<   2018年 03月 ( 39 )   > この月の画像一覧

2018東京ヤクルトスワロ―ズは開幕戦を勝利で飾り、
小川監督率いる新体制のスワローズは「再起」に向け幸先いい船出となりました。

2戦目の先発は横浜DeNAベイスターズがバリオス投手、ヤクルトは石川雅規投手
ヤクルトのスタメンは初戦と同じ。

私は、オープン戦では機能したとは言えなかった打順に関して懐疑的でしたが、
いざ開幕すると、見事に結果を出しました。やはり素人の浅はかさだったようです。
畠山選手のスタメン復帰、雄平選手が1軍に戻って来るまでは、
しばらく、基本このオーダーで行きそうですね。

試合経過は ニッカンスコア  

初回、先頭の山田選手は外高目を見逃し三振。またかと最初から私のテンションだだ下がり。
昨日からこれで見逃し三振が3個め
もうちょっと積極的にバットを振らないと!
オープン戦でホームランやヒットを打った時は、ファーストストライクを捉えていたんですよね。
昨夜、プロ野球ニュースの高木豊さんが、かかとに体重が乗っているので、
外が遠く見えると話していましたが、そういうことなんですかね?
このあと、山崎、バレンティン選手も倒れ三者凡退

1回裏、石川投手は2死後、筒香選手を四球で出しますが、ロペス選手を打ち取ります。

2回1死後、川端選手がレフト前ヒット、坂口選手はセンターフライ
廣岡選手は右打ちのライト前ヒットで2死1、2塁
廣岡くんは、追い込まれてもこれができるようになったのは成長ですね。
山田くんに教えてあげてほしいくらい(苦笑)
中村捕手は四球を選び2死満塁
しかし、石川投手はショートゴロで先制ならず。

2回裏1死後、
石川投手は今日先発マスクの嶺井捕手にライトへソロ弾を運ばれ先制されます。0-1
続く、神里選手にライトへ2塁打を打たれますが、後続を打ち取り1点どまり。

3回、先頭の山田選手はフルカウントから四球で出塁。三振じゃないだけでもホッとします。
すかさず初球に2盗を決めます!足は健在、バットと違って思いっきりがいいですね。
山崎選手は3塁線へのバントヒットで無死1、3塁とチャンス拡大!
山崎選手も2盗を決め無死2、3塁
ここで、バレンティン選手はぼてぼてのショートゴロで、
3塁から山田選手がホームインして1-1の同点に

青木選手はお尻にデッドボールをぶつけられ1死1、3塁
川端選手はファーストゴロで、山崎選手が三本間で挟殺され2死1、2塁
坂口選手はセンター前ヒットで2死満塁。(青木選手は河田コーチが制止して3塁ストップ)
続く廣岡選手はフルカウントから押し出しの四球をもぎ取り2-1と勝ちこします。
よくボールを見極めました。

3回裏、石川投手は1番からの打順を三人で片付けます。

4回1死後、山田くんはまたまた外の球(カーブ)に反応できず見逃し三振。
振れよ!と思いますが、振っても当たらず空振りするんですよね。
山崎選手は四球を選び、バレンティン選手はライト前ヒットで2死1、2塁
実質、山崎選手がトップバッターの役割をしていますね・・・。

ここで、青木選手は右中間フェンス直撃のタイムリー2塁打を放ち、
二者生還して4-1。きっちり4番の仕事をしました。
山田くんがこんな状態なので、何とかしてくれる4番青木選手は大正解ですね。
川端選手はセカンドゴロで3アウト

その裏、石川投手は三者凡退にきっちり抑えます。

5回、DeNAはエスコバー投手に交代
先頭の坂口選手は右手の指に当たる死球で倒れますが、そのまま1塁に出ます。
ひどいですね、2試合でヤクルトはもう3個めの死球、何回ぶつけられるんでしょう。
坂口選手は2盗失敗で2死となり、石川投手は三振で3アウト
坂口選手、気丈にしていますが、大丈夫でしょうか?
念のため試合後は病院に行ってほしいですね。

5回裏、石川投手はこの回も三者凡退に抑えます。

6回、先頭の山田選手は四球で出塁。ラッキー!もうこれしかなさそう。
山崎選手は送りバントで1死2塁も、
バレンティン、青木選手が倒れ3アウト

7回、DeNAは三上投手が登板
先頭の川端選手がセンターへの2塁打で出塁 代走は藤井選手
坂口選手はセカンドゴロ進塁打で1死3塁
廣岡選手はセンターオーバーのタイムリー2塁打を放ち5-1
今日2打点!
この打順だと廣岡選手にチャンスが回ることが多く、
そこできっちり結果を出すのが頼もしいですね。感心します。

7回裏、石川投手は続投
2死後、嶺井捕手にレフトへ2塁打を打たれ、
つづく神里選手選手にレフト前にタイムリーヒットを打たれ5-2と3点差。
代打・中川選手もセンター前ヒットを打たれ2死1、2塁
この後、石川投手の2塁けん制悪送球で2死1、3塁
倉本選手にはライト前にタイムリーヒットを浴び5-3
この回、2死から4連打を浴び2死1、3塁のピンチとなり、
ここで石川投手は降板で、近藤一樹投手に継投
近藤投手は桑原選手をサードフライに打ち取り3アウト!ナイスリリーフ

8回、DeNAは砂田投手が登板
先頭の山田選手は、簡単に2ストライクと追い込まれ、サードゴロ。
2試合でまだノーヒット
山崎選手は見逃し三振。バレンティン選手も倒れ、簡単に3アウト

8回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
1塁に荒木選手が入り。レフトに坂口選手。バレンティン選手がベンチに
1死後、筒香選手にヒットを打たれますが、ロペス、宮崎選手を抑えます。

9回、砂田投手が続投
先頭から青木、藤井選手が三振に倒れ、坂口選手はセカンドゴロで3アウト
砂田投手の前に2イニングパーフェクトに抑えられました。

2点リードでヤクルトは9回裏、カラシティー投手が登板
先頭から四球、暴投、四球で無死1、2塁ののピンチを招くと、
つづく代打の柴田選手のキャッチャー前の送りバントを、
中村捕手が3塁へ送球してアウトとなり1死1、2塁
倉本選手はレフトへのライナーを坂口選手がナイスキャッチして2死となり、
最後は代打の佐野選手をセカンドゴロに打ち取りゲームセット
ヤクルトが5-3で逃げ切りました。

これでヤクルトは開幕2連勝
先発した石川雅規投手は7回途中まで投げ、
103球6安打(1HR)で3失点で今季初勝利をあげました。昨年5月以来の勝ち星です。
おめでとうございます。
2回にソロ弾を浴びましたが、3回から6回までは一人のランナーも出さないナイスピッチング
7回は連打され降板しましたが、よく投げてくれました。

カツオくんは打線の援護さえあれば、昨年のような事にはならず、ある程度勝てる投手です。
幸先よく今季初勝利、本当に良かったです。

写真は浦添キャンプより石川雅規投手 
今季初勝利で、久しぶりに笑顔のカツオくんが戻ってきました。
e0222575_1951166.jpg



打線は3回に、山田選手が四球、2盗、バントヒットで、バレンティン選手の内野ゴロで1点と、
ここでも1安打で、凡打が得点に結びつき同点に。
今年を象徴する点の取り方ですね。
この後も打線がつながり廣岡選手の押し出し四球で勝ち越し

