カテゴリ:パ・リーグ( 246 )

福岡ソフトバンクホークスが3勝1敗1分けと日本一に王手をかけ、
今日はマツダスタジアムで日本シリーズ第6戦が行われました。

先発は広島がジョンソン投手、ソフトバンクはバンデンハーク投手

試合経過は ニッカンスコア

1回裏、バンデンハーク投手投手は田中広輔選手にヒットを打たれ出塁されますが、
菊池選手が送りバント失敗
このあと、2盗を甲斐捕手が刺し、広島の先制の好機を阻止します。
今日も初っ端から甲斐キャノンが炸裂して、試合の流れをカープに渡しませんでした。

2回裏にも甲斐拓也捕手は安部選手の2盗を刺し、
日本シリーズ新記録となる6連続盗塁刺を達成しました。
捕ってから投げるまでが速く、その強肩と見事な送球コントロールには感動しました。
キャッチャーに注目してシリーズを見たのは、私は古田敦也捕手以来のことです。

広島も、もう盗塁を仕掛けても無駄なのでやめれば良さそうなものなのに、
意地になっていたように感じましたね。
盗塁が勝つための手段ではなく、
甲斐捕手から一つでも盗塁を成功させるのが目的になっていたようにすら感じました。

ソフトバンクは4回、先頭の柳田選手が四球、中村晃選手がヒットで出ると、
内川選手がきっちり送りバントを決め1死2、3塁
ここで、西田選手がスクイズを決め1点先制!
広島バッテリーはスクイズに無警戒のようでしたね。

さらに5回には、好投のジョンソン投手から
グラシアル選手がレフトスタンドにソロホームランを放り込み2-0とします。

試合はそのまま2-0でソフトバンクが広島を完封
4勝1敗1分けで、2位からCSを勝ちあがったソフトバンクが、2年連続の日本一となりました。
おめでとうございます。

終わってみれば、ソフトバンクは3安打で2得点
一方、広島は4安打ながら、2度の盗塁失敗などがあり無得点
先日も、ソフトバンクの方が安打数は少ないながら、きっちり試合には勝ちました。
このへんは、ベンチワークを含め、
何度も日本一になっているソフトバンクの方が数段上でしたね。

写真は2105年10月29日神宮 工藤公康監督の優勝インタビュー
e0222575_1953593.jpg


この日本シリーズでは、結局、広島は8度盗塁を企図してすべて失敗
さらに、ソフトバンクの素晴らしい守備もあって、本塁憤死が2度など、
セ・リーグでは抜群の機動力とされた試合運びが、完全に封じられました。

シリーズのMVPには、甲斐キャノンで広島の足を完璧に封じた甲斐拓也選手が選ばれました。
おめでとうございます。

このシリーズの初戦の記事で、
最後まで一度も盗塁を許さないで終わってほしいと私の願望を書きましたが、
その通りになって、ちょっと嬉しく思います。
甲斐捕手、髙谷捕手、よく刺してくれたとの思いが強くあります。

レギュラーシーズン中、山田哲人選手と田中広輔選手の盗塁王争いの際にも触れましたが、
広島は下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるで、タイトル狙いのために、
何でもかんでも走りまくることを快く思っていなかった私としては、
今回の盗塁がすべて失敗に終わったことは「ざま~みろ!」って気分です。
つい本音が出てすみません。

パの西川遥輝選手やセの山田哲人選手のように、走っても成功率が高い選手こそ
盗塁王にふさわしい選手でしょう。
あらためて、1個差ながら、山田くんが盗塁王をとってよかったです!
盗塁技術がそれほどなくても、走る回数だけ多くて
盗塁数を稼ぎまくる選手に対して、今回、はっきりノーと答えが出たように思います。

まあ、それでも来シーズンも懲りずに走るでしょうけどね・・・。
セ・リーグには甲斐キャノンのような盗塁を刺す捕手がいないのが寂しい限りです。
巨人の小林捕手、もっと頑張ってよ~!
今回、これだけ盗塁阻止のキャッチャーが注目されたので、
ヤクルトでは、強肩の松本直樹捕手に期待したいですね。

緒方監督や選手たちがよく口にする「自分たちの野球」の集大成が、
この日本シリーズでは、守りが堅いソフトバンクの前ではなすすべなく、
すべて裏目となって出ましたね。

また、広島は田中ー菊池選手の二遊間はセではトップクラスの守備だと言われていましたが、
このシリーズでは、連係ミスが多発して、とてもそうは思えませんでした。
ソフトバンクの強肩の柳田、上林外野手もそうですが、
内外野とも、ソフトバンクの方が守りが堅かったですね。
ミスが出ませんでした。
広島の投手陣は頑張ったと思いますが、守備での差がでたシリーズだったように思います。

日本シリーズでソフトバンクにわずか1勝しかできなかったカープは、
セ・リーグでは敵なしの三連覇
早くから独走状態で、らくらく優勝しました。
どれだけ、セ・パの力の差があるんだろうと感じさせられたシリーズでもありました。

その広島に、今季は一方的にやられたヤクルトは、
まずは、来シーズンは広島と少しでも互角に戦えるよう力をつけてほしいと願います。
広島に勝てなければ、リーグ優勝云々はまだ言えないでしょうね。
まずは、カープアレルギーを払しょくしてほしいと思います。

日本シリーズが終わってみれば、パ・リーグの強さがより強く印象に残りました。
日本一のソフトバンクもペナントでは西武に敗れ2位ですからね。
今さらながら、ヤクルトが交流戦で勝率1位になれたのが不思議なくらいです。

来シーズンは、乗り越えなければいけない目標がさらに大きくなってきましたが、
チーム全体で底上げして、さらに個々の選手はレベルアップを図ってほしいと願います。

最後に、日本シリーズを戦った両チームの皆さん、お疲れさまでした。
普段は、ソフトバンクを応援することは、私はまずありませんが、
今回は、相手がカープだったので、どちらかというとソフトバンク側につきました。
4勝1敗1分けと、勝敗の差は大きくつきましたが、
接戦の試合も多く、楽しませてもらいました。
ありがとうございました。

