<   2018年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

昨夜は阪神タイガースに打ち勝って、
連勝を5に伸ばし、ついに借金を返済した東京ヤクルトスワロ―ズ

2戦目の先発は、ヤクルトがハフ投手、阪神は岩貞祐太投手
スタメンは、毎度の左腕用オーダーで、雄平選手が外れ、畠山選手が5番ファースト、
荒木選手が7番サードに入りました。荒木選手のサードはチトこわい。

阪神はスタメンマスクが昨日の原口捕手ではなく梅野捕手
岩貞ー原口のバッテリーは、2年前の山田哲人選手への故意死球を思い出して
絶対いやだったので、胸をなでおろしました。
しかし、試合開始間もなく、絶好調の青木選手が・・・

試合経過は ニッカンスコア

今日は夕方5時のプレーボール
夕食の準備があるので、野球中継のテレビはチラ見です。

初回、ハフ投手は先頭の糸原選手にセンター前ヒット
送りバントをハフ投手が1塁へ送球も、山田選手が捕球できず無死1、3塁
初っ端から痛いエラーが出ました。山田くん、今季は不注意なミスが多いですね。
日差しよけにサングラスをしていましたが役に立っていません。

続く福留選手にセンターへタイムリーヒットを打たれ、阪神が1点先制 0-1
無死1、3塁から、糸井選手にもライトへタイムリー2塁打を浴び0-2
なおも無死2、3塁で、陽川選手はサードゴロで1死となりますが、
俊介選手は四球で1死満塁
このあと、北條選手にレフトオーバーの走者一掃タイムリー3塁打を浴び0-5
梅野捕手のライトファールフライで、
3塁から北條選手がタッチアップして生還し0-6


初回から6点ビハインドとなったヤクルトは、
1回裏、先頭の西浦選手がセンターへの2塁打で出塁
青木選手は頭部死球をぶつけられ、その場に倒れ担架で運ばれ負傷交代
岩貞投手、なんてことをしてくれるの(怒)!
今回は、ストレートが抜けた死球なので故意ではないと思いたいですが、
よりによって絶好調の青木選手にぶつけるとは・・・。代走は雄平選手
意識はあったようすが、メジャーでも頭部死球の後遺症で苦しみましたからね。
非常に心配です。

岩貞投手は危険球一発退場で、2番手で急きょ才木投手が登板
山田選手は四球で歩き、
無死満塁から、バレンティン選手のサードゴロで1点かえします。

2回、センターに坂口、ライトに雄平選手が入ります。
ハフ投手は、この回も立ち直る気配がなく、4安打浴び3点奪われます。1-9
もう青木選手のデッドボール以降、私は試合の詳細を書く気がしなくなりました。

2回裏、中村捕手がチーム初ヒットで出ますが、後続が倒れます。

3回の表裏、両チームとも三者凡退

4回も続投のハフ投手は、ヒットと四球でランナーを出しますが0点に抑えます。

4回裏、畠山選手がヒット、坂口選手は四球で歩き、
2死後、代打の川端選手が四球で出て2死満塁も、西浦選手が三振に倒れ得点ならず。

テレビ中継の中で、青木選手情報があり、
青木選手は自力で歩き、笑顔も見られる。
クラブハウスで着替えてこれから病院へ行くとのことです。
どうか無事でありますように。

5回、ヤクルトは山中投手が登板
梅野、糸原、熊谷選手にヒットを打たれ、
1死満塁から、福留選手にレフトへタイムリー2塁打を打たれ1-11
糸井選手のセカンドゴロで3塁ランナーが生還して1-12
2死3塁から陽川選手にタイムリーヒットを打たれ1-13
あまりに一方的な展開に、もう降参のタオルを投げ入れたいくらいです。

5回裏、先頭の雄平選手がライトフェンス直撃のヒット、山田選手は四球で無死1、2塁
しかし、バレンティン、畠山、坂口選手が倒れ得点ならず。

6回、サードに三輪ちゃん、雄平選手がセンター、荒木選手がライトに回ります。
この回、山中投手はバレンティン選手のスライディングキャッチの好守もあって
三者凡退に抑えます。

6回裏、ヤクルトは三者凡退
急きょ登板したプロ2年目19歳の才木投手を打てません。

7回、ヤクルトは中澤投手が登板 マスクは井野捕手
三人で片付けます。

7回裏、阪神はマテオ投手が登板
1死後、雄平選手が足に死球を受け出塁
ここで、山田哲人選手がセンターバックスクリーンに17号2ラン、
通算150号本塁打を放り込み3-13

25歳11ヶ月での記録達成は球団最年少です。おめでとうございます。
花束を贈られますが、初回にエラーをやらかし、大差の試合なので笑顔はありませんでした。
まあ、現地観戦のファンの皆さんにとっては、
山田くんのメモリアルアーチが見られたのはよかったです。

e0222575_11245575.jpg


8回、ヤクルトは風張蓮投手が登板
レフトに荒木、センター上田、ライト雄平選手に守備変更
いきなり初球、先頭の糸井選手の足に死球をぶつけます。これって報復(苦笑)!??
ただし、警告試合は宣告されません。糸井選手の代走は伊藤隼太選手
このあと後続を打ち取り3アウト

8回裏、阪神は高橋聡文投手が登板
1死後、荒木選手がレフト前ヒットで出ますが後続が倒れます。

9回、風張投手が続投
先頭の梅野捕手に左中間への2塁打を打たれ、鳥谷選手は四球で無死1、2塁
ナバーロ選手のレフトへの飛球を荒木選手が落球するエラーで3-14
無死2、3塁となり、
熊谷選手のショートゴロの間に3塁ランナーが生還して3-15

9回裏、阪神は伊藤和雄投手が登板
1死後、雄平選手がセカンドエラーで出塁
山田選手はセンター前ヒットで1死1、3塁
代打の田代選手は四球を選び1死満塁
続く畠山選手がバックスクリーンに4号満塁ホームランを叩き込み7-15
最後は、二者連続三振でゲームセット

ヤクルトは7-15の大敗で阪神に敗れ、連勝は5で止まり、再び借金1となりました。

初回6失点、2回3失点と、エラーはあったものの先発のハフ投手が打たれまくりました。
序盤で試合が壊れて、2番手の才木投手に成すすべなく抑えられました。

また、山田、畠山、荒木選手で3失策はいただけませんでしたね。

ただ7回に、山田哲人選手の通算150本塁打となる17号2ランが飛び出し、
9回には畠山選手にグランドスラムが出たのが、
大敗の中にも、せめてもの見せ場があって救いとなりました。
点差がどんなにあっても、集中力を切らさなかったのは立派です。

1点差で負けるのも大敗するのも負けは負け。
勝ちパターンの3投手が休めただけでも良かったと思うことにします。

あとは、青木宣親選手が無事であることを祈るのみです。
頭への死球なので、無理しないで、しばらくは大事をとってほしいですね。

しかし、阪神戦は毎年のように死球がらみで荒れますね。
岩貞、藤浪投手は、もうヤクルト戦で投げるのはご遠慮願いたいです。

明日は寺島成輝投手の先発ですが、気負うことなく今の力を発揮してくれたらと思います。

by misty2011 | 2018-06-30 21:14 | 東京ヤクルトスワローズ
昨夜は、夢にまで見た山田哲人選手の劇的サヨナラ弾に酔いしれ、
その後は、サッカーのロシアワールドカップで、日本の決勝トーナメント進出を見届けました。
サッカーの方は、最後はちょっと白けたので、
ヤクルトのサヨナラ勝利が、より一層、感動的なものとなりました。
さぞぐっすり眠れるかと思いましたが、興奮のあまり、なかなか寝付けませんでした。

普段はホームランを打っても、淡々とベースを一周する山田くんが、
昨日は、珍しく右手をあげガッツポーズをしていましたね。
それほど半端ない喜びだったのでしょう。
お立ち台では、「人生の中で一番気持ちよかった。野球をやっててよかった」 と、
嬉しさを隠せませんでした。ジーンとする語り口でしたね。
ここぞで試合を決める一打!
何度も乗り越えられなかった大きな壁を突き破った山田くんが、
これから精神的により逞しくなっていく大きな節目の試合となったような気がします。

昨夜は、感動に浸る間もなく、試合直後にブログを急いで書きあげたので、
一日遅れで、少し書き足しました。

4連勝で、借金が1まで減ったヤクルトは、今日から神宮に阪神タイガースを迎えての3連戦
先発は、ヤクルトが山田大樹投手、阪神は秋山拓巳投手
今日はピッチャーの山田選手に頑張ってもらいたいですね。

