2018年 10月 03日 ( 2 )

昨夜は高橋奎二投手のプロ初勝利で2位を確定した東京ヤクルトスワロ―ズ

DeNAとの2戦目の先発は、ヤクルトが原樹理投手、DeNAは京山将弥投手
スタメンは大きくいじってきました。
1番センター塩見、2番山田、3番バレンティン、4番雄平選手で
5番ファースト荒木、6番サード廣岡選手、先発マスクは井野捕手

選手公示では青木選手と高橋奎二投手が抹消され、武内選手が上がってきました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、原樹理投手は2死後、ソト選手にヒットを打たれ、
続く筒香選手にもセンター前に抜けるヒットを打たれます。
この打球が、原樹理投手の左足に当たりますが、続投。
ロペス選手を打ち取り3アウト。

1回裏、2番の山田哲人選手がライトスタンドへ34号ソロ弾を運び先制!1-0
バレンティン選手は四球、雄平選手はヒット後、
荒木貴裕選手がライトへタイムリーヒットを放ち2-0

2回、ヤクルトは原樹理投手に代わって、急きょカラシティー投手が登板
先頭の乙坂選手にセーフティーバントを決められ出塁されますが、
後続を打ち取ります。

2回裏、DeNAは笠井投手に交代
先頭の井野捕手が四球で出ますが、後続が倒れます。

3回、カラシティー投手は先頭の桑原選手に2塁打を打たれ、
2死後、筒香選手に四球を与え2死1、3塁となりますが、
ロペス選手をセンターフライに打ち取り3アウト

3回裏、先頭の山田選手が四球で歩きます。
すかさず、初球に2盗成功!32個め。
この時点で田中広輔選手に3個差。今日、田中選手は2盗失敗しています。
雄平、荒木選手が四球で歩き1死満塁も、後続が倒れ追加点ならず。

4回2死後、カラシティー投手は、笠井投手にヒットを打たれますが、
後続を抑えます。

4回裏、DeNAは早くも3番手でバリオス投手が登板
ヤクルトは三者凡退

5回表裏、両チーム三者凡退

6回、ヤクルトは風張蓮投手が登板
セカンドに奥村選手が入ります。
三者凡退に抑えます。

6回裏、ヤクルトも三者凡退
バリオス投手に3イニングパーフェクトに抑えられました。

7回、風張投手続投
四球でランナーを二人出しますが、宮崎選手を空振り三振に仕留め3アウト

7回裏、DeNAha三上投手が登板
1死後、代打の武内選手が四球で歩きます。
塩見選手は空振り三振、まだ初ヒットが出ません。
奥村選手も倒れ3アウト

8回、ヤクルトは梅野投手が登板
1死後、筒香、ロペス選手に連打され1死2、3塁のピンチを招くと、
乙坂選手にセンターへ犠牲フライを運ばれ2-1
なおも2死2塁で、伊藤捕手を空振り三振に斬って取り3アウト

8回裏、DeNAはパットン投手が登板
ヤクルトは三者凡退

9回、1点リードでヤクルトは石山泰稚投手が登板
レフトに上田選手
1死後、柴田選手にレフト前ヒットを打たれます。
楠本選手はショートゴロ併殺崩れで2死1塁
最後は宮崎選手をショートゴロに打ち取りゲームセット

ヤクルトが2-1で接戦を制し、DeNAに連勝!貯金は7となりました。

石山投手は33セーブ
原樹理投手の負傷交代で、2回から緊急登板したカラシティー投手が7勝目を挙げました。
おめでとうございます。
e0222575_16211346.jpg


カラシティー投手は2回から5回まで投げ、3安打無失点の好投でした。
6回からは、風張ー梅野ー石山投手とつなぎ、
梅野投手が1失点しましたが、逃げ切りました。

ヤクルトの得点は、結局初回の2点のみ
それを最後まで守り切りました。

山田哲人選手が先制の34号ソロホームラン
これで127得点となり、小笠原道大選手を抜いて歴代5位になりました。
まだ得点は増えそうなので、130得点以上の歴代ベスト3を目指してほしいですね。
また、2盗を決め、32盗塁となり、
今日、盗塁失敗した田中広輔選手に3個差となりました。
ホームランより、盗塁を決めた方が個人的には嬉しかったです。
数打ちゃあたるで、あんなに成功率の低い選手に盗塁王を渡すわけには行きません!

あとは、初回に荒木選手がタイムリーヒットを放ち2点目

ヤクルトはDeNAの8安打より少ないわずか3安打(しかも初回に3安打)で勝ちました。
スタメンを控え組に代えたとはいえ、もう少し打たないと。
今日の勝利は投手陣の踏ん張りに尽きますね。

明日は甲子園に移動して阪神戦
今季ラストのビジターゲームを勝って締めくくってください。

by misty2011 | 2018-10-03 21:38 | 東京ヤクルトスワローズ
前の記事では、取り急ぎ、プロ初勝利の高橋奎二投手と
バレンティン選手のお立ち台など写真の一部をアップしましたが、
今回は試合編フォトです。