4回には青木選手の2点タイムリー2塁打で4点目

5回には廣岡選手のタイムリー2塁打で5-1とリードを広げます。

7回には石川投手が4連打され5-3と2点差まで詰め寄られますが、
近藤ー石山投手とつなぎ、
最後はカラシティー劇場でピンチを招きましたが、辛くも逃げ切りました。
カラシティー投手は初戦とは違って不安定でしたね。
まだ、投げてみないとわからず何とも言えませんが、失点しなかったのは良かったです。

ヤクルト打線は8安打で5得点
川端選手と廣岡選手がマルチヒットで、
廣岡選手は押し出し四球とタイムリー2塁打で2打点の活躍!
青木選手の4回の2点タイムリー2塁打も見事でした。

最後に山田哲人選手について
私はオープン戦の最後のほうで、打順に関して不満を書きましたが、
これは琢朗コーチに先見の明があったと脱帽です。
今のところ、山田くんはエラーや四球で出て盗塁から得点していますが、
8、9、1番がノーヒットで、それ以外の2番から7番の打線はヒットが出てつながっています。
山田くんを主軸に置いたら、この2試合、打線が分断されて得点できなかったかもしれません。
それをも見越していたとしたら凄いことです。

山田くんは2試合で8打数ノーヒット4三振 2四球2盗塁 打点なし
つい1週間前は、調子がいいので早く開幕してほしいなんて言っていましたが、
わずかの間に調子をガクンと落としたようですね。困りました。
今の状態はオープン戦が始まったばかりの頃に被りますね。

ストライクを簡単に見逃してすぐ追い込まれ、三振を量産
特に、昨年不振時からのコンタクト率の悪さには目を覆いたくなります。
外の球は振ってもバットに当たらない、振らないと見逃し三振の悪循環
どうしたもんでしょう。
プロ1年目や1軍に定着した頃でも、こんなことはなかったんですけどね。
むしろ良かったくらいなのに・・・。

これから調子が上がるんでしょうか??
昨年のような事にはならないと思いつつ、でも昨年のことがあるので不安にもなります。
まあ、なるようにしかなりません。
そのためにも、1本はやくヒットが出たらと思います。明日こそヒットが出ますように!

チームは好調なのに、山田選手がこんな状態なので複雑な気持ちです。
とてもじゃないですが、心穏やかではいられません。

by misty2011 | 2018-03-31 18:56 | 東京ヤクルトスワローズ
今日3月30日、2018年日本プロ野球が開幕しました。

東京ヤクルトスワロ―ズは、横浜スタジアムで開幕初戦のカードを迎えます。

先発は横浜DeNAベイスターズが石田健大投手、ヤクルトはブキャナン投手

栄えある2018開幕スターティングオーダーを、毎年当ブログでは恒例となっている
浦添キャンプで撮った写真で並べてみました。

e0222575_10264215.jpg


上左から順番に(敬称略)
1番 山田哲人(セカンド)
2番 山崎晃大朗(ライト)
3番 バレンティン(レフト)
4番 青木宣親(センター)
5番 川端慎吾(サード)
6番 坂口智隆(ファースト)
7番 廣岡大志(ショート)
8番 中村悠平(キャッチャー)
9番 ブキャナン(ピッチャー)

この画像は、一応前もって用意していましたが、
私の希望とは山崎選手が違っていたので、慌てて画像を差し替えました。
オープン戦でもよく使われていたので、首脳陣の評価はいいようです。

試合経過は ニッカンスコア
日が落ちて寒い中、試合前のセレモニーが長くてダラけ気味。
さっさと初めてよと、試合前からブーたれていました。
開幕初戦は6時33分にプレーボール

まずは先頭の山田選手がショートエラーで出塁し、すかさず初球から走って2盗に成功!
山崎選手は送りバントを打ち上げ送れず、飛び出した山田選手は素早く2塁へ戻り1死2塁
バレンティン選手は四球で1死1、2塁
4番青木選手は死球で1死満塁のチャンス

5番の川端選手は浅いセンターフライで、山田くんはタッチアップして3塁へ戻り2死満塁
6番坂口選手は、レフトへタイムリー2点タイムリー2塁打を放ち
ヤクルトが2点先制!2-0
ナイスバッティング、グッチ!
なおも2死2、3塁で、廣岡選手は空振り三振に倒れ追加点ならず。
ヤクルトは相手ミスと四死球をもらい、ヒット1本で2点奪いました。

1回裏、1死後、ブキャナン投手は大和選手にレフトへヒットを打たれ、
筒香選手は打ち取りますが、ロペス選手に四球を与え2死1、2塁
宮崎選手はピッチャーゴロに打ち取り3アウト

2回、ヤクルトは中村、ブキャナン、山田選手が三者凡退。
山田くんは外ストレートに反応できず見逃し三振
石田投手、球は走っています。

2回裏、ブキャナン投手は三人で片づけます。

3回、先頭の山崎選手がストレートの四球で出塁
バレンティン選手は見逃し三振
青木選手はセカンドゴロで2死2塁
続く川端選手がライトスタンドへ今季チーム初ホームランとなる2ランを放り込み4-0
いやいや、これは恐れ入りました。
坂口選手はライト前ヒットで早くもマルチ!
廣岡選手はライト前へのポテンヒットが2塁&ライトとも捕れず2塁打となり、
送球エラーも絡んで、その間に坂口選手がホームインして5-0
中村捕手は申告敬遠で2死1、3塁
ブキャナン投手は三振で3アウト

しかし、川端選手の打った瞬間のホームランにはびっくりしました。
ホームランバッターのような美しいアーチ、素晴らしい打球でしたね。
3回で5点リードとは、ヤクルトが序盤で主導権を握りました。

3回裏、ブキャナン投手は先頭の倉本選手にセンターへのヒットを打たれますが、
後続を抑えます。

4回、先頭の山田選手はセンターフライ 
1番なので打席が早く回ってきますね。4回で早くも3打席 
山崎選手三振後、バレンティン選手はセンター前ヒット
青木選手はピッチャーゴロで3アウト

4回裏、ブキャナン投手は先頭ロペス選手にソロホームランを打たれ5-1

5回1死後、坂口選手がレフトへのヒット、今日早くも3安打猛打賞!
廣岡選手はレフト前ヒットで1死1、2塁。開幕スタメンで既にマルチ
中村、ブキャナン選手が倒れ追加点ならず。

5回裏、ブキャナン投手は先頭の楠本選手を死球で出し、
2死2塁で大和選手の1塁ヘッドスライディング判定アウトがリクエストとなり、
リプレー検証となりますが、判定通りで3アウトチェンジ。

6回、DeNAは三嶋一輝投手に交代
先頭の山田選手は外スラに見逃し三振 今日2三振目
以前から森球審のゾーンの傾向としては、右打者の外が広めなので、
微妙なコースでしたが、ストライクを取られました。
それより、その前の球を振ってほしかったですね。
山田くんはクサい球をカットできないのがね…。今年も三振は多そうかな。