スタメンは、雄平選手が5番に上がり、2試合ノーヒットの川端選手が7番に下がりました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、山田大樹投手は1死後、植田選手にピッチャー強襲の内野安打を打たれ、
2盗されますが、後続を抑えます。

1回裏1死後、青木選手がセンターへのヒット、山田哲人選手はサード内野安打で1死1、2塁
山田くんは、打席の途中で自打球を足に当て、ちょっと痛そうでした。
バレンティン選手がレフトへタイムリーヒットを放ちヤクルトが先制 1-0
雄平選手はセカンドゴロ併殺崩れ、坂口選手は四球を選び2死満塁も
川端選手がレフトフライに倒れ1点どまり。

2回、山田大樹投手は先頭の陽川選手に死球をぶつけ、
つづく俊介選手にレフトスタンドへ1号2ランホームランを打たれ1-2と逆転されます。

2回裏、ヤクルトは三者凡退

3回、山田大樹投手は、四球、ヒットでランナーを出し、
陽川選手に3号3ランホームランを浴び1-5となります

3回裏、先頭の青木選手がライトへの3塁打で出塁。糸井選手が打球を見失いました。
山田哲人選手は3球三振に倒れますが、
バレンティン選手のサードゴロの間に3塁から青木選手が生還して2-5

4回、ヤクルトは2番手で大下佑馬投手が登板
1死後、原口捕手に1号ソロ弾を浴び2-6
ここまで既に阪神打線に3発浴びました。

4回裏、先頭の坂口選手がセンターへ2号ソロホームランを放り込み3-6
今日は強い風の中、早くも両チーム計4本のホームラン

5回、続投の大下投手は、3、4番を連続三振に仕留めるなど3人で片付けます。

5回裏1死後、青木選手がライト前ヒットで出ます。早くも3安打
山田選手はレフトへのヒットで1死1、3塁
続くバレンティン選手がレフトへタイムリーヒットを放ち4-6と2点差に

なおも1死1、3塁となり、阪神は2番手の岩崎投手に交代
ここで、雄平選手がレフトへタイムリーヒットを放ち5-6と1点差
1死1、2塁となり、坂口選手はライト前ヒットで1死満塁。
川端選手は左中間へタイムリーヒットを運び二者生還して7-6と一気に逆転!
ここまで、何と6連打!
なおも1死1、2塁で、中村捕手はセカンドゴロで2死1、3塁
代打の畠山選手を送ると、阪神は才木投手に継投
畠山選手はショートライナーで3アウト。
この回、ヤクルトは1死から6連打(すべてシングルヒット)で4点奪い、
逆転に成功しました。

6回、ヤクルトは原樹理投手が登板
先頭の陽川選手をサード川端選手の悪送球で出します。
送りバントで1死2塁となり、北條選手はサード内野安打で1死1、2塁
原口捕手はサードゴロで2死1、3塁(リクエストで1塁セーフに判定覆る)
山田くんが握り替えて併殺が取れませんでした。
このあと暴投で2死2、3塁となり、
代打の伊藤隼太選手にサード後方レフト前にタイムリーヒットを打たれ、
二者生還して7-8と逆転されます。


6回裏、阪神は伊藤和雄投手が登板
1死後、青木、山田選手が連続四球で無死1、2塁
バレンティン選手は三邪飛に倒れ2死1、2塁となり、
雄平選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち8-8の同点に!
雄平選手、2打席連続のタイムリー!
2死1、2塁で、坂口選手はサードライナーで3アウト、同点どまり。

7回、ヤクルトは中尾輝投手が登板
2番からの打順を、きっちり三者凡退に抑えます。

7回裏、伊藤和雄投手続投で、
先頭の川端選手が四球で歩き、代走は藤井選手
中村捕手は送りバントで1死2塁
代打の荒木選手はサードゴロで、3塁に走った藤井選手はノータッチでセーフとなり、
1塁もセーフで1死1、3塁
藤井選手の3塁セーフで阪神から抗議があり、
その後、審判からの説明を聞いても、さっぱりわかりませんでした。

阪神は桑原投手に交代し、サードに鳥谷選手が入ります。
トップに戻り、今日まだヒットがない西浦選手
荒木選手が2盗して1死2、3塁から、
西浦選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち
二者生還してヤクルトが10-8と勝ち越します。
 
西浦選手、低めのボール気味の球でしたが、上手くバットに乗せて運びました。
青木選手はセンターフライで2死1塁となり、
山田選手はライトフライで3アウト

8回、2点リードで近藤一樹投手が登板 センターに上田選手
1安打されますが0点に抑えます。

8回裏、阪神は能見投手が登板
1死後、雄平選手がセンター前ヒットで出ます。3安打猛打賞
坂口選手もレフト前ヒットで1死1、2塁。3安打猛打賞
1死1、2塁から藤井選手はレフトフライで2死となり、暴投で2死2、3塁
中村捕手はライトフライで3アウト

9回、ヤクルトは石山泰稚投手 レフトに田代選手
鳥谷選手に2塁打を打たれ、このあと1死3塁で、
代打ナバーロ選手にライトへタイムリーヒットを浴び10-9と1点差
福留選手はセカンドゴロ、糸井選手は申告敬遠で2死1、2塁となり、
最後は陽川選手をレフトフライに打ち取りゲームセット

ヤクルトが乱打戦を制し、10-9で阪神を下し、5連勝で勝率5割に復帰しました。
最後は冷や冷やしましたが、逃げ切れてよかったです。

阪神は3発を含む10安打で9得点でしたが、ヤクルトが打ち勝ちました。

勝ち投手は7回に投げた中尾輝投手が6勝目をあげました。
ナイスピッチングでした。やはり勝ち運がありますね。

先発した山田大樹投手は、前回といい今日といい、早い回での降板となり
先発としての仕事が出来ませんでした。
おそらく次回はないでしょうね。

2番手の大下投手はソロ弾を浴びましたが、打たれたのはこの1安打のみ。
2回を投げ3三振と好投しました。
貴重な中継ぎとなりそうです。

原樹理投手は、味方のエラーや併殺が取れずで、そこから失点。
勝負所で踏ん張れませんでした。

中尾投手は好リリーフ
近藤投手は1安打されますが、後続を打ち取ります。
石山投手は2安打され1失点しましたが、何とかに持ち堪えました。

打線は15安打で10得点とよく打ちました。
3安打猛打賞が3選手
青木選手
雄平選手が2打席連続適時打など3安打猛打賞で2打点
坂口選手がソロ弾含む3安打猛打賞1打点

マルチヒットは
山田哲人選手
バレンティン選手がマルチで3打点

川端選手は1安打ながら、2点タイムリーヒット
そして、西浦選手も1安打ながら、勝ち越しとなる2点タイムリーヒットを打ち、
お立ち台に上がりました。
昨日も、9回に同点打を打つなど、お立ち台に呼ばれてもいい活躍でしたね。

e0222575_19345756.jpg


相手先発が秋山投手で勝てたのは大きいですね。
さあ、これからは貯金生活に入りましょう!

by misty2011 | 2018-06-29 22:16 | 東京ヤクルトスワローズ
試合の前に、昨夜、先制の2ランなど4打点を挙げチームを勝利に導いた青木宣親選手に関して。
6回の守備から早めの交代で、その後、試合終了時にもベンチに姿がなく心配されていましたが、
連戦が続く中での体調を考慮され、5回終了時にクラブハウスに戻ったとのこと。
ケガなどではなかったので一安心ですが、
連日の大活躍に、さすがに疲れが溜まっていたんでしょうね。

選手公示では、宮本丈選手が下がり、今日、先発の石川雅規投手が上がってきました。
中日ドラゴンズの先発は笠原祥太郎投手

スタメンは、左腕用オーダーで、畠山選手が6番に入り、坂口選手が7番
雄平選手が外れました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、石川投手はきっちり三者凡退に打ち取ります。

1回裏、ヤクルトも、7球であっさり三者凡退。

2回、石川投手は先頭のビシエド選手に四球を与え、
平田選手にレフト前ヒットを打たれ無死1、2塁
福田選手はセカンドゴロで1死2、3塁
堂上選手にライトへ犠牲フライを運ばれ1点先制されます。0-1
(※当ブログのスコア表記はヤクルト側から)
木下捕手は四球で2死1、3塁となり、笠原投手はピッチャーゴロで3アウト

2回裏2死後、畠山選手が四球で歩きます。
坂口選手は粘りますがショートフライで3アウト

3回、石川投手は先頭の大島選手にセンター前ヒットを打たれ、
荒木選手にライトへのヒットを打たれ無死1、3塁とピンチが広がります。
アルモンテ選手は浅いライトフライで1死となり、
ビシエド選手にライトへ犠牲フライを運ばれ0-2

3回裏2死後、西浦選手が左中間への2塁打で出塁。チーム初ヒット
続く青木選手が左中間へのタイムリー2塁打を放ち1-2
今日も1、2番コンビで得点しました!
2死2塁で、山田選手は3塁線を破るタイムリー2塁打を放ち2-2の同点に!
西青山トリオの3連続2塁打とは、カッコ良すぎですね。
山田くんが絶好調の二人に続いて打って、
しかも、久しぶりにタイムリーが出ました。よかった~!

