2018年 03月 24日 ( 1 )

東京は桜が満開ということで、
期間限定で、テンプレートを季節に合わせて桜のデザインに変更しました。
私はシンプルなデザインが好みですが、たまにはこれもいいでしょう。

札幌ドームでの北海道日本ハムファイターズとのオープン戦初戦は
乱打戦の末、7-7の引き分けに終わりました。
なが~い試合で見るほうも疲れました。

2戦目の先発は、日本ハムがマルティネス投手、ヤクルトは石川雅規投手
スタメンは、1番から5番は初戦と同じで、
坂口選手は今日は1塁に入り、6番にライト鵜久森選手となりました。
私は青木選手の4番はどうかと思っているんですが、
石井琢朗コーチ推しで、開幕後も1番山田、4番青木選手で行くようですね。
この方が打線が線としてつながるとのことですが、得点力としてはどうなんでしょう?
う~ん、これがずっとじゃなく、できれば早めに再検討してくれるよう希望します。

試合経過は ニッカンスコア

初回、先頭の山田選手は外のカットボールに空振り三振(こういうのが多いですね)
坂口選手はショートゴロ、好調バレンティン選手は四球で歩き、
青木選手はレフト前ヒットで2死1、2塁
しかし、川端選手はセカンドゴロで3アウト

1回裏、石川投手は2死後、3番の大田泰示選手に一発を浴び先制を許します。0-1

2回1死後、廣岡選手が四球で出塁
中村捕手はショートゴロで2死2塁
石川投手はショートゴロで3アウト

2回裏、石川投手はアルシア選手にセンター前ヒットを打たれますが、
田中賢介選手をセカンドゴロ併殺打、横尾選手を空振り三振に仕留めます。

3回、先頭の山田選手は左中間タンドへOP戦4号ソロ弾を運び1-1の同点に!
これ得点力を考えたら、山田くんがランナーを還す役割の方がいいんじゃないでしょうか?
今シーズンは、犠飛などチームバッティングもできるようになってきたことだし。

写真はキャンプ2月3日 山田哲人選手
e0222575_958287.jpg


1死後、バレンティン選手がライト前ヒットで出塁し、代走は山崎晃大朗選手
青木選手はファーストゴロで、ランナーが入れ替わって2死1塁
川端選手は三遊間を抜けるヒットで2死1、2塁。代走は藤井亮太選手
鵜久森選手は空振り三振で3アウト

3回裏、ヤクルトは守備変更で2塁奥村、レフト山崎、サード藤井選手
石川投手は三者連続三振に斬って取ります。

4回、廣岡選手はサードゴロ、中村捕手は中飛、石川投手は三振で3アウト

その裏、石川投手は中田翔選手にソロ弾を浴び1-2
ここまで両チーム3発すべてソロホームラン

5回1死後、マルティネス投手から坂口選手がショート内野安打で出塁 代走は田代選手
このあと暴投で2塁へ進み、山崎選手は四球で1死1、2塁
青木選手はレフトフライで2死となり、藤井選手はセカンドゴロで3アウト

5回裏、石川投手は三者凡退に抑えます。

6回、日本ハムは井口投手に交代
鵜久森、廣岡選手が倒れ2死後、日本ハムは白村投手に交代
中村捕手が3塁線を破る2塁打で出塁
代打・武内選手は一邪飛で3アウト

6回裏、ヤクルトは秋吉亮投手が登板
2死後、大田泰示選手にセンターへヒットを打たれ、牽制悪送球で2死2塁(1塁エラー)
つづく代打・近藤選手をセンターフライに打ち取り3アウト

7回、先頭の奥村選手がレフトフライに倒れ1死後、日本ハムは上原投手に交代
田代、奥村選手も倒れ三者凡退

7回裏、ヤクルトは中澤雅人投手が登板
先頭に四球を与え(代走は杉谷選手)、1死後、近藤一樹投手に継投
横尾選手にライト前ヒットを打たれ、鶴岡捕手は四球で1死満塁のピンチを招きます。
つづく太田賢吾選手はショートゴロで本塁アウトとなり2死満塁
代打の西川選手はフルカウントから見逃し三振に斬って取り無失点で切り抜けます。

8回、日本ハムはトンキン投手が登板
1死後、藤井選手がライト前ヒットで出塁も2盗失敗
鵜久森選手はファーストゴロで3アウト

8回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
きっちり3人で片付けます。

9回、日本ハムは石川直也投手が登板。前日は打ち崩した投手です。
1死後、中村捕手が四球で出塁
荒木選手は送りバントで2死2塁
しかし、奥村選手が空振り三振でゲームセット

ヤクルトは1-2で日本ハムファイターズに敗れました。

今日の得点はすべてソロホームラン
日本ハムが2本塁打、ヤクルトは山田くんの一発のみ

先発の石川雅規投手はソロ弾2発を打たれましたが、
5回3安打2失点とまずまずのピッチングで、開幕に向け順調と言っていいでしょう。

打つ方は、7安打で山田くんのソロ弾の1得点のみ
つながりに欠けました。

上でも書きましたが、やはり青木選手はチャンスメイカーで、
山田選手がポイントゲッターの方が、相手にとってはイヤなんじゃないかと私は思います。
打撃の安定感ではもちろん青木選手が1枚も2枚も上ですが、長打力という点では山田くんです。
まあ、打順は一度決めたことのようなので、開幕後しばらくはこれで行くと思いますが、
機能しなくなった時には、ためらうことなく違うオーダーでお願いしたいですね。

こう言っては青木選手に失礼かもしれませんが、
「まず青木選手ありき」の打順にこだわることはないと私は考えます。
投手陣が今年も不安なので、なおさら得点力を上げる必要がありそうです。
1点を大事に取りに行くスモールベースと同時に、一定以上の得点力は求められるでしょうね。
山田選手は、依然三振は多いですが、
今年はチャンスで犠飛など最低限のチームバッティングはできるようになっています。
昨年のような余程の不調でない限り、中軸を任せてもいいように思いますね・・・。

それから、前の記事で追記しましたが、昨日、雄平選手が戸田で練習していたそうです。
大引選手の姿もあったようですね。
ベテラン勢が、これから徐々に戦線復帰してくることを待っています。

オープン戦もついに明日が最後。
勝って有終の美を飾って締めくくってください。

それから、当ブログの記事タイトルでは、投手や選手など敬称を略していることが多いですが、
エキサイトブログは、タイトルの字数制限があるので、仕方なくそう記しています。
ご了承ください。

by misty2011 | 2018-03-24 17:21 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011