2018年 10月 07日 ( 1 )

東京ヤクルトスワロ―ズは残り3試合、今日から神宮で最後の3連戦を戦います。
今日明日が阪神タイガース、最終戦は横浜DeNA戦です。

まずは阪神戦
先発はヤクルトが石川雅規投手、阪神は岩貞祐太投手
スタメンは2番に山田選手、クリーンナップはバレ―雄平ー大引選手
センターに坂口、ファーストに西田選手が入り、先発マスクは井野捕手

選手公示では、石川投手とともに田代選手が上がって、武内選手が抹消されました。

ところで、今日のデーゲームで田中広輔選手が盗塁を決め、32盗塁となり、
山田哲人選手に並びました。
同数なので山田選手の盗塁王は確定ですが、
二人同時タイトルよりは、
単独で盗塁王になってほしいと願うのがファンの正直な気持ち
どうか、残り試合で盗塁を決めてほしいと期待しています。


試合経過は ニッカンスコア 

初回、石川投手は先頭の糸原選手をセカンド内野安打で出しますが、
後続を打ち取ります。

1回裏、坂口、山田選手の連打で無死1、2塁から、
バレンティン選手がライト線へのタイムリー2塁打を放ちヤクルトが先制!1-0
なおも無死2、3塁で、雄平選手がライト前タイムリーヒットで2-0
山田くん、これで128得点。あと1点で歴代4位、あと2点で歴代3位に並びます。
このあと、1死1、3塁から、西浦選手がレフトへ犠牲フライを運び3-0
ヤクルトは初回に4連打と犠飛で3点奪いました。

2回、石川投手は三者凡退に抑えます。

2回裏、西田、井野選手に連打後、石川投手が送りバントを決め1死2、3塁
坂口選手のショートへの打球がフィルダースチョイスとなり、
3塁から西田選手がホームに滑り込み4-0(阪神のリクエスト失敗)
山田選手はサードゴロで、3塁ランナー井野捕手が走塁死で2死1、3塁
山田くんに盗塁してほしいと願いましたが走らず、バレンティン選手も倒れ3アウト

3回表裏、両チーム三者凡退

4回、石川投手はこの回も三者凡退
初回に先頭を内野安打で出したのみで、好投が続いています。

4回裏、ヤクルトも三者凡退

5回、坂口選手に代わり、センターに塩見選手が入ります。
石川投手は先頭の梅野捕手に三遊間を抜けるヒットを打たれます。
初回以来のランナーを許しました。
ナバーロ選手に四球を与え無死1、2塁
続く中谷選手はショートゴロ併殺打で2死3塁
植田選手に四球を与え2死1、3塁
代打の俊介選手を、山田選手の好守でセカンドゴロに打ち取り得点を許しません。

5回裏、阪神は望月投手が登板
1死後、バレンティン選手が37号ソロ弾をライトスタンドに放り込み5-0
バレンティン選手が、ここへ来て調子を上げてきました。
ソト選手が今日40号を打ち本塁打トップに立ちましたが、
まだ届く可能性は無きにしもあらず。

6回、ヤクルトは大下佑馬投手に交代、セカンドに奥村選手
先頭の糸原選手にライト前ヒットを打たれますが、
1死後、陽川選手をショートゴロ併殺打に仕留め3アウト

6回裏、望月投手の前に三者凡退

7回、大下投手続投。1塁に荒木選手、マスクは西田捕手
先頭を四球で出しますが、
梅野捕手をショートゴロ併殺打に打ち取り2死ランナーなし
後続も抑え3アウト
阪神はここまで3併殺打、すべてショートゴロ併殺打となっています。
西浦選手の守備の安定感が頼もしいですね。

7回裏、阪神は岩崎投手が登板
1死後、23打数ノーヒットが続く塩見投手が、
25打席目にライト前にプロ初ヒットを放ちます。
ラッキーな打球でライト前ポテンで2塁打となります。
これまではいい当たりがことごとく正面に飛んでアウトになっていましたが、
今日は当たりは悪いながら、ついに初ヒットとなりました。
おめでとうございます。

1死2塁で、廣岡選手のサードゴロで3塁へ進みます。
訂正→進まず、2塁のままでした。進んだものと思い込んでいました。
ここで、バレンティン選手がセンター前タイムリーヒットを放ち6-0
(このヒットで2塁から塩見選手が生還しました)
代走は田代選手
バレンティン選手は今日3安打猛打賞で3打点。打点は128打点となりました。
雄平選手はファーストゴロで3アウト

8回、ヤクルトは最優秀中継ぎ投手が確定の近藤一樹投手が登板
レフトに田代将太郎選手
先頭の板山選手がセカンド内野安打で出塁
奥村選手が好守を見せ、小川監督がリクエストしますが、
判定通りセーフとなります。
1死後、代打の原口選手の打球を
レフトの田代選手がジャンピングキャッチのファインプレ―で2死1塁
糸原選手にライト前ヒットを打たれ2死1、2塁も、
島田選手をセカンドゴロに打ち取り無失点に抑えます。

8回裏、阪神は岡本投手
ヤクルトは三者凡退

9回、ヤクルトは風張投手が登板
きっちり3人締めでゲームセット

ヤクルトが4投手の完封リレーで6-0で阪神に快勝しました。
先発した石川雅規投手が7勝目をあげました。

e0222575_23435100.jpg


石川投手は5回87球を投げ2安打無失点のナイスピッチング!
ゴロアウトが8個とカツオくんらしい打たせて取る投球が見事でした。
これで7勝6敗となり、今季ラスト投で勝ち越し星となりました。
おめでとうございます。よかったです♪
カツオくんは、今季初のお立ち台となりました。

6回からは大下(2回)ー近藤―風張投手と無失点リレー
今日は内外野とも守備もよかったですね。

ヤクルトは10月に入って負けなしの5連勝!貯金は9となりました。
今なら広島より強いかもしれませんね。

青木選手が太ももを痛めて抹消となりましたが、
2位確定後は、CSを見据えて、スタメン、控えをいろいろ試すオーダーでも、
きっちり勝っているのが素晴らしいですね。
疲れているはずのリリーフ陣も、しっかり抑えています。

残り2試合も勝って、より一層CSへの弾みとなればと願います。
山田くんは、遠慮しないで、あと一つでも盗塁を決め、
単独での盗塁王のタイトル獲得を目指してほしいと思います。
このまま走らず、もしも、田中広輔選手と同時タイトルになってしまうようなら、
来年からは、盗塁成功率が高い方が盗塁王になるよう
規定を改正してほしいものです!

by misty2011 | 2018-10-07 21:24 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011