バレンティン選手は四球で歩き2死1、2塁も、
川端選手はファーストゴロで3アウト、勝ち越しならず。

4回1死後、石川投手は堂上選手にセンター前ヒットを打たれますが、後続を抑えます。

4回裏、ヤクルトは三者凡退

5回1死後、石川投手は荒木、アルモンテ選手に連打され1死1、2塁のピンチ
しかし、ビシエド選手をサードゴロ併殺打に仕留め3アウト

5回裏、石川投手の代打で荒木選手を送りますが、空振り三振
2死後、青木選手が12個目の死球で出ます。
山田選手は四球で歩き2死1、2塁
つづくバレンティン選手は空振り三振に倒れ3アウト

6回、ヤクルトは2番手で山中浩史投手が登板
1死後、福田選手にレフトへの2塁打を打たれます。
堂上選手のショートゴロで2死3塁
木下捕手を空振り三振に斬って取り3アウト

6回裏、中日は鈴木博志投手が登板
ヤクルトは川端、畠山、坂口選手が三者凡退

7回、ヤクルトは中尾輝投手が登板
大島、荒木選手を連続三振に斬って取るなど3人で片付けます。
今日はストレートが走っていました。

7回裏、中日は又吉投手が登板
ヤクルトは三者凡退

8回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
アルモンテ選手にヒット、ビシエド選手に2塁打を打たれ無死2、3塁のピンチ
平田選手にサード頭上を越えるレフトへのタイムリー2塁打を打たれ
2-4と勝ち越されます。

福田選手はサードゴロで1死3塁となり、
代打・藤井選手はセカンドゴロで2死3塁となり、
代打・高橋周平選手にフェンス直撃のタイムリー2塁打を浴び2-5と3点差に

ここで、ヤクルトは中澤投手に交代し、京田選手を打ち取り3アウト

8回裏、中日は祖父江投手が登板
先頭の青木選手がサード内野安打で出塁
山田選手は外スラを空振りして3球三振。見え見えの配球に同じことの繰り返し。
左投手は何とか打てても、
右投手の外角対策をしない限り、安定した打撃は望めそうにありません。
あれを引っ張りにかからないで、右に打つとかできればいいんですが…。

続くバレンティン選手が、バックスクリーン左に18号2ランホームランを叩き込み
4-5と1点差に!

さすが、バレンティン、ここぞで反撃ののろし、大きな一発が出ました。

川端選手はショートゴロ
畠山選手は捕邪飛のリクエスト検証の結果、判定通り捕球とみなされ3アウト

9回は中澤投手が続投
先頭の大島選手に2塁打を打たれ、送りバントで1死3塁
工藤選手に前進守備のセカンドを越えるタイムリーヒットを打たれ4-6と2点差に

ここで、ヤクルトは原樹理投手に継投
ビシエド選手をピッチャーゴロ併殺打に仕留め3アウト

9回裏、中日は田島投手が登板
先頭の坂口選手が四球で出塁
代打の雄平選手はライト前ヒットを放ち無死1、2塁
代打の上田選手は送りバントの構えから死球で歩き無死満塁
トップに戻り、西浦選手がレフトへタイムリーヒットを放ち、
土壇場で6-6の同点に追いつきます!

何て頼もしい男、西浦選手!

なおも無死1、2塁で青木選手はセンターフライで1死となり、
ここで、山田くん、決めてくれ~と、目を閉じ手を合わせてひたすら祈ります。
こういう場面でいまだ打ったことがありません。今日こそお願い!
そしてそして、祈りが通じたか、
山田選手レフトスタンドへ16号サヨナラ3ランホームランを放り込み
ヤクルトが9×―6で中日に逆転勝利し、連勝を4に伸ばしました。


山田くん、初のサヨナラ、しかも16号3ランで決めれくれました。
おめでとう!!最高に嬉しいです。
この日をどんなに待ち望んでいたことか・・・。
初のサヨナラ打をホームランで決めたあたりは山田くんらしいですね。

これまで、ここぞで打たないと散々叩かれてきましたが、
これでようやく胸のつかえがおりました。ありがとう哲人~~~!!!
私まで気持ちが晴れましたね。
もう肘の痛みも飛んで行ったことでしょう。最高の山田デーとなりました。

e0222575_958287.jpg


これで、山田くんは通算149号本塁打となり、150本まであと1本となりました。

勝ち投手は、9回途中からリリーフした原樹理投手が今季初勝利を飾りました。
よかったですね、おめでとうございます。

先発した石川雅規投手は5回を投げ2失点
少し慎重になりすぎた感がありましたが、試合は作りました。

疲れが見える近藤投手が打たれた時には、今日はダメかと思いましたが、
バレンティン選手の2ランで1点差に追いつき、
この後、また突き放されますが、
9回土壇場で西浦選手が同点となる2点タイムリーヒット(訂正)
そして、最後はミスタースワローズ、山田哲人選手がサヨナラ3ランで決めてくれました。

神宮で山田くん初のサヨナラ弾を見とどけたファンの皆さん、おめでとうございます。
最高に盛り上がったことでしょう。
この勢いでさらに連勝を続けましょう!
ああ、今夜は何て嬉しいんでしょう。
サヨナラのシーン後は、興奮してキーボードを打つ指が震えて、
なかなかまともに打てませんでした。
そのくらい、私にとって嬉しい試合となりました。

興奮して書いたので、あとで誤字脱字などあれば訂正しておきます。

さあ、これからはサッカーを見なきゃ。

by misty2011 | 2018-06-28 22:12 | 東京ヤクルトスワローズ
昨夜はブキャナン投手の投打にわたる活躍と、1番・2番・3番のサンスポ命名?の“西青山トリオ”
の3発で圧勝した東京ヤクルトスワロ―ズ
神宮でのヤクルトは、改めて強いなあと思った試合でした。

試合の前に、気になるニュースから、
昨日、抹消された小川泰弘投手は、登板間隔を空けるのが目的で、
1軍に帯同しながら調整するとのことです。
故障ではなさそうなので一安心ですが、
単に登板を飛ばすのなら一昨日に抹消されて良さそうなものですが、
一日ズレたのは、はやり何か原因はあるんでしょうね。

中日ドラゴンズとの2戦目の先発は
ヤクルトがカラシティー投手、中日はプロ2年目の藤嶋健人投手
スタメンは、坂口選手が6番、雄平選手が7番に入り、その他は前日と同じ

試合経過は ニッカンスコア

初回、カラシティー投手は、2番の亀澤選手にヒットを打たれ2盗を許しますが、
無失点に抑えます。

1回裏、先頭の西浦選手がレフトフェンス直撃の2塁打を打つと、
青木選手がライトスタンドへ6号2ランホームランを叩き込み、
今日もヤクルトが2点先制 2-0

昨夜のリプレーを見るようなホームランでした。
後続3人は倒れます。山田選手は打ち上げて毎度のポップフライ。

1、2番で得点できているのでいいようなものの、
3、4番が相手にとって安全パイとなっています。

2回、カラシティー投手は四球でランナーを出しますが、後続を打ち取ります。

2回裏、ヤクルトは三者凡退

3回2死後、亀澤、アルモンテ選手に連打され2死1、3塁のピンチを招きますが、
ビシエド選手をセカンドゴロに打ち取ります。

3回裏、先頭のカラシティー投手がセンター前ヒットで出塁。
昨日のブキャナン投手に続き、バットでも魅せます。
西浦選手は3塁線を破る2塁打を放ち無死1、3塁。もう手が付けられません。
青木選手が今度は左中間へのタイムリー2塁打を放ち4-0と突き放します。
ここまで全得点4点をたたき出しました。こちらも絶好調!