大事なことを書き忘れていました。
引退する新井貴浩選手、お疲れさまでした。
どんな時でも、一生懸命にプレーする姿が印象に残っています。
憎めない誰からも好かれる人柄でしたね。

by misty2011 | 2018-11-03 23:35 | パ・リーグ
日本シリーズは4戦終わり、ソフトバンクホークスが昨夜の4戦目に快勝し、
2勝1敗1分けと一歩リードしました。

5戦目の先発は、両チームとも中4日で初戦と同じ投げ合いとなり、
ソフトバンクは千賀滉大投手、広島は大瀬良大地投手

今日はソフトバンクのデスパイネ選手が左ひざを痛め、ベンチから外れました。

試合経過は ニッカンスコア

先制したのは広島
2回1死後、松山選手がライトフェンス直撃の2塁打
西川選手は四球を選び、安部選手のファーストゴロで2死1、3塁
ここで、曾澤捕手がセンター前にタイムリーヒットを放ち
広島が1点先制!
続く野間選手がライトへのヒットを放ち、
2塁から安部選手がホームに走りますが、ライト上林選手の好返球でホームタッチアウト!
レーザービーム発動で2点目を阻みました。
それにしても、ソフトバンクは強肩ぞろいで守備もいいですね。

追いかけるソフトバンクは4回裏、先頭の明石選手が四球、
グラシアル選手がヒット、柳田選手が四球を選び無死満塁
つづく5番・中村晃選手がセンター前にタイムリーヒットを運び、
二者生還して2-1と逆転します。


5回表、先頭の田中広輔選手がフェンス直撃の2塁打で出塁
1死後、ソフトバンクは千賀投手からモイネロ投手に交代
ここで、丸佳浩選手がシリーズ1号となる2ランホームランをライトスタンドに放り込み
広島が2-3と逆転!

継投が裏目となりました。

5回裏、甲斐、上林選手が連続内野安打で出塁
明石選手が送りバントを決め1死2、3塁
広島は、ここで大瀬良投手からヘルウェグ投手に交代
グラシアル選手は死球で1死満塁
柳田選手はピッチャーゴロで、その間に3塁ランナーが生還して3-3の同点に!

6回表、ソフトバンクは武田翔太投手が登板
2死後、曾澤捕手がレフトスタンドに1号ソロホームランを運び3-4と再び勝ち越します。

6回裏、7回表は両チームともランナーを出しますが得点ならず。

7回裏、前の回から続投のフランスア投手から、
明石健志選手がライトテラス席に1号ソロ弾を放り込み4-4の同点に!
いやいや、フランスア投手から伏兵の一発とは驚きました。
これで、またまた試合はわからなくなりました。

8回表、2死ランナーなしで曾澤捕手を迎えたところで、
ソフトバンクは高橋礼投手から森唯斗投手に継投
見逃し三振に斬って取り3アウト

8回裏、フランスワ投手が続投で三者凡退に抑えます。

9回、森唯斗投手が続投
1死後、田中広輔選手がライト前ポテンヒットで出塁
菊池選手は送りバントで2死2塁
続く今日、ホームランとヒットで2安打の丸選手は、
捉えた打球ながらライト上林選手が追いつき好捕して3アウト
しかし、丸選手が復調してきましたね。

9回裏、フランスワ投手が、この回も続投
先頭の高田選手(今宮選手に代走で途中出場)がファースト内野安打で出塁
途中からマスクを被った髙谷捕手が送りバントを決め1死2塁
ここで、広島は中崎投手に交代
上林選手は申告敬遠で1死1、2塁
明石選手はレフトファールフライで2死となり、
グラシアル選手はサードフライでサヨナラならず。

4-4のまま、今シリーズ2度目の延長戦となります。

10回、ソフトバンクは加治屋選手が登板
先頭の鈴木誠也選手が四球で歩き、曽根選手が送りバントを決め1死2塁
バティスタ選手は空振り三振で2死となり、
安部選手はセカンドゴロで3アウト

10回裏、中崎投手続投
先頭の柳田選手がテラス席に、日本シリーズ自身初となるホームランを放り込み、
ソフトバンクが5×―4でサヨナラ勝ちとなりました。


今日、ヒットがなかったギータが最後に一振りで決めましたね。
さすが4番、千両役者の一発でした。

しかし、ヤフオクドームはホームランがポンポン飛び出し、随分狭く感じますね。
テラス席が出来てからは、神宮より狭いかと思うほどです。

写真は2015年神宮での日本シリーズより柳田悠岐選手と山田哲人選手
e0222575_2362189.jpg


これでソフトバンクは3勝1敗1分けとなり、日本一に王手をかけました。
強いですね。
日本シリーズ・ヤフオクドームでの連勝をさらに伸ばし12連勝となりました。
かたや、広島カープは敵地で3連敗となり、あとがなくなりました。

両チーム、点を取られては取り返す見ごたえのある試合で、
守備も締まったナイスゲームでしたね。
どちらも勝ちへの執念を感じました。

土曜日からはマツダスタジアムに戻ります。
最後まで、いい試合を期待しています。

by misty2011 | 2018-11-01 23:28 | パ・リーグ
今日から2018年SMBC日本シリーズが始まりました。
セ・リーグはリーグ優勝して、CSも勝ち抜いた広島東洋カープ
パ・リーグは2位からCSファイナルで首位の西武を倒して勝ち上がってきた
福岡ソフトバンクホークスとの対戦となりました。

初戦は広島カープの本拠地マツダスタジアムで行われましたが、
まあ、初戦からがっぷり四つの緊迫した試合となりました。

見ている分には、どちらが勝ってもいいので、気楽に見始めましたが、
さすが、日本シリーズ、両者譲らぬ痺れる展開となり、引き込まれました。

試合経過は ニッカンスコア

先制したのは広島
初回、菊池涼介選手がソフトバンク先発の千賀投手から
先制のソロホームランを放ち1点先制!
このあと、丸選手が四球で歩き、鈴木誠也選手のライトへのヒットで1死1、2塁から
松山選手がライト前にタイムリーヒットを放ち2-0とします。