山崎選手は四球で歩きますが、
バレンティン選手は3球三振で2死となり、青木選手も空振り三振で3アウト。


6回裏、ブキャナン投手は筒香選手、宮崎選手にヒットを打たれ1死1、2塁
戸柱捕手はセカンドライナーで2死となり、神里選手を空振り三振に斬って取り3アウト

7回、続投の三嶋投手から2死後、廣岡選手が四球を選んで出塁も、
中村捕手はレフトフライで3アウト

7回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板 サードは藤井選手に交代
2死後、桑原選手にレフトへ2塁打を打たれますが、大和選手を空振り三振に仕留めます。

8回、DeNAは国吉投手が登板
先頭の藤井選手がライト前ヒット
5打席目の山田選手はサードゴロ、2塁フォースアウトで1死1塁。今日ノーヒット
山崎選手は今日3個目の四球を選び1死1、2塁
バレンティン選手はセカンドライナーで2死となり、
まだヒットがない青木選手が、ここでレフト前にタイムリーヒットを放ち6-1
初ヒットが4番のタイムリーとなって、本人もほっとしたでしょうね。
なおも2死1、3塁で、代打の畠山選手は空振り三振で3アウト

8回裏、5点リードでヤクルトは秋吉亮投手が登板
先頭の筒香選手の場外大飛球がファールとなり、この後、四球を与えます。
ロペス選手は空振り三振で1死後、
宮崎選手にライトスタンドへ2ランホームランを運ばれ6-3

9回、DeNAは田中健二朗投手
先頭の坂口選手が今日4安打目となるレフト前ヒットで出塁
廣岡選手が送りバントで1死3塁から(坂口選手の代走は田代選手)、
中村捕手がセンターへ犠牲フライを運び7-3
いい形で追加点が取れました。

9回裏、4点差でヤクルトはカラシティー投手が登板
三人できっちり締めゲームセット
開幕カード初戦は、ヤクルトが7-3で横浜DeNAに快勝しました。

初の開幕投手を務めたブキャナン投手が今季初勝利、おめでとうございます。
コントロールがバラけていて構えた所に行っていませんでしたが、
球に力があったようで、DeNA打線がボール球に手を出してくれていました。
開幕試合の重圧の中、6回107球を投げ、5安打ソロ一発の1失点と好投しました。

打線は10安打で7得点と効率よい攻めでした。
何といっても、先制の2点タイムリー2塁打で2打点を挙げた坂口智隆選手が、
初回につづき4安打固め打ちの素晴らしいバッティングを魅せてくれました。
オープン戦でも打撃好調でしたが、ポイントゲッターというより
チャンスメイカーだと私は思っていましたが、
今日はポイントゲッターとチャンスメイクで、これ以上ないくらいの大活躍でした。
見事でしたね。

そして、腰痛から今季復帰の川端慎吾選手が、会心のチーム1号2ランホームランで2打点
こちらもオープン戦では打点0でしたが、それを振り払うようなスカッとした2ランでした。

また、3年目で開幕初スタメンの廣岡大志選手が2安打1四球1犠打と3回出塁の活躍
良かったですね。

2番の山崎晃大朗選手は、初回に送りバントを失敗しましたが、
その後3四球を選び、2番バッターとしての役目を果たしました。

4番の青木宣親選手も5打席目でヤクルト復帰初ヒットがタイムリーヒットとなりました。

1番の山田哲人選手は5打数ノーヒット2三振と打つ方はさっぱりでしたが、
初回に先制につながる盗塁を決めました。
また、9回最後は、山田選手の好守でゲームセットとなりました。
明日は1本でもヒットが欲しいですね。
やはり、山田くんに早めにヒットが出ないとヤキモキします。

石川雅規投手で明日も勝って開幕ダッシュの勢いをつけたいですね!

by misty2011 | 2018-03-30 22:41 | 東京ヤクルトスワローズ
2018東京ヤクルトスワローズ春季沖縄キャンプの写真の更新は、今回がラストです。
山田哲人選手その13、2月8日の続きをアップします。

何とか開幕直前に写真のアップが終わりホッとしています。
いよいよ開幕するかと思うと、気持ちが高ぶりますね。
選手たちは、猛練習のキャンプの成果が発揮できるよう期待しています。
私はテレビの前で応援します。

では山田哲人選手
2月8日午後、打撃練習の続きから
e0222575_2122567.jpg


ミスショットで打球がネットの上に上がり、ボールの行方を見上げています。
e0222575_21231375.jpg


e0222575_21234235.jpg


e0222575_21241599.jpg


e0222575_21242937.jpg


e0222575_21244770.jpg


e0222575_2125138.jpg


これも高く打ち上げました。
e0222575_21253262.jpg


e0222575_21255421.jpg


e0222575_212668.jpg


e0222575_21262388.jpg


e0222575_2126464.jpg


e0222575_2126559.jpg


e0222575_2127585.jpg


ほっこり癒される哲ちゃんスマイル
e0222575_21272297.jpg


e0222575_21273828.jpg


e0222575_21275238.jpg


e0222575_21281115.jpg


e0222575_21282550.jpg


e0222575_21284426.jpg


e0222575_2129452.jpg


e0222575_21292174.jpg


e0222575_21293225.jpg


e0222575_21295210.jpg


石井琢朗コーチがトスするエリアにやってきました。
e0222575_21301650.jpg


e0222575_21303313.jpg


琢朗コーチとのティーは、何だかいつも楽しそうです。
e0222575_21305264.jpg


e0222575_2131443.jpg


e0222575_21311777.jpg


e0222575_21313912.jpg


e0222575_21315067.jpg


e0222575_2132075.jpg


e0222575_21332516.jpg


e0222575_21333580.jpg


e0222575_21334630.jpg


e0222575_21335633.jpg


e0222575_21341527.jpg



打撃ローテの合間の強化トレーニング
チューブを付けた棒を引っ張るトレー二ング
e0222575_21353233.jpg


この日は、バットの上をジャンプして、バットの下をくぐるトレーニングをやっていました。
e0222575_21354233.jpg


山田くんは飛び越えるのはばっちりできますが・・・
e0222575_21355464.jpg


e0222575_2136429.jpg


バットの下をくぐるのが苦手 
e0222575_21361621.jpg


e0222575_21363793.jpg


スタッフの福川将和打撃投手兼スコアラーと話しています。
e0222575_2137828.jpg


e0222575_21372286.jpg


e0222575_213735100.jpg


e0222575_2137464.jpg


e0222575_213953100.jpg


ロングティー
e0222575_2140324.jpg


e0222575_21401516.jpg


e0222575_21403072.jpg


e0222575_21404351.jpg


e0222575_21405262.jpg


e0222575_2141268.jpg


e0222575_21411522.jpg


福川さんがボールを置く係を担当
e0222575_21412984.jpg


e0222575_2141382.jpg


e0222575_21414936.jpg


e0222575_214252.jpg


e0222575_2142229.jpg


e0222575_21423438.jpg


e0222575_21424396.jpg


e0222575_21425510.jpg


e0222575_21431090.jpg


e0222575_21432018.jpg


e0222575_21433448.jpg


e0222575_21434581.jpg


e0222575_2144387.jpg


e0222575_21441468.jpg


e0222575_21442613.jpg


e0222575_21443583.jpg


e0222575_21444946.jpg


山田くんの班はロングティーが打撃ローテの最後
打撃練習終了で、宮本慎也ヘッドコーチと話しています。
宮本ヘッドがめっちゃ笑っています。
e0222575_2145296.jpg