ここから問題の3、4番
山田選手は、ショートゴロでランナー進めず1死2塁
悪いなりにケースバッティングが出来ればいいんですが、それも出来ません。
バレンティン選手は見逃し三振。今日早くも2三振
川端選手はセンターフライで3アウト
3、4番がこの状態だと、これからは、青木選手が敬遠されるかもしれませんね。

4回1死後、カラシティー投手は高橋選手にライトへヒットを打たれますが、後続を抑えます。

4回裏、ヤクルトは三者凡退

5回、中日も三者凡退

5回裏、先頭のカラシティー投手がまたもレフト前ヒットで出塁。
西浦選手はセンターフライで1死となり、
青木選手はライトへの2塁打で1死2、3塁。青木選手既に3安打
さて、今度はどうでしょう?山田選手は四球で歩き1死満塁。ほっ…
ここで、今日2三振のバレンティン選手がレフトへのタイムリーヒットを放ち
二者生還して6-0
 
久しぶりのヒット、いい所で出ましたね、ココちゃん!
1死1、2塁で、川端選手は四球で歩き1死満塁

中日はここで佐藤優投手に交代
代わりっぱな、坂口選手がライト前タイムリーヒットを放ち、
山田選手がホームインして7-0

なおも1死満塁で、雄平選手は三振、中村捕手はレフトフライで3アウト

6回、センターの青木選手に代わり上田選手が入ります。
カラシティー選手はビシエド、平田選手に連打され無死1、2塁
高橋周平選手には四球を与え無死満塁のピンチを招きます。
続く京田選手の抜けようかという打球を西浦選手が好捕して2塁フォースアウト
その間に3塁ランナーが生還して7-1

西浦選手、ナイスプレー!守備もホントに上手くなりました。
大野捕手はセカンドゴロ併殺打に仕留め3アウト。
この回、よく1点で食い止めました。

6回裏、ヤクルトは三者凡退

7回、ヤクルトは中澤投手が登板
先頭の代打・荒木選手にレフトオーバーの2塁打を打たれます。
大島選手はセカンドゴロで1死3塁

ここで、ヤクルトは原樹理投手に交代
福田選手にライトへ犠牲フライを運ばれ7-2
アルモンテ選手はセカンドゴロで3アウト

7回裏、中日はプロ初登板の清水投手が登板
山田選手は四球で歩き、バレンティン選手は空振り三振、
川端選手は1塁ゴロ併殺打で3アウト

8回、原樹理投手続投、レフトに田代選手
先頭のビシエド選手にライトフェンス直撃の3塁打を打たれます。
平田選手に四球を与え無死1、3塁
高橋周平選手は空振り三振で1死となり、
京田選手をセカンドゴロ併殺打に仕留め3アウト

8回裏、中日は鈴木博志投手が登板。こんな場面で投げるんですか?
先頭の坂口選手は四球で歩きますが、雄平選手はセカンドゴロ併殺打
中村捕手は三振で3アウト

9回、ヤクルトは中尾輝投手が登板。藤井選手が3塁、川端選手が1塁の守備に変更
1安打されますが、後続を抑えゲームセット

ヤクルトが7-2で中日に連勝して、このカードの勝ち越しを決めました。
今日もナイスゲーム、ありがとうございます。

先発したカラシティー投手は、6回を投げ6安打1失点で、
負けなしの5連勝で5勝目をあげました。おめでとうございます。
ストレートのほか、カットボール、フォーク、チェンジアップなど安定していました。
最後はややバテましたが、崩れる心配もなく、点差もあって安心して見ていられました。
また、打つ方でも2安打2得点と、昨日のブキャナン投手に続きバットでも活躍!
9番→1番→2番が、前日に続きヤクルト最大の得点源となっていました。

写真は浦添キャンプより カラシティー投手
e0222575_16211346.jpg


7回からの継投では、中澤、原樹理、中尾投手で1失点で抑え、逃げ切りました。

打つ方は、青木宣親選手が連夜の先制弾!
今日は初回に2塁打の西浦選手を置いて先制の6号2ラン
3回には、カラシティー、西浦選手を置いてタイムリー2塁打を放ち計4打点
6回にも2塁打を打って3安打猛打賞と、怖いくらい打ちまくっています!
3割目前となりましたね。

チームは9安打で7得点と効率よく点を取りました。
西浦選手が2塁打2本のマルチで、青木選手との1、2番は最強コンビとなりつつあります。
守備も随所で好守を見せチームの勝利に貢献。
今やチームになくてはならない存在となりました。素晴らしい活躍ですね。

ヒットがなかったバレンティン選手が、今日は満塁で2点タイムリーヒットを放ち2打点
そして、カラシティー投手が2安打2得点
投げるだけでなく、バッティングでも勝利に導きました。
坂口選手がタイムリーヒットで1打点

山田哲人選手は2打数ノーヒット2四球
昨夜はマルチで一発も出ましたが、まだまだ時間がかかりそうです。
このままのバッティングスタイルで、果たして良くなるんでしょうか?

西浦選手の覚醒の裏には、宮本ヘッドが、
スイングのフォロースルーで左手をバットから離すようアドバイスがあったとのこと。
それから打撃好調ですが、不調の山田選手には何も助言はないんですかね?
肘がまだ完全でないのなら、振りまわすだけじゃなく、
もっとミート中心に心がけるようにとか言えないものでしょうか?

2試合とも、ヤクルトが強いのか中日が弱いのか?
拍子抜けするくらい快勝したので、この勢いでこのカード3連勝と行きたいですね。
明日の石川雅規投手に期待しています。

by misty2011 | 2018-06-27 21:36 | 東京ヤクルトスワローズ
前のカード巨人戦で連敗を3で止め、借金4で4位につけている東京ヤクルトスワロ―ズは、
今日から神宮での6連戦。最初は中日ドラゴンズとの3連戦です。

先発はヤクルトがブキャナン投手、中日は小笠原慎之介投手
スタメンは1番・西浦、3番・山田選手など巨人戦3戦目と同じ
出来れば、山田選手はもっと下位に下げてほしいのですが。

選手公示では、昨日、谷内亮太選手が抹消され、
本日付で宮本丈選手が上がってきました。
そして、小川泰弘投手が抹消されました。何かあったんでしょうか?
右ひじ手術明けなので、これは心配ですね。

試合経過は ニッカンスコア 

初回、ブキャナン投手は大島選手にセンター前ヒットを打たれ、送りバントで2塁、
暴投で1死3塁となりますが、3、4番を打ち取り3アウト

1回裏、西浦、青木選手の連打で無死1、2塁も
山田選手は捕邪飛、バレンティン選手は三振、川端選手はショートゴロで先制ならず。
悲しいかな、山田選手が打ちあげるか三振は予想通りという感じで、
私はやけくそで、もう送りバントでもさせておけよと思いました。
まだ左ひじのケガの影響があるようで、それならなおさら3番に置くなんてありえません!

肘が痛くて打てないのなら、軽打するとか、外の球は右に打ってみるとか、
それなりに工夫したバッティングが出来ればいいんですが、
打撃技術の引き出しがないばっかりに、常に同じスイングをして同じように打ち上げる。
その繰り返し。

それにしても、クリーナップでランナーが一歩も進めずとは情けない。

2回、ブキャナン投手は1死後、高橋選手に内野安打を打たれますが、
福田選手をショートゴロ併殺打に仕留めます。

2回裏、ヤクルトは三者凡退

3回、中日は三者凡退

3回裏、先頭のブキャナン投手が全力疾走でセカンドへの内野安打で出ます。
西浦選手は四球で無死1、2塁
つづく青木選手がライトへ5号3ランホームランを放り込み、
ヤクルトが3点先制!3-0
 ナイスホームラン!! 
山田くんに回しても打てないので、その前に得点できてほっとしました。

山田選手はセンターフライで1死となり(リーグ戦再開後、15打数ノーヒット)、
バレンティン選手はショートゴロ。この3、4番はそろって不調。
真ん中で打線をぶった切っています。
川端選手はライト前ヒット、畠山選手は1邪飛で3アウト

4回、ブキャナン投手はビシエド選手に死球をぶつけますが、後続を打ち取ります。

4回裏、先頭の坂口選手がレフト前ヒット、中村捕手は送って1死2塁
つづくブキャナン投手がレフトへタイムリー2塁打を放ち4-0
今日は投打に大活躍!