ソフトバンクは4回まで大瀬良投手の前にノーヒットに抑えられます。
5回、先頭の中村晃選手がチーム初ヒット
内川選手もヒットで続き無死1、3塁のチャンス
このあと、サードゴロとピッチャーゴロで2死2、3塁となり、
千賀投手の代打・デスパイネ選手がセカンドへの内野安打を放ち、
これを菊池選手が1塁へ悪送球して、1塁松山選手が捕球できず、
その間にランナーが二者生還して2-2の同点に追いつきます。
名手・菊池選手に手痛い送球ミスが出ました。(記録は松山選手に失策がつきました)

このあと、両チームとも小刻みな投手継投で得点を許しません。
2-2のまま延長に入りますが、
両チームともチャンスはありながらも、お互いの投手陣が踏ん張り、
あと1本が出ないまま、延長12回2-2の引き分けに終わりました。

初戦から延長戦となり、試合時間は4時間38分の熱戦となりました。
なかなか見応えがありましたね。

今日はメジャーのワールドシリーズでもドジャースとレッドソックス戦が
延長18回7時間20分の死闘となり、
こちらは18回裏にドジャースがサヨナラ勝ちとなりました。
この試合も、しばらく見ていましたが、今日は日米とも、長く痺れる試合でした。

広島とソフトバンクの日本シリーズは、私はどちらのチームも好きではありませんが、
川島慶三選手がいる分、ソフトバンク寄りで見ていました。
あと、広島は、どうも一部のファンが増長しているのが目につくので、
その意味で、応援する気がしません。

その川島慶三選手は、途中から代打で出場し、2安打1四球と3度出塁の活躍
クライマックスから好調をキープして、ラッキーボーイ的な存在となっています。
基本的には慶三君のスタメンは左投手先発の時ですが、
今日は右投手からもヒットを打ったので、
この際、相手の右左関係なくスタメンでいいように思いましたね。
そのくらい、打線の中ではつなぐ貴重な存在となっています。

写真は2015年神宮 日本シリーズでの川島慶三選手 
現在、背番号は「4」になっています。
e0222575_15432669.jpg


それにしても、ソフトバンクは、思ったほど打てませんでしたね。
特に、1番バッターの上林選手が6打数ノーヒット、うち4三振と大ブレーキ
柳田選手も四死球の他は3打数ノーヒット(2三振)でした。
全体的に、鷹打線は西武を倒した時ほどの勢いがまだ出ていません。
それだけ、広島の投手陣がいいってことなんでしょう。
明日からは、もう少し打線が活発になってほしいですね。
それから、ソフトバンクの甲斐、高谷捕手とも、カープの盗塁を刺したのは見事でした。

日本シリーズが開幕して、
この時季まで、野球をやっている両チームが改めて羨ましく思いました。
ヤクルトの選手たちも見ていたことでしょうね!?
来季は、この舞台に立てるよう願っています。

by misty2011 | 2018-10-28 00:20 | パ・リーグ
辛いですね・・・。

開幕から最後まで首位を守り通し、
日本一に輝いた2008年以来、10年ぶりにリーグ優勝を果たした埼玉西武ライオンズが
CSファイナルステージで、ソフトバンクホークスに2勝4敗で敗れ、
(そのうち1勝はアドバンテージぶん)
日本シリーズ進出はなりませんでした。

以前から、私はパ・リーグではゆるいながら西武を応援していましたが、
最後は残酷なまでの結末となり、非常に落胆しています。

ある意味、ヤクルトがCSファーストステージで敗退した時よりも
私のショックは大きいかもしれません。

西武ライオンズは、ソフトバンクとCSファイナルで5試合戦って、
得点は28点、かたや失点は何と44失点
いくら打っても、投手陣が打たれまくっては勝ち目はありませんでした。

打線は水もの、相手投手が良ければ、そうは点が取れません。
短期決戦は、やはり投手陣がよくないと厳しいですね。

「強力打線」は名ばかりで、
ヤクルトは、CSファーストステージ2試合で、わずか4安打1得点
2戦目は菅野投手にノーヒットノーランを喰らいました。

勝ち上がったその巨人は、CSファイナルでは、
菅野投手の出番がないまま3連敗で、あっさり広島に敗れました。
まあ、巨人は借金を抱えたチームで、しかも広島との相性も悪かったので、
負けるべくして負けたということでしょう。

ヤクルトが、もしファイナルに出ていたとしても、
ほぼ同じ結果だったように思います。
ファイナルに行けなかったのは悔しいですが、
まあ、結果は見えていたので、
その意味で、今日の西武の敗退ほどのショックはなかったということです。

短期決戦では、必ずと言っていいほどシリーズ男、逆シリーズ男がいて、
試合の勝敗を大きく左右します。
今回は、西武で言うと、好打者の秋山翔吾選手や、
ホームランバッターのおかわり君でしたね。
ただ、秋山選手は守備はさすがで、再三の好守で失点を防ぎました。

最後の今日の試合で、秋山選手は、ようやくらしいヒットが出て、
おかわり君には、9回裏2死からのホームランが飛び出しましたが、
いかんせん遅すぎました。
タラればですが、もし、今日、西武が勝って、6戦目の明日までもつれたら、
面白い試合になったかもしれません?