宮本ヘッドは山田くんのことが気になるんでしょうね。
e0222575_21451528.jpg


e0222575_2145278.jpg


e0222575_21453993.jpg


e0222575_21454974.jpg


e0222575_214665.jpg


e0222575_21461750.jpg


e0222575_21462551.jpg


宮本ヘッド、仲良しの藤井亮太選手と一緒に引きあげていきました。
e0222575_21463337.jpg


明日は午後6時半、2018プロ野球が開幕します。
東京ヤクルトスワロ―ズは、横浜スタジアムで横浜DeNAベイスターズとの開幕戦
今からドキドキしてきました。
オープニングゲームに勝って、チームに弾みをつけたいですね。
選手の健闘を祈っています。

by misty2011 | 2018-03-29 23:58 | 東京ヤクルトスワローズ
2018ヤクルト浦添キャンプ、山田哲人選手の写真の続きです。

ようやく私の沖縄滞在最終日の2月8日分です。

2月8日 ウォームアップ
e0222575_10561033.jpg


e0222575_10561736.jpg


e0222575_10562427.jpg


走塁練習に集合
おや!?カメラ目線!?
e0222575_10563872.jpg


e0222575_10564498.jpg


e0222575_10574248.jpg


ベースラニング
e0222575_10574868.jpg


e0222575_10575437.jpg


e0222575_1058535.jpg


e0222575_10581448.jpg


キャッチボール
e0222575_110866.jpg


e0222575_1101670.jpg


e0222575_110278.jpg


e0222575_1103744.jpg


e0222575_1104980.jpg


e0222575_1105819.jpg



お昼前、陸上トラックでのトレーニング
e0222575_112154.jpg


e0222575_112910.jpg


e0222575_1122060.jpg


e0222575_1122923.jpg


e0222575_112391.jpg


e0222575_112497.jpg


e0222575_1125773.jpg


YouTube動画で



午後からの打撃練習 バント練習
e0222575_1182663.jpg


e0222575_1183465.jpg


e0222575_1184529.jpg


e0222575_1185515.jpg



8日 フリーバッティング



ソフトボール連続スイング 
トスする杉村コーチに何かリクエストしています!?
e0222575_111036100.jpg


e0222575_11104625.jpg


e0222575_1110541.jpg


e0222575_1111583.jpg


e0222575_11112595.jpg


ティーバッティング ここからは石井琢朗コーチがトスししています。
e0222575_11114018.jpg


e0222575_11114953.jpg


e0222575_11115965.jpg


e0222575_11121186.jpg


e0222575_1112275.jpg


私が見学中には、山田くんには九九はやっていなかったと思います。
e0222575_11215319.jpg


e0222575_1122166.jpg


e0222575_11221324.jpg


e0222575_11225142.jpg


e0222575_1123798.jpg


e0222575_11232670.jpg


e0222575_11233986.jpg


e0222575_11235164.jpg


e0222575_1124170.jpg


e0222575_1124125.jpg


e0222575_11242447.jpg


e0222575_1124362.jpg


e0222575_11244616.jpg


同じようなショットが続きます。
e0222575_11245575.jpg


e0222575_1125751.jpg


e0222575_1125172.jpg


e0222575_11252884.jpg


e0222575_11253611.jpg


e0222575_11255470.jpg


e0222575_1126519.jpg


e0222575_1126185.jpg


e0222575_1126296.jpg


笑顔もいいですが、こういう真剣な表情にも引き込まれます。
e0222575_11263998.jpg


e0222575_11265169.jpg


e0222575_1127068.jpg


e0222575_11271643.jpg


今回はここまで、次回でラストです。

by misty2011 | 2018-03-29 11:48 | 東京ヤクルトスワローズ
浦添キャンプ、山田哲人選手の写真の更新を続けます。

今回は2月7日、第2クール初日の午後の練習の続きです。

2月7日 打撃練習 
e0222575_15313332.jpg


石井琢朗コーチが横からトスしています。
e0222575_15314723.jpg


e0222575_1532311.jpg


琢朗コーチが何か面白いことを言ったんでしょうね。
子供のような無邪気な笑顔です。
e0222575_15321689.jpg


e0222575_15322531.jpg


e0222575_1532349.jpg


e0222575_15324692.jpg


e0222575_1533470.jpg


今年の山田くん用adidasのバッティンググローブとロングリストバンド
手袋は色違いで白にゴールドのデザインのものと2種類 リストバンドも色違いの赤と2種類
e0222575_1692991.jpg


e0222575_153325100.jpg


e0222575_15333890.jpg


e0222575_15334877.jpg


e0222575_15341293.jpg


e0222575_15342759.jpg


e0222575_15344233.jpg


e0222575_1535314.jpg


e0222575_15353448.jpg


e0222575_15355449.jpg


首の前と後ろで日焼けがこんなに違います。
e0222575_15361672.jpg


帽子を被ってない時は、頭のてっぺんの髪の毛がアンテナみたいによく立っていますね。
これも可愛らしく見えるポイントのひとつ!?
e0222575_15364228.jpg


e0222575_15374356.jpg


e0222575_15375710.jpg


e0222575_15381676.jpg


e0222575_15382751.jpg


e0222575_15384770.jpg


e0222575_1539263.jpg


e0222575_15391591.jpg


e0222575_1539241.jpg


e0222575_15393696.jpg


e0222575_15401100.jpg


e0222575_15401478.jpg


宮本慎也ヘッドがアドバイスしています。
e0222575_16104841.jpg


打撃ローテの合間に走塁練習 
e0222575_15412120.jpg


e0222575_15413113.jpg


e0222575_15415610.jpg


e0222575_15422563.jpg


e0222575_15424176.jpg


フリーバッティングの打球に合わせてスタートを切ったり戻ったり
e0222575_15425239.jpg


e0222575_1543258.jpg


e0222575_15431346.jpg


e0222575_15432591.jpg


e0222575_15433850.jpg


e0222575_15435236.jpg


e0222575_1544235.jpg


左手にはテーピングをしています。
e0222575_15443916.jpg


ここからは3塁ファールゾーンでロングティー
e0222575_15445361.jpg


e0222575_15451046.jpg


e0222575_15452323.jpg


e0222575_15453459.jpg


e0222575_15454637.jpg


e0222575_1546187.jpg


e0222575_15461526.jpg


e0222575_15463013.jpg


手前は川端慎吾選手、向こう側は山田哲人選手 あらら、おじいちゃんが二人!?
後ろから引っ張られながら打つ練習が多いので、かなり腰に来るんでしょうね。
e0222575_15471254.jpg


e0222575_15485354.jpg


e0222575_1549194.jpg


e0222575_15491580.jpg


e0222575_15493780.jpg


e0222575_1550728.jpg


e0222575_15502169.jpg


e0222575_15503586.jpg


e0222575_15504699.jpg


以上で2月7日分が終了 残るは8日分です。

by misty2011 | 2018-03-28 16:56 | 東京ヤクルトスワローズ
2018ヤクルトスワローズ浦添キャンプ、山田哲人選手の残りの写真のアップです。
今回は2月5日と7日の途中まで。(6日は練習はお休み)

