人で片付けます。
今日は両投手のテンポがいいので、試合がサクサク進みます。

3回、ヤクルトは先頭の藤井選手が四球で出ます。
中村捕手はバスターエンドランで、ショート糸原選手のエラーを誘い無死1、2塁
廣岡選手は送りバントを決め1死2、3塁
トップに戻り、山田選手はフルカウントから
センターへ犠牲フライを運びヤクルトが先制、1-0
ヤクルトはノーヒットで1点奪いました。
まあ、山田くんには打ってほしかったですが、
今年は既に犠飛が自身OP戦3つ目で、最低限の仕事はできています。
昨年は、これもできていませんでしたから。

その裏、ハフ投手は先頭の髙山選手にレフトへヒットを打たれますが、後続を打ち取ります。

4回2死後、畠山選手がレフト前ポテンヒットで出塁(外野のお見合い)
鵜久森選手は三遊間を抜けるヒットで続き2死1、2塁
鵜久森選手は左投手には強いですね。
つづく藤井選手はセカンドゴロに倒れ得点なりません。

4回裏、ハフ投手はこの回もきっちり三者凡退。
テンポがいいので野手の守りのリズムもいいですね。

5回2死後、続投の能見投手から山田選手が三遊間を抜けるヒットで出塁
山崎選手は四球を選び2死1、2塁
しかし、バレンティン選手がショートゴロで3アウト
2塁フォースアウトでしたが、山崎選手の足の方が早かったような、セーフっぽく見えました。

5回裏、ハフ投手は先頭の福留選手にレフトへのヒットを打たれます。
つづく大山選手をショートゴロ併殺打、髙山選手をセンターフライに打ち取り3アウト
メチャクチャ安定したピッチングで、先発ローテは確実、太鼓判ですね。

e0222575_1551016.jpg



6回、阪神は石崎剛投手に交代
青木、畠山、鵜久森選手が三者連続三振に倒れます。
石崎投手は、敵ながらいい投手ですね。
球は速いし、この回は制球もいいので、打てそうにありませんでした。
今シーズンも手ごわそう。

その裏、ヤクルトは2番手で大下佑馬投手が登板
守備交代で、坂口選手がライト、山崎選手はセンターへ
先頭の梅野捕手にライトへヒットを打たれ、送りバントで1死2塁から、
糸原選手にライトへタイムリーヒットを打たれ、1-1の同点に追いつかれます。
鳥谷選手はレフトフライ、
つづく伊藤隼太選手の1塁を抜ける打球を、山田選手がよく追いついてセカンドゴロ3アウト
金本監督からのリクエストでリプレー検証となりますが、判定通り1塁はアウト!
山田くん、ナイスプレーでピンチを救いました。

7回、阪神は石崎投手が回またぎで続投 
公式戦で2イニングはまずないでしょうね。
先頭の藤井選手が四球で出塁
中村捕手は送りバントで1死2塁
廣岡選手はサードゴロも1塁捕球ミスで1死1、2塁
ここで、山田選手。
このクラスの投手を打てれば本調子に向かうと思いましたが、
フルカウントから四球となり1死満塁
山崎選手はフルカウントからボール球を振って空振り三振
2死満塁でバレンティン選手はサードゴロに倒れ勝ち越しならず。
もったいない攻撃でした。

7回裏、ヤクルトは秋吉亮投手が登板
守備交代で、2塁谷内、レフト荒木選手
ロサリオ、福留。大山選手を三者連続三振に斬って取ります。
調子が上向いてきたようで、本番にとっておきたいようなナイスピッチングでした。

8回、阪神は高橋聡文投手が登板
途中出場の坂口選手がライト前ヒット
畠山選手は四球で歩き無死1、2塁
ここで、代打上田剛史選手登場で、バントと思いきや初球バスター決行で、
ライトへタイムリーヒットを放ち2-1と勝ち越しに成功!
上田選手、好調ですね。
3塁代走は奥村選手。昨日の死球は大丈夫だったようでよかったです。
上田選手はすかさず2盗を決め、
無死2、3塁から、藤井選手がセンターへ犠牲フライを運び3-1
そつなく得点します。