そもそも、西武はエースの菊池雄星投手がソフトバンクを大の苦手としていたのが、
ファイナルでも顕著に出ましたね、
初戦の先発に持ってきて、そこからつまずいた感があります。

試合後、ソフトバンクの表彰などが執り行われたあと、
お通夜状態の気まずい雰囲気の中、西武の最終戦セレモニーが行われましたが、
挨拶に立った辻監督は、頭を抱えたまま号泣して、しばらく言葉が出ませんでした。
胸が詰まりましたね・・・。
リーグ優勝から一転、今日の敗戦はどれだけ悔しくて、無念だったことでしょう。
ナインの中にも涙をこらえきれない選手がいました。

そんな中、菊池投手は笑顔もあって、ちょっと場違いな感じを受けました。
どういう心境だったんでしょう?
忘れ物を残したまま、ホントにポスティングでメジャーに旅立つんでしょうか?
浅村選手もFAで出ていく可能性があります。
炭谷捕手もですね。
来シーズンは、もしかして戦力ダウンになる可能性だってあります。
やっぱり、今年こそ日本シリーズに出てほしかったですね。

写真は昨年9月8日メットライフドーム 山川穂高選手 
今回のCSファイナルでは2本のホームランを打ちましたが、いずれもソロ弾
打率も低く、チャンスでは打てませんでした。
e0222575_20304338.jpg



ということで、日本シリーズは広島カープ対ソフトバンクホークスの戦いとなりました。
CSのMVPに輝いた柳田悠岐選手は、広島出身で大のカープファンなので、
対戦できることを心待ちにしていたことでしょう。
私は、どちらのチームも好きじゃないので、正直、日本シリーズへの興味は薄れました。

しかし、リーグ優勝したチームがCSで敗退すると、ダメージが半端ないですね。
応援しているチームが、こうなるとメチャクチャつらいものだと、
今回でわかりました。

日本シリーズに行けなかったからって、
決してリーグ優勝が色あせるものでないと頭では理解していても、
実際にこうなると、何だか、今はまだ気持ちの整理がつきません。

2015年、リーグ優勝したヤクルトは、CSを無事勝ち上がって、
ホントによかったと、今さらながら思いました。

かつては、ソフトバンクも同じ目にあっていることだし、
昨年の広島だって、DeNAにやられて辛酸をなめましたからね。
そこから、また気持ちを立て直して、
西武も同じく、来シーズンへの雪辱へとつなげてくれたらと思います。
まずは、投手陣の整備でしょうね。

1年間、本当にお疲れさまでした。

by misty2011 | 2018-10-21 20:07 | パ・リーグ
2016日本シリーズは、第5戦まで終わって、
北海道日本ハムファイターズが3勝2敗と広島カープに王手をかけました。

今日からは再びマツダスタジアムに戻り、第6戦を戦います。
日本ハムファイターズがこのまま押し切って日本一を決めるか、それとも広島が意地を見せるか、
注目の一戦となりました。

先発は、広島カープが野村祐輔投手、日本ハムは大谷投手ではなく増井浩俊投手
大谷選手は、打者としてもスタメンに名前はありませんでした。
今日、優勝が決まりそうなら胴上げ投手となるのでしょうか?
負ければ、第7戦の先発でしょうか。

と、ここまで試合前に書きました。
大谷選手は、8回に代打要員でネクストサークルに立ちましたが、結局、今日は試合に出ることなく、
日本一が決まりました。

試合経過は ニッカンスコア

試合は初回から動きます。
1回表、ファイターズは先頭の西川選手が3塁打で出ると、中島選手は四球で無死1、3塁から、
岡大海選手のショート内野安打で日本ハムが1点先制!

2回裏、広島は、松山、鈴木選手の連打後、増井投手の暴投で1-1の同点に。
このあと、レアード選手のエラーで広島が2-1と勝ち越します。

ファイターズは4回、田中賢介選手のタイムリーヒットで同点に追いつくと、
西川遥輝選手のタイムリー3塁打で4-2と2点リード
西川選手はサヨナラ満塁弾から、見違えるようにバットが振れてきました。

日本ハムは、増井投手を3回で早くも下げ、4回から鍵谷投手が登板
5回に丸選手にソロホームランを浴び4-3と1点差。

日本ハムは6回、石井→井口投手の継投しますが、
2死2、3塁から下水流選手の内野安打と、大野捕手の連係ミスで4-4の同点に追いつかれます。

広島はヘーゲンズ投手が5回から登板し、6回まで0点に抑え、
7回は今村投手が無失点に抑えます。
ファイターズは7回裏、バース投手がきっちり三者凡退に抑え流れを作ります。

8回、広島はジャクソン投手が登板
2死ランナーなしから、西川、中島、岡選手の3連打で2死満塁
ここで、中田翔選手が押し出しの四球をもぎ取り5-4と勝ち越します。
さらに、5番に入ったバース投手のタイムリーヒットで6-4
つづくレアード選手が、ジャクソン投手から満塁ホームランを放ち10-4と試合を決めました。

8回裏はバース投手が3人で片付け
9回は谷元投手が締めゲームセット
北海道日本ハムファイターズが10-4で広島カープを下し、
10年ぶり3度目の日本一に輝きました。おめでとうございます。

画像は、9月1日東京ドームでのファイターズ戦入場の際にプレゼントされたクリアファイル
e0222575_2340448.jpg


優勝の瞬間、陽岱鋼選手が号泣していた姿が印象的でした。
FAのことやらあるので、感無量だったんでしょうね。

10年前の2006年、私は当時、日本一を花道に引退した新庄剛志選手のファンサイトをやっていたので、
札幌ドームで日本一が決まった試合を観戦していました。
ファイターズはあれ以来の日本一なんですね。感慨深いものがあります。
引退する武田勝投手は、その日本一のメンバーでした。
有言実行の「勝さんのために日本一!」本当によかったですね。おめでとうございます。

今年の優勝メンバーで、2006年当時からファイターズにいた選手は、武田勝さん以外だと、
武田久投手、田中賢介、陽岱鋼、飯山裕志選手がいます。
若い選手が多い中、長くファイターズで頑張ってきてよかったですね。
彼らにとっては2度目の日本一、おめでとうございます。