試合経過は ニッカンスコア

3回目の先発となる高橋奎二投手
大きく振りかぶります。
e0222575_100288.jpg


e0222575_1002749.jpg


いきなり先頭の大和選手に死球をぶつけ、不安な立ち上がり
e0222575_1004173.jpg


2番の宮崎選手にはセンター前ヒットを打たれ無死1、3塁
e0222575_100109.jpg


しかし、この大ピンチに、3番ソト、4番筒香、
そして5番ロペス選手を三者連続三振に斬ってとり、無失点で切りぬけます。
強打者相手に、ひるむことなく攻めのピッチングは圧巻でした。
ストレートに力があります。
e0222575_1011732.jpg


横浜DeNAベイスターズの先発は、平良拳太郎投手
e0222575_1043439.jpg


1回裏2死後、山田哲人選手がセカンドへの内野安打で出塁
盗塁してほしいと思いながら、山田くんにピントを合わせている間に
e0222575_1013137.jpg


バレンティン選手が初球を打って、
ライトスタンドへ35号2ランホームランを放り込み2-0と先制!
これで、山田くんは126得点となり、プロ野球歴代5位タイに並びました。
e0222575_1025121.jpg


バレンティンコールに帽子をとって応えるバレンティン選手
e0222575_103567.jpg


2回も先頭を四球で出し、その後3塁まで進まれますが、
e0222575_106524.jpg


e0222575_106288.jpg


嶺井捕手を打ち取り0点に抑えます。
e0222575_1064849.jpg


ピンチを0点に抑えベンチに引きあげる高橋奎二投手の腰をポンと叩いて
ねぎらう井野卓捕手。ベテランならではの気配りが随所に見えます。
e0222575_107336.jpg


3回 今度はショートへの内野安打で出塁した山田哲人選手
e0222575_1084938.jpg


当たりは悪くてもヒットはヒット 1塁でちょっと苦笑い
これでトリプルスリーがほぼ確定でしょうか。
e0222575_109358.jpg


この回は追加点ならず3アウトチェンジとなり、ベンチから坂口選手がグラブを持ってきます。
e0222575_10103794.jpg


高橋奎二投手は4回は三者凡退に抑えます。
e0222575_10222869.jpg


リストが柔らかくて、その上、腕がよくしなります。
e0222575_10224379.jpg


5回、宮崎敏郎選手に28号ソロホームランを浴び2-1
e0222575_10225498.jpg


このあと、動揺することなく、筒香選手を3打席連続三振に仕留め3アウト
伸びのあるストレートとキレのある変化球で、筒香選手を完璧に抑えました。
このへんは、ただものではありませんね。大きな未来を感じます。
e0222575_102537.jpg


6回は大下佑馬投手が登板
きっちり3人で片付けます。
e0222575_10293171.jpg


6回裏、バレンティン選手がレフトスタンドへ36号ソロ弾を運び3-1
ホームラン王の可能性が再び出てきました。
e0222575_103002.jpg


e0222575_10301365.jpg


7回2死2塁をなったところで大下投手から梅野雄吾投手に継投
e0222575_10321559.jpg


宮崎、ソト選手に連続四球を与え2死満塁のピンチ
マウンドに集まります。
e0222575_10322748.jpg


この後、井野捕手のパスボールでDeNAに2点目が入ります。3-2
e0222575_10324346.jpg


8回1死1塁で、梅野投手からハフ投手に交代
伊藤捕手に四球を与え2死1、2塁となりますが、無失点に抑えます。
e0222575_1036029.jpg


8回裏、DeNAの4番手・三嶋投手から、先頭の青木宣親選手がセーフティバントを決め
1塁へ全力疾走して内野安打となります。
しかし、この時足を痛めて負傷交代 顔をしかめてベンチに下がる青木選手
心配ですね。
青木選手は左太もも裏を痛め、3日に抹消されるとのことです。
e0222575_10361330.jpg


代走はこの日30歳の誕生日の上田剛史選手 この回、得点ならず。
e0222575_10362590.jpg


1点リードで9回は石山泰稚投手
1死後、ソト、筒香選手に連打されますが、
後続を抑えゲームセット
e0222575_1043499.jpg


勝利のハイタッチ 
ヤクルトは2位が確定し、神宮でCSファーストステージが開催される運びとなりました。
e0222575_10441520.jpg


笑顔がこぼれます。
e0222575_10442628.jpg


ハイタッチの際、青木選手は笑顔でした。
e0222575_10454963.jpg


仲良し坂口選手がバレンティン選手の肩に手を回しています。
嬉しそうな笑顔です。
e0222575_1046152.jpg


プロ初勝利の高橋奎二投手を祝福して握手する小川淳司監督
e0222575_10473093.jpg


プロ初勝利のウィ二ングボールを持って、高橋奎二投手と小川監督との記念撮影
e0222575_23112662.jpg


ヤクルトは96敗の昨年から、今シーズンは2位まで浮上。凄いことですね。
高橋投手や梅野投手、また村上選手など若い選手たちが躍動し、
青木、坂口、大引選手らのベテラン勢がチームを引っ張ります。
わずか1年で生まれ変わったようなチームになりました。
是非、CSでも期待以上の活躍を見たいものです。楽しみにしています。

e0222575_10474365.jpg


この後の、お立ち台、外野での1本締め他は、別にアップします。

by misty2011 | 2018-10-03 11:13 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011