ここで、阪神は桑原投手に継投
1死3塁で、中村捕手はファーストゴロ、3塁ランナー上田選手はホームタッチアウト
廣岡選手も倒れ、2点どまり。さらに畳みかける攻撃がしたかったですね。

8回裏、ヤクルトはカラシティー投手が登板
守備変更でファースト荒木、ライト上田、サードに奥村選手でDH解除
カラシティー投手は、先頭の髙山選手を四球で出し、
梅野捕手にはフォークをライトへ運ばれ無死1、2塁
犠打で1死2、3塁となり、糸原選手のセカンドゴロの間に3塁走者が生還して3-2
2死3塁で、代打の西岡選手はサードゴロで3アウト

9回、阪神は桑原投手が続投
2死後、荒木選手がライト前ヒット
坂口選手はレフト前ヒットで続き2死1、2塁。坂口選手も打撃好調!
続く奥村選手は見逃し三振で3アウト

1点リードで9回裏、ヤクルトはまたまた田川賢吾投手
1死後、四球でランナーを出しますが、中谷、大山選手を打ちとりゲームセット
ヤクルトは3-2で阪神を下し、甲子園で連勝しました。

先発したハフ投手が、前日の原樹理投手に続いて好投しました。
5回を投げわずか44球、2安打1三振無四球無失点のナイスピッチング!
とにかくテンポがよくて、どんどんストライク先行で打たせて取ります。
原樹理、ハフ投手は開幕2カード目の裏ローテになると思いますが、
裏ローテの方が安定感があって頼もしく感じますね。

中継ぎの大下投手と抑え候補のカラシティー投手が失点したのはやや不安です。
大下投手は、平凡な右腕だけに、もう少し球速が出ないと苦しいでしょうね。
また、今日の内容では、カラシティー投手にクローザーを任せられるかどうかは、
まだ決められませんね。
逆に、今日は秋吉投手が完璧なピッチングでした。

それから、田川投手をこれだけ投げさせるってことは、
育成から支配下選手登録への道が開けてきそうってことでしょうか!?
あと、昨日も書きましたが、神宮では下から他の投手を上げて試してほしいです。

打つ方は、3回に四球、相手エラー、送りバント、そして山田哲人選手の犠牲フライで
ノーヒットで1点先制というシブい得点!

また、8回はチャンスに左投手に対し、鵜久森選手に代えて左打者の上田剛史選手が
見事に初球バスターを決め2点目
さらに、藤井亮太選手が犠牲フライで3点目と、ここでもアウトを無駄にしない野球が出来ました。

ヒットだけでなく、アウトになっても走者を進めたり、
アウトでも得点できる攻撃が今年のヤクルトは出来ています。
無駄にしない意味のあるアウト
昨年は、こういう野球ができませんでした。
ただ打って、走者はそのままでアウトが増えるだけでしたから。

今シーズンは、試合の中で、選手の意識が変わってきたことを感じます。
これこそ、今年の小川監督が掲げる野球、
また、石井琢朗コーチが目指す攻撃が出来つつあるんでしょう。

ただ、やはりリリーフ陣に不安があるので、勝っていても少ない点差では心配ですね。
開幕までに、もう少しブルペン投手陣の整備をお願いしたいと思います。

今日の山田哲人選手は先制の犠牲フライで1打点、あとは1安打1三振1四球でした。
これまで山田選手はオープン戦5打点ですが、
ソロ弾以外に、ランナー3塁から3つの犠牲フライとファーストゴロで、
アウトになっても4打点を挙げています。昨年とは一味違います。
あとはタイムリーヒットが欲しいですね。

今日は、これ以外に何より6回のピンチでの守備が光りましたね。
久しぶりに、守備範囲が広く球際に強いナイスプレーを魅せてもらいました。

次はいよいよ神宮に戻ります。
投打ともさらに調子を上げていってください。

           
by misty2011 | 2018-03-14 17:00 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011