MVPは、シーリズ3本のホームランを放ったレア―ド選手でした。
おめでとうございます。いいところで、試合を決める一発が出て頼もしかったです。

写真は9月1日東京ドーム
e0222575_2042391.jpg


MVPには選ばれませんでしたが、投手では、リリーフで好投しシリーズ3勝、
今日はタイムリーヒットも放ったバース選手がMVP級の活躍だったと思います。
バース投手は、優秀選手賞を獲得しました。おめでとうざいます。
そのほか、西川遥輝選手と中田翔選手が優秀選手賞、
まだエルドレッド選手が敢闘選手賞を受賞しました。


セ・リーグの覇者、広島カープは初戦、2戦目と圧勝して、さすが強いと思いましたが、
3戦目からは競り負け、結局第7戦はなくなり、
引退する黒田投手の2度目の登板がないままシリーズが終わりました。
お疲れさまでした。

広島の方が、五分に追いつかれて以降、緒方監督の采配に焦りが感じられました。
カープは、自慢のリリーフ陣が連投に次ぐ連投で、試合終盤に打ちこまれましたね。
栗山監督の方が、落ち着いていて、また思い切った采配ができていたように感じました。
リリーフ陣も、バース投手を筆頭に、競った場面でも好投しました。
その差が出たでしょうね。

どちらが日本一になってもおかしくない両チームの戦いは、
部外者が見ていても、特に3戦目以降は、しびれる展開が多くて面白かったです。

来年、ヤクルトは、まずは投手陣を整備して、
守りの面でもしっかり戦えるチームになってほしいと願います。

by misty2011 | 2016-10-30 00:04 | パ・リーグ
2016日本シリーズは、北海道日本ハムファイターズが本拠地・札幌ドームで2連勝して
対戦成績を2勝2敗の五分としました。

広島カープが初戦、2戦目と圧勝したときは、このままストレートで決まるのではないかと思いましたが、
さすがにパ・リーグの覇者が底力を発揮してきました。

第5戦は、両チームにとって、今シリーズでも最も重要な試合となるでしょう。
先発は日本ハムが加藤貴之投手、広島は中4日でジョンソン投手を持ってきました。
日本ハムは先発マスクに、シリーズ初めて市川友也捕手をスタメン起用。
大野捕手が、リード、打撃、守りとも精彩がないので、この方が私はいいと思います。

試合経過は ニッカンスコア

先発したルーキーの加藤投手は、CS同様、立ち上がりからピンチの連続
先頭の田中選手がヒット、送りバント後、丸選手もヒットで1死1、3塁
エルドレッド選手は打ち取りますが、鈴木誠也選手にセンターへはじき返され、広島が1点先制。

加藤投手は、2回も、先頭の小窪選手に四球、下水流選手にレフトフェンス直撃の2塁打を浴び無死2、3塁
1死後、田中選手に四球を与え1死満塁となったところで、早くも日本ハムはメンドーサ投手に交代。

ここで、メンドーサ投手が菊池選手をサードゴロ、丸選手を空振り三振に斬って取り、
無失点で切り抜けます。
早い回の登板で、厳しい局面でしたが、見事なリリーフでした。

この後、ジョンソン投手とメンドーサ投手が両者譲らず好投で0が並びます。
ジョンソン投手は、相変わらず安定したピッチング、
メンドーサ投手は、低めにコントロールよく投げ、カープ打線はゴロの山を築きます。
こんなことなら、メンドーサ投手が先発していれば・・・と思いました。

カープは7回からジョンソン投手に代わり、2番手で今村猛投手が登板。
ファイターズにとっては、5連投の今村投手に代わってくれてよかったかもしれません。
まず、先頭の田中賢介選手が四球を選び、市川捕手が送って1死2塁
中島卓也選手がレフト前ヒットで1死1、3塁から、
岡大海選手がセンターへ犠牲フライを運び、1-1の同点に追いつきます。
やや浅めのセンターフライでしたが、3塁の白井コーチが思い切って賢介選手を走らせました。

8回は谷元投手が無失点に抑えます。
その裏、カープは昨日打たれたジャクソン投手が、
日ハムクリーンナップをきっちり三者凡退に抑え笑顔がこぼれます。

9回、ファイターズはバース投手が登板
先頭の新井選手にヒットを打たれますが、こちらも0点に抑えます。

その裏、広島は中崎投手が登板
1死後、田中賢介選手が四球で歩き、市川捕手が送って2死2塁
中島選手はピッチャーへの内野安打で2死1、3塁
岡選手はお尻(訂正)にデッドボールを受け、中崎投手に怒りをあらわにし、
両軍の選手がベンチから出てきて一触即発状態も、乱闘騒ぎには至らず、すぐ収まります。

2死満塁となり、ここで、このシリーズ当たりが出ていない西川遥輝選手が打席に。
西川選手は、2球目のストレートを迷いなく振りぬくと、
打球はぐんぐん伸びてライトスタンドへ飛び込むサヨナラ満塁弾!!

日本ハムファイターズが、西川遥輝選手の起死回生のサヨナラ満塁弾で、5×-1で勝利!
2敗から始まった日本シリーズでしたが、本拠地・札幌ドームで3連勝となり、
ファイターズが、ついに王手をかけました。おめでとうございます。

それにしても、サヨナラ満塁弾とは劇的過ぎました。
シリーズ入って、不振だった西川選手は、これで吹っ切れるでしょうね。
今日で一気に取り戻しました。よかったですね。
リーグ打率2位で、よく打ってよく走ってチームをけん引していた西川選手に当たりが戻れば、
ファイターズはノッていけそうです。

写真は9月1日東京ドーム 西川遥輝選手
e0222575_20274259.jpg



それにしても、ファイターズは、本拠地3連勝のうち、2つがサヨナラ勝ちとは恐れ入りました。
しかも、日替わりヒーローで、順に大谷選手、レアード選手、そして今日の西川選手。
勢いがつく勝ち方ですね。

今年の日本シリーズは、今のところすべてホームチームが勝利の内弁慶シリーズとなりました。
王手をかけた日本ハムが有利には違いありませんが、1日置いて、今度はマツダスタジアムで2連戦。
どういう結末が待ち受けているのでしょう?想像もつきません。