西浦選手は四球で歩き1死1、2塁
青木選手はレフト前ヒットで1死満塁と思ったら、
3塁を回ったところで、河田コーチがブキャナン投手を止めた際に接触し、
ランナーがアウトとなり2死1、2塁。
このあと、山田選手はセンターフライで3アウト。
これまでよりはマシな当たりでしたが伸びませんでした。(16-0)
どこまでノーヒットが続くのやら・・・。

5回、ブキャナン投手は三人で片付けます。

5回裏、ヤクルトは三者凡退

6回、先頭の坂口選手がレフト前ヒットで出塁
2盗後、中村捕手が送って1死3塁
ブキャナン投手はショートゴロ。京田選手のフィルダースチョイスで1死1、3塁
ここで、1番の西浦選手がレフトスタンドへ6号3ランホームランを叩き込み7-0
と突き放します。
西浦選手、素晴らしい!
長打があるので、安定した打撃が出来るようになれば、クリーンナップも夢ではありません。

2死後、山田選手がレフトへのヒットで出ますが、バレンティン選手はサードゴロで3アウト
ようやく山田くんにヒットが出ました。
リーグ戦再開後、4試合目で初ヒットです。やれやれ。
これがきっかけになればと思いますが、とにかく山田くんは、凡人にはわかりません。
予測不能。去年も今年も、ちょっと打ってはすぐまた不調モードに入りますからね。

7回裏、中日は又吉投手が登板
先頭の川端選手がレフト前ヒット
今日1軍昇格の代打・宮本丈選手はショートゴロ併殺打
このあと、坂口選手が左中間への2塁打で出ます。今日3安打
中村捕手は三振で3アウト

8回、ブキャナン投手は先頭の高橋選手にレフトへヒットを打たれますが、
後続を打ち取ります。

8回裏、中日は木下雄投手が登板
1死後、西浦選手がセンター前ヒット。3安打猛打賞、勢いが止まりませんね。
青木選手はセカンドゴロで2死1塁。代走は上田選手
続く山田選手がバックスクリーン左に飛び込む15号2ランホームランを放り込み
9-0

3週間前の6月5日ぶりとなる一発です。
1本ヒットが出たら気持ちがラクになったでしょうか。

9回、ブキャナン投手は先頭の大島選手にレフトへの3塁打を打たれます。
守備に入った田代選手がクッションボールの処理にもたつきました。
1死後、アルモンテ選手にセンターへタイムリーヒットを打たれ9-1
完封は逸しました。
このあと、ビシエド選手に今日2個目の死球をぶつけ1死1、2塁。申し訳ありません。
しかし、後続を打ち取りゲームセット

ヤクルトが9-1で中日に圧勝しました。

完封こそなりませんでしたが、ブキャナン投手が5安打1失点で、
2回目の完投で6勝目をあげました。おめでとうございます。
打っても2安打1打点と二刀流で大活躍でしたね!

e0222575_11303764.jpg


打線は15安打で9得点
青木宣親選手が先制の3ランホームランを含む3安打猛打賞3打点
西浦直亨選手が同じく3ランホームランを含む3安打猛打賞2四球で全打席出塁
ノリノリですね。ショートの守備も安心して見ていられます。

坂口智隆選手が3安打猛打賞
山田哲人選手が久々のヒットと2ランのマルチで2打点
そして、野手ブキャナン投手が2安打1打点

神宮に戻って来た途端に、久々の大勝でしたね。
エースが投げ、打線が爆発。会心の勝利でした。

中でも、西浦選手と青木選手が好調をキープしています。
不振の山田くんにも一発が出て、センターラインで今日は豪華に3発でました。

あとは、当たりが止まっているバレンティン選手が戻ってくれば完全体になりそうですね。
山田くんは今日打ったので明日も3番でしょうか?
まあ、これが復調の足掛かりになることを願います。
出来れば一日一善はしてほしいですね。

とにかくナイスゲームでした♪♪♪
明日はカラシティー投手の好投を期待しています。
                 
by misty2011 | 2018-06-26 21:22 | 東京ヤクルトスワローズ
本日、マイナビオールスター2018のファン投票の結果が発表されました。

詳細は ファン投票結果

東京ヤクルトスワロ―ズからは、
2塁手で山田哲人選手と、外野手で青木宣親選手がファン投票で選ばれました。
おめでとうございます。

山田哲人選手のオールスター出場は4回目、ファン投票での選出は2回目となります。
青木宣親選手は8回目の出場で、ファン投票での選出は6回目

二人いっしょの写真はこれしかないので、失敗作ですが載せておきます。
浦添キャンプより 歴代ミスタースワローズ「#1」
山田哲人選手、若松勉さん、青木宣親選手
e0222575_157822.jpg



残念ながら、ヤクルト投手陣はファン投票での選出はありませんでした。
後日、発表される監督推薦や、選手間投票で、
リリーフ陣の石山泰稚投手や近藤一樹投手あたりが選ばれるのではないかと思います。
ただ、疲労を考えると、お休みしてほしいような気もします。

また、ヤクルトでは高い人気の坂口智隆選手は、1塁手として得票数は3位でしたが、
こちらも、おそらく監督推薦で選ばれるのではないかと思います。
期待しましょう。

昨年は山田哲人選手の不振で、私はネット投票の登録手続きすらしませんでしたが、
今年はボチボチ投票しました。

ちなみに、私が投票した選手は、
ヤクルトでは山田哲人選手、坂口智隆選手、石山泰稚投手、近藤一樹投手

パ・リーグでは、私のお気に入りの岸孝之投手と秋山翔吾選手です。
秋山翔吾選手はファン投票で選ばれましたが、
岸投手は、おそらく監督推薦で選ばれると思います。
岸投手は最下位の楽天にあって、現時点で7勝1敗、防御率1.935はパ・リーグ1位です。
出来れば、今年は投手部門のタイトルをとってほしいと願っています。

2018オールスターは、京セラドーム大阪と熊本・藤崎台県営野球場での開催となり、
関東での開催がないのは残念です。
熊本開催は、熊本地震復興を支援する意義ある球宴になるといいですね。

出場選手すべてが決まったら、また記事を書く予定です。

by misty2011 | 2018-06-25 17:04 | 東京ヤクルトスワローズ
東京ヤクルトスワロ―ズは、読売ジャイアンツに連敗し、交流戦最終戦から3連敗
借金は5となり、リーグ戦再開後、あっという間に最下位タイに転落しました。

東京ドームでのTOKYOシリーズ最終戦、3戦目の先発は
巨人が今村信貴投手、ヤクルトは小川泰弘投手
負けられない試合です。

スタメンは、1番に西浦、3番に山田哲人選手が入り、
5番サード川端、6番ファースト畠山選手となり、雄平選手がベンチの左腕用オーダー
西浦選手の1番はいいと思いますが、ただでさえ調子が悪い山田選手が3番で大丈夫??
巨人は坂本選手が欠場なのは、ハンディをもらったようなものでラッキーです。

試合経過は ニッカンスコア

初回、西浦選手が初球を打ち上げショートフライ
青木選手はセンター前ヒット
山田選手はストライクを見逃し、追い込まれて、毎度の外のボール球に空振り三振。
甘い球を振らず、ボール球を振ってバットにも当たらないのでは話になりません。
左腕でも打てそうにないですね。こんな状態で、なぜ3番にしたの!?
バレンティン選手はショートゴロで3アウト

1回裏2死後、マギー選手にレフト前ヒットを打たれますが、
岡本選手をショートゴロに打ち取ります。

2回、川端、畠山、坂口選手がすべて内野ゴロに倒れ3アウト

2回裏1死後、小川投手は長野選手を四球で出しますが、後続を抑えます。

3回、ヤクルトはあっさり三者凡退

3回裏2死後、小川投手は田中選手をファースト内野安打で出します。
畠山選手から、ベースカバーに入った小川投手の連係が悪く、ボールを捕球できませんでした。
つづく好調マギー選手にレフト前ヒットを打たれ1死1、2塁のピンチ
4番・岡本選手をピッチャーゴロに打ち取り得点を許しません。

4回1死後、山田選手が四球で歩きます。打てないので助かりました。
山田くん、3戦目で初の出塁
バレンティン選手は空振り三振で、パスボールの間に山田選手は2塁へ進みます。
つづく川端選手がレフトへのヒットで、山田選手が本塁を目指しますがタッチアウト
レフト前ヒットと言っても、亀井選手が突っ込んできて3塁のすぐ後ろから送球したので、
いくら何でもあれで3塁コーチが回すのは無謀です。
次は、畠山選手でしたしね・・・。
ただ、今回も山田くんは足からのスライディングで、
キャンプで練習した、回り込んで手からタッチするスライディングは出来ていませんでした。

4回裏1死後、坂口選手がセカンド内野安打で出塁も、後続が倒れます。

4回裏、巨人は、西浦選手の好守備もあって三者凡退
強肩だし、ショートの守備は安心して見ていられます。

5回、先頭の西浦選手は強いサードライナーも、マギー選手に好捕されました。
青木選手はレフト前ヒット
山田選手は手打ちで力ないライトフライを打ち上げ2死となり、
バレンティン選手はサードゴロで3アウト
青木選手の出塁が無駄になっています。