その前に、東京ヤクルトスワロ―ズの開幕1軍メンバーが決まりました。
スポーツ報知 【ヤクルト】奥村、広岡、山崎、田川らが初の開幕1軍切符

開幕1軍メンバーは以下のとおり(敬称略)

◇投手  由規、石山泰稚、中尾輝、秋吉亮、※原樹理、石川雅規、※館山昌平、
     ブキャナン、カラシティー、※ハフ、田川賢吾、山中浩史、近藤一樹

◇捕手  中村悠平、井野卓

◇内野手 山田哲人、西浦直亨、川端慎吾、荒木貴裕、畠山和洋、
     廣岡大志、藤井亮太、奥村展征

◇外野手 バレンティン、青木宣親、山崎晃大朗、坂口智隆、上田剛史、
     田代将太郎、鵜久森淳志

  太字は初の開幕1軍メンバーになった選手(除く新外国人投手)
  ※は先発予定の2カード目からの登録になる見通し。

昨年より若い選手が増えましたね。チームに勢いを感じます。
畠山選手が開幕に何とか間に合ったのは朗報です。
一方、開幕メンバーから外れた雄平、大引啓次、塩見泰隆選手のケガの状態が心配ですね。


ではキャンプの写真です。
2月5日 この日はずっと雨で、ウォームアップその他の練習は室内で行われました。
見学できたのは投手陣のブルペンと、野手陣は午後からのケースバッティングだけでした。
午後、グラウンド整備が行われ、野手陣が外で練習をすることになりました。
しか~し、また雨が降ってきました。
選手は急いでキャッチボール
e0222575_18324781.jpg


e0222575_18325787.jpg


雨粒が写真でも見えます。
e0222575_183341.jpg


内野ノック
e0222575_18351288.jpg


第1クール最終日、実戦形式の練習に入ります。ケースバッティング
無死ランナー2塁で、山田選手にはバントのサイン
e0222575_18353530.jpg


初球をファール後
e0222575_18383424.jpg


バントをしますが、
e0222575_1835473.jpg


ピッチャーの正面で3塁フォースアウトとなりました。
e0222575_18355435.jpg


ケースバッティングの練習終了後も雨が降り続いていたので、野手陣は室内で練習
外からは見学できないので、ブルペンを少し見て、私は早めにホテルに帰りました。
以上、5日目でした。

ここからは2月7日 第2クール初日 
私が滞在中、7日だけは雨の心配がありませんでした。
ウォームアップ 
当日は、外野の奥の方でアップしていたので、
私の望遠レンズで撮るには、ちょっと厳しかったですね。
e0222575_18453632.jpg


e0222575_18454817.jpg


e0222575_18455782.jpg


e0222575_1846618.jpg


e0222575_18461316.jpg


外野ライト奥の方でフィジカルトレーニング
e0222575_2055444.jpg


e0222575_20555410.jpg


e0222575_2056323.jpg



ベースラニング
e0222575_20563096.jpg


e0222575_20563938.jpg


e0222575_20564978.jpg


キャッチボール
e0222575_20571271.jpg


e0222575_20572016.jpg


e0222575_20572976.jpg


e0222575_20573610.jpg


内野ノック
e0222575_20575997.jpg


午後の打撃練習開始前
ミスタースワローズ「#1」の3人が記念撮影
山田哲人選手、若松勉さん、この日にキャンプ合流した青木宣親選手
気づくのが遅れてカメラが間に合わず失敗作2枚
e0222575_20591895.jpg


e0222575_21413011.jpg


e0222575_2115949.jpg


e0222575_2121658.jpg


廣岡選手と手のマメを見比べています。
山田選手は、この時はまだテーピングをしていません。
以前、トリプルスリー対談で松井稼頭央選手と対談した際に、
マメが出来にくいとは言っていましたね。
e0222575_2122718.jpg


e0222575_2154366.jpg


午後の打撃練習前、石井琢朗コーチの説明を聞いています。
e0222575_2152085.jpg


e0222575_2152918.jpg


e0222575_2161393.jpg


7日 フリーバッティング YouTube動画


バント練習
e0222575_2110172.jpg


e0222575_21102636.jpg


バットに当たる瞬間は目が離れています。
e0222575_21104098.jpg


e0222575_21105497.jpg


こちらも当たる瞬間までは目が追っていませんね。
試合を見ていると、インパクトの瞬間までボールを見てないことが割とあって、
感覚でスイングしている印象を受けます。
的外れかもしれませんが、空振りが多いのはこれが原因だったりして?と、
素人ながら、ふと思いました。
関係ないですかね??すみません。
e0222575_2111582.jpg


色がくすんでヘンだったのでモノクロにレタッチ
e0222575_2242819.jpg


e0222575_21125426.jpg


e0222575_2113545.jpg


e0222575_21131630.jpg



打撃練習エリア それぞれ違うティーをやっていて賑やかです。
e0222575_21134633.jpg


e0222575_21135754.jpg


練習風景を撮っていると、小川監督がよく写りこんでいます。
それだけ選手の練習をよく見ているってことなんでしょう。
今思うと、前監督はこういうことがほとんどなかったですね…。
e0222575_21141123.jpg


e0222575_2114238.jpg


e0222575_21143291.jpg


e0222575_21144581.jpg


e0222575_21145767.jpg


e0222575_2115783.jpg


e0222575_21151882.jpg


美味しそうにお水を飲んでいます。
e0222575_21152910.jpg


e0222575_2115392.jpg


e0222575_21155137.jpg


e0222575_2116264.jpg


e0222575_21161481.jpg


e0222575_21162432.jpg


この日は、アディダスの自分のバッティンググローブをつけていました。
e0222575_2116348.jpg


e0222575_21164741.jpg


e0222575_21165960.jpg


e0222575_21171065.jpg


e0222575_21172053.jpg


e0222575_21181688.jpg


e0222575_21182694.jpg


e0222575_21183769.jpg


e0222575_21184643.jpg


e0222575_21185860.jpg


e0222575_21191325.jpg


e0222575_21192348.jpg


e0222575_21193380.jpg


7日分はここまで。

by misty2011 | 2018-03-28 00:36 | 東京ヤクルトスワローズ
2018浦添キャンプより、山田哲人選手その9です。
前回その8では2月4日の打撃練習の途中まででしたので、その続きです。