広島カープとしては、中4日でジョンソン投手を先発させて勝てなかったのは誤算でしょうね。
カープのほうに焦りを感じます。
得点できるシーンは、もっとありましたが、結局、初回の1点のみでした。
あの強力打線のカープ打線が打てませんでした。
それもこれも、2番手でロングリリーフしたメンドーサ投手の好投が大きかったですね。
今日の、もう一人のヒーローです。ナイスピッチング、おめでとうございます。

広島が連勝したときは、すぐに終わるシリーズかと思いましたが、盛り上がってきました。
土日の試合を楽しみにしています。

by misty2011 | 2016-10-27 23:06 | パ・リーグ
昨夜は本拠地・札幌ドームで、大谷翔平選手が延長10回、サヨナラヒットを放ち、
シリーズ初勝利に湧いた北海道日本ハムファイターズ
2戦目までは広島の完勝だったので、ようやく日本シリーズが面白くなってきました。

第4戦の先発は、ファイターズが高梨裕稔投手、広島カープは岡田明丈投手

試合経過は ニッカンスコア

日本ハムファイターズは、初回から3回まで、毎回ランナーを出しながらも、
あと1本が出ず得点できません。

一方、ファイターズ先発の高梨投手は3回までカープ打線をノーヒットに抑える力投。
ストレートにキレがありました。

しかし4回、先頭の丸選手を四球で出し、盗塁を刺した1死後、
再び新井選手に四球を与え出塁を許します。
鈴木選手を打ちとり2死となり、エルドレッド選手がフライを打ち上げ3アウトのはずが、
ライトの近藤選手がこれを落球。
新井選手が1塁から激走して一気にホームまで走り、広島が1点先制!

高梨投手はノーヒットながら、味方エラーで1点失いました。
何でもないフライでしたが、セカンド、センター、ライトがちょっとお見合いする感じで、
慌てて近藤選手が捕りに来ました、捕球できませんでした。
センターとライトの連係ミスによる失点。
普通はセンターが声をかけて捕球する打球でしょうね。
これは高梨投手がかわいそう。

日本ハムは6回から高梨投手からバース投手に交代。
1安打されますが無失点に抑えます。

その裏、ファイターズは先頭の中田翔選手が、岡田投手の投じた初球のスライダーを捉え、
レフトスタンドへソロホームランを放り込み1-1の同点に!
4番の価値ある同点弾でした。

7回裏、日本ハムは田中選手のエラーで大野捕手が出塁(代走は谷口選手)
しかし、後続がこの回から代わった今村投手に抑えられます。

日本ハムは8回から、谷元投手-市川捕手のバッテリーに交代
先頭の新井選手に四球を与えると(代走は赤松選手)、
広島は5番の鈴木誠也選手に送りバントを命じますが、ファールで送れず、
結局ライトフライに倒れます。
エルドレッド選手もライトフライで2死となり、赤松選手が2盗を試みますが、
市川捕手が刺し3アウトチェンジ!

その裏、広島はジャクソン投手が登板
1死後、中田選手が四球で出塁。
近藤選手が倒れ2死となりますが、
ここでレアード選手がバックスクリーンへ2ランホームランを叩き込み、
ファイターズが3-1と勝ち越します。
初戦以来のシリーズ2本目となるレアード選手の素晴らしい一撃でした。
最高に美味しいお寿司が握れましたね!

写真は9月1日東京ドーム レアード選手
e0222575_2074468.jpg



2点リードで9回は宮西投手が登板
ライトに回った岡選手のファインプレーもあって2死となりますが、
會澤選手に四球を与えると、田中、菊池選手に連打され2死満塁のピンチを招きます。
しかし、最後は丸選手を空振り三振に仕留めゲームセット!
日本ハムファイターズが3-1で広島カープを下し、対戦成績が2勝2敗のタイとなりました。

ファイターズは、序盤のチャンスを潰しまくり、
好投の高梨投手は味方エラーで先制され、悪い流れでしたが、
中田翔選手の一振りで同点に追いつくと、
ホームラン王のレアード選手のここぞの勝ち越し2ランで、4戦目をモノにしました。
どちらも点が取れないこういう試合展開になると、やはり一発の力は大きいですね。

なお、大谷選手は今日は4打数ノーヒットに終わりました。

一方、カープは、昨日あたりから緒方采配に狂いが生じてきています。
昨夜は大谷選手敬遠で中田選手に打たれ、延長ではその大谷選手と勝負してサヨナラ打。

今日は、8回の攻撃で、5番の鈴木誠也選手に普段はやらせない送りバントを指示し、
結局、遅れずライトフライに倒れました。
また、代走の赤松選手がこの回、盗塁失敗、丸選手も4回に盗塁失敗など、
攻撃のリズムが作れませんでした。

また、3試合連続ホームランのエルドレッド選手を、
今日は最初の打席で、高梨投手がインハイにストレートを投げ、きっちり空振り三振に仕留めました。
そのあとの打席で、1安打されましたが、シングルヒットで大けがには至りませんでした。
やはり、エルドレッド選手にはインハイに投げておくべきです。
もっと早くからこれができていれば、3試合連続で打たれることはなかったと思います。

今日、日本ハムが勝って、高見の見物で気楽に見ている者としては、ますます面白くなってきました。
明日も、日本シリーズにふさわしい、いい試合を期待しています。

by misty2011 | 2016-10-26 23:10 | パ・リーグ
2016日本シリーズは、ここまで2戦終了し、2勝した広島カープの強さだけが目立っています。

今日から札幌ドームに舞台を移して、第3戦が行われました。
先発は、北海道日本ハムファイターズが有原航平投手
広島は日本シリーズを最後に引退する黒田博樹投手


試合経過は ニッカンスコア

先制したのは日本ハム
初回1死後、近藤選手がヒット、大谷選手がレフトへの2塁打で1死2、3塁から、
中田翔選手のショートゴロの間に1点先制!