5回裏、小川投手は先頭の田中選手にライト前ヒットを打たれ、
マギー選手は空振り三振で、その間に田中選手が2盗して1死2塁
岡本選手はサードゴロで2死3塁となり、
亀井選手を三邪飛に打ち取り無失点で切り抜けます。

6回1死後、畠山選手がレフト前ヒットで出塁。代走は藤井選手
坂口選手はショートゴロも、吉川尚選手の体に当たり転倒して内野安打となってチャンス拡大。
1死1、2塁から中村捕手が初球打ちでライト前にヒットを放ち1死満塁
小川投手の代打・荒木選手を送ると、
巨人は澤村投手に継投
荒木選手はフルカウントから見逃し三振に倒れ2死満塁

ここで、西浦選手が左中間へ走者一掃のタイムリー2塁打を放ち3-0となります。
ナイスバッティング、西浦選手!
やっと小川投手を援護できました。これで勝ち投手の権利がつきました。
ベンチで小川投手が嬉しそうでしたね。
今日は西浦選手が1番でよかった~♪♪ 打線組み替えがズバリ当たりました。

2死1塁で青木選手は四球で歩き、1死1、2塁
山田選手は、またまた力なく打ち上げ三邪飛で3アウト。
スイングに全く腰が入っていません。
これ、重症でしょう、よくなる気配が全くありません。
キツイことを言うようですが、球をこすって打ちあげるんじゃなく、
バットの芯でボールを捉えることから根本的にやり直してほしいくらいです。
打線の流れを切るので、私は下位に置くかスタメンから外してほしいですね。
もしも、左ひじケガの後遺症があるのなら、なおさら無理して出ることはありません。

7回裏、ヤクルトは中尾投手が登板
藤井選手がサード、川端選手がファースト
中尾投手は三者凡退に抑えます。ナイスリリーフ!

8回、巨人は谷岡投手が登板
2死後、藤井選手が右中間への2塁打で出ます。
坂口選手は申告敬遠で2死1、2塁
中村捕手はショートゴロで3アウト

8回裏、ヤクルトは近藤一樹投手が登板、レフトに田代選手が入ります。
先頭を四球で出し、陽選手のサードゴロを藤井選手が2塁へ悪送球して無死1、2塁のピンチ
田中俊選手をレフトフライに打ち取り1死となり、
マギー、岡本選手を連続三振斬りで無失点に抑えます。
ナイス、コンちゃん、抑えてよかった~!!

9回、巨人はアダメス投手が登板
先頭の代打・三輪ちゃんが四球で歩きます。
西浦選手は送りバントで1死2塁
青木選手は大きなレフトフライで2死
山田選手はピッチャーゴロで3アウト。
2球ストライクを見逃し、最後はボール気味の球を当てにいくだけのバッティングでした。
選球眼にも狂いが生じています。
また、かかと体重に戻っているように見えます。
昨年の悪いころの悪夢がよみがえって悲しくなります。
結局3戦ノーヒット5三振と散々な結果で、打率は.270まで下がりました。

3点リードで9回裏は石山泰稚投手
先頭の亀井選手にライトへヒットを打たれ、長野選手は三振で1死1塁
ここで、代打の阿部慎之助選手に右中間へのタイムリー2塁打を打たれ3-1
1死2塁で、代打・大城選手は空振り三振で2死となり、
途中出場の宇佐美捕手にライトへタイムリーヒットを打たれ3-2と1点差に。
これはヤバい!
2死1塁となり、最後は陽岱鋼選手をサードゴロに打ち取りゲームセット!
ヤクルトが3-2で、東京ドームで巨人に勝ち、交流戦からの連敗を3で止めました。
最後は冷や冷やしましたが、逃げ切れてよかったです。
苦手の東京ドームで3タテを回避出来て、やれやれです。

最後まで、坂本選手が出なかったってことは、コンディションが悪いんでしょうね。
ヤクルトとしては大いに助かりましたが、心配ですね。

先発した小川泰弘投手は、援護点がもらえない中、6回まで投げ4安打無失点と好投
7回に西浦選手の3点タイムリーが出て、4勝目をゲットしました。
おめでとうございます。好投が報われてよかったです。

石山投手が失点しましたが、
ずっと無失点を続けられるわけではないので、3点リードがあった今日でよかったと思います。
ただ、勝ちパターンの3投手に疲れが出始めているので、
4人目の安定したリリーフ投手が必要ですね。
それ以上に、打線がもっと打たなくては!

打つ方は、打線の組み替えで、1番西浦選手の起用がズバリ当たりましたね。
1番が山田くんだったら、あの場面で打てたとは思えなくて、
今日の勝ちはなかったかもしれません。

チームは9安打で3得点
7回に集中攻撃が実を結びました。
ツキもありましたね。
坂口選手のショートゴロで併殺打になるところが、オールセーフの内野安打でしたからね。
勝つ時は、こういう運も味方します。

それにしても2死満塁のチャンスに、
プレッシャーを跳ねのけ西浦選手がよく打ってくれました。
あそこしかチャンスがなかったですからね。
守備での安定感、そしてバットでもチームを勝利に導く活躍!
昨年の不調から、よくぞここまで成長したものです。
文句なしの今日のヒーローですね!おめでとうございます。

e0222575_19373476.jpg


チームは9安打、そのうち7回に4安打が集中しました。
青木、坂口選手がマルチ
西浦選手が走者一掃のタイムリー2塁打で3打点!

チームは連敗が止まり、ようやく東京ドームで勝ったというのに、
山田くんの状態が最悪なので、私の気持ちはモヤモヤしたまま晴れません。
考えてはいけないことかもしれませんが、今年も結局、好調時はごく短く、
こんな感じで、低調なまま過ぎていくのかなあと不安だけがよぎります。

そんなことはないって否定したいんですが、立ち直る光が見えて来ないんですよね。
毎日、考えまいとしていても、心配でどうしようもなく、私の心の中はボロボロです。
野球を見るのが楽しみどころかストレスそのものになってきました。
思い出すのも嫌な昨年と同じ心理状態に陥ってきました。参っています。

本人はもっと苦しいでしょうね・・・。
コーチ陣、何とかしてくださいよ、お願いします。
やはりチームの顔となる山田哲人選手が打たないことには、勢いがつきません。
次のカードは神宮なので、早めに1本でもヒットが出ますように!

by misty2011 | 2018-06-24 18:27 | 東京ヤクルトスワローズ
昨夜は、リーグ戦再開の初戦に読売ジャイアンツに敗れた東京ヤクルトスワロ―ズ
東京ドームを苦手としていますが、
昨日のような粘り強い戦いで、勝機を手繰り寄せてほしいものです。

2戦目の先発は、巨人が山口俊投手、ヤクルトはハフ投手
スタメンは初戦と同じ

試合経過は ニッカンスコア

初回、ヤクルトはあっさり三者凡退

1回裏、ハフ投手は、先頭の坂本選手にレフトへの2塁打を打たれます。
陽岱鋼選手のショートゴロで、坂本選手は3塁へ走り1死3塁
マギー選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ、
速攻で先制されます。0-1
(※当ブログのスコア表示はヤクルト側から)

岡本選手には四球を与え1死1、2塁
このあと、長野、和田恋選手を抑え1点どまり

2回1死後、雄平選手がレフト前ヒット、坂口選手は四球で歩き1死1、2塁
しかし、昨夜4安打の西浦選手がショートゴロ併殺打に倒れ3アウト

2回裏、巨人は三者凡退

3回、ヤクルトも三者凡退
山田選手はストライクを見逃し、フォークの落ちるボール球に空振り三振
見逃し三振と、こんな感じの空振り三振の2パターン。
打席のたびに、三振数だけが増えていくのを見るのは、ツラいものがあります。

3回裏、ハフ投手は1番からの打順を三者凡退に打ち取ります。

4回、先頭の青木選手が右太ももに死球を受けます。
川端選手はセカンドゴロで1死2塁
バレンティン選手もセカンドゴロで2死3塁
唯一ヒットを打っている雄平選手は、空振り三振で3アウト

4回裏、ハフ投手は岡本和真選手に13号ソロ弾を浴び0-2

5回1死後、西浦選手がレフト線への2塁打で出ます。
フォロースルーが大きくなって好調です。
中村捕手はショートゴロで、ランナー進めず2死2塁
ハフ投手は三振で3アウト

5回裏1死後、ハフ投手は山口選手にヒット、
坂本選手にレフトへ2塁打を打たれ1死2、3塁
陽岱鋼選手は空振り三振で2死となり、
マギー選手に6号3ランホームランを浴び0-5と突き放されます。