2月4日 ソフトボールを使った打撃練習
e0222575_21263928.jpg


e0222575_2126241.jpg


e0222575_212650100.jpg


e0222575_2127326.jpg


e0222575_21271314.jpg


e0222575_21272599.jpg


似たようなショットが続きますが、微妙に表情が違っています。
e0222575_21273549.jpg


e0222575_21274647.jpg


e0222575_21275796.jpg


e0222575_2128685.jpg


e0222575_21281772.jpg


e0222575_21282665.jpg


e0222575_8543837.jpg


e0222575_854507.jpg


e0222575_855243.jpg


e0222575_8551386.jpg


e0222575_8552522.jpg


e0222575_8561173.jpg


e0222575_8562177.jpg


e0222575_8563765.jpg


e0222575_8564913.jpg


e0222575_857018.jpg


e0222575_8571343.jpg


e0222575_8573220.jpg


e0222575_8574248.jpg



高目にトスした球を打つ練習 この表情、なんかいいですね。
e0222575_8575169.jpg


e0222575_8584635.jpg


e0222575_85904.jpg


e0222575_8591265.jpg


e0222575_859241.jpg


e0222575_8593537.jpg


e0222575_8595123.jpg


e0222575_90195.jpg


杉村繁コーチとは、親子というかおじいちゃんと孫のような感じで、
素の山田くんの表情になりますね。
e0222575_901066.jpg


e0222575_902485.jpg


e0222575_903537.jpg


e0222575_904380.jpg


e0222575_905873.jpg


午後4時前でしたが、雨がだんだん強くなってきたので、私は引きあげることに。
天気がよくなくて、沖縄にしては寒い日が多く、連日、荷物が重くて移動に疲れました。
以上で4日目が終了

by misty2011 | 2018-03-27 11:01 | 東京ヤクルトスワローズ
開幕を4日後に控え、2018浦添キャンプフォトの更新がまだ終わっていません。
今回は山田哲人選手のその8で、2月4日の途中までです。
4日分を一気にアップしたかったですが、写真の選別、トリミング、
また、アドレスのクレジットを入れたりする作業があって、根気が続きませんでした。

昨日でオープン戦が終わり、山田哲人選手は最後の試合でもマルチヒットなど、
開幕に向け順調そうで、少しほっとしています。
私は山田くんに関しては必要以上に心配性なので、
開幕後は、おそらくネガティブになりそうですが、今はつかの間の安らぎです。

2月4日 アップ後、練習開始のため集合 
雨の影響で、当日は全体でのウォームアップは室内で行われました。
選手がメイングラウンドに出てきたのは10時40分頃でした。
3日目も冷えましたが、
4日目はずっと曇天で冷たい風が吹き、沖縄とは思えないほど寒さでした。

宮本慎也ヘッドコーチが笑顔で山田選手に話しかけています。
普段は優しいコーチです。
練習中は、コーチ陣の中では、山田選手には最も厳しく接していますが、
それも山田くんを本気で思いやる愛ゆえでしょう。
e0222575_1254196.jpg


ベースラン二ング
e0222575_12541391.jpg


1塁から3塁へのベースランニング
2塁ベース前でステップをやや小さめにして歩幅を整え、ベースを右足で蹴って3塁へ向かいます。
e0222575_12542182.jpg


2塁から本塁へのベースラン 
山田くんに合わせたつもりが、タイムラグで河田コーチにピントが合っています。
e0222575_12542770.jpg


キャッチボール パートナーは私が見学中はずっと川端慎吾選手でした。
e0222575_1301745.jpg


e0222575_1302782.jpg


e0222575_1303549.jpg


e0222575_1305146.jpg



内野ノック
e0222575_1371237.jpg


e0222575_1372148.jpg


フリーバッティング前のティー
e0222575_139367.jpg


4日 フリーバッティング YouTube動画
手前のエリアでは、スライディングの練習をしています。


本塁へのスライディング練習
連写をGifに
山田哲人選手のホームへのスライディング
e0222575_13271817.gif


ホームベースに置いたボールに触れないよう、
ベースの隅ギリギリに指先を触れて滑り込み、相手捕手のタッチをかわします。
e0222575_138188.jpg


e0222575_1382693.jpg


打撃練習 ロングティー 
4日は前日までと練習エリアが逆になって、
ロングティーは1塁側ファールゾーンでやっていました。
e0222575_13173445.jpg


ティースタンドにボールを置いているのはスタッフの渡辺恒樹打撃投手兼スコアラー
e0222575_13174868.jpg


e0222575_13181732.jpg


4日は雄平選手のバッティンググローブをつけています。
(2月3日は川端選手のグローブを借りていました。)
ちなみに、初日、2日目は自分のアディダスのバッティンググローブでした。
e0222575_13182597.jpg


e0222575_1323387.jpg


e0222575_13234944.jpg


e0222575_1324280.jpg


e0222575_13241669.jpg


e0222575_13242961.jpg


e0222575_13244477.jpg


後ろで引っ張る係の少年に声をかけていました。(おそらく地元の高校生では)
必要ないかもしれませんが、一応、顔にはモザイクを入れました。
e0222575_13245422.jpg


e0222575_1325857.jpg


e0222575_13252065.jpg


e0222575_13253039.jpg


e0222575_13254918.jpg


e0222575_13261030.jpg


e0222575_13264130.jpg


e0222575_13265363.jpg


目を閉じていても笑顔が可愛い
e0222575_1327552.jpg


e0222575_13271634.jpg


e0222575_13272722.jpg


e0222575_13274137.jpg


e0222575_13275561.jpg


e0222575_1328971.jpg



テニス用のトレーニング器具を使ったスイング練習 (3塁側ファールゾーン)
e0222575_1328198.jpg


e0222575_13283330.jpg


e0222575_13284474.jpg


e0222575_1329181.jpg



バント練習 これも3塁側ファールゾーンでやっていました。
e0222575_13292389.jpg


e0222575_13294515.jpg


e0222575_13295937.jpg


このころから、また雨がポツポツ降ってきました。
e0222575_13352711.jpg


e0222575_13354158.jpg


e0222575_13355215.jpg


今回はここまで

by misty2011 | 2018-03-26 14:24 | 東京ヤクルトスワローズ
今日はオープン戦最終日です。
東京ヤクルトスワロ―ズと北海道日本ハムファイターズとの3連戦は、2戦を終え1敗1分け
今日こそ勝って開幕に向け弾みをつけたいところです。

先発は、日本ハムが加藤貴之投手、ヤクルトは館山昌平投手
館山投手は2軍戦での好投で、開幕ローテ6枠目候補に急浮上してきました。
スタメンは1番山田、2番荒木(1塁)、3番バレンティン、4番青木、5番川端、
以下坂口(ライト)、廣岡、松本(初スタメンマスク)、DH鵜久森、館山投手と続きます。

試合経過は ニッカンスコア 
              
今年の館山投手の写真は撮ってないので、昨年の浦添キャンプより
e0222575_1141931.jpg


初回、先頭の山田哲人選手がレフトフェンス直撃の2塁打で出ます。
惜しい、もうちょいでスタンドインでした。
荒木選手は送りバントで1死3塁
バレンティン選手はピッチャーゴロで、
3塁から山田選手がスタート良くホームインしてヤクルトが先制1-0
青木選手はレフトフライで3アウト

その裏、立ち上がりの館山投手は2死後、近藤選手にサード右横を抜けるヒットを打たれます。
川端選手の守備範囲だと抜けていきますね。
中田翔選手はショート内野安打で2死1、2塁
レアード選手はセカンドフライに打ち取り無失点で切り抜けます。
館山投手は球速も出ていて、初回は心配された制球もそれほど悪くはありません。
ただし、札幌ドームのスピードガンは、大谷くんが抜けても盛ったままのようです。
(毎度の余計なひとこと)

2回1死後、坂口選手がショート内野安打で出塁。
廣岡選手はレフトへの大飛球でしたが大田選手に捕球され、中島選手中継で1塁へ返球
飛び出していた坂口選手が1塁へ戻れず、ダブルプレーで3アウト。