直後の2回、1死後、鈴木誠也選手がレフト前ヒットで出ると、
エルドレッド選手がライトへ2ランホームランを放り込み1-2とあっさり逆転!
今日もまた、インサイドに1球も投げず、真ん中から外の球ばかりを投げ、餌食となりました。
全くバッテリーは何も学習してないことに、私はあきれました。

4回裏、大谷選手が黒田投手から今度は右中間へ2塁打を放ちますが、後続が倒れます。

6回裏、黒田投手は大谷選手をレフトフライに打ちとり2アウトとなったところで、
アクシデント発生で、一旦ベンチに下がり再び出てきますが、続投を断念して降板。
急きょ、ヘーゲンズ投手に交代して、中田選手を打ち取ります。

7回裏、広島は今村投手が登板し、ランナーを出しますが無失点。

8回、日本ハムはバッテリーごと交代で、宮西投手-市川捕手のバッテリー
こちらも無失点に抑えます。

その裏、広島はジャクソン投手が登板
先頭の中島選手が粘って四球で出ます。
西川選手の送りバントで1死2塁
近藤選手は倒れ、2死2塁で、大谷選手は敬遠され2死1、2塁となり、
中田翔選手との勝負となります。
ここで、中田選手が意地を見せ、レフトへタイムリー2塁打を放ち、2者生還して
日本ハムが3-2と逆転に成功!
3戦目で、ようやくタイムリーヒットで得点できました。

9回、1点リードでファイターズは谷元投手をマウンドに送ります。
いきなり、先頭の鈴木誠也選手に右中間へ3塁打を打たれ無死3塁のピンチ。
エルドレッド選手は三振、松山選手はショートフライに打ち取り2死までこぎつけますが、
安部友裕選手に、高めに甘く入った初球をライト前に運ばれ、土壇場で3-3の同点に追いつかれます。

その裏、大瀬良投手の前に三者凡退で、試合は延長戦に!

10回はマーティン投手が登板し、0点に抑えます。

その裏、ファイターズは1死後、西川選手が四球を選び、2死後、打席には大谷選手。
西川選手が2盗に成功して2死2塁。
大瀬良投手は大谷選手との勝負となり、カウント1-2から
大谷選手が、インコースの難しいストレートをライト前に運ぶタイムリーヒットを放ち、
日本ハムファイターズが4×-3でサヨナラ勝ちを決めました。

いやいや、ファイターズは劇的なサヨナラでしたね。
決めたのは千両役者・大谷翔平選手でした。見事というしかありません。
打者・大谷選手がファイターズにシリーズ初勝利をもたらしました。
おめでとうございます。

写真は昨年9月3日東京ドーム 大谷翔平選手と有原航平投手
e0222575_0364745.jpg



終盤、ようやく日本シリーズらしく試合が面白くなっていましたが、
最後はサヨナラヒットで、やっぱり大谷くんがすべてを持っていきました。

伏線としては、8回に大谷選手を敬遠し、広島バッテリーは中田翔選手と勝負しましたが、
そこで、4番の意地を見せた中田選手が2点タイムリーヒットを放ち、
3-2と逆転したことが大きかったですね。

延長10回は、今度は大谷選手との勝負となり、そこで大谷選手がサヨナラ打~!
今日は2塁打2本と、最後はサヨナラヒット。まさにスーパースターにふさわしい活躍でした。
あらためて、ファイターズは、二刀流・大谷翔平のチームなんですね。

日本ハムは、今日とにかく勝ってよかったです。負ければあとがなくなりますからね。
ようやく1勝で、まだ広島が優位ですが、今日のサヨナラで少しは流れが変わるかもしれません。
ようやく日本シリーズらしい試合になって、明日からが楽しみになりました。


あと、これは部外者の余計なお世話かもしれませんが、
ファイターズの大野捕手のリードは、特にエルドレッド選手に対し何も学習できてなくて疑問です。
まだ、市川捕手の方がいいような気がしました。

by misty2011 | 2016-10-25 23:33 | パ・リーグ
明日からマツダスタジアムで2016日本シリーズが開幕します。

今回は、その日本シリーズを戦うパ・リーグの覇者・北海道日本ハムファイターズの選手の写真です。

9月1日、ファイターズ主催の東京ドーム最終戦に出かけた際の写真です。

9月1日東京ドーム試合編フォトは こちら

試合前、アップに出てきた選手たち 当日はレジェンドユニフォーム着用
陽岱鋼選手 FAの動向が気になります。
e0222575_19595886.jpg


杉谷拳士選手と中田翔選手がじゃれ合っています。
e0222575_200536.jpg


e0222575_2001259.jpg


西川遥輝選手 今季は、パ・リーグ打率2位.314、盗塁41とキャリアハイの1年となりました。
日本シリーズでは西川選手がキーマンとなりそうですね。
e0222575_204126.jpg


パ・リーグ本塁打王 レアード選手
e0222575_2042391.jpg


カット、カットで粘る中島卓也選手 投げさせる球数はリーグで最も多い選手です。
e0222575_2071226.jpg


e0222575_2072283.jpg


お寿司大好きのレアード選手 中でもイクラが好きだそうです。
e0222575_2074468.jpg


杉谷拳士選手と淺間大基選手
e0222575_209565.jpg


試合直前の素振り 陽岱鋼選手
e0222575_2073588.jpg


試合前の素振り 大谷翔平選手 この日は3番DHで出場
e0222575_20141495.jpg


花束贈呈に登場の杉谷選手
e0222575_20142381.jpg


試合開始 1回裏、大谷選手はセンターへのヒットで出塁
e0222575_20445437.jpg


e0222575_20154557.jpg


e0222575_20341379.jpg


e0222575_2105938.jpg


中田翔選手
e0222575_20161891.jpg


中田選手は、当日は3ランとソロホームラン、2発4打点の活躍
e0222575_20162765.jpg


先発した増井浩俊投手 8-0でプロ初完封のナイスピッチング!6勝目 
e0222575_20171158.jpg


大谷選手、3打席目は三振
e0222575_2024292.jpg


陽岱鋼選手 1安打1四球
e0222575_20255455.jpg



試合後、外野へ挨拶に出向き戻ってくる大谷翔平選手
e0222575_20271769.jpg


サインボールの投げ入れる西川遥輝選手
e0222575_20274259.jpg


矢野謙次選手
e0222575_20275630.jpg


以上、少ないですがファイターズの選手のフォトでした。
明日の日本シリーズ初戦が楽しみです。
広島東洋カープ、北海道日本ハムファイターズ、どちらも強いので、
面白いシリーズになりそうですね。