6回、山田、青木選手はセンターフライ
川端選手はセカンドゴロで3アウト
山田くんは前に飛んでも、いい当たりすらありません。
自動アウトがトップバッターではチャンスすら作れません。

6回裏、ヤクルトは風張投手が登板
1死後、和田恋選手にセンターへ抜けるプロ初ヒットを浴びます。
吉川尚選手もセンター前ヒットを打たれ1死1、3塁
小林捕手にライト前にタイムリーヒットを打たれ0-6、
さらに、山口俊投手にスクイズを決められ0-7


7回、先頭のバレンティン選手が17号ソロホームランをレフトスタンドに放り込み1-7
焼け石に水って感じですが、明日に繋がれば。
雄平選手はセカンド内野安打
2死後、代打の畠山選手がレフトへの2塁打を放ち2死2、3塁。代走は井野捕手
代打・荒木選手はサードライナーで追加点ならず。マギー選手に好捕されました。

7回裏、ヤクルトはルーキーの大下佑馬投手が3番手でプロ初登板
マスクは井野捕手、センターに田代選手が入りました。
陽選手を空振り三振、マギー選手も空振り三振、岡本選手はキャッチャーフライで3アウト
落ち着いて10球でパーフェクトに抑えました。

8回、山口俊投手続投で、
山田選手はセカンドフライ、田代選手はショートゴロ、
川端選手は三週間へのヒット
バレンティン選手はサードゴロで3アウト

8回裏、大下投手が続投
長野、和田、吉川尚選手を三者凡退に打ち取ります。
相手にとっては初物だとしても、2イニングパーフェクトはナイスピッチング!

9回、山口俊投手が続投で、
雄平、坂口、西浦選手はサードゴロでゲームセット

ヤクルトは1-7で山口俊投手に完投負けを喫し、
このカード2連敗で負け越しとなりました。

交流戦からだと3連敗。
リーグ戦に戻った途端に、交流戦覇者の魔法がとけたみたいに、
また弱いヤクルトに逆戻りしたようです。

確かに、この2戦は菅野、山口俊投手の力のある投手なので、
負けることはある程度予測できたことですが、
昨日の菅野投手に見せたような粘りもなく、今日は淡々と試合が進みました。

ハフ投手は5回6安打(2被弾)で5失点、勝負所で痛打を浴びました。
ここぞで球が高く浮きましたね。
2番手の連投となる風張投手が1回2失点

収穫は、プロ初登板となった大下佑馬投手が、
2イニング打者6人に3奪三振ノーヒット、パーフェクトに抑えたことですね。
球威はそうありませんが、コントロールがいいので、
まずは、今日のようなビハインドでの起用で、ブルペンを支えてくれたらと思います。

e0222575_10245680.jpg


打線は、散発6安打でバレンティン選手のソロ弾1得点のみに抑えられました。
巨人は9安打で7得点と、効率よく得点しているのとは対照的です。
雄平選手がマルチ
代打の畠山選手は2塁打と好調ですね。
打席での読みとか集中力はさすがです。これが山田くんにあればと・・・。

その山田哲人選手は、この2試合9打数ノーヒット
四球もないので出塁もなし。トップバッターの働きが出来ていません。
今日は1三振で、狙い球はミスショットの連続で後ろへのファールが精いっぱい。
前へ飛んだ打球も、バットがボールの下をこすった打球なので、
全く力の無いポップフライばかりでした。スイングの軌道自体が崩れています。

誰のどの球なら打てるのって感じで、一発はおろか、ヒットが出る気配がありませんでした。
どうするの、これ!?
ブレーキになっているので、1番から下げてほしいですが、そうもいかないんですかね?
同じ1番の坂本勇人選手が好調なだけに、ここまで差がつくと凹みます。
もしも、ひじの状態がよくないのなら、それこそスタメン落ちでいいと思います。
明日は左の今村投手なので、これで打てないようなら、ベンチは考えてほしいです。

バレンティン選手に久しぶりの一発が出たのが明るい材料なくらいですが、
ただ、その他の打席はよくなかったので、何とも。

明日は小川泰弘投手なので落とせません。
ズルズル負けて、巨人に3タテを喰らうわけには行きません。
打線の奮起をお願いします。

by misty2011 | 2018-06-23 17:17 | 東京ヤクルトスワローズ
交流戦が全日程を終了し、昨日、オリックス・バファローズが最終戦で引き分けたため、
東京ヤクルトスワロ―ズの単独勝率1位が確定しました。おめでとうございます。

本日、その交流戦の表彰選手が発表され
交流戦の規定により、勝ち越したパ・リーグから、
オリックス・バファローズの吉田正尚選手がMVP(賞金200万円)に選ばれ、
日本生命賞(賞金100万円)は、千葉ロッテマリーンズの石川歩投手、
そしてヤクルトの石山泰稚投手が選ばれました。おめでとうございます。
本来なら、交流戦VのヤクルトからMVPが選出されるべきだと思いますが、
規定上、仕方ないことです。

また、日刊スポーツで投票が行われた
<あなたが選ぶヤクルトの交流戦MVP>の結果も発表され、
石山泰稚投手が、全体の約7割近い圧倒的な得票数でMVPに選ばれました。
合わせておめでとうございます。
 1位 石山泰稚 4064票
 2位 青木宣親 494票
 3位 近藤一樹 282票
 4位 バレンティン 179票
 5位 中村悠平 146票


今日からレギュラーシーズンのリーグ戦が再開しました。
ヤクルトは東京ドームで読売ジャイアンツとの3連戦からスタートします。

先発は巨人が菅野智之投手、ヤクルトはソフトバンクから無償トレードで新加入した山田大樹投手
移籍後、初登板初先発となります。
スタメンは通常の右投手用のオーダー
守備は、1塁が坂口選手で、3塁は川端選手

試合経過は ニッカンスコア

初回1死後、青木選手がセンター前ヒット、川端選手のレフトへのヒットで1死1、3塁
バレンティン選手は四球で1死満塁となり、
雄平選手はファーストゴロで、青木選手がホームアウト
2死満塁で、坂口選手がファールで粘りますが、
10球目を打ってセカンドゴロに倒れ先制ならず。
立ち上がりの菅野投手を攻めましたが、無得点とは残念過ぎます。
ただ、初回だけで菅野投手には32球も放らせました。

1回裏、初先発の山田大樹投手は、先頭の坂本選手のストレートの四球を与え、
陽岱鋼選手は三振も坂本選手が2盗して1死2塁
つづくマギー選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち、
巨人があっさり1点先制。0-1
 (※スコアはヤクルト側からの表記)

岡本選手にもレフト前ヒットを打たれ1死1、2塁
亀井選手はライトフライで2死1、3塁から、
長野選手にレフトへのタイムリー2塁打を打たれ二者生還して0-3

初回の攻防は、くっきり明暗分かれました。

2回、先頭の西浦選手がレフトへの2塁打で出ます。
中村捕手はピッチャーゴロでランナー進めず1死2塁。
ここは送りバントじゃなかったの?
山田大樹投手は見逃し三振
山田哲人選手も外のストレートを見逃し三振で3アウト
ま~こうなるとは思っていましたが、せめてカットぐらいしないと。
毎度の見逃しシーンにがっくり。

2回裏2死後、山田大樹投手は坂本選手に四球を与えますが、後続を打ち取ります。

3回、先頭の青木選手が四球で歩きます。
菅野投手、今日は制球に苦しんでいるようです。球数が増えまくり。
川端選手はサードゴロで1死2塁
バレンティン選手はライトフライで、青木選手がタッチアップして2死3塁
雄平選手は空振り三振で3アウト。菅野投手は3回までに既に71球

3回裏、山田大樹投手は先頭マギー選手に2塁打を打たれ、
1死後、亀井選手のファーストゴロを坂口選手が転倒して内野安打となり1死1、3塁
つづく長野選手に左中間へのタイムリー2塁打を浴び二者生還して0-5
いくら菅野投手が不調とは言え、5点差はキツイですね。
2死後、小林捕手は四球で2死1、2塁から、
菅野投手のショートゴロを西浦選手が弾いて、その間に2塁ランナーが生還して0-6

2死1、3塁となり、ここで、ヤクルトは山中浩史投手が登板
坂本選手をショートゴロに打ち取り3アウト

4回、先頭の坂口選手がセンター前ヒット
ここで、西浦選手がレフトスタンドへ5号2ランホームランを放り込み2-6
前の回のエラーをバットで取り返しました。
今日は右打者で唯一菅野投手に合っているようです。
山中投手は粘るも三振、山田哲人選手はあっさり打ち上げライトフライ。
菅野投手91球

4回裏1死後、山中投手はマギー選手にヒットを打たれますが、後続を抑えます。

5回、青木選手からの打順も三者凡退

5回裏、山中投手も三者凡退に抑えます。
う~ん、こうなると最初から山中投手なら・・・。

6回1死後、坂口選手が三週間を抜けるヒット
西浦選手は3安打目となるレフトへのヒットで1死1、2塁
中村捕手のセンターフライで2死1、3塁
ここで、代打・荒木選手を送りますが、見逃し三振に倒れ得点なりません。
菅野投手は6回で125球
今日は体が重そうでしたね。汗もいっぱいかいていたし、太りすぎでしょ!?