2回裏、館山投手は2死後、清水捕手に四球を与えますが、中島選手を三振に仕留め3アウト

3回1死後、鵜久森選手がレフト前ヒットで出塁。やはり左には強いですね。
山田選手はカットした打球がファーストゴロとなり2死2塁、一応進塁打にはなりました。
荒木選手はショートゴロで3アウト

3回裏、館山投手は先頭の西川選手に四球を与え、
横尾選手には三遊間を抜けるヒットを打たれて無死1、2塁
近藤選手はフルカウントから空振り三振、中田翔選手はピッチャーゴロで2死2、3塁
レアード選手は四球で2死満塁のピンチ
つづくアルシア選手には脚にぶつける押し出しの死球を献上して1-1の同点に
なおも満塁で大田泰示選手はショートゴロに打ち取り3アウト
この回、球がバラけてきて制球が乱れました。球数は3回投げて77球

4回、ヤクルトは1死後、青木選手がセンター前ヒットも、
川端選手が1塁ゴロ併殺打であっという間に3アウト

その裏、続投の館山投手は先頭の清水捕手にレフトへの2塁打を打たれ、
中島選手はサードゴロで、ランナー進めず1死2塁
ここで、館山投手は降板。4回1死までで89球でした。
先日の由規投手もですが、先発ローテを狙う投手がこの球数では、
とても5回は投げられないでしょう。
ただ、球自体は由規投手よりは力がありますね。

1死2塁でヤクルト2番手は松岡健一投手
西川選手はライト前ヒットで1死1、3塁
このあと、西川選手の2盗を松本直樹捕手が刺して2死3塁。
強肩、投げたところも走塁線上ばっちりのナイススローイングでした。
さすが評判通りの肩を見せてくれました。

つづく横尾選手はフォークで空振り三振、松岡投手はこのピンチを無失点に抑えます。

5回、続投の加藤投手から先頭の坂口選手が四球で出塁
廣岡選手はセカンドゴロで2塁アウトとなり1死1塁
松本捕手はセンターフライで2死1塁
ここで、日ハムは2番手・田中直樹投手に交代
鵜久森選手はレフトフライで3アウト

5回裏、ヤクルトは山中浩史投手が登板
2死後、レアード選手にセンター前ポテンヒット、
アルシア選手にはライト前ヒットを打たれますが、
大田泰示選手をセンターフライに打ち取り3アウト

6回、日ハムは公文投手が登板
先頭の山田選手はセンターへのヒットで出ます。
荒木選手は送りバントで1死2塁
バレンティン選手は申告敬遠で1死1、2塁 代走は山崎選手
ここで、4番青木選手は初球を打ってライト前ヒット。1死満塁で代走は上田選手
川端選手はピッチャーゴロで3塁ランナー山田選手がホームフォースアウト
最低限もできませんでした。
なおも2死満塁で、坂口選手は空振り三振で得点ならず。
あ~~ぁ、この打順がホントにつながる打線ですか!??

巧打者とは言え、今日は4番から左の単打マン3人並べてこれですからね・・・。
やはり、この打順はおかしいでしょ!
例えつながったとしても得点できなければ意味がありません。

今浪選手がいない今、ヤクルトでチャンスに強いバッターはほとんどいません。
(しいて挙げれば、全盛期の畠山選手と、いい意味KYの雄平選手くらい)
大部分の打者は、チャンスじゃない時には打てるってことなので・・・、
見栄えのいい打率だけで見ないで、
各打者の特徴を琢朗コーチはこれからきっちり把握していってほしいですね。
ヒット数に対する打点を見れば一目瞭然だと思いますが。
そのうえで、打順を考え直してくれたらと思います。

6回裏、守備交代でレフト山崎、センター上田、サード藤井、マスクは中村捕手
山中投手は1死後、ヒット、四球で1死1、2塁
横尾選手は空振り三振で2死となり、ここで、中澤投手に継投
しかし、近藤選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ1-2と勝ち越しを許します。
なおも、2死1、2塁で近藤投手に交代し、中田翔選手はセカンドゴロの打ち取り3アウト

7回、日ハムは宮西投手が登板
先頭の廣岡選手がサード内野安打で出塁
中村捕手の送りバントで1死2塁
鵜久森選手はライトフライで2死2塁
山田選手はレフトフライで3アウト

7回裏、2塁は奥村選手に交代
マウンドは6番手で秋吉亮投手
1死後、アルシア選手に左中間スタンドに放り込まれ1-3

8回、日ハムはトンキン投手
1死後、山崎選手がショート内野安打で出塁
この後、アピールしなきゃいけない上田選手は、最悪のセカンドゴロ併殺打で3アウト

8回裏、ヤクルトはカラシティー投手が登板
先頭の中島選手にセンター前ヒットを打たれますが、後続を打ち取ります。

9回、日本ハムは西村投手が登板
藤井、田代選手倒れ2死後、廣岡選手はヘルメットをわずかにかすめる死球で出塁
中村捕手はセンター前ヒットで続きますが、鵜久森選手は三振でゲームセット
ヤクルトは1-3で今日も競り負け、オープン戦の最終日を勝利で飾れませんでした。

先発した館山投手は3回1/3を投げ89球要し、4安打1奪三振3四球1死球で1失点
他にいないとは言え、開幕ローテ6枠目は微妙ですね。
まあ、由規投手が先日の内容でもローテ枠に残っているので、
館山投手が6番目になるかも知れませんね。山中投手も不安定だし。

ただ、この球数と制球では5回は投げられそうもないですね。
後ろのブルペン陣に相当負担がかかりそうです。
その中継ぎ陣も頼りないと来てはもうねぇ…。

打ち勝つしかありませんが、打線がこの状態ではそれも期待できそうにありません。
せめて得点効率の良い打順にしてもらうことくらいしか私は思い浮かびませんね。

今日はヤクルトは9安打しながら初回の1点のみ。
1死3塁で、バレンティン選手のピッチャーゴロの凡打であげた得点だけでした。
山田哲人選手と青木選手がマルチヒットなのに、何ともつながりに欠ける攻撃でした。
それでも開幕は1番山田、4番青木選手で行くんでしょうね。
せめて逆の方がまだ点が入りそうな気が私はしますけど。

トップバッター候補は、ほかにも適任者がいます。
坂口選手はその筆頭でしょうね。
オープン戦の打率はチームダントツトップの.425
毎試合、面白いようにヒットは打ちます。(すべてシングルヒット)
出塁率もいいです。ただし、チャンスには弱いと来ています。
盗塁はしませんが、1番バッターが最もおさまりがいいように思います。

青木選手も同じような感じで、安定してヒットは打ちますが、長打はそれほど出ていません。
チャンスに強いかと問われたら、どうでしょう?という印象です。

この二人は、やはりチャンスメイクで生きるバッターだと思います。

山田選手は打率は低いですが、ヒット数の半分が長打で打点も多く稼いでいます。
バレンティン―山田選手の並びは、
昨年までだと同じような球に弱いので、あまり機能しませんでしたが、
青木選手の4番よりは、山田選手が4番の方がまだ得点はできるように思います。
今日のようにバレンティン選手敬遠で、
4番青木選手と勝負なんてことにはならないと思うんですが。
3番山田―4番バレンティン選手が最もおさまりはいいんでしょうけどね・・・。
それから、山田くんは1番はあまり好きじゃないような発言を過去にしています。

