2018年 10月 30日 ( 1 )

日本シリーズは、広島カープが1勝1分けで、今日から福岡ヤフオクドームに移って、
3戦目が行われました。

試合経過は ニッカンスコア

先発はソフトバンクがミランダ投手、広島は九里亜蓮投手

先制したのはソフトバンク
4回1死後、柳田、デスパイネ選手が連続四球後、
中村晃選手がライト前にタイムリーヒットを放ち1点先制!
2死後、今宮選手がレフトへタイムリーヒットを放ち2-0とします。

広島は5回、安部友裕選手がライトスタンドへソロホームランを運び2-1

5回裏、ソフトバンクは上林、グラシアル選手がヒットで1死1、3塁から
柳田選手のファーストゴロをメヒア選手が2塁へ悪送球して、
その間に3塁ランナーが生還して3-1

1死1、3塁となり、ここで、広島はヘルウェグ投手に交代
デスパイネ選手のショートゴロで、3塁ランナーが生還して4-1
この回、ソフトバンクは二つの内野ゴロで渋く2点を奪いました。

6回表、鈴木誠也選手がシリーズ1号ソロホームランを放ち4-2
このあと、松山、野間選手がヒットでチャンスメイクし、
曾澤捕手がライトへタイムリーヒットを放ち4-3と1点差に

6回裏、広島は岡田投手に交代
2死後、明石、グラシアル選手が連打で2死1、3塁となり、
柳田悠岐選手のサードへのタイムリー内野安打で5-3
つづくデスパイネ選手がライトスタンドへシリーズ1号3ランホームランを放り込み
8-3とリードを広げます。


7回裏には、途中からマスクを被った高谷捕手がライトへソロ弾を運び9-3
6点差となり、これで今日はソフトバンクの勝ちが決まったかと思いましたが、
広島が追いあげてきます。

8回、加治屋投手から鈴木誠也選手が2打席連続となる2号ソロ弾を放ち9-4
1死後、バティスタ選手がヒット、野間選手は四球、曾澤捕手はヒットで
1死満塁となり、ここで、安部友裕選手が今日2本目となる2号満塁弾を
ライトスタンドに放り込み9-8と1点差
に迫ります。
まさかまさかのグランドスラムでしたね。驚きました!

写真は昨年5月11日神宮 安部友裕選手
e0222575_0135934.jpg


9回、1点リードでソフトバンクは守護神・森唯斗投手が登板
鈴木、バティスタ選手にヒットを打たれますが、
最後は野間選手をファーストゴロに打ち取りゲームセット

ソフトバンクが9-8で辛くも逃げ切り
対戦成績を1勝1敗1分けの5分に戻しました。

今日は両チーム合わせて6本のホームランが飛び出すなど、
広島は16安打、ソフトバンクは12安打の打撃戦となり、
最後までもつれましたが、ソフトバンクが何とか1点差で逃げ切りました。

7回裏には9-3と6点差がついたので、もう決まったと思いましたが、
そこからのカープの反撃が凄かったですね。
逆転されるんじゃないかと思いました。

鈴木誠也選手が打撃好調で2本塁打など3安打猛打賞で2打点
そして、恐怖のラストバッター安部友裕選手がソロ弾と満塁弾の2発で5打点の大暴れ!

ヒット数では広島が上回りましたが、好調の4番鈴木誠也選手の活躍の一方、
3番の丸選手はシーズン終盤からの不調が続いていて、
今日も5タコ4三振と大ブレーキ!
とにかくバットを振っても球にかすりもしない三振ばかり。
どうしちゃったの!?丸ちゃんって感じですね。
3番で打線を切るので、好調の鈴木選手につながりません。

明日以降、丸選手の打順をどうするでしょう?
まあ、いじらないとは思いますが、短期決戦で、ここまで打てないと深刻ですね。

ソフトバンクは本拠地に戻って、ようやく打線にエンジンがかかり始めました。
デスパイネ選手に待望の一発、それも3ランが飛びだしました。
また、不振だった柳田選手にも内野安打の他、レフト線への2塁打が出ました。
中村晃選手には勝負強さが戻ってきました。
伏兵の高谷捕手の一発も、終わってみれば大きな価値がありましたね。

1勝1敗となり、明日はどちらにとっても非常に大事な一戦となります。
広島の先発は野村祐輔投手なので、
今年の野村投手なら、ソフトバンク打線は、ある程度打てるのではないかと思います。
ソフトバンクとしては、ヤフオクドームでは、
すべて勝つつもりで戦わないと厳しいかもしれませんね。

それにしても、逆転のカープは最後まで手をゆるめないので、
点差があっても安心できません。
やはり底力はセ・リーグではダントツでしょう。
鈴木誠也選手を、これ以上、乗せないようにしないと厄介ですね。

まあ、どっちが勝っても高みの見物なので、私としては気楽なものです。

by misty2011 | 2018-10-30 23:51 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011