6回裏、ヤクルトは原樹理投手が登板
三者凡退に抑えます。

7回、巨人は澤村投手が登板
山田選手はボール球にハーフスイング、空振り三振
ストライクを見逃しボール球に引っかかる。カットできないから三振ばっかり…。
ずっとそう。打撃コーチは何もアドバイスしてないのでしょうか?
それとも左ひじのケガの影響!?
またノーヒットが続きそうで気が気じゃないです。
2死後、川端選手はサード内野安打も、バレンティン選手はセカンドゴロで3アウト

7回裏、ヤクルトは風張蓮投手が登板。あれ?頭を丸刈りにしているの?
先頭のマギー選手がセンター前ヒット。代走は吉川大選手
1死後、盗塁と暴投で1死3塁
亀井選手はピッチャーゴロで、三本間にランナーを挟んでタッチアウト2死1塁
リクエスト検証となりますが、判定通りタッチアウト
長野選手はレフトへのヒットで2死1、3塁も後続を打ち取り、無失点で切り抜けます。
風張投手、この回ナイスフィールディングで自らを助けました。

8回、巨人はマシソン投手が登板
2死後、西浦選手はライト前ヒットで今日4安打!凄い!
中村捕手もレフト前ヒットで2死1、2塁
ここで、代打の畠山選手が登場し、レフトスタンドへ3号3ランホームランを叩き込み
5-6と1点差に!
 ナイスホームラン、ハタケ♪♪

続く山田哲人選手は、またも外の球を見逃し三振、振れよ!!
今日5タコ3三振。もお~(怒)!せっかくハタケの3ランで盛り上がったというのに…
同じコースになんの工夫もなく毎度の見逃し。
すみません、私の嘆きが止まりません。悲しいやら情けないやら。

8回裏、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
先頭の小林捕手にストレートの四球を与え、送りバントで2塁へ進むと、
坂本勇人選手にレフトスタンドへ10号2ランホームランを運ばれ5-8と3点差に。
あらら、コンちゃん、急に1点差になったので準備が出来てなかったのかも?
ただ、明らかに調子は落ちていますね。
3本の矢のうち、年齢が高い分、近藤投手が最も早くバテてきたのかもしれません。
勝ちパの継投がちょっと不安になってきました。

9回、巨人はカミネロ投手
1死後、川端選手があたりそこねのサード内野安打で出ます。今日3安打
最後は、バレンティン選手がショートゴロ併殺打でゲームセット

ヤクルトは交流戦明け最初のカード、巨人との初戦に5-8で敗れました。

移籍後初先発となった山田大樹投手は、3回持たず6失点(自責は5)
かなり厳しい内容でしたね。
制球が悪く球威もありませんでした。
次回、先発のチャンスがあるかどうか微妙ですね。

山中、原樹理、風張投手は無失点に抑えました。
しかし、8回、1点ビハインドで登板した近藤一樹投手が、坂本選手に2ラン被弾して
突き放されました。
何だか、勿体ない使い方でしたね。
疲労がたまっているのは交流戦の最後からわかっていたことなので、
出来れば今日は投げさせないでほしかったです。
近藤投手が打たれたショックは、かなり大きいですね。
原樹理投手を、もっとロングで使っていいように思いますが。

打線は巨人の10安打を上回る12安打も5得点
西浦直亨選手が2ラン含む4安打固め打ち。
菅野投手から3安打は大したものです。

e0222575_20133924.jpg


川端選手が3安打猛打賞。うち2安打はサード内野安打とらしいバッティングでした。
坂口選手はマルチ
代打の畠山選手が3ランを打った時には、もしかして、ひっくり返せるかもと期待しましたが、
届きませんでした。
しかし、畠山選手はやっぱり頼りになりますね。

一方、山田哲人選手とバレンティン選手がノーヒットで、
特に山田哲人選手が悲しくなるくらいダメダメの日でした。
いつも思うのは、もっとバットを振ってほしいです。見逃し三振にはがっくり来ます。
またまた私のネガティブ炸裂ですが、
今季はこんな感じで、凄いのは果たして来るんでしょうか!??

明日は山口俊投手なので、またまた厳しいかもしれませんね。

by misty2011 | 2018-06-22 22:12 | 東京ヤクルトスワローズ
最初に、新外国人投手の入団が決まったニュースから

サンスポ ヤクルト、新外国人ウルキデスと契約合意!メキシコで4年62S、背番号「61」

単年契約で、年俸は15万ドル(約1650万円)プラス出来高払い。
背番号は61で、早ければ来週にも婚約者と来日するとのこと。

年俸の低さからすると、まあ、当たればラッキーという感じでしょうか?
メジャー経験はなく、米マイナーなどで通算37勝26敗74セーブ。
2015年からメキシコのティフアナでプレーし、4年間で62セーブをマークしています。

現在、ヤクルトは勝利の方程式の中尾、近藤、石山投手が登板過多なので、
それに続くリリーフの一員として、ブルペンの補強となってくれたらと期待しています。

なお、登板がないまま米国に帰国していたアルメンゴ投手との契約は解除されました。


交流戦を最高勝率で終えた東京ヤクルトスワロ―ズは、
それでもまだ借金3を抱えたままリーグ戦に戻ります。

交流戦は対戦相手の当たる順番にも恵まれて好スタートを切り、快進撃で勝率1位となりました。
交流戦の勢いのままペナントレース突入と行きたいですが、
最初のカードが苦手・東京ドームでの読売ジャイアンツとの3連戦。

先ほど明日の先発予告が発表され
初戦の先発は、巨人が半端ないエース菅野智之投手、ヤクルトは山田大樹(ヒロキ)投手
山田大樹投手はソフトバンクから移籍後、ヤクルトでは初登板初先発となります。
小川監督が奇襲先発があると話していましたが、菅野投手に山田大投手を持ってきましたか。

2戦目は山口俊ーハフ、3戦目は小川泰弘ー今村信貴投手の先発が予想されています。          
最難関は初戦の菅野投手であることは言うまでもありませんが、
山口俊投手、今季はまずまずの投球をしている今村投手の攻略も簡単ではなさそうです。

菅野投手にぶつける山田大樹投手は、
沖縄キャンプ中に上半身のコンディション不良で離脱し、
5月17日に2軍で復帰登板以降、練習試合を含めて5試合に登板。
16日のDeNAとのイースタン戦で7回3失点で、急きょ先発に抜擢されました。
明日は、中5日での先発となります。

菅野投手相手では、誰が投げても苦しい展開になると思われますが、
ある意味、失うものがない山田大樹投手なら、思い切ってぶつかっていけると思います。
勝てば儲けもんと言うくらいリラックスして投げてほしいですね。
巨人打線にとっては、初物、左腕なので、案外、山田大樹投手に手こずる可能性はあります。
それに期待したいですね。

2月2日浦添キャンプ 山田大樹投手ブルペン 連写をGIF形式に
e0222575_14252667.gif



菅野投手に対しては、前回の登板の際には、早打ちが目立っていましたが、
今回はどうでしょう?
追い込まれると打てないので、早打ちは悪くはないと思います。
ただ、カットで粘れる川端選手や坂口選手などは、出来れば球数を放らせてほしいものです。

山口俊投手も、いい時のピッチングをされると、そうは打てません。
最も勝てる確率が高いのは3戦目でしょうね。
なので、もしも、1、2戦のどちらかに勝てれば勝ち越すチャンスはあると思います。

しかし、ヤクルト打線はどうして東京ドームが苦手なんでしょうね?
狭くてホームランが出やすい球場なので、本来ならもっと打てるはずなんですが・・・。

山田哲人選手は左ひじのケガもありましたが、6月5日に14号3ランを打って以降、
ぱったりホームランが出ていません。
そろそろ一発が見たいですね。

by misty2011 | 2018-06-21 15:59 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011