あと、2番は送りバントを多用するようですが、
それだと山田くんが1番の意味はあまり感じません。
それから、2番をだれにするかまだ決まっていないようですね。
畠山選手が、果たして開幕に間に合うのか、雄平選手はいつ頃戻って来られるのか。
それによって、外野のあと1枠とファーストが決まってきます。
ここに至っても、まだいろいろ不確定要素が多いですね。

とにかく、開幕までに最後の調整をしっかりして、全員が調子を上げていってもらいたいものです。
投手陣は、質・量とも不安で何とも言いようがありませんが、何とかしてください。

by misty2011 | 2018-03-25 17:33 | 東京ヤクルトスワローズ
東京は桜が満開ということで、
期間限定で、テンプレートを季節に合わせて桜のデザインに変更しました。
私はシンプルなデザインが好みですが、たまにはこれもいいでしょう。

札幌ドームでの北海道日本ハムファイターズとのオープン戦初戦は
乱打戦の末、7-7の引き分けに終わりました。
なが~い試合で見るほうも疲れました。

2戦目の先発は、日本ハムがマルティネス投手、ヤクルトは石川雅規投手
スタメンは、1番から5番は初戦と同じで、
坂口選手は今日は1塁に入り、6番にライト鵜久森選手となりました。
私は青木選手の4番はどうかと思っているんですが、
石井琢朗コーチ推しで、開幕後も1番山田、4番青木選手で行くようですね。
この方が打線が線としてつながるとのことですが、得点力としてはどうなんでしょう?
う~ん、これがずっとじゃなく、できれば早めに再検討してくれるよう希望します。

試合経過は ニッカンスコア

初回、先頭の山田選手は外のカットボールに空振り三振(こういうのが多いですね)
坂口選手はショートゴロ、好調バレンティン選手は四球で歩き、
青木選手はレフト前ヒットで2死1、2塁
しかし、川端選手はセカンドゴロで3アウト

1回裏、石川投手は2死後、3番の大田泰示選手に一発を浴び先制を許します。0-1

2回1死後、廣岡選手が四球で出塁
中村捕手はショートゴロで2死2塁
石川投手はショートゴロで3アウト

2回裏、石川投手はアルシア選手にセンター前ヒットを打たれますが、
田中賢介選手をセカンドゴロ併殺打、横尾選手を空振り三振に仕留めます。

3回、先頭の山田選手は左中間タンドへOP戦4号ソロ弾を運び1-1の同点に!
これ得点力を考えたら、山田くんがランナーを還す役割の方がいいんじゃないでしょうか?
今シーズンは、犠飛などチームバッティングもできるようになってきたことだし。

写真はキャンプ2月3日 山田哲人選手
e0222575_958287.jpg


1死後、バレンティン選手がライト前ヒットで出塁し、代走は山崎晃大朗選手
青木選手はファーストゴロで、ランナーが入れ替わって2死1塁
川端選手は三遊間を抜けるヒットで2死1、2塁。代走は藤井亮太選手
鵜久森選手は空振り三振で3アウト

3回裏、ヤクルトは守備変更で2塁奥村、レフト山崎、サード藤井選手
石川投手は三者連続三振に斬って取ります。

4回、廣岡選手はサードゴロ、中村捕手は中飛、石川投手は三振で3アウト

その裏、石川投手は中田翔選手にソロ弾を浴び1-2
ここまで両チーム3発すべてソロホームラン

5回1死後、マルティネス投手から坂口選手がショート内野安打で出塁 代走は田代選手
このあと暴投で2塁へ進み、山崎選手は四球で1死1、2塁
青木選手はレフトフライで2死となり、藤井選手はセカンドゴロで3アウト

5回裏、石川投手は三者凡退に抑えます。

6回、日本ハムは井口投手に交代
鵜久森、廣岡選手が倒れ2死後、日本ハムは白村投手に交代
中村捕手が3塁線を破る2塁打で出塁
代打・武内選手は一邪飛で3アウト

6回裏、ヤクルトは秋吉亮投手が登板
2死後、大田泰示選手にセンターへヒットを打たれ、牽制悪送球で2死2塁(1塁エラー)
つづく代打・近藤選手をセンターフライに打ち取り3アウト

7回、先頭の奥村選手がレフトフライに倒れ1死後、日本ハムは上原投手に交代
田代、奥村選手も倒れ三者凡退

7回裏、ヤクルトは中澤雅人投手が登板
先頭に四球を与え(代走は杉谷選手)、1死後、近藤一樹投手に継投
横尾選手にライト前ヒットを打たれ、鶴岡捕手は四球で1死満塁のピンチを招きます。
つづく太田賢吾選手はショートゴロで本塁アウトとなり2死満塁
代打の西川選手はフルカウントから見逃し三振に斬って取り無失点で切り抜けます。

8回、日本ハムはトンキン投手が登板
1死後、藤井選手がライト前ヒットで出塁も2盗失敗
鵜久森選手はファーストゴロで3アウト

8回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
きっちり3人で片付けます。

9回、日本ハムは石川直也投手が登板。前日は打ち崩した投手です。
1死後、中村捕手が四球で出塁
荒木選手は送りバントで2死2塁
しかし、奥村選手が空振り三振でゲームセット

ヤクルトは1-2で日本ハムファイターズに敗れました。

今日の得点はすべてソロホームラン
日本ハムが2本塁打、ヤクルトは山田くんの一発のみ

先発の石川雅規投手はソロ弾2発を打たれましたが、
5回3安打2失点とまずまずのピッチングで、開幕に向け順調と言っていいでしょう。

打つ方は、7安打で山田くんのソロ弾の1得点のみ
つながりに欠けました。

上でも書きましたが、やはり青木選手はチャンスメイカーで、
山田選手がポイントゲッターの方が、相手にとってはイヤなんじゃないかと私は思います。
打撃の安定感ではもちろん青木選手が1枚も2枚も上ですが、長打力という点では山田くんです。
まあ、打順は一度決めたことのようなので、開幕後しばらくはこれで行くと思いますが、
機能しなくなった時には、ためらうことなく違うオーダーでお願いしたいですね。

こう言っては青木選手に失礼かもしれませんが、
「まず青木選手ありき」の打順にこだわることはないと私は考えます。
投手陣が今年も不安なので、なおさら得点力を上げる必要がありそうです。
1点を大事に取りに行くスモールベースと同時に、一定以上の得点力は求められるでしょうね。
山田選手は、依然三振は多いですが、
今年はチャンスで犠飛など最低限のチームバッティングはできるようになっています。
昨年のような余程の不調でない限り、中軸を任せてもいいように思いますね・・・。

それから、前の記事で追記しましたが、昨日、雄平選手が戸田で練習していたそうです。
大引選手の姿もあったようですね。
ベテラン勢が、これから徐々に戦線復帰してくることを待っています。

オープン戦もついに明日が最後。
勝って有終の美を飾って締めくくってください。

それから、当ブログの記事タイトルでは、投手や選手など敬称を略していることが多いですが、
エキサイトブログは、タイトルの字数制限があるので、仕方なくそう記しています。
ご了承ください。

by misty2011 | 2018-03-24 17:21 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011