by misty2011 | 2016-10-21 20:49 | パ・リーグ
昨日、クライマックスファイナルステージが終わり、
セ・パとも日本シリーズ進出チームが決まりました。
北海道日本ハムファイターズ対広島東洋カープの2016日本シリーズは、
10月22日(土)マツダスタジアムで開幕となります。
どんな戦いになるのか楽しみです。
昨年は、我がヤクルトスワローズが、ソフトバンクホークスに1勝4敗と完敗しましたが、
今年はどちらも強くて、最後までもつれそうな気がします。

今日は、書くこともないのと、昨夜から、過去のある記事の検索ヒット数が急増したこともあって、
このブログを始めた2011年より現在に至るまでの約6年間(途中お休みした期間もあります)で、
キーワード検索による、当ブログのヒット数の多いベスト3の記事を紹介します。

以下がベスト3です。
1位は、その中でもダントツにヒット数が多い記事です。
もう3年以上前に投稿した記事ですが、今でも毎日、少なくとも2ケタのヒット数があります。

ネット上でのトラブルが多く発生していることと大いに関係あるんでしょうね。
私が自分で「発信者情報開示」の手続きをとった際の記事です。

1.発信者情報開示請求をした結果は  (2013.03.16投稿)

結果は、情報開示されませんでした。
その後、自力で情報収集して、警察に届け出ましたが、
警察は「緊急性がない」との一点張りで、動いてくれませんでした。
相手の自宅あてに、説明を求める文書を郵送しましたが、なしのつぶて。
いまだに悔しい思いをしていますが、この件に関しては、私は相手からの説明と謝罪があるまで、
決してあきらめていません。
相手は、私以外にもネット上でトラブルを起こし、民事訴訟となりましたが、
被害者側の要求がほぼ通り、和解となっています。


2番めに多いのが、昨夜からまた検索ヒットが急増した「尾崎行雄」投手の記事です。
おそらく、昨夜のCSファイナルで大谷翔平投手がクローザーとして9回に登板し、
165キロの日本最速新記録をマークしたからと思われます?

2.「怪童」尾崎行雄さん急逝 プロ野球史上最速の投手だったと思います。 (2013.06.14投稿)

昨日の大谷翔平投手の165キロを見た上でも、私の中のプロ野球史上最速投手は、尾崎行雄さんですね。
もちろん、私がまだ子供の頃の遥か昔の記憶なので、印象が補正されているとは思いますが。
今のようなスピードガンがなかった時代なので、
実際、どのくらい尾崎投手が速いストレートを投げていたかはわかりません。
おそらく計測していたら、大谷投手よりは遅かったかもしれませんね。
ただ、一つ言えることは、テレビで見た限りの私の受ける印象が、両投手は全く異なります。

大谷投手は、癖のない綺麗なストレートというイメージ、
尾崎投手のストレートは、「唸りをあげる剛速球」というイメージ。
大谷投手のほうが、スピード自体は速いかもしれませんが、
尾崎投手の場合は、ストレートの凄味が違うんですよ。
それこそ、漫画の世界で、炎を噴き上げながら投げ込まれるストレートって感じでしょうか。

同じ浪商出身の高田繁さんも、後年
「今まで実際に見た投手の中で、真っすぐは誰がすごいの、って言ったら尾崎さんだね」と話しています。

全盛期の藤川球児投手も「火の玉ストレート」と呼ばれ、
打者がストレートとわかっていても、空振りするストレートを投げ込んでいました。
球が最後に浮き上がるような感じでしたね。

江川卓投手も、(私は失礼ながらあまり速いと思ったことがありませんでしたが、)
球がホップするような感じでしたかね。

尾崎投手は、それとも質が違います。
速さというより、やっぱり「凄味」がダントツだったように思います。


第3位は、やはり野球関連の上原投手と松坂投手を比較して感じたことを書いた記事です。
3年前、ボストン・レッドソックスがワールドチャンピオンとなり、
上原浩治投手がクローザーとして9回を締め、優勝の胴上げ投手になった直後に書いた記事です。

3.上原投手と松坂投手の現状を見るにつけ思うこと (2013.11.01投稿)

松坂大輔投手は、その後日本に復帰して、ソフトバンクホークスに入り、
今年の10月2日に10年ぶりに1軍の日本のマウンドで投げましたが、
それはもう見る影もなくひどい投球でした。

横浜高校の恩師・小倉清一郎元部長も、現在の松坂投手に対し、
フォームが悪いこと、体重管理のこと、
そして「本当の努力をプロに入ってから一度もしていない。プロ野球を舐めていた」と
手厳しい檄を送っています。
私は、復活はよほどの事がない限り厳しいのではないかと思います。

一方、上原浩治投手は、今オフに2年契約が満了してFAとなり、
レッドソックスと再契約できるかどうか、その動向が注目されています。
そして、本人の意向をくんだ上で、WBC侍ジャパンの守護神として、
小久保監督が招集に動くとの記事が出ています。

年齢は上原投手が5歳も上ですが、まだ十分現役でバリバリに投げられそうです。
プロの世界は、才能だけではやっていけません。
自己管理と努力、その差は大きいでしょうね。 

以上、当ブログのキーワード検索ヒットベスト3でした。

by misty2011 | 2016-10-17 16:36 | パ・リーグ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011